FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の当ブログ記事において、シェークスピアの四大悲劇の一つで、人間の「嫉妬」をモチーフにした「オセロ」という
作品とそれを音楽にした吹奏楽オリジナル作品の事を取り上げさせて頂きましたけど、
改めて言うのもなんですけど、私たちが生きる上で「嫉妬」とか「焼きもち」というのは避けられない感情であり、
誰しもが有する感情の一つであり、それは決して恥ずべき感情ではないのだと思います。

東方の世界でそうした「嫉妬心」に関係するキャラというと言うまでもなく「東方地霊殿」に登場していた水橋パルスィ
なのだと思われます。
パルスィと言うと有名なセリフとして「妬ましい」があるのですけど、
「妬ましい」の言葉に象徴される通り、パルスィは、「嫉妬心を操る程度の能力」を有していて
自身より他者が幸せ・優れていると思えば嫉妬し、逆に相手に嫉妬する部分が無ければ不幸自慢をしてくるという
厄介な性格の御方なのかもしれないです。
そうした厄介な性格が災いしてなのか、パルスィは幻想郷の人里を拠点としている訳ではなくて、
阿求曰く「嫌われ者が生息している」という地底~旧地獄に生息をしているというのも道理なのかもしれないです。
だけどパルスィは決して人間に憑りついて人の心の奥底に潜む嫉妬心を更に焚き付けるという訳ではなくて、
どちらかというと、そうした人間の弱さを防御してあげようという意識があるのかもしれないです。
パルスィは、守護神的な役割を担い(幻想郷においては地上と地下の番人という役割を担っています)
多分ですけど、本来は優しい性格の人ではないのかなとも思えますし、意外と寂しがり屋さんなのかもしれないですね。
地霊殿騒動の際、霊夢が通信機器を用いてゆかりんと楽しげに話している様子に嫉妬をして襲いかかっていたのとは対照的に
魔理沙一人の場合は「ここにくるんじゃない・・」と優しく諭していたのは、
パルスィは、パルスィ自身の「あいつは陰で私の悪口を言ってるんじゃないのか・・」みたいな「脳内妄想」から
一人で勝手に自爆していくタイプではなくて、
誰かと誰かが仲良くして幸せそうにしている光景をパルスィ自身が目の当たりにした際に
メラメラと「嫉妬心」が発動されるタイプと言える事を示唆していたのかもしれないですね。

人間がこの世に存在している以上、「嫉妬」という感情は絶対に避けて通る事は出来ませんし、
人間が存在する数だけ「人間の嫉妬心」は存在しますし、そうした人の心の闇は存在し続けるのだと思います。
つまり、人間が存在している限り、パルスィは存在し続けるのです!
私達人間は決して完璧な聖人君子ではありませんし、どんな温厚な人間だって、どんな一見誰とでもうまくやれそうな人だって
ほぼ100%近く「嫉妬心」は心の奥底に一つや二つは有しているはずなのだと思います。

そうした意味においては、パルスィの存続意義は未来永劫続くのだと思われます。

別に「嫉妬」という感情は恥ずかしいものではないし、むしろ人間のストレートな感情だと思いますし、
それを抑制する事自体が無理な話なのだと思います。
「人は人、あなたはあなたなんだから、別に自分と他人を比較する事ないじゃん・・
自分には自分の良いところがあるはずなんだし、他人には他人の良さがあるもの、
それを単純に比較する事自体に無理があるでしょ・・」みたいな慰め事を他人に言ったとしても、
あまり効果は無いと思いますし、逆に「私の事をよくもしらないくせに、そんな綺麗事を言うな!」
と思われてしまうのが関の山なのかもしれません。
「嫉妬」というのは、喜び・怒り・悲しさ・楽しさ・辛さ・気まずさ・鬱陶しい・わくわくするなどの
「人間の感情」の一つなのです!
人間の感情を構成する重要な一つの要素なのです。
嫉妬心は私達は全員心の奥底にも秘めていますし、単純明快にストレートに感情として態度に出す場合もありますけど
すべての人間が持っている「人間本来の感情」なのです。
恥ずかしいと思う理由はどこにもないのです。
生涯、そうした感情と付き合っていくしかないと思いますし、ある意味「諦観」の気持ちをもって接していくしかないのだと
思います。
結果的にそうした感情で「自爆」し、他人だけでなく自分自身も傷つけてしまう事は大変愚かな事だとも思いますので、
早苗さんの言葉じゃないですけど「みんなそんなものなのよ・・」という事なのかもしれないですし、
ある意味「悟り」の気持ちを持つしかないですね。
そう言えば、地霊殿の主はそのさとり様でしたね・・
東方求聞口授の中では、阿求自身も、この「嫉妬心」については、
「酒でも飲んで憂さを晴らそう」と誤魔化したような書き方もしているのですけど、実は、これって案外正鵠を射ていると
言えるのかもしれないですね。

上記でシェイクスピアの「オセロ」について触れさせて頂きましたけど、「嫉妬心」というのは同性が同性を妬む焼きもちも
難しいものがありますが、「男女間の嫉妬はもっと厄介で複雑でややこしい」という事なのかもしれないです。
一度は純粋な「あなたが好きだぁ―!」みたいな気持ちで結ばれた男女ゆえに、
その「絆」に誰かが「いやいや、そんな事ないよ・・あいつはあなたの知らない裏では実はこんな事をやっているよ・・」
みたいな嘘八百のチクリなんてのを入れられてしまうと、そうした「絆」が一瞬で崩壊し、
嫉妬心メラメラの感情で「あいつは本当に自分の事が好きなのか・・!?」みたいな感情になってしまうというのも
何だか哀しい事ではあるのですけど、それは「人間」である以上、避けては通れないのかもしれないですよね。
「深い愛があるんだったらそんなイアーゴーみたいな嘘八百のチクリを入れられたとしても
そんなの跳ね除ければいいじゃん!」と思ってしまいがちなのですけど、
人間・・・否! 男女間はそんな簡単なものではありませんからね・・(汗)
別に人種差別とかそういうんじゃないのですけど、オセロ自体は「ムーア人」という黒人の武官であり、
そうした黒人がいわば、上官の白人の娘を口説き落したという経緯もありますので、もしかしたらオセロ自体に
「こんな幸せは続く訳がない」とか
「どうしてこの白人のこの娘は、オレの事が好きになったのだろう・・」みたいな潜在的不安感を有していて、
そこにオセロの部下の陰険極まりないイアーゴーがオセロを妬み、
色々あることないことチクリまくり、その結果として
オセロが「オレの妻のデスデモーナはオレの知らないところで浮気をしている」と妄想を起こさせ、
その嫉妬心で妻を絞殺したというそんなお話でありますので、やはり「嫉妬」というものは怖いものなのだと思います。
オセロが抱いた嫉妬心は「男女間の嫉妬心」で、
イアーゴーがオセロに抱いた嫉妬心は、東方のパルスィが抱いている「妬ましい・・」という事なのかもしれないですよね。

オセロが感じ悩んだ「嫉妬心」・「焼きもち」というのは古今東西の人間達が様々な形で
悩まされてきた心の問題だと思います。
正直、これに関する解決方法はほぼ皆無だと思いますし、
結局は・・・・
1.自分が勉強と経験を重ね、強くなっていく、そして結果的に嫉妬の対象を上回る存在になる事
2.時間による解決
これしかないのかもしれません。

「ブログ」を管理運営されている皆様だって、管理運営上で一度ぐらいは、オセロが感じたような
「焼きもちめいた感情」みたいなものをご経験された事はあるのではないでしょうか・・・?

「自分のこんなしょぼい記事に比べて、どうしてこの人はこんなに素晴らしくて内容が充実した記事を書けるのだ・・」

「どうして自分のブログは誰からも見てくれないし注目もされないのだ・・、ランキング上位のあの人の記事は、
別に大して内容が充実していないし、半年以上も更新されてすらいないのにとどうしてこんなにランキングが高いのか
全く理解できない・・」

「いち早くこのブログで主様と古くから色々とお話させて貰っているのに、急に割り込んできた△△さんと
楽しそうにお話されている・・なんか面白くない・・」

そんな気持ちをもしかしたら、一度ぐらいはお持ちになっているのかもしれないですよね・・(汗・・!)

そういう私自身はどうなのかというと、その辺りはノーコメントとさせて頂きますが(笑・・)
誰かから・・「お前はどうなんだ・・?」と聞かれても、その答えは、ここじゃ言えないですよ・・・(汗・・)
一つ言える事は、オセロが有した感情は、私たち自身も同じなのかもしれないという事です。

そしてこういう感情というのは、「こんな事を思って年甲斐もなくみっともない」とか「恥ずかしい」と
マイナスに捉えた時点で、決してそれはいい方向には向かないような感じもあります。
むしろどんどん自分を追い詰めていくだけという感じすらあると思います。
それではどうすればいいのでしょうか・・?
「そういう嫉妬の感情は私だけ有しているというものてはない! 否!! 私達一人一人が心の闇として有しているものであり、
それを無理やり抑制したって決していい事にはならないし、
そうした感情は、喜怒哀楽と同じもので、生涯を通して未来永劫付き合っていかないといけないし、
今後も己の心に内在するこのやっかいな感情とはずっと向き合っていけないといけないし、
嫉妬というのは、時によっては相手も傷つけてしまうし自分自身だって心に大きな痛手を負ってしまうものだけど、同時に・・
自分がもっと強くならないといけないし、もっと見て頂ける皆様に興味を持って頂ける事を書かないといけないといった
プラスの要素としてのエネルギーに転換できることだってあるはず!という事なのだと思いますし、
むしろそのように考えた方がいいのかもしれません。

繰り返しになりますが、別に「嫉妬」という感情は恥ずかしいものではないし、人間のストレートな感情であり、
それを抑制する事自体が無理な話なのです。
結果的にそうした感情で「自爆」してしまう事は大変愚かな事だとも思いますので、
そうした「自爆」というエネルギーがあるのならば、
「自分の夢の実現」という事にエネルギーを向けた方が賢明と言えるのかもしれないですよね。


















ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
今回取り上げさせて頂く東方キャラは言うまでもなく水橋パルスィです。

上記のパルスィは、2016年4月に「4月10日はパルスィの日」に合わせて描かれたパルスィです。

アミグリさんは、2016年8月にも上記のパルスィと表情と背景を微妙に変化させたパルスィを掲載されていますけど、
背景は2016年8月のほうが何となくパルティの内面のドロドロ感を示唆したようにも感じられ、
少しおどろおどろしい雰囲気があるようにも感じられます。
表情に関しては、2016年4月のパルスィは、
パルスィを無視した相手を「ちょっと待ちなさいよ!」みたいに大声で呼び止めるようなイメージ
または、内面の「めらめらの嫉妬心」でもって大きな声で叫んでしまったみたいな雰囲気があります。
それに対して2016年8月の方は、少し自己の心をコントロールできるようになったパルスィというのか
「自身の嫉妬心みたいな感情」を「叫ぶ」のではなくて 、
「小声でつぶやく」とか「心情をポロッと吐露する」みたいな印象があります。

パルスィの元ネタは橋姫という橋を守る女神であり、最も有名なのが宇治の橋姫であり、
他の女に夫を奪われた女が憎悪と殺意のあまりに宇治川に身を浸し、生きながらに鬼になり恨みを晴らしたという伝説の主
でもあったりします。
パルスィのスカートの縁には、橋姫伝説の舞台である宇治橋をイメージさせる橋の形をした模様や装飾が施されていますけど、
アミグリさんのイラストからもそうした「橋」をイメージさせるものが伝わっていると思います。

同じ2016年に描かれたという共通性がある中で、4月と8月のイラストは、
瞬間的にすぐにわかる大きな違いはないのかもしれないのですけど、
その違いは感覚として感じるものであり、そうした「微妙な感覚としての違い」を見事に描かれているアミグリさんの
「表現力の奥深さ」にはうなずけるものがあると思えます。

ちなみにですけど、アミグリさんが描かれた2016年8月の方のパルスィ記事をご覧になりたい方は
こちらをご覧ください! →  【東方】8月4日は橋姫の日【パルスィ】








yu-paru!!_convert_20120714110031.png







続きましてアミグリさんが2012年7月に描かれた「星熊勇儀と水橋パルスィ」です。

星熊勇儀の種族は萃香同様に「鬼」で、今現在では幻想郷の人里や妖怪の山ではなくて地底で生息をしています。
上記にてパルスィの元ネタ伝説の「橋姫伝説」として、生きながらに鬼になり恨みを晴らしたという事を書きましたけど、
そうした鬼絡み・地底での生活・東方地霊殿に共に出演しているという共通性がこの二人にはありますので、
アミグリさんがこうやってこの二人を描かれたというのも極めて妥当なのだと思いますね。

それにしてもこの二人のイラストはとてもかわいいですね~!

阿求の「求聞口授」においては「嫌われ者」と名指しをされている 勇儀とパルスィの二人ですけど、
アミグリさんが描かれたこのイラストからは
「いやいや、そんな事無いよ!」と阿求に反論したくなるようなかわいらしさに溢れた二人なのだと思います。

星熊勇儀は、見た目の一角とか大酒飲みとか鬼ゆえの恐怖という事で、一般的には「ちょっとこわい・・」といったイメージで
描かれる絵師様が多いようにも感じられますし、
鬼っぽいイメージで描かれる絵師様が多いのだと思います。
そうした鬼=こわいのイメージの星熊勇儀をここまでかわいく描かれた絵師様も珍しいように感じますし、
とても貴重なイラストと言えるのだと思えます。

そして勇儀の隣にいるパルスィは「嫉妬に狂う女の子」というよりは「恥じらいの乙女」という雰囲気が漂っていると
思います。
上記のパルスィもすてきですれど、こういう少しおとなし気味のパルスィは、学校でもじもじと照れているJKみたいな
雰囲気もありそうだと思います。

勇儀は、上記で触れたとおり大酒飲みとか鬼とか角とか怖い印象を持たれがちなのですけど、
アミグリさんの色彩がとっても「優しい」感じで暖色みたいな雰囲気もあるので
「怖い」というよりは「頼りになるお姉さん」みたいな感じでまとめられていると思います。

こうやって二人並んでいると「姉妹」のようにも見えたりしますね(笑)

上記のパルスィと勇儀のイラストはその権利はアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

先週の日曜記事でもって「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」のグランドフィナーレを迎えた訳ですけど、
アミグリさんが描かれた東方イラストのご紹介はこの先もずっと続いていくと思います!
そんな訳で今度の土日も東方記事で、両日ともアミグリさんが描かれた東方イラストがすてきに登場してきます!
一つは幻想郷のすてきな雪女さんで、もう一つはその雪女さんが「くろまく~」と言ったお相手の
フィギュアレビュー記事です!

今度の土日も是非当ブログをご覧頂きたいと思います。

そしてアミグリさんのブログ「dream fantasy」も
一緒にご覧になって頂ければもっと嬉しいです!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

ふんだ いいもーんだ!
自分の奥義極めてやり続けるもんねー
楽しんでやるもんねー('ε'*)フンダフンダー

という風に転換できたら
世の中上手く回っていくのではなかろうかと思いまふね(^q^)
人の感情は複雑であります

他人のあれこればかりに目がいきすぎると
自分の本来持ってるものが無くなっていく・・・
それを胸に刻みこみまっす!シャキーン

人間にはなくて良い感情などないと思っています。となると、嫉妬も必要な感情だと思うんですよね。嫉妬することで、自分自身のなかに生まれる感情は、正しく使えば将来の糧になると思いますので。問題はそれがマイナスに作用することが多いということですかね。結局、人間は一貫しない、合理的にすべてを割り切れない生き物なので、その感情があると自覚したうえで、前へ進んでいくという選択がベストであると思います。変な言葉ですが、前向きな諦め、とでもいいましょうか。白黒つけず不安定なまま、この不安を当然のものとして生きていくスキルって、実は重要だと思います。

難しいものですよね・・

みけねころんそう 様


人の感情の一つとして「独占欲」みたいなものも嫉妬心と同様にあったりして、
「この部分だけは他人には一切介入して欲しくないし、自分だけの美しいものであり続けて欲しい」というものもあったりするなど
人間の感情・心というものは、人工知能ですらも計算できない「複雑でやっかいなもの」が存在しているのは
間違いないと思いますね~・・・

だけどそうした複雑でやっかいなものが人の心にあるからこそ、人の進化はあるのだと思いますし、
人を人たらしめているのだと思います。

すてきなもので埋め合わせを・・

八咫烏(全力稼働中) 様


結局突き詰めていくと、嫉妬の背後にあるものは「孤独」なのだとも思います。

その孤独という感情を埋めるのに、人は友達とかお酒とか娯楽とかスポーツとか読書等にそのすきまの穴埋めを
求めていくのだと思うのですけど、
なんにしても出来る限りすてきなもので埋めたいと思いますし、少なくともマイナスに作用して他人に迷惑を掛けてしまう
という事は避けたいものですよね・・

嫉妬はどちらかといえば負の感情ですし、私もいろいろ他人と比べてしまって嫌になる性格なもので「こんな感情がなければもっとラクに生きられるのかなぁ」と思うこともありますけど人間である以上一生付き合っていかなければならないものなのでしょうね。
「自分は自分だから」なんて歌詞や台詞でもよくありますけどそうあっさり受け入れられない面倒くさいところもまた一つの人間らしさなのでしょうかw

アミグリさんの描かれた二枚のイラストではパルスィの二つの面が現れているようです。ドロドロとした感情が感じられるような一枚目とおとなしめで優しそうな二枚目でだいぶ違ったパルスィの姿が楽しめますね…!二枚目の方は勇儀姐さんのことを考えているような表情にも見えるかも…

「嫉妬」は人間の基本的感情!

schwert 様


夏目漱石の「こころ」とかシェークスピアの「オセロ」といった作品を改めて読み返すと
「嫉妬は負の感情だよなぁ・・」と感じざるを得ないのですけど、
私たちの日常生活とかプリキュアの六花がまこぴーに感じた焼きもち等を見てみると
「誰にでもある感情の一つだし、それをプラスに転化する事も可能だし恥ずかしい感情では無い」という
事なのだと思います。
「焼きもちを妬いてしまう自分もまた自分自身であるし、そうした焼きもち妬きの自分も案外かわいいのかも~」と
感じられるようになれれば素敵な事なのだと思います。

アミグリさんの描かれたパルスィと勇儀をお褒め頂きありがとうございます!

こうした素晴らしいイラストを描けてしまうアミグリさんですらも、
「他の絵師様のイラストに比べると自分の作品なんて・・」と時に消極的な気持ちになる事もあるそうですので、
焼きもちとか他者と自分の比較をついついしてしまって落ち込んでしまう事は
早苗さんの言葉ではないけど
「みんなそんなものだし~!、そんなものなのだって!」という事なのだと思いますね~!
アミグリさんが描かれた2枚目のパルスィは勇儀の隣にいるせいもありますけど、嫉妬の感情を乗り切って
吹っ切れたやさしいパルスィのように見えますね!

確かに嫉妬って
同性に対しても異性に対しても
ありますよね。
感情のひとつなら仕方ないですよね~
『人間だもの』

焼きもち

napo 様


小説や漫画ではよく「女の子の嫉妬は怖ろしい」と表現されがちですけど、
いやいや、実際は男の焼きもちも相当見苦しいものがあると思いますし、仕事上での足の引っ張り合いは
マイナス以外の何物でもないですね・・(汗)

ご指摘のとおり、嫉妬は人間故にしかたがない面が多々あると思いますので、それを負けず嫌い的なプラスの方向に
作用していければすてきですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4126-a2a9ddfa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |