FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日、3月7日は「早苗さんの日」です!

早苗さんの正式名称は東風谷早苗(こちや さなえ)で、幻想郷の妖怪の山の上に建立されている守矢神社の風祝を
司られている御方です。
風祝というのは「巫女さん」みたいなものですので、早い話が博麗神社のすてきな巫女の霊夢とは同業者でもあり
商売敵という立ち位置でもあったりします。
そして霊夢との最大の違いは、早苗さん自身も神様の一人というのか「現人神」という事でもあったりします。
神様と言ってもそんなに大したものではなくて、周りから持ち上げられて生きたまま神様として崇められているような立ち位置
でもあり、その意味では昭和天皇が戦前にやはり現人神と崇められていたのと大体同じような構図と思われます。
だけど早苗さんが神様と言ってもほとんどの東方ファンの皆様は「なにそれ・・?」という感覚が強いと思われますし、
私もそう感じております・・(笑)
だって神様と言うにはあまりにも人間臭いというのか、確かについ最近まで外界でJKをされていた御方でもありますし、
何よりもあの可愛らしさとちょっと調子に乗りやすい雰囲気はどう見ても「神様」と崇められるには
「まだ早すぎるのかも~」と感じてしまいますよね・・
阿求自身も早苗さんに関しては「神様といってもたいした神様じゃないから、むやみやたらと持ち上げるべきではない」と
評していましたけど、それに関しては妥当というしかないのかもしれないですね・・
早苗さんは神様兼巫女さんであり、霊夢は巫女さんというのが違いと言えるのかもしれないですし、霊夢は
巫女さんなんだけど同時に幻想郷内の妖怪退治&異変解決のスペシャリストと言うのが現時点では早苗さんとの差別化を
図れている点なのだと思います。

早苗さんは、霊夢と異なり幻想郷で育ってきた人間ではなくて、あくまで外界出身の巫女さんであり、
幻想郷においては大変珍しいとも言える幻想郷も外界もどちらの世界も十分に知り尽くしている御方でもあります。
(二つの世界を知っている幻想郷内のキャラというと、早苗さん以外では、
神奈子と諏訪子は言うまでもなく、他には宇佐見菫子・マミゾウ・ゆかりん程度なのかな・・?)
そうした外界出身の早苗さんがどうして幻想郷で暮らすようになったのかと言うと、復習を兼ねて簡単に述べると、
妖怪が人間の心の中で存在感が無くなってしまうと、妖怪としての存在意義を失い妖怪自体の消滅の危機にあったからこそ
ゆかりんの大英断の下で、全ての妖怪勢力が幻想郷に移住を図ったと言う事とほぼ同じ構図ではあるのですけど、
外界においては、 神々への畏敬とか神を信ずる心とかいわゆる「信仰心」が薄くなってしまい、
「人々から崇められ敬われ、信じられる」という事でその存在意義があった「神様」そのものの存在意義とか
必然性が徐々に失われつつあり、
本来はそうした「信仰心」によってその存在を維持していた神奈子や諏訪子といった古来の神々の
存在価値が喪失されていき、「消滅」という可能性すら否定できないという危機感があり、
神奈子や諏訪子といった守矢神社の神々たちは「一つの賭け」に打って出て、
自分たちの存在意義を確かなものにしようと画策いたします。
それがどういう事かと言うと、神奈子たちは、外界で信仰を得る事を諦めて、信仰心を得ようと神社ごと幻想郷の妖怪の山に
移住を図り、早苗さんたちは幻想郷へと移住をしてきたのです。

早苗さんというのは幻想郷に元々いた巫女さんではなくて、外界からやってきたよそ者という事になるのだと思います。

私がどうして早苗さんにこんなにも魅かれてしまうのかと言うと、言うまでもなくそのかわいらしさも大変大きいのは
言うまでも無いことですけど、それ以外では「自分が生まれ育って郷里を離れて、故郷とは全然縁もゆかりもない所で
孤軍奮闘して頑張って自分の生きる道を模索している」という点に大きな共感を感じているという事が
挙げられると思います。
私自身も高校まで過ごした東北の地を離れて、親元を離れて高校卒業以降は、それまで育ってきた縁もゆかりもない所で
生活をし、社会人になって以降も一時的にですけど「山梨県」というとてもじゃないけど日本の首都・東京と隣接している県とは
思えないほど言葉も風習も生活スタイルも異なる所で孤軍奮闘して頑張っていたりもしていたのですけど、
そうした「これまで育ってきた所を意図的に離れて、自分が全然知らない世界で裸一貫からスタートして頑張ってみる」という
感覚が早苗さんに少しは通ずるものがありそう・・という所に私自身が大変シンパシーを感じているというのが
大変大きいようにも思えたりもします。
そして何よりも早苗さんの特筆すべき美点は「適応能力の早さ」なのだと思います。
幻想郷に移住する前は恐らくですけど何不自由のない女子高生さん生活をされていたと思われるのに、
電気もガスも通っていなくて、車も自転車すらも無く通行手段は徒歩のみで、おまけに周囲は魑魅魍魎たる妖怪ばかりだし、
知り合いも顔なじみの人も全くいない幻想郷の生活にあっという間に溶け込み馴染んでいき、
最近では妖怪退治の楽しさにも目覚め始めたばかりでなく、神奈子たちと協力した上で守矢神社にロープウェイ開通まで
こぎつけ、あわよくば幻想郷内の神社としての主導権を霊夢の博麗神社から奪取しようと目論むなど
そのとてつもない順応性と自由自在で柔軟な思考力には、同じ「生まれ育った故郷を離れた者」同士としては
とてつもない憧れと尊敬の念を抱いてしまいそうですね~! (笑)
早苗さんの不滅の名言は「このヘンなTシャツヤロー」ではなくて(汗・・)、東方地霊殿で飛び出したあの
「幻想郷は常識に囚われてはいけない世界なのですね」だと思うのですけど、
そうした常識に全く囚われず、過去の先例にもこだわらず、常識打破を結果的にやり遂げ、そして見事に幻想郷の生活に
すっかり溶け込んでしまい、今ではむしろ「いやいや・・早苗さん・・あなたが幻想郷の非常識そのものなのですから・・」とすら
揶揄されてしまう程、見事に幻想郷の重要キャラにまで上り詰めてしまった早苗さんは、
私にとっては憧れの存在ですし、「早苗さん大好き!」という以上にその生き様そのものに魅かれる面も多々あると
私自身思ったりもしています!

よく二次創作では話題になったりもするのですけど、早苗さん自身は、これまで早苗さんが育ってきた外界を完全に捨てて
全く白紙の状態で幻想郷に移住をしてきた訳なのですが、早苗さん自身は「外界を捨ててきた」という事に関して
どう感じているのかはなんか大変興味があったりもします。
この点に関しては私の脳内妄想の推察として、早苗さん自身の現時点での意識・記憶として、
「外界時代の事をきちんと認識し記憶として留めているのか否か」という事によって相当解釈が分かれるような感じもします。
早苗さんは公式設定で「諏訪子の遠い子孫」という設定があったりもしますけど、
(早苗さんが諏訪子の遠い子孫と言う事は、可能性的に諏訪子は実は人妻であったという事もありえるのかもしれないですね)
もしかしたら早苗さんの血統的に神様のDNAが既に入り込んでいるのかもしれないと思われます。
東方の設定では外界時代の早苗さんは「理系の女子高生」という事しか何も語られていないのですが、
早苗さんが諏訪子の子孫と言う事ならば、早苗さんの家系が実は巫女さんとか神主といった神職に関係した家という
事も十分考えられますし、神奈子と諏訪子が外界を捨てて幻想郷への移住を画策していた際に
「自分達二人は神々という立ち位置でもあるし、幻想郷に移住するには我々神々と幻想郷の人間たちを繋ぐ巫女と言う
存在が間違いなく必要になってくる。
さてさて、誰か自分たちと一緒に外界を捨てて幻想郷に移住してくれそうな若き巫女候補はいないものか・・」といった
よからぬ(?)相談をされていたのかもしれないですね。
そんな時に目を付けたのが早苗さんという事なのかもしれないです。
現在の早苗さんはどちらかというと「はっちゃけ早苗さん」みたいな感じになりつつもあるのかもしれないですけど、
外界のJKさん時代は意外ともしかして「人の生きる道とはどんなものなのか・・そしてはたまた私の生きるべき道とは・・」と
自分の人生そのものにどこか迷いとか疑念を感じていたのかもしれないですし、そうした早苗さんに
「それならば思い切って私達と一緒に新しい生き方を模索してみない・・?」と声を掛けたのかもしれないですし、
早苗さんの神職の親とか親族から神奈子・諏訪子といった神々に霊視・霊媒・祖先の霊を呼び出す祝詞を使った口寄せ等の
方法でもって神職・巫女さんたちと神奈子たちを呼び出し協議を行い、
「迷える神々たち・・それならばうちの早苗を人身御供として供する事も私たちはやぶさかではありません」といった
まさかのびっくり提案があったのかもしれないですし、
その辺りは正直なんとも言えない感じはあったりもします。
もしも早苗さんたちの親側から「うちの早苗を神様の花嫁として人身御供として供する」申し出があった場合、
早苗さんとしては元々ノリがいいし、人から何か頼まれたら
「そっか・・そんなに私が必要とされているのか・・それならばしょうがないわね・・」という勢いで案外あっさりと
幻想郷入りをOKされていたのかもしれないですね。
神奈子たちが早苗さんに話を持ちかけていたとしても、早苗さん達の親から申し出があった場合でも、
ここで一つ興味があるのは、外界から幻想郷に入り外界と別れを告げる際に、早苗さんに外界時代の思い出・記憶が
残されているのかという事なのだと思います。
神奈子たちが横暴極まりない神々だったら、早苗さんの外界時代の記憶を全て抹消し、まっさらの状態で幻想郷入りを
させるという解釈もありうるのかもしれないですけど、早苗さんは公式でも外界時代の事は何度も語っていますし、
外界時代の自分という認識をいまだに持っているという事は、当然のことながら、早苗さんは
外界時代の自分の友人とか親等の家族の事はきちんと認識をされているという事なのだと思います。
幻想郷入りを果たす直前にもしかしたら早苗さんと家族の間で「永遠のお別れ会」みたいなものがあったのかどうかは
予想もつかないのですし、早苗さんは一見ふわっとした優しい印象を持たれがちなのですけど、そうした外見とは別に
「外界における全てを捨てて私は神奈子様・諏訪子様と一緒に新しい神々の世界を模索するために
幻想郷にやってきた!」という強い意志が備わっていて、しかも強い意志だけではなくて
今まで自分が暮らしていた環境とは全然違う所に生活の拠点を構えても、あっさりとそうした別環境になじんでいくという
適応力を持ち合わせているという事なのだと思います。
そうした意味では、二次創作でよく言われている「早苗さんは、幻想郷移住前に神奈子たちによって外界時代の記憶を
すべて消されてきた」という説はあまり当てはまらないような感じもありますし、何よりも早苗さんは外界時代の話とか
外界でしか通用しそうもない用語を時に使用し、霊夢から「なんじゃそれ・・?」みたいな反応も受けていますからね~・・
アリスと共にガンダムみたいな大型ロボットの話をされていた早苗さんはとても楽しそうでしたね~!

幻想郷に移住して間もない頃の早苗さんは、
慣れない幻想郷での暮らしとか幻想郷内のルールとか色々と不慣れな面も多々あったと思いますし、
今更ながらとんでもない所にやって来たとか、今頃外界の両親とか学校の同級生は何やってんのかなとか
果たして霊夢の博霊神社とうまくやっていけるのかとか
妖怪の山の神社として認められはしたけど、本当に河童とか天狗みたいな海千山千みたいなあの妖怪たちと
うまくやっていけるのかとか八雲紫という妖怪はマジで危険な香りが漂っているとか早苗さんなりに色々と
悩まれていた時期もあったのかもしれないです。

よく「進化論」という話は耳にするのですけど、
生物として、種族として生き残っていくためには「強さ」というよりも「環境の変化に対応できる適応力の有無」の方が
必要不可欠という話らしいですよね。
そいうい意味においては、外界の考え方や経験に囚われる事も無く一度霊夢の博麗神社に敗北を喫し叩きのめされると、
「それでは自分たちが今後幻想郷内で生き残るためにはどうすればいいのか・・何が足りなくて
今後何を身に付けていく必要があるのか・・?」という事を常に頭の片隅に置き、
外界→幻想郷という「凄まじい環境の変化」にきちんと順応していき、
「幻想郷で生き残るためには、自分はどのように変化をしないといけないのか」という事を
実践していった早苗さんは本当にすてきだと改めて感じてしまいます。

外界時代の記憶をそのまんま持っていながらも「昔に戻りたい・・」等の泣き言も一切言わずに、幻想郷と言う新しい世界に
果敢に飛び込み見事に適応していった早苗さんは、霊夢共々幻想郷のすてきな巫女さんという事なのだと
思いますね~!

「異なる価値観の寛容さ」を意外にも実現しちゃったのが東方の「幻想郷」の世界であり、 同時に・・・
早苗さんの、おしとやかさ→はっちゃけ具合への「変容」も
そうした多様な価値観を早苗さんなりに理解し受けいれた結果と言えるのかもしれないですよね。
そう! 早苗さんの美点の一つが頭が固くない所だと思います。
早苗さんは、幻想郷に勇んで乗り込んできた頃は、「こうしないといけない・・」みたいな固定観念がのかたまりみたいな
感じもなくはなかったのですけど、
ひとたび「敗北」を味わい「幻想郷内の現実」を理解した途端に、
神奈子・諏訪子の二柱のアドバイスを素直に受け入れつつ、自分自身を柔軟に変化させていったようにも
思えますし、その「変化」こそがまさにあの「はっちゃけ振り」なのだと思います。

少し時系列的にまとめてみると・・・・(あくまで私の脳内妄想です・・・笑・・)

1.外界の悩める女子高生時代
         ↓
2.神奈子・諏訪子との出会いと自身の「風祝」としての役割の認識、そして現神化への進化
         ↓
3.外界の全てを捨てて、ある種の悲壮な覚悟と決意の下、幻想郷へ移住
         ↓
4.東方風神録として、霊夢に対する敗北後は、敗北を受け入れた後は、守矢神社を妖怪の山の上に建立し
  妖怪の山の妖怪たちの神様として信仰を集めることからスタートする
         ↓
5.守矢神社の人里への布教活動と妖怪退治への参加
         ↓
6.東方地霊殿を経て、東方星蓮船にて早苗さん念願の自機キャラ化!!
         ↓
7.二度目の自機抜擢を経て、徐々に・・・はっちゃけ早苗さん化!!

そんな流れがあるのかな?とも思っています。

早苗さんの歴史と言うものは、幻想郷の非常識さそのものの歴史でもあると言えるのかもしれないです。

そんな早苗さんを当ブログではこの先もず―――っと応援をさせて頂きたいと思います!
(もちろん、さとり様もこいしちゃんもゆかりんもアリスも東方キャラはみんな大好きですけどね・・!)








sanae-sandesu-0_convert_20160127165447_convert_20170223144103.png








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
過去の作品のご紹介コーナーです。

上記の早苗さんのイラストは dream fantasy の管理人様のアミグリさんが 2016年に描かれた早苗さんです!!
アミグリさんが描かれた早苗さんというと、昨年の早苗さんの日前後に描かれた霊夢とセットなった巫女さんとしての早苗さんや
昨年末のクリスマス早苗さんも大変印象的ですけど、
この早苗さんもとても素晴らしいと思います!

アミグリさんが描かれた早苗さんは「風祝」としての早苗さんに相応しく、風がさーーーっと吹いてきて
早苗さんのスカートがふんわりと舞っているようにも感じられるのはとても爽やかだと思います。
「緑の巫女」とも言えそうな緑のロングヘアもとても美しいと思います!
かわいいしその中でも上記の記事でも触れた「早苗さんとしての決断力・意志の強さ・適応力の早さ」といった
聡明さも漂っているようにも感じられます。
早苗さんが手にしているのはお祓い棒ですけど、ファンの間ではあれは「はんぺん棒」という愛称もありますけど、
アミグリさんが描かれた早苗さんのお祓い棒からもどことなく気品のようなものを感じさせてくれているのは
すてきですね~!

上記のこの素敵な早苗さんはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

3月は怒涛の「東方記念日」ラッシュでして、当ブログもサニーミルクの日・雛の日・みょんの日・東方巫女の日、
そして本日の早苗さんの日と続きましたけど、
ここから先もさとり様の日が続き、そして何よりも
アミグリさんのブログ「dream fantasy 」の開設10周年や
「3月24日はアミグリさんのお誕生日です!」等この先もイベント続出ですので、
どうかこの先も当ブログとアミグリさんのブログ「 dream fantasy 」も何卒宜しくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

神様兼巫女っていうのが、おもしろいですね^^あがめる立場とあがめられる立場。しかし、外界から幻想郷に移りたいかといわれたら、さすがにNO!って感じですけどね~。都会で独り生活を始めるってのは昔からよく話ですけど、これは全然レベルが違いますね。幻想郷にもおもしろいイベントがあって、写真が撮れるなら話は別ですが、私は外界のイベントが気にっているので、しばらくNO!ですね^^

ぬくぬく先生の早苗さん愛が伝わってきます…!

私も、早苗さんみたいな柔軟な思考を身に着けたいものです…!!

故郷を離れて見知らぬ地へ…憧れはあっても実際には気持ち的になかなか難しかったりするのですよねぇ。それでも常識はずれな幻想郷世界にもすっかりに馴染んでしまっているのですから早苗さんも相当強靭な心の持ち主ですねw
そんな早苗さんもやっぱり辛い時に故郷を思い出したりしていたのでしょうか。

アミグリさんの描かれた早苗さんはなんだか自信とか決意みたいなものが感じられるようですね。風を受けながらの立ち姿が可愛くて同時に力強い、素敵な早苗さんだと思います。

幻想郷のすてきなイベント

八咫烏(全力稼働中) 様


早苗さんが幻想郷内では「現人神」という神様の一種であるというのも面白い話ですね・・(笑)

早苗さんみたいな女子高生さんみたいな神様でしたら、私も今すぐ崇めさせて頂きたいものです! (汗・・)

ちなみに霊夢は神様ではないけど、ゆかりんから稽古を付けられた結果として、神様を霊夢の身に憑依させることで
神様の能力を霊夢と力として発揮させることが出来るというのも早苗さんとの違いと言えるのかも
しれないですね。

幻想郷内のすてきなイベントというと、博麗神社の境内内で開催される秦こころの「奉納の舞」のイベントなのかも
しれないですね。
あのイベントの際には、人里からかなり人が集まってきていて屋台もかなり出店しているようですけど、
あの舞を写真撮影できたら最高ですね~!



早苗さんは・・(笑)

アミグリ 様


ありがとうございます! 私も早苗さんやゆかりん・さとり様・こいしちゃんの事を記事にする際はなんだか
いつも以上に気合が入ってしまいますね! (笑)

早苗さんのあの柔軟な思考力は私も見習いたいですけど、早苗さんの場合はなんにでもすぐに染まりやすいと言うのか
どんな事でも吸収していき応用できてしまうあの発想は
むしろ理系出身の早苗さんらしい話なのかもしれないですね。

昨年の巫女の日の早苗さんとか昨年末のクリスマス早苗さんもとても素晴らしかったですけど、
2016年の早苗さんも「風祝」らしい凛とした雰囲気が漲っていると思いますし、あの雰囲気は外界から幻想郷入りを
決意した早苗さんらしいどこか「決然としたもの」も感じさせてくれているすてきな作品だと
改めて思います!

早苗さんの決然とした想い・・

schwert 様


いくらバックに二人の強靭な神様がフォローに入っているとはいえ、現役女子高生さんが
常識が通用しない幻想郷入りを果たしたその経緯に至るまでの早苗さんの「決意の過程」というものはなんだかとても
興味津々ですね~!
これまでの自分の経歴や実績を全て捨てて、新しい世界で自分の新しい可能性を試すというのは、
普通のJKさんにとっては大変な「決意」なのかもしれないですけど、それを決然とやってのけてしまう点に
早苗さんの思いっきりの良さがあると言えるのだと思いますね!
そして早苗さんのいい点でもあると欠点なのかもしれないですけど、何事にも染まりやすいと言うのか
非常識な事すらも自分の常識として吸収できてしまうその柔軟な思考能力には私も是非見習いたいものがあると
思います!

早苗さんは意外と忘れっぽいのかな・・?

外界時代の家族とか友達とか、幻想郷に移住して間もない頃に霊夢に叩きのめされた事も
「昔そんなことあったよね・・」という程度の記憶にあえて留めさせているのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれた早苗さんをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

あの早苗さんは「風祝」としての爽やかで毅然としてどこか決然とした雰囲気がすてきにつたわっている
かわいいけどとっても「意志の強さ」を感じさせてくれるすてきな早苗さんだと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4133-028bb8a2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |