FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計












3月17日は「漫画週刊誌の日」でもあるのですけど、
本日3月17日はアミグリさんのブログ「dream fantasy 」の
開設10周年記念日でもあります!

アミグリさん! 「dream fantasy」の開設10周年おめでとうございます!!

そしてこの「10周年」の重さは大変なものがあると思います!

昨年当ブログもやっとこさっとこ5周年を迎えたのですけど、ちょっと「重さ」が違うと言う事なのだと思います!
アミグリさんのような「イラスト掲載ブログ」はFC2内においてもそれこそ星の数ほどたくさんあるのですけど、
絵を全く描かない私が言うのもなんですが、ほとんどのイラスト系ブログの皆様は
最初の頃は意気揚々と開始されるものの、段々と更新頻度が下がっていき、結果として長期間の放置状態または退会と
なってしまう管理人様がほとんどといっても過言ではないのかもしれないと思うほど、
イラスト・絵を恒常的に描き続ける事はそれだけ大変だと言う事だと思います。
更新が続かない原因としては、創作意欲の低下・誰も見てくれないのかも・・というモチベーションの低下・スランプ・
面倒くさい・・、思い通りの絵がなかなか描けない・ネタ切れ等いろいろとあるとは思います。
イラスト・絵を描かれると言う事は、オリジナル作品ももちろんそうなのですけど、版権作品も含めて
模写を除くと、「無」という全く何も無い白紙の状態から、ポーズ・表情・背景・アイテム・表現などを自分の頭で考えて
「有」という状態を日々創造するという事でもありますので、そのご苦労はとにかく大変なものがあると思います。
私の場合ですと、自分が感じた事とか自分の過去の体験をとにかく「質より量!」と言わんばかりにとにかくひたすら量を
ポンポンと量産する軽さはあったりもするものですけど、
アミグリさんのようなイラスト系ブログの皆様は、上記で述べたように日々、無から有を創造される大変な事をされて
いらっしゃいますし、そのご苦労は本当に尊いものがあるのだと思います。

しかも・・!

そうしたご苦労を10年間に渡って継続されている事はとにかく大変な事なのだと思います!

だって10年ですよ! 10年・・!!

イラスト系ブログの皆様は一般的な傾向として大体半年から1年程度で挫折→更新停止・放置というパターンが大変多い中で、
いくら大好きな事であったとしてもそれを10年間継続して続けられるという事こそが尊いのだと思いますし、
称賛に値するものがあると思います。
しかもこの10年間の歩みの中で、アミグリさんには「中断」とか「更新停滞」というのは実は無いのです!
確かに一ヶ月に1作品に留まるという月間も少しはあったのかもしれないですけど、
とにかく大好きな事を10年間に渡って取り組まれ続けた「アミグリさんの想い」というものは大変美しいものが
あるのだと確信しています!
アミグリさんの10年間の歩みは「その軌跡は奇跡」のようなものだと思いますし、
このような素晴らしいブログが全くブランクも無く継続されていたのは驚異的な事なのだと思います。

当ブログでは「dream fantasy 」の歩みを
アミグリさんが描かれた作品を通してダイジェスト版として簡単に振り返らさせて頂きたいと思います。
そして、アミグリさんの作品の詳細は、「dream fantasy
においても是非是非ご覧になって頂ければ幸いです!

そしてアミグリさんが素晴らしい点と思えるのは、常に「進化」が続いていると言う事なのだと思います。

先月の「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」でも既に書いた事でもあるのですけど、
アミグリさんは2013年10月にあの素晴らしき不朽の名作「紅茶フランちゃん」という誰しもが「これは素晴らしい・・!」と
完全に納得させてしまう完璧な作品を一度既に描かれてはいるのですが、
私みたいな愚鈍な凡人ですと「一度頂点を極めてしまったのだから、あとは適当に流しておいてもいいのかも~」と
進化や努力を中断する事になりがちだと思われる中、
アミグリさんは、それでも進化・模索する事をやめてはおられません・・
2013年10月というとアミグリさんの作品史の中では「2012年から続いていた淡い作風の時代」がそろそろ終わりを迎えていた
時期でもあるのですけども、そこから今現在につながるキラキラ絢爛豪華路線へ方向転換する時期でもあり、
結果として、2013年10月のフランちゃんという「一つの大きな極み」を迎えられた後も、そこから色々と日々進化・模索を
され続けていて、それが結果的に2016年12月のあのフランちゃんを契機とする現在のキラキラ路線へと
繋がっていくのです!
更に言うと、絵師様の傾向として「これが私の方向性・・」と定められたものをどちらかというと保守的に守り通す感じも
なくはないと思うのですけど、アミグリさんの場合その点も大変変幻自在であり自由自在であり、
「これが私のパターン」と頑なに考えず、いいものがあったらそれを自分の作風に取り入れそれをアミグリさん流に
アレンジしていき、結果的にそうした事も見ている人にとっては「進化」という印象を抱く要因にもなっているのかもしれません。
他にも例えば今年の一番最初の更新記事が「アズールレーン」という初めてチャレンジした作品であるという事からも
分かる通り、そうした「新しい分野にも積極果敢に挑んでみよう!」という守りに入らない姿勢も素晴らしいものが
あると思いますね!

本記事と3月24日の「アミグリさんのお誕生日」の二つの大切なイベントにおいて、当ブログは事前にアミグリさんに
「この二つの大切な節目イベントの際に、是非当ブログにてアミグリさんの紹介記事を書かせてほしい、そしてその記事に
転載させて頂くイラストをアミグリさんの嗜好・考えで出来るだけ多く選定して欲しい」というリクエストを
させて頂いておりました。
それゆえに本記事で転載&ご紹介させて頂くアミグリさんのイラストは全てアミグリさんご自身に選んで頂けました!

そして本記事においては、これは私自身の意図でもありますし演出でもあるのですけど、
アミグリさんに選定して頂いたイラストを、今回のブログ開設10周年とお誕生日用に二つにまずは振り分けさせて頂きまして、
本日のブログ開設10周年おめでとう記事においては、そのイラストの転載順序は、古いものから掲載をさせて頂き、
最近の作品ほど順番が後になるという構成を取らせて頂く事で、
当ブログをご覧になっている皆様に、アミグリさんという一人の絵師様の「軌跡」を感じて欲しいと思っております。

(例によって)前振りが長くなってしまいました・・

それではアミグリさんの10年間の軌跡とも言うべきそのすてきなイラストをご紹介させて頂きたいと思います。

「dream fantasy 開設10周年お祝い記事」のオープニングを飾って頂く作品は、
アミグリさんが2008年8月に描かれた大妖精です!
どうしてこの大妖精をオープニングに持ってきたのかと言うと、上記の2008年8月の大妖精は、
実はアミグリさんが初めて描いた東方イラストなのです!!
アミグリさんの東方作品というと今現在ですと、フランちゃん・こいしちゃん・チルノ・妖夢といったイメージが大変強いですし、
「dream fantasy」の看板娘が霊夢と言う事もありまして、
「アミグリさんが一番最初に描かれた東方作品は、フランちゃんか霊夢かチルノなのかな・・?」というイメージもあったのですが、
実はその正解はちょっと意外でもありましたけど「大妖精」なのでした!
そうした意味において、上記の大妖精は、アミグリさんにとって記念すべき一枚目の東方イラストでありまして、
同時にアミグリさんにとっては大変な「思い入れのある一枚」と言えるのだと思います。

アミグリさんにとっては「全てのはじまりの一枚」と言えるのだと思いますし、アミグリさんにとっては記念碑的な作品であり、
とても大切な一枚と言えるのだと思います!
先月の当ブログでは「アミグリさんの描かれたフランちゃん特集」を展開させて頂き、まるで絵画的作品のような
素晴らしき作品を転載させて頂いたのですけど、そうしたアミグリさんの描かれた東方作品のはじまりはこの大妖精なのであり、
この「2008年8月に描かれた大妖精」でもって現在のアミグリさんの歴史が始まったと言えるのだと思います!

この大ちゃん=大妖精は、目がくりくりっとした感じがとってもかわいいです!

当時のアミグリさんのコメントが「羽を描き忘れちゃいました~」というのもなんともお茶目ですね~(笑)

言われてみると確かに大ちゃんの背中に妖精の象徴ともいえる羽が付いていなかったですね・・(笑)

そしてこの大ちゃんを見てから改めて最近アミグリさんが描かれたレティさん・霊夢、アズールレーン作品等を拝見させて
頂くと、そこから感じ取れるのは「進化と成長」という言葉なのだと思います。
でも私は、もちろん今現在のアミグリさん作品も大好きですけど、同じくらいこうした初期作品も大好きです!








20080901164737.png








続きまして、アミグリさんが2008年9月に描かれた「笑顔の霊夢」です!

霊夢というと「dream fantasy」の今現在のプロフィール画像にもなっている通り、dream fantasyのすてきな看板娘と
言えるのだと思いますし、
先日の当ブログの節目記事でもあった「東方カテゴリ400記事到達」の際にアミグリさんにリクエストさせて頂き
描いて頂けたのが「霊夢」でもありましたけど、あの霊夢は二段フリルもすてきでしたし笑顔もよかったし、
とっても素晴らしい霊夢だと思います!
アミグリさんにとっての「看板娘」ともいうべき霊夢の「すべてのはじまり」がこの2009年の「笑顔の霊夢」なのです!
上記の笑顔の霊夢は、記念すべきアミグリさんが一番最初にdream fantasy内で掲載された霊夢なのです!

アミグリさんが最初に描かれた東方作品は、上記の大妖精なのですけど、
それ以降に描かれた東方キャラは、チルノ→魔理沙→レミリア様→ルーミアとなっていて、そして満を持して
2008年9月に最初の霊夢を描かれています。
そうした意味では大変貴重な霊夢といえるのだと思いますし、アミグリさんの原点としての霊夢がここでにっこりと微笑んでいる
といえるのかもしれないですね!
2008年というと私自身はこのころは「東方」の「と」の字も何も知らない頃でしたけど(汗・・)
そうした時代からすでにこんなにもかわいい霊夢を描かれていたアミグリさんは「やっぱりすごいな~」と改めて
感心させられたものです!

それにしてもこの霊夢の笑顔はたまらないですね~!

霊夢というと中性的とか主人公なのに実はあまり笑わないとか少しばかり醒めている傾向があるとかツンツンしている
みたいなイメージもあるのかとは思うのですけど、
アミグリさんが初めて描かれた霊夢がこんなにも屈託のない満面の笑顔であるというのは、アミグリさんの
「前向きな明るい希望」という想いを霊夢に託されていたのかもしれないですね!








tennko_convert_20090622173440.png







続きましてアミグリさんが2009年6月に描かれた「笑顔の天子」です。
ちなみにこの作品はデジタル描きではなくてアナログ作品です。

それにしてもこの天子のやすらぎにみちた微笑みには癒されるものがあると思います!

この優しさに溢れたやすらぎの笑顔は見ている人たちをうっとりとさせるものはあると思いますし、こうしたやすらぎの
天子を見てしまうと、
「ゆかりんの怒りを買って一度フルボコにされた過去があるって・・? そうねぇ・・昔やんちゃだった頃に
そんな事があったのかもね・・くすっ・・」みたいな感じになりそうですね!

ここにいるのはゆかりんに完膚なきまでに叩きのめされお灸をすえらたれ東方屈指の迷惑住人ではなくて、
安らぎと微笑みに溢れたすてきな美少女なのだと思います。

後でこっそり(?)聞いたのですけど、アミグリさんご自身もこの初期作品のアナログ天子ちゃんを大変気に入っているとの
事ですけど、それよくわかりますよね~!
こうした自然なやすらぎの表情は意外とデジタルよりもアナログの方がぬくもりをうまく伝えられる事が
出来るのかもしれないですね!
そして同時にこの作品は3年後に訪れる「アミグリさんの淡い儚い色彩時代」を先取りしている先駆的作品という事も
言えるんじゃないのかな・・?とも感じたりもしますね!







reichiru_convert_20090812125417.png








続きまして、アミグリさんが2009年8月に描かれた「れいチル」という霊夢とチルノのカップリングイラストです。

霊夢の赤とチルノの青は色彩的にもバランスが取れていますので、見た目にも華やかな感じが漂っていると思いますし、
色彩的な安定感もあると思います、

このれいチルイラストは、霊夢がチルノをいじっているようにも感じられ、
「あ、おバカさん発見!」とか言って霊夢がチルノをちょっとからかっているようにも感じられそうですね・・(笑)
それとも幻想郷の真夏の暑さに夏バテしてしまった霊夢が、電気もクーラーも扇風機すらない幻想郷において
「半径2~3m程度だったら周辺の人たちを凍りつかせることはできる」チルノの冷気を操る程度の能力に目をつけ、
「あんたは幻想郷の天然のクーラー」とか何とか言って霊夢がチルノによって涼んでいるようにも見えたりもしそうですね・・
チルノにしてみれば「霊夢が寄ってくるとあたいはむしろ蒸し暑い・・」と文句を言いたいのかもしれないけど、
霊夢とチルノの力の差を考えるとチルノはしぶしぶながらも霊夢に冷たい空気を送り続けているというようにも
感じられそうですね。

アミグリさんの「dream fantasy」は大妖精からその歴史が始まり、大妖精→チルノ→魔理沙→レミリア様→ルーミア→霊夢
という順序で東方キャラが描かれていた経緯がありますけど、
その流れから見てみると、アミグリさんがかなり早い段階から「霊夢とチルノ」のふたりを描かれていたというのは
自然な流れと言えるのかもしれないですね。








21401149_convert_20110831131042.png








さてさて冒頭から4作品、東方関連が続きましたので、ここで東方以外のイラストもご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記はアミグリさんが2011年8月に描かれたデ・ジ・キャラットから「でじこ」です!

「デ・ジ・キャラット」は1998年に誕生した、ブロッコリーとブロッコリー直営店舗「ゲーマーズ」のマスコットキャラクターです。
そしてそのマスコットキャラとは、イラストレーターのコゲどんぼ先生が描かれたお店のキャラクターの事でもあります。
そのお店というのは、秋葉原のアニメグッズショップ「ゲーマーズ」なのですけど、
うさだとかでじことかぷちこというのは、そのゲーマーズのとっても可愛いマスコットキャラです!

デ・ジ・キャラット星の王女でもあるデ・ジ・キャラット(通称:でじこ)は、大女優になるため地球にやってきたという設定でして、
猫耳帽子にメイド服という愛らしい外見とはうらはらに、毒のある性格と、語尾に「にょ」をつけて話す口調が特徴です。
「デ・ジ・キャラット」というのは、上記で書いた通りゲーマーズの展開するプロジェクトの名前であると同時に
この「でじこ」というキャラの名前でもありますので、なんか妙にややこしいです・・(笑)
そのせいか、一般的には作中で本人が自称していることもあり「でじこ」と呼ばれることが多いです。

参考までにでじこのもう少し細かい概略を書いておきますと・・

デ・ジ・キャラット

本名 ショコラ
通称 でじこ
出身地 デ・ジ・キャラット星
身長 148cm(ネコ耳含む)
体重 38Kg
誕生日 2月8日(水瓶座)
年齢 10歳
血液型 O型
性格 狡猾、小生意気、迂闊
好物 ブロッコリー
特技 目からビーム


アミグリさんか描かれるでじこは、トレードマークのネコ耳がとってもよくお似合いだと思います。
そしてメイド服もとってもよくお似合いだと思います。
そしてなによりもとってもとってもかわいいと思います!
うさだはうさ耳なのですけど、でじこのネコ耳という事で、そうした意味ではこの二人はデ・ジ・キャラットの
素敵なライバル関係とも言えると思いますね!

アミグリさんというと東方絵師・艦これ絵師、そしてオリジナル作品というイメージが私の中にはあったりもするのですけど、
時に描かれるこうした版権作品にも上記のでじことか
今回の特集では未転載ですけど例えば「ファンタジスタドール」のカティアとか「境界の彼方」の栗山未来など
素晴らしい作品も残されていますので、
どうか皆様・・時にアミグリさんのブログdream fantasy
ご覧になってみて
「あ・・アミグリさんというすてきな絵師さんは過去にはこんなキャラも描いていたんだぁ~!」みたいなすてきで新鮮な発見を
されるのもとっても楽しいことだと思いますよ~!!







amarorinn_convert_20120604162637.png






続きましての作品はアミグリさんのオリジナル作品です。

上記の「甘ロリ」とタイトルが付けられたオリジナル作品はアミグリさんが2012年6月に描かれた作品です。

いやいや、このオリジナル作品ですけどこれは「フリル地獄」のお手本のような作品でもありますけど、
拝見させて頂いても「このフリルを描かれるは大変だっただろうな・・」とアミグリさんのご苦労を感じるのですけど、
同時にそうした大変さ・面倒さを見ている人たちに「難解そう・・」と感じさせないくらい楽というのかリラックスさせた状態で
見せているすてきなオリジナル作品と言えるのだとも思います。

本記事の下で、やはり「フリル」をモチーフにされた白蓮さんとか魔理沙も登場してくるのですけど、
東方といった既存の版権作品としてフリルを描かれる以上にオリジナル作品としてフリルを描かれるのは
私たちが思っている以上に大変なのかもしれないです。
というのも版権作品のような描かれる際の参考作品とかモデル作品が全く無い状態で、アミグリさんの頭の中で
思い浮かばれたこうしたフリル満開のゴスロリ・甘ロリ作品を実際に形とするのは相当難しいと思われるのですけど、
そうした難しさ・厄介さを見ている人たちに感じさせないで楽に見せている事は特筆に値するものが
あると思います。

とにかくこのフリフリの「フリル地獄のドレス」は本当に精緻で細かいところまで配慮された
まさに「設計図」みたいな雰囲気すらあります。
このフリルの細かさは、東方でよく言われる「雛のフリル地獄」すら超越しそうな大変厄介なテクニックを
求められると思うのですけど、既に上記で書いた通りなのですけど
そうした大変さ・面倒さ・ややこしさを見ている私達にあまり感じさせず、すーーーっとすんなり目が溶け込んでいく
この「見ている人達に楽な気持ちで伝えさせてくれる」と言うアミグリさんの素敵な表現力が
光っていると感じます。

上記の甘ロリの女の子はピンクヴァージョンですけど、アミグリさんはこの作品の約1年後の2013年7月に
「青いドレス」という作品も掲載されていて、上記の甘ロリと色違いという事になりますけど、
例えば赤霊夢・青霊夢といった過去にアミグリさんが描かれた色違い作品の面白さをオリジナルの分野でも
私たちに見せてくれているのはとても素晴らしいと思います。

この 青いドレス を
ご覧になりたい方はこちらからご覧頂きたいと思います!

→ 青いドレス

参考まて゜にアミグリさんは2016年8月にも上記のオリジナルのゴスロリの女の子を今度は「ホワイト」で色違いとして
表現された作品も描かれています。
こうやって見てみると、色によって見ている人に与える印象はかなり違うものがあると思いますし、
色と言うものは「すてきな魔法」とも言えるのだと思いますね!









remi-sama_convert_20120709093114.png









続きましてアミグリさんが2012年7月に描かれた「紅茶レミリア様」です!

アミグリさんの描かれたスカーレット姉妹、紅茶、とてつもない最高傑作という三つのワードから容易に想起されるのは・・
そう・・! 言うまでもなくアミグリさんが2013年10月に描かれたアミグリさんのお言葉によると「最高傑作」とも言える
紅茶フランちゃんではあるのは言うまでもないことであり、それに異を唱える方は一人もいないはずだと思うのですけど、
私もこれまで当ブログで何度かあの「紅茶フランちゃん」を転載させて頂きました当事者としましては、
「あの紅茶フランちゃんを超えるフランちゃんは他の東方絵師様でもそうそういないはず!」とだけは間違いなく断言できると
思います。

だけどその一方でこうも思ったりもします。

あの紅茶フランちゃんも素晴らしいけど、アミグリさんはその約1年前にフランちゃんのお姉さまのレミリア様が
紅茶を飲まれている絵も発表されていて、あのレミリア様もあの紅茶フランちゃんにひけをとらないほどの
完成度の高さとおぜうさまとしてのかわいらしさと高貴さに溢れているのだと思いますし、こうやって見てみると、
あの紅茶フランちゃんを生み出す原動力というか「原点」にあった作品こそが上記の紅茶レミリア様と
言えるのかもしれないです!

レミリア様は500歳を超えたおっかない吸血鬼なんですけど、その言動はまさに「おこちゃま」そのもの! (笑・・)

同時に「紅魔館」の唯一のご主人様であり、妹のフランちゃん同様に紅魔館の素敵なおぜうさまである事には
何ら変わりはありませんので、本来はアミグリさんが描かれた「気品」が感じられるレディーというのが
レミリア様を描かれるにあたっての正しいアプローチとも言えますので、アミグリさんが描かれたこの高貴なレミリア様こそが
正攻法な描かれ方の正統派のレミリア様と言えるのだと思います。

いや―――、アミグリさんの描かれたこの紅茶レミリア様の可愛らしさと気品は素晴らしいですね!

とてもとても公式書籍やゲーム等でのあの「わがままおぜうさま」とか
三月精や茨歌仙で見せたあのおこちゃまぶりとか
はたまた「東方儚月抄」で見せつけてくれた咬ませ犬っ振りとゆかりんによってレミリア様自身の運命を
操られてしまったそのお姿とはまるで別人ですね・・! (汗・・)

それらのレミリア様はあくまで「仮の姿」なのかもしれないですし、その本質はあくまでも恐怖の吸血鬼もしくは
アミグリさんが提示された素敵な紅魔館の高貴なご主人様という事である事だけは
忘れないでおきましょうね!!

あの紅茶フランちゃんも素晴らしいけど、お姉さまのレミリア様も素晴らしいと間違いなく言えると確信しております!!








amaama-rori_convert_20140722131251.png








続きましてアミグリさんが2014年7月に描かれタイトルは「甘ロリひじりん」となっている聖白蓮さんです!

このフリルがとっても可愛いですし、この幻想的な雰囲気は「アミグリワールド」そのものだと思います!!
先日当ブログでも転載させて頂きました「霊夢」のあのとってもかわいい二段フリルもとっても可愛くて印象的でしたけど、
霊夢のフリルとは少し一味もふた味も違う技巧的で精緻なんだけど同時にアミグリさんらしい美しさと幻想感に
溢れている白蓮さんだと思います。

東方絵師の皆様が白蓮さんを描かれる場合、どちらかというと年長者とか東方心綺楼でのバトルでのイメージとか
東方深秘録での「ターボ白蓮さん」とか弟子や白蓮さんを慕う妖怪に囲まれているという母性溢れるイメージで
描かれる傾向がある中で、アミグリさんの描かれる白蓮さんは一味もふた味も異なっているのが
アミグリさんの東方絵師様としての「個性」なのではないのかな・・?と思ったりもします。

聖白蓮さんの公式での設定は命蓮寺の代表者・・つまり住職さんというのかお坊さんなのです!

そうした出家され世俗を一応は離れられている大変高貴な御方なのですけど、アミグリさんの手にかかってしまうと
こんなにもロリっぽい雰囲気が全開で、高僧というよりはむしろ10代のすてきな美少女にすら感じさせてしまう
白蓮さんがここにはいるのだと思います!

白蓮さんはお坊様なのですけど、こういう美しいお坊さんがお寺さんで代表者を務められていたのだとしたら、
私は煩悩まる出しでもいますぐ出家しよう!! という感じになるのかもしれないですね! (滝汗・・!)
外界の般的な常識としては、お坊さん・尼さんというと剃髪で、法衣・袈裟というどちらかというと地味で堅苦しい衣装に
身を包み、少なくとも「美しい」とか「幻想的」という雰囲気は与えにくいものだと思うのですが、
東方の設定自体とにかく「大人っぽい美しさ」に溢れた素敵な御方だと思います。
白蓮さんの公式での外見の基本的な特徴としては、金髪に紫のグラデーションが入ったロングウェーブに金の瞳が挙げられ、
服装は白黒のゴスロリ風のドレス姿をまとい黒いブーツを履いているという事があると思うのですけど、
いやいや、この時点で「お坊さん」という常識をとっくに超越されていますよね!

そして更にさらに・・!

すてきな東方絵師様でもあるアミグリさんの手にかかってしまうと、本来はお寺の住職さんであるはずの白蓮さんですらも
こうしたファンタジー感が漂い美しいお寺のお坊さんに変身してしまうのですから、
やはり「一枚の絵はたかが一枚、されど一枚、そして言葉は魔法だけど同時に絵も魔法」という事を
素敵に示唆されている素晴らしき一枚だと思います。
聖白蓮さんは、幻想郷での立ち位置は命蓮寺の代表者=住職と言う
お坊様でもありますので、そうしたお坊さんにここまで美しく華麗なフリルを纏わせてしまった絵師様というのも
私が知る限りにおいては、アミグリさんがトップクラスに君臨していると言っても過言ではないと思います。

お坊様にゴスロリ衣装を身に着けさせるアミグリさんのその柔軟でしなやかな感性は素晴らしいものがあると思います!
(白蓮さんのこの雰囲気は下記の魔理沙に少しばかり近いものがあるような感じもしますね・・)









koisi-chan-desuuu_convert_20140728152340.png








続きましてアミグリさんが2014年7月に描かれた「ぴーす☆」と題されたこいしちゃんです!

以前も書いたと思うのですけど、さとり様とこいしちゃんの古明地姉妹が東方に初登場したのは「東方地霊殿」なのですけど、
この地霊殿が世に出てからしばらくの間は、こいしちゃんの人気や評価というものは今では到底信じられないほどの
低評価という感じでもありまして、この2~3年は東方人気投票でベスト3に入るあの東方の大人気キャラのあのこいしちゃんが
人気投票で35位というありえない順位だった時代も実はあったというのも懐かしい話ですよね・・
こいしちゃんが大ブレイクしたのは「東方心綺楼」以降な訳でして、この作品以前の古明地姉妹というと
あの当時は圧倒的にお姉さまのさとり様の方だったと思います。

だけどそうやってこいしちゃんが今現在と違ってやや不遇の時代にあっても、アミグリさんは当時まだほとんどの皆様が
古明地姉妹の妹の方のこいしちゃんに注目していなかった頃より既にこいしちゃんを描かれていて、
「東方心綺楼」以前の2011年の時点で実はこんなにかわいくてすてきなこいしちゃんを描かれてします!!

2011年にアミグリさんが描かれたこいしちゃん

こいしちゃんはアミグリさんが描かれる東方作品の中でも特に特に思い入れがある最重要キャラの一人だと思いますが、
(その最重要キャラは二人いるのかな・・? 一人はこいしちゃんでもう一人はフランちゃんだと思います!)
こいしちゃん大ブレイク以前にこんなにもすてきなこいしちゃんを描かれている事自体、アミグリさんの「こいしちゃん愛」が
垣間見えていると感じられれますし、そしてそれ以降今現在に至るまでアミグリさんはたくさんのすてきなこいしちゃんを
掲載され続けておられています!

2014年7月のぴーす☆のこいしちゃんは、靴下のフリルのこの細かい仕上がりとか髪の毛のふわふわとした感じとか
微笑んだ表情での少し控えめ気味なピースサインなど全体的にとても上品で繊細な仕上がりだと思います。
ちょっと女の子座りっぼい座り方もかわいいですね~! (笑)
こいしちゃんのトレードマークのこの帽子もとってもよくお似合いだと思います!

以前なのですけどアミグリさんに「アミグリさんが選ばれるマイベストこいしちゃんはどの作品ですか?」という質問を
させて頂いた事があるのですけど、
アミグリさん自らが選ばれた「ベストこいしちゃん」はこの「ぴーす☆」でした!
アミグリさんのお言葉として
「このこいしちゃんのイラストは、完成までに何回も描きなおしたりして描いた作品なので思い入れがあって
 お気に入りの作品です。」との事ですけど、
アミグリさんの「こいしちゃん愛」が詰まった素晴らしいイラストと言えるのだと思います。

恐らくなのですけど、アミグリさんとしてもこのこいしちゃんを完成させるまでには、私がとても窺う知る事が出来ないような
大変な苦労とか試行錯誤とか迷い等があったと思われますが、それを全て超越した努力の結晶が
このこいしちゃんである事を考えると、このこいしちゃんがますます愛おしく感じてしまいますよね!

そうそう・・本記事の一週間後が「アミグリさんのお誕生日」でもあるのですけど、その
「お誕生日おめでとう!」記事においてもアミグリさんが描かれたさとり様やこいしちゃんも登場されます!
そのこいしちゃんも是非是非お楽しみにお待ちくださいね!
それとこいしちゃんと言うと、私自身がアミグリさんにこれまでリクエストさせて頂いたキャラの中で一いっちば~ん!
数多く描いて頂いたキャラという事でもあるのですけど、
私もアミグリさんと同じように「さとり様大好き!」と同レヴェルの「こいしちゃん大好き愛」があると言えそうですね・・(笑)









marisa-2015!600mai_convert_20150816172840.png









続きましてアミグリさんが2015年8月に描かれた魔理沙です。

この魔理沙のファンタジー感と美しさは素晴らしいものがあると思います!!  雰囲気的にはファンタジーとけだるさを
感じさせるのですけど、全体の印象としてはアミグリさんの「気合」が見事に伝わってきていると思います!

この魔理沙のすぐ上のこいしちゃん記事においても
「アミグリさんにとってもベストこいしちゃんはどのこいしちゃんですか・・?」と絵師様にとっては大変答えにくい
質問をさせて頂いた事があると記しましたけど、このポンコツ管理人の私はそれにも懲りずに、
魔理沙についても実は・・
「絵師のアミグリさんにとって、どの魔理沙がアミグリさんにとってマイベスト魔理沙ですか?」と
またまた絵師様としては答えにくい質問をさせて頂いたのですけど、
アミグリさんの回答として提示された「ベスト魔理沙」が上記の2015年8月に描かれた魔理沙だったのでした!

それは本当によく分かります!
この魔理沙のファンタジー感は「素晴らしい!」の一言に尽きると思いますし、
描かれたのが8月といういかにも真夏らしいけだるいうだるような暑さの中で、魔理沙のちょっとだるそうな雰囲気が
素晴らしいと感じますし、あまりの暑さのため、魔法の森の木陰に避難し、そこでウトウトと昼寝をしてしまい、
目が覚めたばかりのちょっとだるそうな魔理沙というイメージが伝わってきそうで、
スカートのフリルと魔理沙の眩しすぎる太ももと合わせて、
アミグリさんが選ばれた「マイベスト魔理沙」に相応しい傑作の魔理沙だと思います。
足を組んでいるのもなんとなくですけどほのかなお色気も感じられちょっとドキッ・・としてしまいそうですし、
上記のけだるさというのは、アミグリさんにしてはちょっと珍しい部類に入るのかもしれないですけど、ちょっと口を開いた
ポーズからもすてきに表現されていると思いますし、
このスカートのフリルのきめ細やかさも圧巻の仕上がりだと思います。

真夏のけだるさと爽やかさを巧みに表現しているようにも感じられます。

霊夢ってなんとなくですけど季節的には秋がイメージにあっているような感じもあるのですけど、
魔法の森育ちの魔理沙は、春でも真夏でも秋でも厳冬でも全ての季節においてオールラウンドに自然に溶け込んでいるような
雰囲気もあるんじゃないのかな・・と感じたりもしますね。
魔理沙ってそうした意味では幻想郷の「すてきな野生児」みたいな雰囲気をもった魔法使いとも言えそうですね・・(笑)









rei-sana-!!-03_convert_20170305180657_convert_20180213183550.png






続きましてアミグリさんが2017年の「3月5日は巫女の日」に描かれた霊夢と早苗さんという幻想郷のすてきな二人の巫女さんの
イラストです!
ちなみにですけど、この作品は本記事において転載させて頂きましたアミグリさんの作品としては一番新しいもので
あったりもします。
冒頭でご紹介をさせて頂きました2008年8月に描かれた大妖精を改めて拝見させて頂いた上で、
この霊夢と早苗さんの二人のすてきな巫女さんの絵を拝見させて頂くと、そこに伝わってくるのは
「アミグリさんの絵師様としての進化」なのだと思いますし、やはりここには「歴史」という重さが伝わってくるようにも
感じられます!
もちろんアミグリさんの初期作品も私は大好きですし、本日ダイジェスト版としてアミグリさんの10年の歩みをご紹介
させて頂きましたけど、こうやって振り返らさせて頂きますと、初期作品にもアミグリさんの魅力と個性が詰まっているし、
最近の一連のあのキラキラ作品にもアミグリさんの魅力と個性が漲っていますし、
初期から現在に至る過程の間の作品も素晴らしいものがあると思います。
(2012年~13年の淡い作風時代のアミグリさんの作品もとてつもない魅力が溢れていると思います~!)

上記の「3月5日は巫女の日」の霊夢と早苗さんですけど、
見れば見るほど幻想郷の二人の巫女さんの違いがよく伝わってきていると思います!
霊夢と「赤」と早苗さんの「緑」の対称性もすてきに表現されていますし、違いだけではなくて、お互いに相手の美点を
引き立てあう効果も見事に発揮されている素晴らしい名作であると思います。

霊夢は巫女さんなんだけどお坊さんみたいに合掌しているような手の合わせ方もとても面白いものがありますし、
ウインクをした片目の大きさがとっても可愛いと思いますし、何よりもこの肩出しの巫女さん衣装が大胆なんだけど
霊夢のキュートさも見事に表現されていると思います。
そしてもう一方の巫女さんの早苗さんも霊夢に負けないくらいかわいいと思います!
霊夢の肩出し巫女さん衣装もちょっと大胆でしたけど、それ以上に大胆かつかわいくてキュートなのは早苗さんなのだと
思います!
早苗さんの「一つ目はですね~」と守矢神社への参拝者に対しての丁寧な案内みたいな雰囲気もよく出ていると思いますし、
この早苗さんは霊夢以上に日焼け痕がくっきり残っているのもとってもすてきだと思います~!
アミグリさんが描かれた早苗さんは、スクール水着で日焼けをした後でこの巫女さん衣装を身に纏われているような
雰囲気もあると思います。

霊夢と早苗さんって一時期「よく似ている」とか「早苗さんは霊夢の2Pカラー」と揶揄されていた時期もあるのですけど、
こうやってアミグリさんが描かれた霊夢と早苗さんのふたりのすてきな巫女さんを見てしまうと
「似ているけどこの二人は似て非なるものがあるよね~」という雰囲気が漂っていると思います!

この霊夢と早苗さんのツーショットは私も大のお気に入りの作品でもあったりします! (笑)








su-go-_convert_20131008163501.png








大変名残惜しいことに、本日の「アミグリさんのdream fantasy開設10周年おめでとう!記事」も
上記のイラストをもって一旦お開きにさせて頂きたいと思います(泣・・)

本日より一週間後の3月24日は「アミグリさんのお誕生日」です!

当ブログは当然のことながら「アミグリさん、お誕生日おめでとうございます!」記事は掲載させて頂きますし、
この記事にもアミグリさんが描かれた素晴らしいイラストをたくさん転載&ご紹介をさせて頂きますので、
来週もまた是非当ブログにお越し頂き、共にアミグリさんのお誕生日をお祝いして頂けると幸いです!

さてさて本記事のフィナーレを飾って頂く作品は、アミグリさんが2013年10月に描かれた「東方集合絵」です!

本記事は冒頭の大妖精からはじまり霊夢と早苗さんのツーショットイラストに至るまで古い作品から新しい作品まで
時系列的に転載させて頂き、アミグリさんの絵師様としての「軌跡」を絵でもって皆様にご覧になって頂いたのですけど、
やはりここで強く感じさせるのは「アミグリさんの進化というものは昔も今も止まらないし、すてきな進化が
現在進行形で継続中!」という事なのだと思います。
そうした意味においても2008年8月に描かれた大妖精は「アミグリさんの原点」だと思いますし、
改めて「ここからアミグリさんの歴史が始まったのだ!」と思うと本記事を書いている私自身がなんだかとっても
感慨深くなってしまいそうです。

本記事のフィナーレを飾って頂くイラストの「東方集合絵」を描かれた時期は2013年10月なのですけど、
この時期をご覧になった皆様の中には「時系列で書くと言っておきながら、この集合絵はれいさなよりも古いじゃん!
最後に時系列を崩しているのはなぜ・・?」と思われるのかもしれないですけど、
こうした「集合絵」というのはある意味「お祭り」みたいな要素もあると思いますし、本記事の「開設10周年おめでとう!」という
お祝い記事のフィナーレを飾って頂くにはもっともすてきな作品ではないのかな・・?とも思い、
本記事はこのアミグリさんが描かれた「東方集合絵」をもって締めさせて頂きたいと思います!

3月というと毎年「プリキュアオールスター」が上映開始の時期でもあるのですけど、
この5人の東方集合絵はまさに「東方オールスター」だと思います!
霊夢・妖夢・チルノ・こいしちゃん・ルーミア・・・、本当にみんなとってもかわいいと思います~!!
アミグリさんの今現在の「東方大好きキャラベスト5」というと、フランちゃん・こいしちゃん・妖夢・咲夜さん・チルノと
言えるのかもしれないですけど、この当時は上記の5人というのもなんだか面白いですね~
2013年10月にフランちゃん・咲夜さんという紅魔館メンバーが入っていないのは、もしかしたらこの時は
紅魔館メンバーの皆様は宴会の真っ最中と言う事でベロンベロンに酔っぱらっていて、アミグリさんからのせっかくのお誘いを
パスしていたのかもしれないですね・・(笑)
この5人の中には紅魔館メンバーは入っていないけど、「アミグリワールド」という夢の共演みたいなすてきな一枚
だと思います!
アミグリさんが描かれるイラストは単体キャラが多く、例えばれいまり・れいさな・れいチル・まりさく・にとりとチルノ、
パルスィと勇儀といった複数キャラを描かれることがどちらかというと珍しい傾向にある中で、
こうした「5人勢揃い!」という作品は大変珍しいものがあるだけに大変貴重なものがあると思います。

そうした意味においても本記事のフィナーレを飾って頂くのにこれ以上相応しい作品はないのかも!と感じてしまう
「華やかさ」が感じられとってもすてきだと思います!
霊夢とこいしちゃんが並んでいるのも珍しいと思いますし、この組合せは是非ぜひ公式でも再度実現して欲しいです!
こいしちゃんの満面の笑顔とちょっと戸惑ったような片目の霊夢もとってもかわいいですね~!
妖夢のちょっときょとんとしたお顔に、チルノがなぜか自信満々風にどこか勝ち誇っているような雰囲気があるのも
楽しいですし(「あたいったら最強ねっ!」とか何とか言っていそうなチルノがすてきです!)
この5人の中では最も笑顔に溢れているのがルーミアという普段何を考えているのかよくわからないふわっとした妖怪さん
というのも面白いと思います。

こうした複数キャラのイラストというのは、見ている人それぞれの脳内妄想で一枚の絵から色々な物語が生まれていきそう
というのもすてきですし、なんだか私もこの一枚の東方集合絵から様々な妄想やお話が溢れ出してくる予感も
ありそうです~!

最後に、アミグリさん! 本日は「dream fantasy開設10周年」おめでとうございます!

この10年間の軌跡はアミグリさんご自身が一番「誇り」に感じて頂きたいですし、これからも無理のないマイペースな
範囲ですてきな東方・艦これ・オリジナル・版権作品等の作品を描いて頂きたいと思います!

冒頭で書いた通り、アミグリさんのような「絵」・「イラスト」を恒常的にブログに掲載・発表されている皆様のご苦労は
本当に並大抵のものではないと思います。
それを10年間に渡って長期間の離脱もなくどんなに調子が悪い時にでも「最低でも月に一回は絵という有形創造物を
10年間に渡って生み出されてきた」という事実こそが重たいものがあると思いますし、尊いと思いますし、
とてつもない価値があるのだと思います。
絵師様としてのスランプや悩み、時には「私の絵なんて・・他にはもっとすごい絵師さんがいるのかも・・」みたいな不安に
襲われた事も何度かはあったと思います。
だけどアミグリさんはそうした不安や迷いに打ち勝ってきたのです!
そしてその積み重ねこそか本日の「10周年」なのだと思います。
私自身が「どうして自分のブログに毎週何度かアミグリさんの作品を転載させて頂くか」という理由については、
既に3月15日で書いた通りなのですけど、要は・・
私自身はこれまで何度も書いている通り、星の数ほどいらっしゃる東方絵師様の中でもアミグリさんの描かれる東方イラストが
「いっちば~ん!」大好きであるというのも大きいのですけど、
それ以上に大きいことは、私自身に「今まで知らない世界を教えて頂き、生きる上での大きな楽しみと生きがいができる
きっかけを作って頂けたこと」に対する感謝の気持ちからという気持ちも強いです。
そしてもう一つ加えさせて頂きますと、アミグリさんのブログ「dream fantasy」は創作系イラストという日々、無から有を
創造される大変な事をされていて、
当ブログも絵といったような創造系ブログではなくて単に「質より量の文章だけ系ブログ」ではあるのですけど(汗・・)
基本的には一日2記事程度をほぼ毎日書いているという事で、アミグリさんと確かに「質」の面では全然そのご苦労の
クオリティーは違うのですけど、「長期間ブログを継続する事の大変さ」というものを骨の髄まで感じて知り尽くしているという
意味では私とアミグリさんには「すてきな共通点」があると言えるのかもしれないですし、
本当にカッコよく言ってしまうと、私とアミグリさんはそうした意味においては、同士でもあり戦友であると言えるのかも
しれないです。
ブログ管理運営の大変さを10年間味わってきたアミグリさんのお気持ちは、私にも少しは分かるのかもしれないです・・

そうした共通項からも「アミグリさんを昔も今も、そしてこれからも・・応援させて頂きたい!」という気持ちは
少しも揺らぐことはないと思っています。

最後の最後に・・アミグリさん、本日はおめでとうございます! そしてこれからも何卒宜しくお願い申し上げます!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

この文章量…これがぬくぬく先生様のアミグリ様へ対するビッグな愛なんですね!
アミグリ様の描くイラストのご紹介、今後も楽しみにさせて頂きます(^^♪

アミグリさんのブログ開設10年は並大抵のことでは
継続できません。尊敬します。女の子のドレスのデザインや
色合いがいつも可愛いので楽しみに拝見しています。

10周年ですか。
まだブログ開設して3周年も経っていない私からすると、雲の上の存在ですね~。しかも日々進化を続けていらっしゃる。今日掲載されていた絵も、懐かしいものもあり、初めて見たものもあり、どれも作風がかわっており、毎回様々な視点で描いているのが見てとれます。10年の軌跡。すごいものですね。それを紹介されるぬくぬく先生様の記事にも、大変な愛情が感じられ、すばらしいことだなと思います。
ぜひとも、次は15周年!期待したいと思います^^

10周年も続けて行けるのは、
とてもスゴイです。
イラストを描き続けることもそうですが、
ブログを更新し続けるというのは、
結構大変ですよね。
この先も素敵なブログを
更新して行ってほしいと思います^ ^

10周年おめでとうございます!

アミグリ様、こちらのサイト様を通して
「10周年おめでとうございます」とお伝えをさせて頂きたいと思います。
この10年間の歩みは、一人の絵師様の進化と成長の歴史だけではなくて、一人の人間としての生きざまというのも垣間見えるような気さえしたものでした。

それにしても一番最初の大妖精から全てが始まり、最新のあの素晴らしい紅白のキラキラ霊夢へと繋がる訳ですから、
ここには「歴史の重さ」を感じますし、この10年間の歩みは
強く誇りに感じて頂きたいと思います。

今回の記事の中では特に白蓮と魔理沙のゴスロリっぽい雰囲気と
フリル感満載な雰囲気が特に印象的です。
オリジナルのフリルのドレスも素晴らしいです!

これからもすてきな絵をマイペースで描き続けて頂きたいと
せつに願っております。
本当に本日はおめでとうございます!

こんばんは

10周年、おめでとうございます。
でも、凄いな。
自分の場合は、後何年持つかな・・。

ごにぎり様、ありがとうございます!

ごにぎり 様


今回もすてきなお祝いメッセージを頂きありがとうございました!

いやいや、私のあんな拙くてしょぼい文章はどうでもよくて(笑)、心の底より称賛のお言葉を
お伝えさせて頂きたいのはアミグリさんの「10年間に渡って継続された」という尊い事実なのだと思います!

どうかこれからもアミグリさんのすてきなイラストをお楽しみ頂きたいと思います!

tugumi365 様、ありがとうございます!

tugumi365 様


すてきなお祝いメッセージを頂きありがとうございました!

アミグリさんのように大好きなこととはいえ、無から有を創造されるあの精緻な絵を10年間に渡って
描き続かれていたという事こそが尊く称賛に値するものがあると思います。

アミグリさんのイラストをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

私もあの華麗でファンタジー感に溢れ美しくてかわいいあのイラストを拝見させて頂くたびに、
心洗われるものが間違いなくあると思います。
特に色のバランス感は本当に素晴らしいものがあると言えると思います。

どうかこれからもアミグリさんの描かれたすてきな絵を楽しんで頂ければ幸いです!

カラス様、ありがとうございます~!

八咫烏(全力稼働中) 様


すてきなお祝いメッセージを頂きありがとうございます!

アミグリさんの素晴らしい点は、あの美しくファンタジー感溢れる絵も勿論そうなのですけど、
ああした大変なご苦労が付きまとう絵という創作活動を10年間に渡って継続されてきたという点にあるのだと
思いますし、この10年間の軌跡は「一つの大きな到達点」でもありますし、そこには「素晴らしき奇跡」が
あるのだと思います。

一つ一つの作品の流れを時代を追って拝見させて頂くと、そこにあるのはアミグリさんのすてきな進化なのだと
思いますし、その進化が現在進行形というのが更に素晴らしいのだと思います。

どうかこれからも当ブログだけでなく「dream fantasy」の応援も何卒宜しくお願い申し上げます!

そしていつもアミグリさんのイラストをすてきにお褒め頂ける事に改めて感謝申し上げたいと思います。

こんばんは。

前レス、ハンドルネームがいつの間にか入ってなかったみたいですね。
すみませんでした。

後、ブログも、ホームページも長く続けるのは難しいですね。
僕も、最初は、絵のサイトが始まりでしたが、
本格的に描いては更新と言うのは、
やはり1年ぐらいでしたね。

元々描いていたキャラが、マイナージャンルのキャラなのと、
中々、描いても、絵のレベルが相変わらず進化しないなって、
思っていたら、いつの間にか放置気味にとw

そして、生活がドールライフになってしまったので、
そのまま、ドールサイトにして、ブログに変わり、今に至るって感じです。

kirakiya.rumari 様、ありがとうございます!

kirakiya.rumari 様


私も昨年どうにかこうにか5周年を迎えさせて頂きましたけど、アミグリさんの場合は私の倍で、
しかもああした美しくファンタジー感溢れる素晴らしい作品を、一度も長期離脱・停滞無しに続けられていた
この事実は大変重いものがありますし尊いものがあると思います。

ブログを長期間継続し続ける事の大変さは私も骨の髄まで感じておりますが、
kirakiya.rumari 様を含めて絵師様のブログの管理運営は、私みたいな他愛も無い文章系だけとは全然レヴェルが
違うものだと認識しておりますので、
どうか絵師の皆様のブログが今後も無理のない範囲で継続されていく事を心よりご祈念させて
頂きたいと願っております。

本日はすてきなお祝いメッセージを頂きありがとうございました!

ありがとうございます!

jyanya 様


とってもすてきなお祝いメッセージを頂きありがとうございます!

この素敵なお言葉はアミグリさんにもお伝えをさせて頂きたいと思います。

そしていつもアミグリさんの描かれたイラストをとってもすてきにお褒め頂ける事に改めて感謝の気持ちを
お伝えさせて頂きたいと思います。

大妖精に始まり、そして最新のあの素晴らしき霊夢までそこにあるのは一人の絵師様の進化録に留まらず、
「すてきな一人の人間としてのドラマ」というものもあると言えるのだと思いますし、
その軌跡は称賛に値するものがあるといえると思います!

どうかこれからも当ブログ、そしてアミグリさんのdream fantasyを何卒宜しくお願いいたします!

継続は力なりですね~!

ichan 様


お祝いメッセージを頂きありがとうございます!

今回の記事の主役の「dream fantasy」のアミグリさんにもそのすてきなメッセージをお伝えさせて
頂きたいと思います。

ichan 様もアミグリさんもそして当ブログにも言える事ですけど
「続ける事こそが尊い」という事なのだと思いますね!

続ける事こそが尊いと思います!

鳴らない携帯 様


ご指摘の通りだと思います!

ブログもHPも大抵の方は放置とか閉鎖という哀しい結果になりがちでもあるのですけど(汗)
それだけこうした事を長期間続けられるというのは大変な事だと思いますし、尊い事なのだと思います。

それにしても、鳴らない携帯 さんが元々は絵師様としてブログをスタートされていたというのは意外です!

今現在はあのすてきなドールブログとして更新されていますけど、それだけ絵・イラストのサイトを長期間継続される
というのは大変な事だと思いますし、
今回の主役の「dream fantasy」のすてきな管理人さんのアミグリさんの軌跡は
素晴らしいのだと思います!

ありがとうございます!!

とっても熱い想いのこもった素敵なお祝い記事を書いていただき、ありがとうございますっ!!!!

感謝しても、感謝しきれません!!

古いイラストから順番に掲載していただいたので、その時の絵柄とかの変化が客観的に見ることができました!
フィナーレに東方集合絵をチョイスしてくださったのも、フィナーレにふさわしくて素敵です!

実は、自分の中で「月に1枚はブログにイラストを載せよう!(描こう!)」という目標がありますので、その目標のおかげで、最低でも月に1枚は更新することができているのです…。

ブログを更新することも、イラストを描き続けることも、本当に大変です。
だけど、訪問やコメントをしてくださる方々に支えられて、ここまで来られました。

私もぬくぬく先生も、「ブログを運営することの大変さ」をよくわかっているので、ぬくぬく先生の事は、同士だと思いますし、大切なブロとも様です!!

そして、コメントでも皆様からのお祝いコメントもと~ってもうれしいです!!ありがとうございます!!
ひとつひとつ嬉しく読ませていただきました。

10年前、好きな絵師様がFC2ブログだったので、私もFC2ブログを選んだのですが、もしFC2以外を選んでいたら、私とぬくぬく先生は出会っていなかったかもしれないですね…。
この10年間、ブログを運営しているうえで様々な出会いや別れもあったけど、ぬくぬく先生と私の出会いは、まさに「奇跡」だったのだと思います。

「私の描く東方イラストが一番大好き」とおっしゃってくださるお方は、ぬくぬく先生以外いないのかもと思っていたりします。
星の数ほど存在するイラストブログの中から、私のブログを見つけ出してくださったことがとてもうれしいですし、本当に感謝しています。

10年間ブログを運営してきて、一番の素敵な出会いと言っても過言ではないかもしれません。

これからも、ブログは続けていきたいですし、ぬくぬく先生のブログも応援させ続けていただきたいと思います!!
これからも、よろしくお願い致しますっ!!!

アミグリさん、ありがとうございますっ!!

アミグリ 様


改めてですけど本日の「dream fantasy」の開設10周年を、白露お姉ちゃんの如く誰よりも「いっちば~ん!」に強く
「おめでとうございますっ!」と申し上げさせて頂きます。
この素晴らしき記念日はアミグリさん自身の普段からの絶え間ない頑張りの集大成なのだと思います。
だからこのすてきな記念日はアミグリさん自身が素晴らしき主役なのだと思います。
そうした主役のアミグリさんに改めて「おめでとうございます」というお言葉とそして
「いつもありがとうございます、そしてこれからも宜しくお願いします」という言葉をお伝えさせて
頂きたいと思います。

改めて言うのも何ですけど、ブログって管理する事もそうですし、更新記事を継続的に書き続けるという事は
本当に大変だと私自身骨の髄まで日々感じております。
私自身も時に「面倒くせぇ・・」と全てを投げ出したくなってしまう感情に陥ってしまったり、
管理運営上でなにか嫌な事があったりすると、ついついモチベーションが下がったりもするのですけど、
そうしたブログ管理の上での楽しさ・喜び・つらさ・大変さなどを分かって頂けるアミグリさんからのこうした素晴らしいコメントは私もとっても嬉しいですし、
「これからも頑張って更新し続けよう!」と思う力になっているのは間違いないと思います。

それにしてもこうした出会いというのは奇跡なのかもしれないです。

繰り返しになりますけど、私自身がアミグリさんが2013年頃に描かれた東方作品をスルーしていたら、
こうやって私自身が東方を知る事もアミグリさんの素晴らしいイラストを見る楽しさも味わえなかったものですから、
やはり「一期一会」というものは本当に存在しているのかもしれないですね。

私自身も5年半近くブログを運営してきて「いっちば~ん!」よかった事はこうしてアミグリさんと出会えたことなのだと
思います。

本当にこれまでありがとうございました!

そしてこれからも何卒宜しくお願いいたします!

10週年!そこまで長くブログを続けられるのはとても素晴らしいことですね!
その歴史の中ではアミグリさんも悩んだり迷ったりしたこともあったのではないかと思いますが、それでも描くことを愛してきた絵師さんの魂のようなものも感じられるようです。

アミグリさんが初めて描いた東方イラストは大ちゃんだったのですねぇ。そこから数々の素敵な東方イラスト達に繋がっていく輝かしい始まりの一枚だと思います。
そして作品を順番に並べて見ると様々な作風に挑戦し続けていることが一目でわかるのがすごいですね。どこまでも上を目指し続けるアミグリさんだから描き出せる表現の進化がここに示されていると言えるのではないでしょうか。

最後の集合絵がお祭り感とかファンタジーが溢れていてすごく好きです!それぞれ表情にらしさが出ているのがまた素敵です。ちょっとしたパーティーみたいな感じもあって楽しい気分になれるイラストですねw

schwert 様、ありがとうございます!

schwert 様


アミグリさんの「dream fantasy」開設10周年にこのようなすてきなお祝いメッセージを頂き感謝いたします!
そしていつもアミグリさんの描かれたイラストをとってもすてきにお褒め頂きありがとうございます!

それと、最近のschwertさんが10日以上も生存未確認でしたけど、こうやってお元気な様子をうかがう知る事が
できてとても嬉しいですし安堵しました。
(なんか色々と大変だったようですね・・)

アミグリさんは神の子ではなくて人の子でもありますので、時に色々と悩まれたり停滞したり
モチベーションが低下してしまう事は間違いなくあると思うのですけど、実はそうした事は私自身も全く同じでして、
早苗さん式に言うと「みんなそんなもんだってばぁ~」という感じなのでしょうけど、
それでもとにかくこうやってすてきに10年間続けられてきた事そのものが尊いのだと思いますし、改めて敬意を
表させて頂きたいと思います。

アミグリさんの記念すべき東方第一作は実は大妖精なのですけど、ここからすべてがはじまったと言えるのだと思いますし、
その歴史と進化はまだまだ止まらないという事なのだと思います。
そうそう、このラストの東方集合絵は華やかでもありますし、各キャラの表情の魅力がぐぐっと詰まっていて
とてもすてきだと私も思います!

これからも何卒「dream fantasy」を宜しくお願いいたします!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4128-8603a5b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |