FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 」という2014年に放映されていた深夜アニメをご存知の方は
少ないのかもしれないですね・・
この作品は、「ハヤテのごとく」・「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」・「ニセコイ」・「モンスター娘のいる日常」などのように
いわゆる「ハーレムもの」の典型作品なのだと思います。
つまり、主人公の男の子一人に何人もの可愛い女の子がお相手してくれるという
世の男性にとっては「至福」のような作品の一つだと思います。

この作品の大まかなストーリーは、

高校一年生の鋭太は、ある意味恋愛にトラウマがあるのだと思われます。
というのも鋭太の両親は二人とも揃いに揃って、既婚者子持ちにも拘らず彼氏彼女を作ってそのまんま二人とも
駆け落ちしてしまい、鋭太は一人取り残されるという家庭環境でもあり、特に女性に対しては不信感を持っていて
「恋愛なんて嫌だし、彼女を持つなんて絶対に嫌!」という考えの持ち主でもあったりします。
そんな訳で色恋沙汰には脇目も振らず、ひたすら勉学につとめ学年トップの高成績を達成している男の子キャラと言えます。
ある日、帰国子女で校内一の美人と評判の夏川真涼から突然「一緒に帰りませんか?」と誘われ、
真意を測りかね一度は断ったものの、連日誘われ続けたあげく衆人環視の中で「告白」されてしまいます。
真涼は、そのあまりにも垢抜けた美貌ゆえに連日連日告白を受け続け、恋愛とか男女の関係という事に疲れ果て、
恋愛沙汰に嫌悪感しか抱けない「恋愛アンチ」に陥り、同類と見込んだ鋭太に偽装カップルを演ずることを持ちかけ、
周囲の人間たちに「私には彼氏がいるのだから、私にこれ以上ちょっかいをかけないで!」という宣言をしたかったのだと
思われます。
そうした偽装カップルを演ずるというのは「ニセコイ」と大体構図は似ているのかもしれないですね・・
そこから鋭太の幼馴染の千和や「元カノ」を自称する秋篠姫香や風紀委員で自称「鋭太の婚約者」の冬海愛衣が次々と加わり、
ことあるごとに鋭太が「修羅場すぎる!」と自嘲する展開が続くことになり、
延々と恋愛ドタバタラブコメディーが繰り広げられていきます。

この作品に関しては、あくまで私の感想ですけど、鋭太の幼馴染の千和(チワ)がとても可愛くて健気で
とてつもなく好感が持てます~!
鋭太と千和は幼馴染同士で子供の時から「大好き!」などと言い合っていた仲でもありますので、
高校生みたいな大人の手前の世界になってしまうとどうしても照れみたいな感情もあるのかとは思うのですけど
「幼馴染が恋愛対象になるなんてありえない!」と千和は鋭太から言われてとてつもなくショックを感じてしまっただけでなく、
上記で書いた通り、偽装関係ではあるのだけど鋭太と真涼が恋人関係になってしまった事態に直面してしまうのですけど、
千和は真涼に強烈な敵愾心と焼きもちの感情を持ちながらも、
鋭太が真涼にフラれた時に備えて「もててかわいい女子」を目指すという大変健気な女の子でもあったりします。
千和は中学の頃までは剣道選手で全国大会出場すらも狙える有望選手だったのですけど、交通事故に遭ってしまい、
剣道を断念し、壮絶な手術とリハビリの末にようやく普通の生活を送れるようになったという背景も
千和に好感を持てる要素になっていると思います。
そして何よりも千和はまるでチワワのようにちっこくて愛くるしいという雰囲気も持ち合わせていますので、
もしも私が鋭太の立ち位置だったら、文句なく大好きになるキャラは間違いなくこの千和だと思います~! (笑)

本記事はそうした千和ではないのですけど、プライズ系と言う事ではあるのですが、夏川真涼のハイグレードフィギュアの
出来がとても素晴らしい上に、この制服がとてもエレガントで素晴らしいと言う事でもありますので、
夏川真涼のハイグレードフィギュアのレビューを簡単にさせて頂き、そしてこの基本的にはセーラー服ではあるのだけど、
ブレザー制服っぽくも見えるこのすてきな制服に近い作品もあったなぁ・・と感じ、それが「境界の彼方」であり、
「境界の彼方」というとアミグリさんが描かれたその制服をまとった境界の彼方の二人のキャラのイラストを
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

それにしても最近のJKの制服はデザイン的なものが多く、とても見栄えがしてかわいいですよね~!

セーラー服もすてきだけどブレザーもすてき・・そうした二つの要素を満たした制服が、
「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」 と「境界の彼方」の制服と言えるのかもしれないです!

















それにしてもこの夏川真涼の制服はとてもエレガントで美しいと思います!

デザイン的に大変優れていて、見た感じが「とってもおしゃれで粋!」という感じです。

こういう制服は夏川真涼のようなモデルさんスタイルの女の子が着用するからとても似合うという感じもあるのかな・・?
同じ制服でもちびっこい千和が着ても
「なんかおこちゃまが無理して大人びた格好をしている・・」みたいな印象を抱かせてくれるのとは対照的な
感じでもあったりします・・(汗・・)
千和はどちらかというと学校の制服よりは普段着の方が千和本来のかわいらしさを発揮できるような感じもあったりします。
千和って艦これで例えると電ちゃん・雷ちゃんみたいな雰囲気がありそうな子で、あのツーサイドアップの髪形もとっても
可愛かったです!

夏川真涼フィギュアの商品概要は下記のとおりです。

商品名 : 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる ハイグレードフィギュア 夏川真涼

メーカー : セガ
高さ : 約17cm

発売時期 : 2014年2月

種類 : アミューズメント専用商品

長い銀髪がとてもすてきです!  銀髪というと十六夜咲夜さんや妖夢というイメージもあったりするのですけど、
二人とも髪の長さはショート系でもありまして、真涼のようなこんなにボリュームのある長い銀髪というのも少し珍しいという
感じもあったりしますので、この長い銀髪が流れるような感じであり、とても美しいと思います。

スタイルの良さも抜群だと思いますし、セーラー服っぽくもあるしブレザーっぽいところもある制服・白を基調として紺のラインが
入ったミニスカートのかわいらしさ・黒タイツと絶対領域のすばらしさなど
デザイン的には文句の付け所がないですね~!
手を髪にあてている仕草はお嬢様らしいオーラが漂っていると思います。

部分的に塗装が雑だったり、近くで見ると目の雰囲気がアニメ版と「ちょっと違うのかも~」と感じる点もあったりしますけど、
そうした細かい文句はこの制服のかわいらしさの前には吹っ飛んでしまいそうです・・(笑)








002_convert_20180211201627.jpg







プライズ系ですので仕方がない側面もありますけど、よーく見てみると部分的に塗装ムラ・塗装剥げがあったりもするのですが、
全体的な雰囲気が大変高尚で美しいので、そんな細かい点に文句を言ってしまうと
真涼から「そんなに細かくジロジロ見ないでっ!」と怒られてしまいそうですね・・(汗・・)

美少女の定番ポーズの一つとして、長い髪をかきあげるとか手を当てるというものがあると思うのですけど、
真涼はそうしたポーズがとてもよく決まっていると思います。

微笑んでいるのかちょっと蔑んでいるのか真意をはかりかねるちょっとミステリアスな表情もすてきなものが
あると思います。







005_convert_20180211201706.jpg







それにしてもとてつもなく長い銀髪・・!

そしてとてつもなく豊かでボリュームのあるこの髪の量!!

後ろから眺めるとこの髪は圧巻の雰囲気ですね!

リアルでこんなにボリュームのある銀髪の美少女がいたとしたら、そりゃ、アニメ本編ではないけど、
ありとあらゆる男の子は告白しちゃいたくなりますよね・・
だけどどうなのかな・・?
私、大学は法学部という事で当時は女の子の数はちょっと少な目でしたけど、キャンパス内にやはり一人か二人は
とってもかわいい女の子がいたりもしたものですけど、
そういう美人さんの女の子は「あまりにも美人過ぎて逆に声が掛けにくい・・」という雰囲気もあったように感じられますし、
実際、そのキャンパス内の掃き溜めに鶴のような美人さんは在学中は彼氏がいなかった・・という話すらあったりします。

リアル社会においては、私もそうかもしれないけど、真涼みたいな完璧な美人さんよりは、
千和のようなちびっこくて健気な頑張るドジ娘っぽい雰囲気の娘の方が案外と男の子からはモテるのかもしれないですね・・








004_convert_20180211201647.jpg




006_convert_20180211201726.jpg







上記で塗装ムラと記しましたけど、うーーむ、よく見てみると経年劣化による汚れなのかな・・(汗・・)

アニメ本編でも登場キャラみんなの水着シーンというのも当然あったりしましたけど、
その中でも夏川真涼の抜群のプロポーションは光っていましたし、対照的に千和のおこちゃま体型もある意味大変
印象的でもありました! (汗・・)

この制服フィギュアからも真涼のプロポーションの完璧さは見事に伝わっていると思います。

制服の細かい皺の造型がそうした体型のすばらしさを物語っているようにも感じられます。








009_convert_20180211201749.jpg







とにかく正統派美人さん系のフィギュアだと思います!

ちなみにこの夏川真涼のメーカー正規品のフィギュアも既に発売済みですけど、私のあくまで印象なのですけども
こちらのプライズ系の方がかわいらしさと正統派美人さん振りとしてはむしろ上のようにも
感じられたりもします。
やはり日本のフィギュア作りの技術はプライズ系でもメーカー正規品でも同じというのは素晴らしいものが
あると思います。

そして何度も言いますけどこのデザイン系制服の造型は素晴らしいと思います!








aichan--!!!_convert_20140105162558.png







ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!

今回転載&ご紹介させて頂く作品なのですけど、上記で散々
「夏川真涼のこの制服はすばらしいね~、セーラー服とブレザーを融合したようなすてきなデザイン系制服」と
記したのですけど、
そのレビューを書きながら、「こういう制服どこかで見たことあるのかも・・?」と感じ、思い起こしてみたところ・・
dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれた
アニメ「境界の彼方」の登場人物の制服にちょっと近いなぁ~と思いまして、
本記事におきましてはその「境界の彼方」の中からアミグリさんが描かれた名瀬美月と新堂愛のふたりのイラストを
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。
ちなみにですけど、新堂愛は当ブログでは初めて転載させて頂く作品です。

まず上記はアミグリさんが2014年1月に描かれた「境界の彼方」から新堂愛です!

ちなみにですけど、新堂愛は、原作のライトノベルにはそうした人物は存在せず、アニメオリジナルのキャラとなっております。

「境界の彼方」を一言で述べると、異界士と呼ばれる異能者が人に害を及ぼす妖夢と戦うダークファンタジーという
事になるのですけど、この新堂愛は猫の妖夢であり、普段は人の姿をしています。
(あ・・「妖夢」といっても東方の妖夢ではありませんので・・笑・・)

茶髪でウェーブのかかった長髪が大変印象的で、普段は写真館に居候しながら、写真館のモデルをしつつ
主人公たちと同じ高校にも通っています。

アミグリさんの描かれる新堂愛は、この長髪もとてもよくお似合いですし、明るい雰囲気も素晴らしいですし、
作品全体に「利発さ」が漂っている作品のように感じられます!
そして確かに夏川真涼の制服とはちょっと違うのだけど、セーラー服とブレザーを融合したみたいなこの
かわいい制服がとてもよくお似合いだと思いました!
ピースサインもとてもかわいいですね~!

猫というと警戒心が強いというイメージもあったりするのですけど、アミグリさんが描かれた新堂愛からは
逆に「人懐っこさ」を感じたりもします!
そして猫らしい愛くるしいかわいらしさに溢れているのがとてもすてきだと思います!

アミグリさんが描かれる長髪娘は東方も艦これもオリジナルも版権作品もどれもすばらしいですね~!

そして上記の新堂愛の長髪も素晴らしいけど、下記の名瀬美月の流れるような長髪も素晴らしいと改めて思います!








mi-tu-ki!!!!_convert_20131220170104.png









上記の名瀬美月は2013年12月にアミグリさんが描かれた作品です。

アミグリさんが描かれるこの名瀬美月はとてもかわいいです!
かわいいと言うよりはまさに「これぞ美少女!」と言う雰囲気に満ち溢れていると思います。
見た目はおとなしそうな印象が強いのですけど、実際は策略家で毒舌でサディスティックな面があるという
そのギャップが大きな魅力なのだと言えるのかもしれないです。

アミグリさんが描かれたこの美月はとにかく「美少女」だと思います!

セーラー服・清楚な雰囲気・ロングの黒髪・つぶらな瞳・・・・うーむ、まさに美少女の要素が全て揃っているのにも
関わらずあのサディスティックさとのギャップが大きな魅力なのですけど、
このアミグリさんのイラストからは、そうした毒舌っぽい要素よりは、
むしろ全然サディストじゃない、サディスト風味の可愛いツンデレさんのように感じさせてくれる点は
dream fantasy」のブログ名の
看板に偽りなし!という事をとっても素敵に提示していると思います!

アミグリさんが描かれた「黒髪ロング」を代表する素晴らしき作品だと思います。

アミグリさんが描かれた長髪ロングの作品は、他にも例えば艦娘の榛名とかもっとたくさんいるのですけど、
本記事はあくまでその一部のみに留めさせて頂きました。
アミグリさんのそうしたすてきな作品をご覧になりたい方は是非アミグリさんのブログ「「dream fantasy」」にお越し頂ければ幸いに思います。

上記の新堂愛・名瀬美月のイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

先週の日曜記事でもって「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」のグランドフィナーレを迎えた訳ですけど、
アミグリさんが描かれた東方イラストのご紹介はこの先もずっと続いていくと思います!
そんな訳で今度の土日も東方記事で、両日ともアミグリさんが描かれた東方イラストがすてきに登場してきます!
一つは幻想郷のすてきな雪女さんで、もう一つはその雪女さんが「くろまく~」と言ったお相手の
フィギュアレビュー記事です!

今度の土日も是非当ブログをご覧頂きたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今回は「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 」がテーマですね。実は私は観た事が無いのですが、友人がやたらハマっていたの覚えています。レンタルで観てみようかな。

プライズのフィギュアは質の面ではどうしても販売品には劣ってしまいますね。それでもとんでもないものがあったりしますけど。

そして、アミグリ様「境界の彼方」も描かれているんですね。こちらはにわか程度の知識しかないのですが、イラストでキャラクター性が伝わるように思います(^^♪

またまた事後報告で申し訳ないのですが、私のブログにて昨日アップした記事中にぬくぬく先生様のお名前とブログ名を出させていただきました。主にうまい棒関係の話の部分です。もし問題があればご連絡ください。

そのタイトルのアニメ、はじめて知りました。こういったハーレム系のストーリーはよくあるので、その差別化っていうのがなかなかに難しそうですね。
しかし、モテモテ君になってみたいとは、正直あまり思いませんね。この主人公のように、なにかトラウマを抱えているわけでもないですが、モテモテになっても結局つきあえる人数が一人なわけですから、選択しなければいけない苦痛があるだけな気がします。
フィギュアに関しては、これもなかなか良い出来のフィギュアですね。ちょっと髪の毛が長すぎてもっさりしているところがありますが、表情も良く素敵だと思います^^

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」は、実は録画をしておりましたが、当時、観ているアニメが多すぎて、「俺修羅」を観る余裕がない…という感じで、まだ一話も観れておりません…(汗)
今現在でも、録画はしているものの、まだ一話も観ていないというアニメがたくさんあり…、だけど今年の冬アニメを毎週観るので精一杯…という感じですねー…

だけど、夏川真涼のフィギュアは、銀髪ロングがとても美しいですね!
そして、制服のデザインも素敵だと思います。

「境界の彼方」の新堂愛ちゃんの初転載もとっても嬉しいです!
愛ちゃんや美月も大好きですが、やっぱり栗山さんのダボッとした制服の着こなしとかはかわいいなぁ~と思いましたね!

ごにぎり 様、ありがとうございます!

ごにぎり 様


「俺の彼女と幼馴染が~」は確かにハーレム系なのですけど、全体的には爽やかな感じが漂いますので、
ご覧になっても「外れた・・」感は少ないと思います。
真涼フィギュアのメーカー正規品と比べると出来不出来は一目瞭然ですけど、かわいい雰囲気は十分すぎるほど
表現されていますので、これはこれでOKなのかもしれないですね・・

いつもアミグリさんの描かれたイラストをお褒め頂きありがとうございます!

アミグリさんの素晴らしい点の一つに、その作品・キャラを知らなくてもその世界の一端を提示できるその感性の素晴らしさが
挙げられるとも思います。

「うまみちゃん」の事も取り上げて頂きありがとうございました!

ストイックな主人公

八咫烏(全力稼働中)


この「俺の彼女と幼馴染が~」は、男の子の主人公がいくぶんストイック気味でしたので、
その点が他のハーレム系作品に比べて十分すぎるほど差別化が図れていたと思います。

確かに「最後に一人を選ばないといけない」のかもしれないですけど、選ぶ楽しみというのは多分生涯味合う事は
ないだろうから、一度ぐらいは楽しみたい気持ちもありますね~私だったら・・(笑)

真涼フィギュアは前から見るとそんなに髪のボリュームは気になりませんけど、確かに後ろからはちょっと凄いのかも
ですね・・
アニメ本編でもそんなに髪の量が多いキャラとは感じなかっただけに、やはり立体化は難しいものも
ありそうですね。

境界の彼方

アミグリ 様


そうなんですよ~!

見たいアニメがあっても深夜に放映されていたり、時間にあまり余裕が無い時は、ついつい録画DVDが
溜まる一方になってしまいますね・・(汗・・)
現在放映中の「だがしかし」は関東ではなんと・・! 深夜AM2:38~の放映ですので、録画してはいるのですけど、
これも結構溜まり気味です・・
私もアミグリさんと同じなのかもですね・・(笑)

真涼フィギュアは流れるような銀髪&長髪はとても美しいと思いますし、夏服のデザインがとてもかわいいと思います!

「境界の彼方」はアミグリさんの一押しは栗山さんでしたね!
あの真面目そうな雰囲気と眼鏡はとてもすてきだと思います。
そしてアミグリさんが描かれた新堂愛も美月もとてもかわいくて素晴らしいと思います!

描かれたばかりのみれぃもあのかわいらしさは際立っていましたけど、アミグリさんの描かれる東方・艦娘以外の
作品もすてきだと改めて感じたものでした!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4127-ebcc0070
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |