サクラがサイタ・・→間もなく桜も満開を迎えそうですね~!

10 0
あと数日でいよいよ4月にはいります!
とにかく今年の寒さは大変厳しいものがあり、「暖かい日々」を待ち望んだ私にとってはやっと春が到来してくれると
思うと大変嬉しいものがあります!

各地で既に桜の開花宣言が出ているようですけど、ここ埼玉南部もぼちぼちという感じですね。
都内の開花宣言が3月17日だったようですけど、こんなに早いのも異例なのかもしれないですし、
地球の温暖化を示唆しているのかもしれないですし、はたまた東方の世界ではないけど、外界でも幻想郷でも
天候異変というものは間違いなく起きていそうな感じもありそうですね。

「サクラガサイタ」・・・
そんな季節です。
このタイトルは、昔々の話ですけど往年のアイドル西村知美が1988年頃に歌っていた曲ですが、
冒頭の歌詞は私の記憶ですけど、
「とりあえず
 とりあえず、
 今日からあなたを好きになりそうで、
 サクラ、サクラ、サクラガサイタ 」といったいかにも西村知美らしい言語明瞭意味不明みたいな感じの曲でした。
西村知美は、当時と現在もテレビで見る限り、基本的には変わっていない「不思議ちゃん」なので
何か妙に印象的であったりもします・・(笑)
西村知美のデビュー当時のちょっと変わった感じのあの不思議ちゃんぶりをご存知の方は、私と同様に
立派な昭和育ちの「昭和世代」と言えそうですね~(汗・・)
その西村知美も現在では一時の母という事なのですけど、あの「ふわっふわっ・・」とした雰囲気は昔も今も全然変わっていない
というのはある意味凄い話なのかもしれないですね・・

桜と言うと、思い出す場所が色々とあります。

一つは、中野駅から西武新宿線新井薬師駅の中野通りに連なる桜の街道です!
あれは本当に綺麗でした。
1996~2000年に今は亡き某第二地方銀行西落合支店のボンクラ営業担当だった私は、当時は
中野区の上高田~松が丘~沼袋方面を担当し、 4月にバイクでこの中野通りを走り抜けると
文字通り桜がひらひらと舞い降り妙に幻想的な光景でした。
近くの哲学堂公演では、昼間から花見をして酔っぱらっている人達が騒ぎまくるすぐ横には
そうした幻想的な風景がありましたので、
妙に神聖なものと世俗的なものの対比の面白さを当時感じていたものでした。

花見も何回か参加した事がありますが、「夜桜」は寒くて敵わないですよね・・・
一度山梨県八田村の信玄堤近辺で花見をしたことがあるのですが、正直寒くて寒くて
とても花見どころではなくて、ビールを飲むとホント心身ともに冷え込む「トホホ」な状況というのが印象的でした。
最近でも大宮の氷川神社近辺で花見をしたのですが、
信玄堤ほどではないにしても、やはり相当寒かったです。

「花見」は、そこで在籍する組織のトップ(支店長・社長)が
「アルコール」が嫌いか否かによって、花見を開催するか否かの判断が分かれてしまうので、
本音としては寒い花見はやりたくない私としては、アルコールが嫌いな人が上長の方がむしろありがたいです・・(汗・・)

自宅の近辺でも結構桜はあったりします。

うちの奥様は毎年毎年桜をみる度に
「今年も桜が見れて良かった。来年は見られるのかな・・?」とやけにさみしそうな表情で
言いますので、 何かそのたびに「ギクッ」とします。
出来れば、彼女には毎年毎年元気に桜を眺めていて欲しいと思っています。







050_convert_20150325171842.jpg


052_convert_20150325171927.jpg







ここから先は「浦和の調ちゃん」関連ネタになってしまいますが、
この埼玉県ローカルショートアニメには「道祖土緑」・「三室美園」というさいたま市緑区に由来するキャラが
登場していましたけど、このさいたま市緑区は、
大崎公園とか見沼自然公園が桜の名所とか広大な自然という意味では人気があるのかもしれませんけど、
恒常的に緑区を仕事で廻っている人間から言わせて頂くと、「氷川女体神社」とそこに隣接する「見沼氷川公園」の方が
地元でも意外と知られていないだけにあまり混雑もしていませんし、人もあまりいないので何かホットする「空間」でもあります。

普段もそれほど人が散策している訳ではありませんし、
大宮氷川神社のような「人気スポット」と違って大勢の人が普段から散策している場所ではありませんので、
その「閑散とした感じ」が実に気に入っています。
感覚的には霊夢の博麗神社という雰囲気があるのかもしれないですね・・(笑)

上記の写真は見沼氷川公園ですけど、この沼に点在する桜も、春になると実に素晴らしい景色になりますね。
公園内も結構手入れは行き届いているような印象があります。








051_convert_20150325171905.jpg







これは撮ったばかりの見沼氷川公園の桜ですけど、まだ「つぼみ」ですけど、間もなく開花しそうですね!







053_convert_20150325171952.jpg


054_convert_20150325172017.jpg








この公園の隣接地には、「氷川女体神社」があります。

ここの神社は主祭神は「奇稲田姫命」と言う須佐之男命の妻に当たる方だそうです。
有名な大宮の氷川神社(主祭神:須佐之男命)を「男体社」とし、
それに対し、この緑区の「氷川女体神社」は、「女体社」に該当するそうです。

ここの女体神社と大宮の氷川神社と見沼区中川の「中山神社」は「氷川三社」と呼ばれていて
この三社は直線上に位置するとの事です。
太陽は夏至の際、西北西の氷川神社に沈み、冬至には東南東の氷川女体神社から昇ると言われています。


先日ここを訪ねてお詣りした際はやはり誰一人いませんでした。

こうした「閑静な感じ」は私は大好きです。やはり感覚的としては霊夢の博麗神社の境内を散策しているような
錯覚もありそうですね・・(笑)
関連記事
ページトップ