FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


それにしても相変わらず朝晩は冷え込みますよね~

朝がこれだけ寒いとついつい「会社に行きたくねぇ~」みたいな感じで布団の中にもぐりこんでしまい、ぬくぬくと二度寝を
してしまいますと、目覚まし時計を見てびっくり仰天・・!
「やばい・・! これ遅刻するかもじゃん・・! 駅までダッシュしないと遅刻するかも・・!?」と感じ、
速効で着替え・歯磨きを完了させ、3分後には家を飛び出て駅まで駆け足で向かっていました。

自宅から最寄駅は普通は大体14分程度で到着するのですけど、その日はそうした事情もあり
「UR団地内の公開空地のインターロッキングの歩道を通った方が近道じゃん・・」と考え、この日はそうした訳で
ちょっと近道をしてみました。

うちの周辺には、埼玉県内でも屈指の大規模さを誇る巨大UR団地があったりもします。
周辺は用途地域的には、第一種住居専用地域、建ぺい率60%・容積率200%という制約が
ほとんどなのかなと思います。
場所によっては「10m以上の高さの建物が建てられない」といった高さ制約が課せられているエリアも
あるかとは思われます。
それではどうしてそうした地域の中で14~17階建の中高層が建築可能なの・・?と思われるのかもしれないのですけど、
これって実は、少し専門的な話になってしまいますが、「中高層建築」に当たって、「総合設計」という
高さと容積率の緩和が適用されたためと思われます。
実際、今でも「総合設計による公開空地」みたいな看板が随所に立っております。
「総合設計」とは何かと言うと、簡単に言ってしまうと、特例として高さと容積率の緩和を容認する代わりに
敷地内全体に、この中高層の建物の周辺の近隣住民がいつでも自由に通行できる歩道を確保し、
樹木を一定間隔で植え、公園等の近隣住民誰もが利用できる設備を設置するというものです。
私自身も自宅から最寄り駅に行く際は、この巨大URの公開空地というインターロッキングによる歩道を通る事も
結構あるのですけど、確かにここを通った方がかなり近道のようにも感じられます。
このURが建築された当時は、住民のほとんどは日本人だったようですけど、
最近は統計によると外国籍の方の居住が5割を超えたみたいです。
中国・インドのご出身の人たちが大変多く、UR内の公園で繰り出される言葉は、あの早口の怒ったような中国語
ばかりが目立っていますね・・(笑)

さてさて、この日の朝はそんな訳でこのUR内のインターロッキング歩道を通行して近道した訳なのですけど、
上記で書いた通りこの日は「遅刻しそう・・」という事で駆け足気味でしたが、
とある地点でなんだか瞬間的に空を飛んだような感覚があったかと感じた次の瞬間に、見事にすっ転んでしまい、
右手の手のひらと右足に擦り傷が出来てしまい、出血もしてしまいました・・(汗・・)
こういう時って、「あれれ・・一体何が自分の身に起きたのかな・・?」とも感じるのですけど、同時に
「こんな通勤・通学の人がたくさん歩いている前で思いっきり転んでしまい、はずかしい~・・」という感じも
したものでした。
駆け足態勢でしたので、分かり易く言うと一塁ベースにヘッドスライディングするかのように、
手をバンザイ気味に上にあげたまま足が舞った・・という感じで、手から地面に落ちて行ったという感覚が
あったものでした・・

「急がば廻れ」という諺もありますけど、ちょっと急いでいても安易に近道などせずに少しばかり遠回りしたって
舗装がしっかりしているいつもの道を歩いた方がよかったという事なのかもしれないです・・
だけどそれ以前に私が二度寝などしなければこんな事にならずに済んだと言う事でもありますので、
とにかく、朝は余裕を持って何事にも臨め・・!という事なのかもしれないですね・・(汗・・)







縺・s縺溘・_convert_20180214162734






それにしてもどうしてあんな一瞬空を舞うかのような感じで躓いて転倒してしまったのかな・・?

高齢化による足のもつれ・・? 体力の低下で以前のようにシャキッ!と歩けない・・? 高齢化による足腰の弱り・・??

なんだか嫌な原因ばかり思いつきましたけど、瞬間的に空を飛んだような瞬間に、何かがつま先に引っかかったような
感じがありました。
そっか・・! それで合点がいきました!
上記で書いた通り、あの近道したURの公開空地のインターロッキング舗道は、経年劣化がかなり目立ってきており、
インターロッキング同士に隙間が生じていたり、ちょっと浮きがあってグラグラしていたり、
結果的にほんのちょっとした微妙な段差が出来ていて、完璧なバリアフリーの舗道ではないのかも
しれないですね・・
そうしたほんのちょっとした段差につま先が引っかかってしまい、こうした事になったのかもしれないですね・・

インターロッキングは施工して間もない頃は大変見た目も美しいし、アスファルト舗装に比べると
天然素材的な美しさもあったりするのですけど、インターロッキングは経年劣化が起きてしまうと、こうした浮き・段差が
出来易くなり、インターロッキングの上を自動車・バイク・自転車が頻繁に通ったりすると欠け・ひび割れという事も
起きたりもしますので、
要は・・インターロッキング舗道でもアスファルト舗道でも、そんな余裕のない駆け足なんかしないで
ゆっくり歩きなさい・・という事なのかもしれないですね。

とにかく久しぶりに「空を瞬間的に飛んだ!」という感覚は楽しまさせて頂いたと思います。出血もしてちょっと痛かったですけど・・

余談ですけど、子供の頃にこうした「瞬間的に空を飛んで、次の瞬間に怪我してしまった・・」という記憶の中で
印象的なのはシーソーですね。
サーカスで「人間大砲」という事で、地面のシーソーの端に人が立っていて、浮いているもう片方の端に別の人がジャンプして
地面の端の人が壮大にジャンプして空を飛んでいく・・みたいな演技もあったりするのですけど、
それに近いような感じだったと思います。
ある時、シーソーの端に私を含めて2人ほど乗っていて、もう片方の端に3人ほど乗っていてギッコンバッコンして
遊んでいたのですけど、私の後ろにいた結構太っていた子がなぜか唐突にシーソーを離れてしまい、
重さのバランスを失ったシーソーは、上記のサーカスのように、私が乗っていた端が勢いよく上に上がっていき、
結果として私はまるで人間大砲のように上空めがけて吹っ飛んでいったものでした・・・

そしてそうやって空を飛んだ次の瞬間に地面に叩きつけられてしまったのですけど、
幸いにしてそこは砂場でしたので、軽く鼻血を出した程度で済んだのですが、ああいうシーソーでも
人間一人ぐらいは軽く吹っ飛んでいくものなのですね・・
その唐突にシーソーを離れた子は、うーさんと言ってとても小学生とは思えない立派な体格をしていたのですけど、
どうしても怒る気にはなれないものでした・・
というのもこのうーさんには給食の時にはとにかくお世話になりっ放しというか、当時も今も食べ物の好き嫌いが激しい
私の苦手な食べ物を担任教師の目を盗んで、食べて貰っていて、
私も頭が上がらない・・という事情も当時はあったものでした・・
当時のクラスでは、私以外でも食べ物の好き嫌いが激しい子はやはり担任教師の目を盗んで、各自の嫌いな食べ物を
うーさんの食器に無理やり押し込んでいて、それでも毎回毎回うーさんは文句も言わずに完食していましたので、
とにかく食べ物の好き嫌いが激しいクラスメイトの間では「神様」みたいな人でもありましたね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

総合設計、あの通過できる道とかはそういう考え方だったのですか。派手に転んでしまわれたようですが、頭などを打たなくて、本当に良かった、と思います。実のところ、私も昨年6月に派手に転びまして、似たような感覚で本日の記事を読んでいました。私の場合は、左を着いてしまったので、半年間も痛みました^^;(ちょっぴりヒビが入っていたのかもしれません)シーソー、痛そうですね^^;私は滑り台の上から落ちました^^
なんだか、すっごく「うんうん」って共感できる記事でしたよ~^^;

痛い〜

聞いただけで痛々しいです。

怪我は大丈夫ですか?

寒いときは特に痛いですよね。

お気をつけ下さい。

ちなみに優子はバナナの皮を踏んで

ギャグマンガのように転びました。

バナナの皮があった事も驚きですが、

それを踏んで豪快に転んだ自分にも

驚きました。

痛かったけど、笑いのほうが大きかったです。

バナナの皮って、本当に滑ります(笑)


重力で地面に縛り付けられている人は「宙に舞う」と言う感覚はなかなか体験できないものです。
でも、故意に宙に浮かびたい人ならともかく、思わず宙に浮かんでしまったら後が恐いですよね。

大丈夫ですか?!
急いでるとどうしてもね…
たいしたことなくてよかったですが
気をつけて下さいね♪

私も気をつけます!

こんばんは。

こういうタイプの歩道だと、
さすがに隙間や段差があると、つまずいたり、
今回みたいに、こけてしまう事もありますよね。

子供なんか、大人に比べると頭が重いのと、
脚がおぼつかない分、余計に転びますよね。

災難でしたね💦
ですが、大怪我にならず良かったですね。
急いでいると、
注意力も散漫になりますよね(^_^;)

カラス様こそお大事に!

八咫烏(全力稼働中) 様


そうそう、カラス様こそ昨年はかなりの大怪我をされていて、記事更新されるのも痛々しいくらい
大変そうでしたよね・・
私の場合は単に転んですった程度ですので、全然問題ないですけど
お互いに「年も年だから・・」という事で歩き方もある程度は慎重になった方が宜しいのかもしれないですね・・(汗)

バナナ

優子 様


ご心配して頂きありがとうございます~!

私の場合単にすった程度ですので全然大したものではありませんので、全く影響はないです!

バナナ・・・

そんな吉本新喜劇みたいな事も現実におきるものなのですね~(笑)

しかもそれが意外と本当につるっとすべるものというのも面白いですね。
(テレビ等のそうしたシーンはギャグのやらせなのかと思っていました・・)

宙に舞う・・

sado jo 様


「宙に舞う」感覚と言うと、他には「胴上げ」もそうなのかもしれないですね。

胴上げはあおむけ状態で舞っていますけど、
単に派手に転ぶ場合はうつ伏せ状態と言うのが違いなのかもしれないですね~

でも胴上げは意外と「こわいのかも・・?」という感覚もあったりもしますね・・

急がば回れ

napo 様


あの記事での出来事は数週間以上前の話であり、けがと言っても擦り傷程度で全然大したことではないので、
ご安心ください。
ご心配して頂きありがとうございます。

要は、朝のお出かけは「余裕を持て」という事で、ヘンに近道するよりも安全な道を選べ・・という事なのかも
しれないですね~

経年劣化

鳴らない携帯 様


こうしたインターロッキング舗装は、経年劣化による浮きや欠損、インターロッキング間の間隔のずれというのは
結構発生している感じはありますし、
他のインターロッキング舗装の箇所もよく見てみるとこうした経年劣化による危険と思われる個所は散見されますので、
歩くのは問題ないとしても
駆け抜けるというのは避けた方が無難なのかもしれないですね。

朝は余裕を持って・・(笑)

kirakiya.rumari 様


いえいえ怪我と言っても擦り傷程度で全然大したことはないですけど、
とにかく朝のお出かけは「余裕を持って臨め・・」という事なのでしようね。

人間あせるとロクな事にはならないという事を象徴するような感じでもありました。

お大事に(笑)

あ~、痛そう。
足がねぇ、ちゃんと上げているつもりでも上がってないっていう…。
ちょっとした段差でも躓くようになるんですよ…。
気をつけましょうねぇ。お互い。
こんなはずじゃなかった…と思うのは簡単ですが、
大けがしたら笑えませんからね…。
はぁ…、年取るっていやねぇ(笑)

年ですねぇ・・(汗・・)

mama.ikuko  様


うーーむ、私とほぼ同世代のmama.ikuko 様なら間違いなく共感頂ける話なのかもしれないですね・・(汗・・)

10~20代の頃でしたら多少の段差があってもぐぐっと踏みとどまる事が出来るのにそれが出来ないという事は
「いい加減年なのだから若い振りするのはやめて、年相応にしなさい・・」という事の啓示
なのかもしれないですね・・(汗)

どちらにしてもお互いに気を付けないといけないですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |