FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日3月5日は巫女の日・・「東方巫女の日」でもあります!
そんな訳で本日は幻想郷内のふたりのすてきな巫女の霊夢と早苗さんについて少しばかり語らさせて頂きたいと
思います。
あ・・、3月7日は「早苗さんの日」でもありますので、本記事と早苗さんの日記事の内容が被らないように
気を付ける必要もありそうですね・・・(汗・・)

守矢神社の早苗さんの登場は「東方風神録」以降のお話です。

そしてこの東方風神録以前における幻想郷内の宗教関連は霊夢の「博麗神社」しか存在していなかったという事になるのだと
思います。
博麗神社内は日常的に妖怪・妖精・鬼・天狗・妖獣たちが蔓延っている関係もあり、人里の人間たちはお参りをしたくても
なかなか博麗神社まで参拝に行けないというのが基本設定でもありましたので、こうやって考えてみると、
早苗さんたちが幻想郷に移住する以前の幻想郷内の人里の皆様たちはもしかしたら基本的にはほぼ無宗教という感じでも
あったのかもしれないですね。
聖白蓮さんたち仏教勢力が後日幻想郷にやってくるまでの間、幻想郷内の人里の皆様達って、人が死んだら
どのように弔いをしていたのかな・・?
読経とかお寺式のお葬式みたいなものもたぶんないはずだと思いますので、特に儀式とかないまま土葬にされるとか
はたまた神道形式のお葬式みたいなものを霊夢が取仕切っていて、そこからの謝礼も霊夢の貴重な生活費に
なっていたのかな・・?
とにかく東方風神録以前の幻想郷においては宗教というと霊夢の博麗神社しか存在していなかったし、
ここには外界で言う所の「競争原理」というものは全く存在していなかったものと思われます。

そしてそうしたいわば無風状態の幻想郷内の宗教勢力に「異変」が生じたのが言うまでもなく「東方風神録」による
早苗さんたち守矢神社組の登場なのだといえると思いますし、ここに初めて幻想郷において
二人の巫女が登場してくる事になります。
東方風神録とは、霊夢にとっては「外界からとんでもない奴らがいきなりやってきて、唐突に問答無用に博麗神社の
営業停止を要求してきた」という「異変」になるのかもしれないですけど、
大局的に考えると幻想郷全体の宗教勢力の変化という大きな異変を結果的にもたらす事になってしまいます。
守矢神社のある意味はた迷惑な(?)神様の八坂神奈子が、幻想郷には電気すら通っていなくて技術が遅れていて
地霊殿のお空に八咫烏の力を授け、幻想郷内で核融合反応を起こさせ電力を起こさせようと画策したのが
「東方地霊殿」の異変に他ならず、この地霊殿異変によって結果的に聖白蓮さんの仏教勢力の再集結をもたらし、
これが神子たち道教勢力の覚醒も呼び込んでしまったという事に繋がりますので、
早苗さんたちの登場というのは単に幻想郷に霊夢以外の巫女が出現したという事ではなくて、
新しい宗教勢力が勢揃いしたという事になってしまうのです。
(よく守矢神社組については「お騒がせ神様」とか「また守矢かっ!?」と揶揄されるのはこの辺りに理由があるのでしょうね・・)

早苗さん初登場の際は、何となくですけど微妙な感じもあったものでした。
なぜそのように感じていたかというと、「東方Project」の世界においては、「神社の巫女さん」と言うまでも無く
「霊夢」という絶対的なエースが既に君臨していましたので
「なんで既に存在しているキャラの二番煎じみたいなキャラを登場させるのかな・・・?
しかも幻想郷には既に博麗神社という神社が存在してるのだし、
白蓮さんの命蓮寺のように他宗教と言うのなら分かるのだけど、 どうして
同じ神社の巫女さんを登場させちゃうのかな? 果たしてZUN神主の意図はどこにあるのだろう・・?」と訝ったものでした。

早苗さん登場の意図というのか「意義」はかなり大きいものはあったのかな・・とも思っています。
上記で書いた通り、守矢神社組の登場が結果的に他宗教との並立をもたらしましたけど、
それでも同じ巫女さん同士という同業者の登場で、霊夢が発奮して、勉強&修行に勤しむという展開にならないのが、
いかにも東方らしいというのか霊夢らしい話ですよね。
いや―ー、私、霊夢のこういう所は本当に大好きですっ!!

早苗さん登場、そしてふたりの巫女さんが存在する意義と言うのは、もしかしたらなのですけど、
東方の世界における「さまざまな宗教勢力の寛容性とか多様性の容認」と言えるのかもしれないと思っています。
それを象徴しているのが東方の「宗教観」であるというのは以前書いたような気がしますけど、 何を言いたいのかと言うと、
世界各国で紛争の原因になっているものの一つが実はこの「宗教」そのものであり、
本来人間の幸福を導き出す「灯」の役割であるはずのこの宗教が
そうした紛争を招いているという全世界的な矛盾があちこちで炸裂している訳ですけど、
それに対する東方の一つの「宗教に対する提示」というのは、
「別にいろんな宗教とか考え方があったってそれでいいじゃん」という多様性の容認なのだと思います。
それは霊夢の博霊神社と早苗さんの守矢神社の構図にも示唆されていると思います。
あれだけ「東方風神録」のように激しいバトルを繰り広げ、最後は早苗さんは霊夢に叩きのめされてしまい、
博霊神社の乗っ取りは失敗に終わってしまうと、その後は 喧嘩状態とか「顔を見るのも嫌・・」という絶縁状態に
陥りがちでもあると思えるのですけど、早苗さんは霊夢の博麗神社に日常的にお弁当や総菜等の差し入れを手土産に
「天気がいいので遊びに来ちゃいましたー」とか何とか言ってごく普通に霊夢に接しています。
そこには同業者同士の信者獲得合戦のいがみ合いとか宗教・思想間のズレに基づく論争という事も無く
10代の普通の女の子同士みたいな光景が繰り広げられています。
(外界から幻想郷に移住してきた早苗さんにとっては、霊夢という幻想郷では数少ない・同性・同世代・同じ人間ポジション
という存在がやはり貴重な存在と言えるのかもしれないですけどね・・)
東方風神録という異変以降も結果として幻想郷内に二つの神社が普通に並立していますし、
それが今後の「紛争」の原因になる事も100%無いと思います。
つまり、東方の世界においては、白蓮さんじゃないけど、
「神も仏も人も妖怪も妖精も幽霊も吸血鬼も鬼も天狗もみーーんな同じ!!」という事なのだと思います。
この「許容性」とか「おおらかさ」とか「多様性の寛容」とか「違う価値観の尊重」というのが、
もしかして「今後の世界平和実現のカギ」になりそうな気もするのですけど、
そうした多様性の寛容は逆立ちしても出来そうにも無いこの現在の地球上の私達・人間というものは
半永久的にそうした「世界平和」というものは絶対に実現出来る訳はないと思います。

そうした意味においては、東方の世界は言ってみれば、「一つのユートピア」なのかもしれないです。

そして早苗さんの登場は単に「幻想郷内にふたりのすてきな巫女さん誕生」という事だけに留まる事はありませんでした。

早苗さん達の登場が一つの遠因にもなっているのですけど、「東方星蓮船」異変以降に
聖白蓮というニューヒロインが登場し、幻想郷の人里近くに「命蓮寺」を設置し、
これがまた人々の信仰を着実に得ていて、伝統的な神道勢力に仏教勢力というものが更に割り込んできます。
聖白蓮は、命蓮寺そのものを道教勢力の神子が眠る霊廟の真上に建立し、
仏教の力でもって道教の存在を封印しようとしますけど、結果的に白蓮さんの力を持ってしても封印の解除を
防ぐことは出来ず、最終的には、豊聡耳神子と物部布都、そして青蛾という「道教勢力」という神道・仏教とはまた違う
第三の宗教勢力の覚醒を許してしまう事になってしまいます。
こういう時って往々にして各宗教勢力の勢力拡大を狙った抗争みたいなパターンに陥りがちなのですけど、
東方の世界の場合、そうした安易な事は起きません。
これって良い意味でも悪い意味でも日本人の一つの特性であると思うのですけど
「ま・・・いっか」みたいな極めて「寛容な精神」というのか「おおらかな国民性」というのか
「西洋のものでも中華風なものでも、なんかいいなぁ・・と思えるものはとにかく何でも受け入れてしまおう」というように
何でもかんでも一旦は受け入れてしまい、それを後日色々と調整・アレンジをしながら自分達にとって都合の良いように
変えていきそして最終的には宗教でもシステムでもとにかくいいと思えるものはみんな受け入れてしまおう!
そういう感じに展開していくのが実に日本人らしいのかなとも思ってしまいます。
東方の場合も、
幻想郷内では、人々からの「信仰心」というものが失われてしまうと、神々という自分達の存在意義が失われててしまい、
自分達自身も存亡の危機に立たされるてしまうという事情もあったりもしますので、
宗教の違いに関係なく、人々から「神々の存在」というものを忘れられないように
各宗教勢力が特にお互いに「協力」みたいな事はしないけど、お互いがお互いを非難中傷し合うとか
お互いに足の引っ張り合いを演ずるとか特定の宗教勢力の悪口を言いふらすとか
そういう事は一切しないで、各宗教勢力同士は相手を尊重し合いその存在を認め合うというシステムみたいなものが
漠然とではあるけど出来ているのは大変素晴らしい事なのだと思います。
聖白蓮の一つの理想は
「神も仏も人も妖怪も全て同じ!」という究極の絶対平等主義を唱えているのですけど、
これって言い換えると
「別に人や妖怪たちをきちんと救済をし正しい方向にさえ導いてくれるのならば、別に各人が信じる信仰というのは
なんだってかまわない、それが神道だって仏教だって、はたまた道教だって
人や妖怪をきちんと正しい方向に導いてくれるのならば何でもOK」という事なのだと思います。

そうなんですよね・・・・

聖白蓮が唱えるような事、すなわち「人の道をきちんと提示してくれるならばその方法論としての宗教はなんだって構わないし、
そして、各自が信ずる信仰に違いがあったとしても、それを原因としての揉め事は一切容認できない」
そうした事をきちんと全地球上の人間達が理解さえしてくれれば、
この地球上で現在起きている多数の「悲劇」は、ほとんど防ぐことが出来るのだと思います。
要は、日本人特有の「ま・・いっか」みたいな「寛容性」というのが案外全世界の「救済」のカギとなるのかもしれないですね。

日本人自身が世界的にもある意味異変ユニークな国民性を有していて、例えば、
12月24日にクリスマスを祝った一週間後にお寺さんの除夜の鐘に耳を傾け、そして数時間後には神社にお参りに行く・・・
そうした「多様性」というのか「寛容性」を持っている国民というのも世界的には珍しいのかもしれませんよね。
それは、日本古来の「八百万の神」という伝統に基づくものなのかもしれません。
そうした日本人の伝統的な雰囲気を有しているのが、この東方の世界だと結論付けてしまうとさすがに
「それはさすがにZUN神主もそこまでは意識していないじゃないの・・?」と言われそうでもありますけど、
「異なる価値観の寛容さ」を意外にも実現してしまったのが東方の「幻想郷」の世界なのであり、東方の世界は
私にとっては「ユートピアの世界」と換言できる理由の一つになっていると思います。

話がそれました・・(汗・・)

最後に幻想郷のふたりの巫女さんについて記すと、
かつてアリス・マーガトロイドは早苗さんの事を
「やっぱり霊夢とは大違いよねぇ~! やっぱり神様と巫女はワンセットよね!」と早苗さんを常に保護し見守っている
神奈子と諏訪子の二社と早苗さんの絆の強さを評価していましたけど、巫女さんというのは本来は言うまでもなく
人間と神様を繋ぐ存在だとも思えます。
そうした意味では早苗さんと守矢神社の二社の神様達はワンセットそのものでもあるのですけど、
その点、霊夢は違っているみたいでして、霊夢自体は「神様」という存在を早苗さんほど意識していませんし、
霊夢は実を言うと「博麗神社にどんな神様が祀られているのか」すらも知らないし、そもそも興味が無いというある意味
すごい巫女さんなのだと思います・・
そしてもっとすごいのは、霊夢が道祖神の声を聞いた際に、「いやー、神様って本当にいるんだねっ!」というお言葉なのですけど
さすがにそれを横で聞いていた魔理沙と華扇の「おいおい・・」という反応はとても楽しかったです!

博麗神社に何かしらの不思議なパワーがあるのは間違いないと思われますので、博麗神社に何かしらの「神様」が宿っている
のは多分間違いではないと思います。
それでは果たして博麗神社に祀られている神様は何なのかと言うと、私の脳内妄想ではそれは、
幻想郷を創造した「龍神様」そのものだと思いますし、そしてその龍神様の真の正体こそがゆかりん=八雲紫様では
ないのかな・・?という事を考えてはおります・・
そして私の脳内妄想では、先代巫女の辞任に伴って「巫女」が空白になった際に活躍するのがゆかりんであり、
もしかしたら・・? 霊夢は早苗さんと同様に実は元々は外界の生まれの赤ん坊だったのかもしれないですけど、
巫女候補になりそうな赤ん坊を外界からさらってきて先代巫女と共に育てたのが、今現在の霊夢と言えるのかもしれないです。
そうした意味においては、幻想郷のふたりのすてきな巫女さんは二人とも実は外界出身の可能性があるのかも・・?という
事になるのかもしれないですし、
早苗さんも言ってみれば神奈子という神様にそそのかされて幻想郷にやってきたと言えなくもありませんので、
幻想郷のふたりの巫女さんというのは、神奈子・ゆかりんという神様みたいな存在がさらってきた女の子という可能性もある
というのはやはり常識が通用しない幻想郷らしい話と言えるのかもしれないですね。

















ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログがいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんのイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂くイラストは早苗さんではなくて霊夢の方です!
(と言うか・・明後日、3月7日は「早苗さんの日」でもありますので、早苗さんイラストは3月7日に登場いたします!)

上記の霊夢は2017年2月に描かれた霊夢で、このキラキラとした雰囲気とウインクした霊夢がとってもかわいいと思います!

霊夢の髪がキラキラ輝いている様子とか肩だしぶりが とてもお似合いだと思いますし、とってもキュートな霊夢だと
思います!
ウインク霊夢は2015年8月にも描かれているのですけど、2017年2月の霊夢は、片方の目が閉じられているせいも
あるのかとは思うのですけど、いつも描かれる霊夢以上に目の大きさが強調されているようにも感じられますし、
こうしたウインク霊夢も逆に目の大きさとキラキラ感がより強調されていて、とっても可愛いと思います!
そして手をきちんと合わせている様子は、やはり「霊夢は巫女さんなんだぁ・・」と改めて感じさせてくれますね! (笑・・)

上記の霊夢はアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて、当ブログにおいては、3月2日のサニーミルクの日→東方雛祭り→みょんの日、そして本日の東方巫女の日と
怒涛の(?)四日連続の東方記念日記事でしたけど、明後日はまたまた「3月7日は早苗さんの日」が登場します!
そして「3月10日はさとり様の日」でもありますっ!
また3月15日頃はも当ブログの「東方カテゴリ記事400記事到達」という節目のお祝い記事があったりもします・・(笑)
そして更に更に・・!
3月17日の「dream fantasy 開設10周年お祝い記事」や
3月24日の「アミグリさん、お誕生日おめでとう!」記事も続いていきますので、
どうか3月の当ブログも引き続き宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

東方の世界も、実際の世界と同じように競合みたいな考え方があるのかな、と思っていましたが、そこはやはり幻想郷らしいほんわかさがありましたね。寛容性。まさに世界平和の鍵であります。問題はその寛容性がどこから来るのでしょうかね。日本人は大変に寛容でありますね。異文化をすんなりと取り込みます。島国で外界とやや閉ざされた環境にある、と考えると、幻想郷とあまり変わらない気もしますが。

違いを認められる幻想郷の皆さんのようなおおらかさは大切ですね。そうなると幻想郷ってすごくいいところかも…。一見同じ宗教のようでも実は宗派がいろいろあってむしろ完全な別宗教の存在以上に争いの種になってるなんて悩みはリアル世界ではずっと繰り返されてきましたからね。
だいたいは教徒の社会的地位だとか政治的な部分が絡んで喧嘩に発展するのですけど、幻想郷には政治とか面倒な考えがないのでしょうか…w

アミグリさんの描かれた霊夢は健康的な肩見せスタイルとウィンクをした表情がちょっとお茶目さんみたいな感じを出していてすっごく可愛いです!同時にキラキラ感が神聖な雰囲気を纏わせているようでもあってまさに美少女巫女さんの姿ですね。

外界の変化がここにも・・

八咫烏(全力稼働中) 様



昨日はあんなに暖かったのに本日は一転して冬に逆戻り等、最近の外界の天候異変というのか環境異変は
どこかおかしいものがあり、それが幻想郷にもさまざまな形で異変をもたらしているというのが、
最近の東方の傾向だったりもします。
(チルノが日焼けしてしまったというのもその表れなそうです・・)

そうした外界の変化がユートピアとしての幻想郷のおおらかさ・寛容さに今後どのような影響を与えるのかというのも
注視して見ていきたいものですね。


ユートピアとしての幻想郷

schwert 様


そうそう、「東方求聞口授」にて八坂神奈子が「幻想郷に移住して驚いた事の一つが、ここには
政治形態・王様等の権力者・警察棟の権力が一切存在していなかった事」と指摘していましたけど、
「権力と言うものはいつかは腐敗する」という格言通り、腐った権力組織・宗教勢力こそが世界各地の紛争の
主な原因になっているというのもなんだか皮肉なものを感じますし、ユートピアとしての幻想郷の素晴らしさも
感じてしまいます。
幻想郷の場合、人間が妖怪に食われる危険性があるというリスクはあるものの、それはそれで暮らしやすい環境なのかも
しれないですね。


いつもアミグリさんの描かれたイラストをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

あの肩だし&ウインク霊夢はとってもとってもかわいいし清楚だし、まさに「美少女巫女さん」なのだと思います!

ここで少し前宣伝させて頂きますと、3/15の当ブログの「東方カテゴリ通算400記事到達お祝い記事」の際には、
アミグリさんの最新作の霊夢も花を添えてくれます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4140-f56d4d5a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |