FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日は2月の最終日です!

本日でようやく寒かった2月が終わりを迎えようとしていますけど、とにかく2月は例年になく寒かったと思いますし、
昨年11月から続いている異常な寒冷気候には本当に困らさられてしまったものです・・(泣)
一つ後の記事の「大反省会」で言い訳している通り、2月の当ブログの更新記事が激減した主要因というか・・
ほぼ全ての原因は、管理人の大の寒がりで東北出身のくせに寒さに極めて弱いことに由来する
「寒くて記事が書けなかった・・・従来までは明け方に記事を書く事が多かったのに、寒くて布団から抜け出せなかった事」
という事なのだと思います・・(汗・・)

3月になれば少しは暖かくなってくれるものと期待していますので、多分ですけど3月は更新記事数も回復してくれるのでは
ないのかな・・?と思ったりもします。

ブログの方ではそんな感じの2月でしたけど、仕事の方はどんな感じだったでしょうか・・?

やはりそこにはあの異常な寒さが影を落としていたような気もします。

私は別に営業担当では無いもので、特に営業成績等はあまり関係は無い立ち位置ではありますけど、
さすがにアフター等で廻っていて手ぶらで帰ってくるのもなんか癪に障るし、
「情報」という名のお土産はなにか一つや二つは持ち帰れることを日々心がけてはいますが、そんな中、2月において
アフターで廻っていて一番相談件数が多かったのは「給湯器の不調」と「給湯器の交換の是非」でしたね・・
そこにあるのはやはり例年ではありえないほどの水道管の凍結に起因する給湯器の不調だったのだと思います。
というか、ここは南埼玉ですので、本来ですと水道管凍結とか冬場の給湯器の不調というのもそれほど発生件数は
無いとは思うのですけど、あれだけ相談件数が多かったというのは、ここにも今年の異常な寒さが背景に
あるのではないのかな・・?と思ったりもしますね。

外気温が氷点下になると、給湯器が作動せずお湯の蛇口を捻ってもお湯が出てこないという事は
寒冷地ではよくある話ですけど、埼玉南部のようなエリアでそうした事象が発生する事自体異例なのだと思います。
原因としては、外にある水道管や給湯器内の水が凍結していると考えられ、そのまま無理して使用し続けると
故障になってしまう事も決して珍しい話ではないと思います。
給湯器は気温が下がると安全装置が作動し機器の凍結を防止しますが接続されている配管までは凍結を防止できません。
配管が凍結した場合はキッチンやシャワーのお湯側の蛇口からお湯も水も出なくなる可能性が濃厚です。
また積雪により給湯機器が破損する恐れもあったりします。

上記で書いた通り、給湯器を付けたままにすると温度が低いため凍結防止機能が作動し、
凍結して破損していた場合には漏電などを引き起こす可能性もありますので、凍結が解除されるまでは給湯器の電源は
オフにした方がいいと思います。
短気な方ですと、凍結部分に熱湯をかけたりドライヤーで熱気を当てて強制的に凍った部分を溶かそうという方も
いますけど、そうした事は逆に給湯器を破損させる可能性が高いのでお勧めはできないというか・・
それはやめた方が宜しいと思います。
出来れば凍結部分は自然解凍の方がいいように思えます。

給湯器が破損・故障する原因って色々ありますけど、主に下記の四つなのかな・・?と思ったりもします。

1.経年劣化による寿命

2.過度な負担

給湯器に過度な負担がかかるような使い方をすると、平均寿命を大きく下回って故障してしまうことがあります。
「過度な負担」とは家庭用の給湯器を業務用として使用したり、
号数の能力を超えて給湯器を使用し続けたりすることによって起こります。
例えば2人暮らしを想定して16号の給湯器を設置していた場合、家族の人数が多くなり従来以上にお湯を使う量が
増えてしまうと給湯器に過度な負担がかかってしまい故障に繋がる可能性が高いです。

3.凍結

上記で記したとおり、雪が降るような寒い日に配管に溜まった水が凍結し配管を破損させてしまうことがあります。

4.台風・暴風雨による悪影響

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして給湯器が故障する前兆って色々とあるのですけど、やはり異臭・異音・お湯の温度の不一定という症状が
表れ始めたら、修理又は交換の時期と言えるのだと思います。
修理と交換の境目なのですけど、
給湯器は一般的には10~12年程度は長持ちするものですし、5~10年程度ではむしろ修理の方がお得のように思えます。
給湯器は生産終了になってから10年間以内はメーカーは部品を保有する義務がありますので、
よほど深刻な器機の破損で無い限りは修理の方が宜しいと思われます。
優良住宅認定品でも10年を超えると修理部品がなくなってしまう可能性が高まるので、
使用して10年近く経っている場合は交換の目安と言えると思います。

最後に給湯器を交換する時って大半の方は特に何も考えずに東京ガス・エネファーム等に依頼をされる方が多いと
思えるのですけど、エネファームは一般的に給湯器の定価に設置工事価格をそのまま乗せただけの値引きなしの
見積りを持ってきて有無を言わさず工事を開始する傾向があったりしますけど、
それはやめた方がいいと思いますよ~
というのも地元工務店とかビルダーや優良リフォーム業者の場合ですと、事前に卸価格で給湯器を手配できるため、
東京ガス・エネファームに比べたら2~3割程度は安い見積りを提示できると思いますし、
給湯器自体は地元工務店でも東京ガスでも同じものですし、施工に関しては誰がやってもほぼ同じでもありますので、
少なくとも相見積りを取って「比較検討」はされた方が宜しいように思えますね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |