FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「浦和の調ちゃん」(うらわのうさぎちゃん)も相当マイナーなネタだと思いますし(汗・・)
このテレビ埼玉放映限定のローカルショートアニメをご存じの方は実は埼玉県内極めて少ないのかもしれないのですが、
「浦和=うらわ」に由来したネーミングキャラというのも実はちょこちょこあったりもするものなのだと思います。

さいたま市緑区~浦和区~南区の幹線道路を通っているとたまにですけど、
浦和中央自動車教習所(愛称・略称がうらチュ~となっているそうです・・笑)の看板を結構見かけたりもします。
このうらチュ~(浦和中央自動車教習所)はどこに立地しているのかと言うと、名前だけ見てしまうと
浦和の調ちゃんの聖地でもある浦和駅周辺に立地している「調神社」(つきのみや神社)の近くにあるのかな・・?と
勘違いしそうなのですけど、実際は浦和駅から車で20分程度は掛かりそうなさいたま市緑区大崎に立地しています・・(笑)
このあたりは国道463号線沿いで、さいたま市民の皆様にとっては「グリーンセンターの近く」と言った方が馴染みがあるのかも
しれないですし、日帰り温泉とかスーパー銭湯みたいなスポットが大好きな私にとっては
「見沼ヘルシーランド」のすぐ近くと言った方が分かり易いのかもしれないですけど、いずれにしても限りなくこんなローカル話を
してもさいたま市在住以外の皆様にとっては
「何を言っているのかさっぱりわからん・・」という世界なのかもしれないですね~(汗・・)

さてさて、このうらチュ~(浦和中央自動車教習所)には「うららちゃん」というすてきな看板娘がいたりもします。

というかこのうららちゃんは、「浦和の調ちゃん」以上にお膝元のさいたま市内においても
「誰それ・・? 聞いた事も無い・・」という反応になってしまうのが関の山なのかもしれないですね~(汗・・)
でも私のように普段日常的にさいたま市内を車で駆け巡っている者にとっては、上記のうらチュ~(浦和中央自動車教習所)の
宣伝看板は結構あちこちで見かけたりもしますし、私もあの看板が立っている場所は少なくとも6か所程度は把握している
つもりです・・(笑)







CIMG1240_convert_20180227203523.jpg




CIMG1242_convert_20180227203601.jpg








「うららちゃん」の「うらら」と言うと私的に思い浮かぶのは、
「プリキュア5」シリーズの黄色系プリキュアの春日野うらら=キュアレモネードと
競馬において前人未到の(?)100連敗を達成し、初出走から引退に至るまで結局通算1勝も挙げられなかったけど
そのひたむきさと一生懸命さが話題にもなったハルウララだとも思うのですけど、
ま・・ちょっととてつもなくローカルネタではあるのですけど、
このうらチュ~(浦和中央自動車教習所)には看板娘の「うららちゃん」という女の子も忘れないで欲しいなぁ・・と思ったりも
します~(笑)

それにしてもこのうららちゃんはこうした看板娘・最近のゆらキャラとしては随分と大人っぽい雰囲気もありそうですし、
どちらかというと「お姉さま・・」みたいな印象もありそうですね・・(笑)
ちなみにですけど、この浦和中央自動車教習所の公式HPによると、うららちゃんの性格は明るくしっかり者タイプで、
血液型は創造力溢れるB型との事です・・
この種の看板娘というとJCとかJKみたいな雰囲気が多そうなのに、このうららちゃんはどちらかというとOLさんっぽい
雰囲気が漂っているのが他の看板娘たちとの差別化を図れている点なのかもしれないですね~
そうそう、ちなみにうららちゃんには「くららちゃん」という妹がいたりもするのですけど、こちらはHPを見る限りでは
ちょっとゆるい雰囲気が漂っていて、ユーモアがあり話し上手でちょっと気分屋のB型と記されていました・・

このうらチュ~(浦和中央自動車教習所)ですけど、結構評判はいいと思いますし、教官や受付の皆様も大変親切で
明るい雰囲気が漲っているという話は地元の人間としては結構耳にしたりもしています。

今現在は「ネット社会」とか「口コミ社会」という言葉が示唆する通り、ちょっとなにか悪い評判がたったりすると
そこの企業・店舗の商品の売れ行きが落ちたり来客数が伸び悩んだり激減するという事はもはや日常茶飯事と
言えるのかもしれないですけど、
こうした自動車教習所も昭和の頃のように教官が上から目線でふんぞりかえっていたり、
非常に不親切でただ怒鳴ったりぶっきらぼうに一方的に教習するようなやり方では多分ネットや口コミで悪いうわさが拡散し、
その教習所に申込みをされる学生さん等も激減する可能性があると思われるだけに、
昭和の頃のような態度の悪い教官というのはもはや希少生物と言えるのかもしれないですし、社会全体が
そうした悪態教官の存在を認めないという事になっているのかもしれないです。
聞いた話では、現在の自動車教習所は大変スマートで綺麗になっていて、指導教官も口調は柔らかく
講習者に大変わかりやすく指導をされているとの事ですので、そういう話を耳にすると
「時代は変わったよねぇ・・」とつくづく感じたりもします。
今現在は教習受講者=大切なお客様という意識が徹底されているのだと思います。

私が車の免許を取得したのは昭和もかなりの末期の方でしたけど、当時は今現在のようなオートマ専用免許というものは無く、
全てがマニュアル車を対象とした教習でした。
その当時私はまだ学生さんで中野区に住んでいましたが、意外かもしれませんが、当時は(今は分りませんが)
中野区内に自動車教習所は一つもなく、恐らく当時の中野区民は練馬区の中村南か渋谷区の京王自動車学校に行くしか
なかったのではと思います。
当時は都営大江戸線という地下鉄はありませんでしたので、
中野から中村南は意外と交通の便が悪く、やむなく明大前の京王に通ったものです。

だけど、ここの教習所は特にガラが悪かったですねぇ・・(滝汗・・)
教習所の待合室とか至る所に組合の「賃上げ」・「スト決行」といったポスターがベタベタ掲示されていて、
あまり気分の良いものではありませんでした。
その当時の自動車教習所もそうだったのだと思うのですけど、ここの京王自動車学校の教官は「悪意の塊」みたいな
いじわるじじいばかりの上から目線的な教官が大変多くて、当時はとにかく通う事すら苦痛でしたね・・
当時は就職活動真っ盛りという時期でもありましたので、運転免許取得は絶対に必要でしたし、
これまでアルバイトで貯めたお金をでもって教習所に通ったものでした。
だけど当時の教官たちは上から目線でほとんどの奴がふんぞりかえって偉そうに文句ばかり言っていたのが大変
印象的でしたけど、
「本当はここまでして免許なんか取りたくないよね・・だけど社会人になったら必要なものだし、バイトで稼いだお金を
つぎこむ訳だから無駄にはしたくないし・・」という想いだけでしぶしぶ教習所に通っていた記憶がありますね・・
三段階まではスイスイ行っていましたが、仮免取得後の路上では、甲州街道という大きな幹線道路での教習が多いせいか、
ここでは結構ミスを連発していました。
そうした色々とストレス&イライラが積もっていたと思うのですが、
ある時、教官が機嫌悪そうにブツブツつぶやき文句をタラタラ言うだけのあまりの上から目線態度に
ついに私自身も怒りが頂点に達し、
「こちらは車の乗り方が分からないから高い金払って教わりに来ているじゃん! 親切にわかりやすく指導するのが
あなたの役割でしょ・・
それなのにそうした教え方は一体どういうつもりなんだよー!」と思わず悪態をついてしまい(汗・・)
若気の至りというのか、そのまんま甲州街道の歩道に降りて教官を車内に置いたまま私は帰宅してしまいました・・(汗・・)
結局それから三か月近く登校拒否(?)を続け、その間就職活動とか最後の吹奏楽コンクール出場とか色々あったせいもあり、
ずっと放置していました・・・(汗・・)
内定先から「君は車の免許はまだ取得していないの・・?」と指摘され、「あ、そうだった・・」と嫌な事を思い出し、
慌てて残りの四段階目の教習を受講し、仮免の効力が切れる一週間前前後あたりでようやく無事に免許を取得
していたものでした。
ちなみに京王自動車学校は90年代の終わりに倒産しております・・

こうした悪態教官というのは昭和の頃の話であり、今はさすがにそんな教官はそれほどいないと思いますし、
少なくともうらチュ~(浦和中央自動車教習所)には看板娘の「うららちゃん」の存在もありますので、そんな昭和の化石
みたいな人はいないと思います(笑)






縺・↑_convert_20150315224232






最後に・・「浦和の調ちゃん」・うらチュ~(浦和中央自動車教習所)には看板娘の「うららちゃん」関連で言うと
うらわにかこつけたキャラとして名高いのは「浦和うなこちゃん」なのかな・・?

これは実は浦和名物でもあったりする「うなぎ」のさいたま市としてのゆるキャラであったりもします。

「何で海が無い埼玉県にうなぎなの・・?」と思われる方もいると思いますが、
江戸時代、浦和には別所沼等の沼地が多く、魚釣りなどを楽しむ行楽客で賑わい、
中山道を行き来する旅人たちに舌つづみをうたせたのが実は「うなぎ」だったのでした。
実をいうと極めて意外な話でもあるのですけど、浦和はうなぎの蒲焼発祥の地とも言われているそうです!
それから200年以上経った今も、さいたま市では旧浦和市域を中心に多くのうなぎ料理の専門店が営業しています。

「浦和のうなぎ」をより広く知って貰いたいという地元商店街の後押しもあり、
「アンパンマン」でおなじみのやなせたかしさんに、「浦和うなこちゃん」のキャラクターデザインを依頼し、
その結果出来たのがこの「浦和のうなこちゃん」なのです!

平成20年5月にはJR浦和駅西口に浦和うなこちゃんの石像もできました。

そしてさいたま市浦和区内にある「別所沼公園」の中にもこの浦和うなこちゃんの石像は建立されていました。

だけど大変悲しいことに、別所沼公園内の浦和うなこちゃんの石像は何者かによって盗まれてしまい、
今現在もその犯人とかうなこちゃんの石像は発見されておりません・・(泣)

最初にこのニュースを聞いた時は正直驚きました!!
一体誰があんな重たそうな石像なんて盗難するのですかね・・!?
これは全く困ったものです・・・
盗んだ人は是非是非速やかに返却をして欲しいものですね・・

あのうなこちゃん石像が設置されていた「別所沼公園」は、県道40号線沿いだし、夜間でもライトアップされているし、
ランニングコースも設置されているし
例え深夜であっても、あんな石像を盗んだとしても、人目には付くはずゆえに謎の多い事件でもありましたね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

地元の人だけに通じるキャラって良いなって思いますね。でも、うららちゃんは地元の人もあまり知らないキャラなのかもしれませんね^^;
教習所といえば、確かに昔はきっつい言葉ばかり吐く人がいました。ただ、それも二通りあって、しっかりと考えながら、ここは厳しくしないと!って人と、ただ感情に任せて怒鳴る人。後者は最悪であります^^;たぶん、ぬくぬく先生様が怒ってしまったかたは後者でしょう。前者が多かったのが、私の家の近くにあった教習所でして、そこは免許取るの大変だったんですが、いったんそこで免許とると事故がなくなるって良い噂が立っていました。厳しさもいろいろですね^^

少し違うのかも・・

八咫烏(全力稼働中) 様


うーーん、ちょっと違うのかも・・

教習所というものは大局的には一つのサービス産業だと思いますし、習いに来ている人たちは大事な「顧客」なのだと
思います。
そうした大切な顧客に怒鳴るとかバカだのへたくそだのと罵ること自体論外なのだと思いますし、
怒鳴って厳しく指導する事と事故率の低さの因果関係は不明ですし、なによりも顧客に対して不快な思いをさせる事自体が
サービスとして最低行為だと思います。

こんばんは。

僕は、車の免許は25の時にようやく取りにいったと言う、
世間では遅いほうでしたw

後、教習所の教官、僕は苦手なおっさんの教官の時は、
俗に言う、上手くミッションが繫げなくて、
ぎくしゃくな発進になる事がありましたw
若い教官だと、馬が合うのか、スムーズな教習になりましたが、
どの段階も、1時限オーバーしましたねw

そんな教習所時代でしたが、いざ車に乗るようになると、
下手ながら走り屋デビューしてましたw

ミッションの坂道発進はやっかいでした・・

鳴らない携帯 様


最近の教習所はオートマ専用とか女性教官が当たり前と化しているようですので、そうした時代に
私も是非是非教習を受けたかったですね~(笑)
当時の教官の悪態はよく漫画ネタや時事ネタにされるほど酷いものがありましたし、
私も当時そうしたくそじじいからの嫌がらせみたいな教習に泣かされていたものでした・・

そうそう・・マニュアル車の「ミッションを繋ぐ」というのはもはや死語の世界になっているのかもしれないですけど(汗)
私もミッションを繋いでの坂道発進とか踏切待ちは苦手でしたね・・

登校拒否が響いたのか(?)計7時間ほどオーバーしてしまったのは痛恨の極みでした・・!

こんばんは。

自動車教習所は大学のオープンキャンパスのように何カ所も比較するのが大変ですから、外れを引くと面倒くさいですね。
お値段も安くないですし・・・

免許を取ってからは北海道のどこまでも広い直線、信号10km以上無しのような道路ばかりドライブしているので東京のような道路は運転できません(苦笑)

北海道のネット上で有名な看板といえば根室市の「ジャスコ110km先」でしょうか。
今はもう存在しませんが、北海道のスケールの大きさが分かる看板ではありました。

>「別所沼公園」は、国道40号線
国道40号は北海道にありますよ~
旭川と稚内を結ぶ250kmの道なのです。

県道の間違いでした・・(汗)

冬音 様


今回のあの記事は昭和の頃の話ですので、ああしたけったくそ悪いいじわるじじいの悪態教官たちは
最早過去の化石なのだと思います・・
さすがに今あんなことしたら途端にネットで袋叩きにあいますからね・・

それにしても道内は広い!!

根室市の「ジャスコ110km先」の看板はそれこそが道内のスケールの大きさの表れですね!

>「別所沼公園」は、国道40号線

→失礼しました・・(汗) 国道ではなくて「県道」の書き間違いでした・・

浦和うなこちゃんは初めて見ました!
うららちゃんも初めて見ました^ ^
ぬくぬく先生さんの記事には、
埼玉県にゆかりのあるキャラクターとか
ご当地ものが沢山書かれているので、
埼玉県が羨ましいと思いました。
私、地元のご当地ものを思い浮かべましたが、
辛うじて2つくらいしか思い浮かばなかったです(^_^;)

やっぱり埼玉は何も無い所・・(汗・・)

kirakiya.rumari 様


いやいや、埼玉は昔から「何も名物も銘菓も誇れるものも何も無い所」とか「47都道府県でいちばん郷土愛がうすい県」と
言われていますけど、それは「その通り!」としか言いようがないと思います・・(笑)

私自身、青森・宮城・千葉・埼玉・東京都・長野・山梨に住んでいた経験がありますけど、この中で
一番「ご当地ものが挙げられない県」というと埼玉が群を抜いていると思います・・

そんな訳でうちのブログの「浦和の調ちゃん」カテゴリ記事は、無理やり多少強引気味にさいたま関連ネタとして
取り上げている傾向が強いのかもしれないですね・・
「浦和うなこちゃん」は浦和駅の待ち合わせスポットとしては結構有名なのかもしれないですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |