FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まずは冒頭で御礼を・・・

昨日は「dream fantasy」の開設10周年お祝い記事を掲載させて頂きましたが、多くの皆様からこんなにも
すてきなコメントをたくさん頂く事が出来ました!
本当に皆さまいつもありがとうございます!
そして当ブログだけでなくアミグリさんの「dream fantasy」もこれからも何卒宜しくお願い申し上げます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このブログでは何度か書いたことがあるのですけど、私自身が好きな言葉というのは三つほどあり、
1.お金は天下の廻りもの 2.お金はあの世に持っていけない 3.捨てる神あれば拾う神あり がそうなのですけど、
その中でも特に大好きな言葉が3の「捨てる神あれば拾う神あり」という事なのだと思います。
1と2に関しては東方キャラで言うと小野塚小町がそれを幻想郷らしい表現で言われていたのが大変印象的ですし、
3に関しては、東方キャラでそれを見事に提示していたキャラというと多々良小傘と幽谷響子ではないのかな・・?と
思ったりもします。

捨てる神あれば拾う神ありという言葉の本質は、価値基準というものは決して唯一絶対のものではないと言う事なのかも
しれないです。
ある組織では、「これはよくない事」と非常識化された価値観が別の組織では「それはいいこと」みたいになってしまう事は
別に珍しくも無い話だと思いますし、
本人が一つの組織内では、役立たず扱いされてダメ人間呼ばわりされていたとしても
別の組織に移ったりすると「あの人はすごい!」みたいな評価を受ける事は決して珍しくはないと思います。
要は、価値観というものに絶対的なものはないと思いますし、その価値観を決めるのはあくまで自分自身なのだと思います。
最終的に自分に合った価値観を見出すまでは色々な可能性を模索すべきであり、それが私たちの生きる上での
「すてきな多様性」と言えるのかもしれないですね。

多々良小傘は、元々は人間達が放置した「置き忘れ傘」が妖怪化したもので、本人自体に悪気は全く無い
人間達を唐傘で持って脅かすのが大好きという「いたずら妖怪」でもありました。
だけど人間達が一度唐傘を見てしまうと、二度目に同じことをやったとしても驚く人間は少ないという事で
多々良小傘の妖怪としての存在意義というものはどうしても希薄になってしまいます。
そして幻想郷においては、人間たちから「あれれ・・そんな妖怪いたっけ・・?」みたいに人間たちの記憶からその妖怪の記憶が
無くなってしまうと、その妖怪に存在意義はなくなってしまうと言う事で、その妖怪は幻想郷・外界から
消滅をしてしまうという大変シビアな状況もあったりもします。
そうした中、多々良小傘としても自分の存在意義を巡って自身の中でも色々と模索を重ねていたのかもしれないですね。
多々良小傘は、
「傘として使ってもらえないのなら、自分から役に立つ道具になりたいの。
私は人を驚かすくらいしかできないけど、人間が何を欲しているか予想して、
道具の方から人間に合わせていきたいの。それが新しい付喪神の姿だと思っているわ」
みたいに大変健気で前向きで素晴らしい事を言ってくれていたのが大変印象的でしたし、それが幻想郷で生きる
「妖怪としての道」なのかもしれないですね。

幻想郷という外界と隔離した世界が誕生して以降は、以前のように妖怪は人を襲う事も無くなり、
人間に「妖怪に食べられてしまう恐怖を植え付ける事」でその存在意義を見出してきた妖怪にとっては、
システムが安定し自らの存在が消滅する事はありえない幻想郷の世界においては、
「人を食う」とか「恐怖を与える事」以外の事で自分達の存在感を提示しないといけないという事なのかも
しれません。
そういう意味では、「妖怪の多様性」というのはむしろ自然な事であり、
例えばミスチーが八つ目鰻の屋台をしているとか、プリズムリバー三姉妹が音楽ライヴを開催しているとか
アリスが人形芝居をしているとかうどんげちゃんが薬売りの行商をしている(させられている)とか
あややが新聞を発行しているとか、その妖怪本人しかできない事とかその特技を生かした活動をするとか
妖怪にとっても「人を襲う」というバカの一つ覚えだけではない、
何か新しい役割を持っていないと幻想郷では取り残されていくという感じになっているのかもしれないですよね。

多々良小傘もその辺りをきちんと理解した上で、多々良小傘としての幻想郷で生きる道を模索し、
人を脅かす妖怪としてダメなら、ベビーシッターへと方向性をシフトし、それが不評で受け入れられないと悟ると、
元々得意技でもあった「鍛冶」に特化した仕事をはじめ、鍛冶で想郷内で生計を立てて、多くの人間・妖怪から
「あいつはすごい! 鍛冶の仕事は小傘に依頼しよう!!」という存在意義を見出していたのは大変素晴らしい事なのだと
思いますし、それこそが「捨ても神あれば拾う神あり」なのだと思います。

一度や二度のヘマぐらいで自分は何の役にも立たないと自分の存在意義を否定することなく前向きに考えていき、
最終的には「天職」という仕事に巡り合うことが出来たというのは、多々良小傘の素晴らしき幻想郷内での立ち位置であり、
色々な働き方や働く事の価値観を模索していき、様々な可能性を試してみた多様性の結果として
今の「居場所」・「存在意義」を見出せた小傘は、案外と現代人の鑑と言えるのかもしれないですよね。

















上記において多々良小傘について記させて頂きましたけど、
「人間たちから忘れ去られた妖怪はその存在意義を失ってしまい消滅を余儀なくされる」とか
「今までの妖怪としての存在意義・役割以外に幻想郷内で新しい自分の存在意義を見出していく」という多々良小傘で
記したことと同様な事が言えそうな妖怪と言うのが幽谷響子という事になると思います。
多々良小傘も幽谷響子もどちらも妖怪としてはめちゃくちゃ弱くて人間友好度は元々非常に高いというのが
この二人の共通点だと思いますし、白蓮さんの命蓮寺と関わりが深いというのもこの二人は同じですね。

小さい頃に山に登ってその頂上から「やっほー」と叫びと「やっほー」と同じ言葉が返ってくるあの「山びこ」というものに
当初は新鮮な感動を覚えられた人は案外多いのかもしれないですね。
私もそうでした! 小学校低学年の頃に遠足で連れて行かれたとある山の山頂にて、そうした山びこスポットがあるというのは
その遠足のしおりにも書かれていて、到着と同時にクラスメイトが次々に「ヤッホー!」とか「こんにちはー」とか
「バカヤロー」みたいな言葉を大声で叫び、それが山びことして反響してかえってきた声を聞いた時は
「自然現象ってすご~い!」と新鮮な感動を覚えたものでした。
だけどそれは最初の一回だけであり、次回以降にそうした山びこの体験をしたとしても「べつにぃ~」という反応に
なってしまいがちですし、
多々良小傘ではないですけど、「そうした新鮮な驚きとかびっくりというのは最初の一回だけ・・」という事なのかも
しれないですね・・

幽谷響子(かそだに きょうこ)と言うのは、そうした山びこの妖怪です!
聞こえてきた声に対し同じ言葉を大声で返事する妖怪なのですけど、常識が通用しない幻想郷内にあっては、
山びこは山びこでも多少の変化をさせているのはとても面白いものがありますね。
オウム返しが基本の山びこですけど、かけ声によっては返答にバリエーションがあるのがやはり幻想郷らしい話でも
あったりします。それについて一例を挙げると・・

「やっほー!」→「ヤフー!」
「バカヤロー!」→「なんだとテメー!」
「すいませーん!」→「こちらこそー!」
「ヤマー!」→「カワー!」
「今何時―!」→「そうね大体ねー!」

そうですね・・ 「今何時―!」→「そうね大体ねー!」を見て「サザンのデビュー曲なつかしいね・・」と感じた皆様は
私同様に立派な昭和育ちと言えそうですね・・(汗・・)

文明が発達していない時代ですと、人間が山に登山に行った際に「ヤッホー」と叫ぶと同じ声が返ってくる自然現象は
「これは妖怪の仕業なのかもしれない・・怖い」みたいな感じもあり、
幽谷響子としても「妖怪」としての面目が保たれ自身の妖怪としての存在意義も有していたのだと思われるのですけど、
文明の進化と共にやま彦という自然現象も「音波が反響している単なる自然現象」という認識が定着し、
響子の妖怪としての存在価値が低下・・・否! むしろ妖怪としての消滅すら予想され、
響子としても「さてさて、私はこれからどうしたものか・・」みたいな迷いが生じていたと思いますし、
以前のようにやま彦を聞いても誰も怖がってくれないから、響子の心の中では空しさとか空虚感とか寂しさみたいなものは
あったのだと推察されます。

響子が白蓮さんのお寺の命蓮寺に入門した経緯は公式では明らかにはなっていないようですけど、
やま彦としての本領が発揮できない状況に空しさを覚えたために仏門に救いを求めたという事なのかもしれないです。
これは「妖怪も人も救いを求めてきたら迷わず受け入れる」の聖白蓮の方針とも符合するものがあり
結果的に響子は命蓮寺に入門という事になりました。

幽谷響子というと、何となくですけど、「朝のお勤め」というのか、早朝に命蓮寺内の境内の掃き掃除を
一生懸命しているというイメージがありますね。
通りがかった人には誰に対しても「おはよーございまーす!!」と元気よく挨拶をしているたいなイメージは
既に公式でも定着していると思います。
響子はまだ新入りと言う事で正式には仏門の修行僧ではないという扱いなのかもしれないですね。
どちらかというとまだ「見習い」という感じなのかもしれないです。
昔からあることわざで「門前の小僧、習わぬ経を読む」というのがあるのですけど、
響子の場合、このことわざがまさにドンピシャ!!という感じもあったりします。
響子本人はまだ本人はお坊さんではないですので自身でお経をあげるところまでは至っていないのですけど、
白蓮さんやムラサ・一輪たちがお経を毎日毎日あげているのを耳にしているうちに
いつの間にか響子自身もお経を覚えてしまったというのが何とも面白い所だと思います。
響子は、見習いという事で、まだ妖怪の山と命蓮寺を行ったり来たりしているようなのですけど、
山に帰っている時はちゃんとお経をあげているのは大変素晴らしい事だとも思うのですけど、
「誰も居ない山でお経を唱える声が聞こえる」と人間達に怖がられるようにもなり、
妖怪としての面目は保たれるようになったというのが何とも面白い所ではあると思います。
山びこ妖怪としての存在価値がうすまっていったのに、結果的にこうやって「山から妙なお経が響いてくる・・こわい・・」と
人間たちに認識されていると言う琴で妖怪としての存在意義がちゃんとあるというのも皮肉な話でもあるのですけど、
結果オーライと言えるのかもしれないです。
たってそうした事が無かったら、こんなかわいい響子自体が消滅していた可能性すらありましたから、
それはむしろ良かったと言えるのかもしれないですね。
響子にとっては、命蓮寺に入門した事で、本人の「心の拠り所」も出来たし、皮肉な事にそれがきっかけで
妖怪としてのメンツも保たれ、「白蓮様、さまさま!!」という感じなのかもしれないですよね。
「ぎゃ~て~ぎゃ~て~」「ぜ~む~と~ど~しゅ~」と本人は唱えていますけど、、
これは般若心経の一節「羯諦 羯諦 波羅羯諦(ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい)」、「是無等等呪(ぜむとうどうしゅう)」
との事らしいです・・(笑)
ま・・覚えたてですから、ここは大目に見てあげましょうと言いたいのですけど、
例によって阿求は毒舌全開でして、「意味を知らずに唱えてるっぽい、というか意味を分かっていない」と
バッサリ切り捨てていたのは大変印象的でもありました!

最近の響子は少しストレスが溜まり気味なのかもしれないです。

今までは自由な妖怪でしたけど、一応は仏門と言うのか修行の身と言う事で、響子にとっても多少の窮屈感が
生じているのかもしれないです。
最近ではそうしたストレスを、ミスティア・ローレライと組んだパンクロックのライブで発散しているのが面白いですね!
コンビ名は「鳥獣伎楽」なのですけど、「歌声で人を狂わす」ミスティア・ローレライがボーカルではなくてギターを担当し、
響子がリードボーカルというのもなんか面白いです!
夜な夜なノイズたっぷりの爆音に乗せてメッセージ性の高い歌詞をシャウトしているようなのですけど、
やはり内容は修行生活のストレスをテーマにしたものなのかな・・??
そのライブは騒ぎたい妖精や不満のある妖怪達で賑わっているとの事ですけど
近隣住民からは「喧しい!!」とのクレームが入っているという報告も実はあったりもします。
東方求聞口授の座談会に出席した聖白蓮は、その座談会の司会者でもある魔理沙から
「あのライブは本当に煩くて困る・・・」とちくられ、
同時に「文々。新聞」でのライブの様子を証拠として見せられ、
「見つけ次第目一杯しばいておきましょう(笑)」と発言していましたので、ミスチーと響子は白蓮さんからの
お仕置きとありがたいお説教に戦々恐々としているのかもしれないですね。

優しい白蓮さんの事ですから、お仕置きといってもお寺内の掃除で済ませてしまうという感じなのかもしれないですね。

多々良小傘も自身の存在意義の確保のために、イタズラ妖怪→ベビーシッター→鍛冶職人と役割を変遷
させていきましたけど、
幽谷響子もやはり自身の存在意義確保のために、山びこ妖怪→お寺の見習い→バンクロックのボーカルと役割を変容させて
いるのですけど、やはりそこには「捨ても神あれば拾う神あり」という事で、
一つの役割が終焉を迎えたとしても、その役割以外でも必ずなにかお役に立てることがありますよ~という事を示唆している
お話でもあり、東方の中でもちょっと珍しい(?)いい話なのかもしれないですね・・(笑)

ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
本日ご紹介させて頂く作品は幽谷響子です

上記の響子はアミグリさんが2012年6月に描かれた作品です。


アミグリさんが描かれた響子は、素直さ・かわいらしさが溢れていると思います。
「響子ちゃん、とっても可愛い!!」と思わずシャウトしたくなってしまうイラストです。
シャウトというと前述の鳥獣伎楽みたいですね・・・(笑)
響子というと毎朝命蓮寺内の境内を真面目にお掃除しているというイメージもありますけど、掃除で使用している箒を
手にしているこの響子は「まじめに健気に頑張っている~!」みたいな初々しさが漂っていると感じられます。
ワンちゃんみたいな耳もとっても可愛いです!!
昨年は「けものフレンズ」に代表されるように獣耳が大ブレイクを果たした年でもありましたけど、
幽谷響子のこの独特な耳も獣耳というのか犬耳のようにも感じられそうです。
犬耳というと昨年末にアミグリさんが描かれた犬走椛のあのすてきなイラストが大変印象的でもありましたけど、
この響子の犬耳もとてもかわいいものがあると思います~!
響子の犬耳はたれ耳っぽいというのが椛との違いとも言えるのだと思えます。

そしてアミグリさんが描かれた響子のこのクリクリっとした瞳はなんだかイタズラ妖怪っぽい雰囲気も漂っていて
とてもすてきだと思います!

上記のアミグリさんが描かれた幽谷響子のかわいいイラストは
その権利は響子の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

昨日は、アミグリさんのブログ dream fantasy
「ブログ開設10周年」という素晴らしい節目を迎えられましたけど、
来週・・3月24日はアミグリさんのお誕生日でもあります!
当ブログでは昨年と一昨年に続いて今年も大変ささやかなものではありますが、
「アミグリさん、お誕生日おめでとう!!」記事を掲載させて頂き、ここにもアミグリさんが過去に描かれたすてきなイラストが
たくさん登場し、アミグリさんのその軌跡を是非ご覧になって頂きたいと思います。

アミグリさんのブログ「dream fantasy」も
ぜひ一度ご覧になって頂ければ幸いです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

捨てる神あれば拾う神あり。良い言葉ですね^^幻想郷においては、忘れられることが大きな意味を持ってきてしまうのでしょうが、人間の社会でも同じかもしれませんね。存在を認める手段は様々です。それはその存在ではなくて、周りが見出すものなのかもしれませんね。人間関係って大切です。それにしても、山で読経が聞こえてきたら、私は怖くて全力で逃亡します^^;

お金

ぬくぬく先生の好きな言葉 3つとも 私の考えと同じです。
ここまで歳をとったから なおさら感じています。
2のお金はあの世に持っていけないですが 誰かのエッセイで読みましたが
例えはお年寄りが10万円残して死ぬのなら 孫に千円づつでも ちょくちょく お小遣いを上げたほうが 死んだあと良いお爺さんになれると書いていました。
その通りだと思いました。

門前の小僧、習わぬ経を読む

八咫烏(全力稼働中) 様


幻想郷でも外界の人間社会でも不必要な存在というものは無いのだと思います。

一つの環境で例えご縁が無くて周りから「使えない奴・・」と思われていても、違う環境では
「あの人はこんなにも使える人なんだ・・」と思われる可能性は多々あったりして、
ご指摘の通り、「存在を認められる手段」というのは多様なものがあると思いますし、一つの環境でダメと表されても
腐る必要は全く無いといえるのかもしれないですね。

「門前の小僧、習わぬ経を読む」という事を妖怪が実践しているというのはいかにも幻想郷らしい話なのかも
しれないですね・・(笑)

お金は天下の廻りもの!

tugumi365 様


私の大好きな言葉にすてきに共感して頂きありがとうございます~!

ついでにもう一つだけ挙げると「一期一会」なのかもしれないです。

お金には「生き金」というものが間違いなくあると思いますし、「将来が不安だから・・」とか
「何かあった場合に備えておかないと」というのはその通りなのだと思いますけど、度が過ぎた結果が
企業の過去最大の内部留保の拡大と言う事なのかもしれないですね。

そうした社会全体の余剰のお金を数%程度でも社会に還元しただけで世の中は全然すてきな方向に動くような
気がしますけど、それが出来ていないというのが「会社は株主のため」という誤った考えにも一因があるようにも
思えますね。
会社・組織というものは社会全体のために存在しているのだと思いますけどね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4125-8b2989fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |