FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事は過去記事の再編集&再構成記事です。
たまにこうした事をさせて頂くのは、もちろん単に管理人のネタ切れという事もあるのですけど(汗・・)
過去記事の中で、管理人が結構気合を込めて無い脳みそを振り絞って書かせて頂いた記事なのだけど、
とてつもなく反応がうすかったりスルーされてしまった記事もあったりして、そのままにしておくのもなんか元の記事が
ちょっと気の毒・・という事もあったりしますので、部分的に加筆修正をさせて頂き、改めて掲載をさせて頂きたいと
思いますので宜しくお願いいたします。


日本においては古今東西より「かぞえうた」みたいなものが民謡・流行歌のような形で庶民を中心に
歌われてきたと思うのですけど、私的には「ひとつとせぇ~」といったフレーズのかぞえうたを聞くと、何となくですけど
この親しみやすさのゆえに「なつかしいなぁ・・」と感じますし郷愁みたいなメランコリーみたいなものを
感じたりもします。

日本における「かぞえうた」とは、古くは降神の儀式の際の呪言として用いられたと言われていますけど、
東方Projectの世界でも博麗神社のすてきな巫女さんでもある霊夢がたま~にですけどそうした降神の術を使っていたりも
しましたけど、同じく降神の術を使っていた綿月依姫と合わせても、そうした「かぞえうた」のような祝詞・呪言は
使っていなかったと思います。
そうした降神の儀式での呪言自体、幻想郷でも外界でも既に使用されなくなりつつあるという事なのかもしれないですね。

日本における「かぞえうた」は、言葉遊び的な要素もある思います。
たとえば一をひとつと読むのを人という言葉に置き換え押韻し、歌詞を紡いでいくという手法もありますし、
そうした韻を踏むような高度なものではなくて、数をリズムよく数え上げるための歌として親しまれている手法もありますし、
後者の場合は童歌として歌われた場合、手毬・御手玉・羽根突と組み合わされて日本各地に広まっていったようにも
思われます。
そしてこうしたかぞえうたは時代と地域を超えて庶民を中心に歌われ継がれていき現在に至っていると思いますし、
そして現代では現代に合わせた形のこうしたかぞえうたがあるのかなぁ・・とも思ったりもします。

こうした「かぞえうた」の一例として幾つか記させて頂きますと・・・

1.いちじくにんじん

「いちじくにんじん」は、手まり歌、羽子突き唄、おはじき歌などとして古くから親しまれてきた日本のかぞえうたです。
1はイチジク、2はニンジン、3はサンショウ(山椒)、4はシイタケ(椎茸)といったように、
数字の読みと語頭が一致する名前の食材や植物などが順番に歌い込まれていく典型的なかぞえうただと思うのですけど、
この中で歌われる食材や植物の中には、普段あまり聞きなれないものもいくつか登場するのが大変興味深いものが
あると思います。
例えばですけど「むくろじゅ(無患子)」とは何なのかと言うと
ムクロジ科の落葉樹で、果皮には多量のサポニンが含まれ、かつては石鹸として洗濯などに珍重されていたそうですけど、
現在ではあまり馴染みがないですよね・・
「はつたけ(初茸)」は、特に関東圏で親しまれていた食用キノコの一つで、
炊き込みご飯にしたり、味噌焼き・しょうゆ焼き、吸い物や煮物など、幅広い料理法で食されるそうですけど、
私もこの食材見た事も聞いた事もないですね・・

2.いっぽんでもにんじん

これは昭和の頃にかなり流行りましたね!
このかぞえうたをご存知の方は立派な昭和育ちと言えるのかもしれないですね・・(笑)
歌っている方は今現在も大活躍中であの「胡散臭さ」がいい味を出しているはなぎら健壱でしたね!
ちなみにこの歌は、昭和の頃の一大流行歌となった子門真人の「およげ!たいやきくん」のB面の曲でもありました!
というか、レコードだのB面だの言われても平成世代の皆様は「なにそれ・・!?」という感覚なのかも
しれないですね・・(汗・・)

一本でも 人参
ニ足でも サンダル
三そうでも ヨット

一本・二足・三艘…と物の数が1つずつ上がると共に単位も変わる巧妙な歌詞は、子供だけでなく大人にも
大うけだったと思います。
およげ! たいやきくんと山口さんちのツトムくんとかいっぽんでもにんじんは、当時小学校の管楽器クラブに所属し
パーカッションを担当していた私も、発表会とか学芸会で何度か演奏した記憶があります。







螟ァ縺。繧・s_convert_20180209164747







3.大ちゃん数え唄

これはアニメ「いなかっぺ大将」の主題歌でして、
軽快なアレンジのかぞえうたとして、アニメソングとしては今も不動の人気曲だと思いますし、この曲は今現在でも
カラオケ店の曲のメニューの中にもごく普通に入っています。
当時これを謳われていた吉田よしみとは現在の天童よしみです!
天童よしみは当時16歳で、この歌がデビュー曲とのことです。

一つ人より力持ち
二つふるさとあとにして
花の東京で~腕試し~
三つ未来の大物だ
大ちゃんどばっと丸裸~、てんてん、てんーかのーい~なかっぺ~

この歌詞はかぞえうた形式になっていてとっても親しみやすかったですね!

いなかっぺ大将に出てくるニャンコ先生もとてもすてきな味を出されていたと思います! (笑)

「ニャンコ先生」というと、現在では「夏目友人帳」に登場するあのブタネコ先生の方がはるかに知名度はありそうなですね!

ニャンコ先生」なのですけど、風 大左衛門(通称、大ちゃん)に「キャット空中三回転」を伝授し、
大ちゃんの夢である一流の柔道家になる事に向けて日々奮闘するというのが「いなかっぺ大将」の大まかな方向でしたけど、
大ちゃんの「ずっこけな日々」に毎回毎回付き合わされるのだけどニャンコ先生自体もノリノリというのが楽しかったですね。

このアニメには、菊ちゃん・花ちゃんという美少女も登場していましたけど、大ちゃんに一方的に恋心を示す
トンマルキという女の子もいたりして、この娘もいい味出していましたよね!
だけどトンマルキ以上に強烈な個性を出していたのは西一でした!
西一(にしはじめ)は大阪出身の関西弁で喋るドケチで嫌味ったらしくて性格が極悪で
いつも意地の悪い事ばかりたくらんでいるという印象でしたけど、
何か、このアニメと西一のせいで、子供の頃は
「関西人=ドケチで性格が悪くて意地悪」みたいな妙なイメージがあったものです・・(汗・・)
関西方面の皆様、どうもすいませんです・・(滝汗・・)


4.ハゲの歌

埼玉県の某・元国会議員先生のあの「このハゲーー!」によってハゲという言葉は随分と昨年は光が
当たったものですね・・(苦笑・・)
だけどそうしたハゲに関する数え歌が、なんとあのボーカロイド楽曲にあったりもします。

初音ミクが歌っている「ハゲの歌」がそうなのですけど、三つ、三日月ハゲがある~というように
ハゲに特化した歌詞のこのボーカロイド楽曲も、よく考えれば数え歌なのでした(笑)


5.1970年代に流れていたパロマの炊飯器のCM

1970年代の日曜の昼間の時間帯に放映されていた「家族そろって歌合戦」という番組の中で
頻繁にパロマ炊飯器のCMとして流れていて、これがかなり長大な「かぞえうた」みたいな感じだったと思います。
一番最後の歌詞が「十でおしまい、鶏のメシ~」となっていて、ここでアニメのニワトリがぐわっぐわっと大騒ぎし、
「やっぱりやめてぇ~、とろろめし」というオチで終っていたと思います。

八はやっぱり パロマのご飯
九でクリクリ 栗の飯~
十でおしまい 鶏の飯~~
 
やっぱりやめて とろろ飯~~~
ご飯炊くなら パロマだよ~~~♪

うーーむ、このほのぼの感はやっぱり「昭和のCM」そのものであり、昭和レトロですね! (笑)

「やっぱりやめて」でホッ・・としてニコニコするニワトリがとっても可愛かったのが大変印象的でした! (笑)


さてさて、こうした「かぞえうた」ですけど、これがなんと全日本吹奏楽コンクールの課題曲でも
このすてきな素材が使われていた事もありましたね!

1978年の吹奏楽コンクールの課題曲は4曲ありましたけど、
極端なほど課題曲A/ジュビラーテに人気が集中していました。
あまりにもAに人気が集中し過ぎるせいでA以外の課題曲Cとか課題曲D/行進曲「砂丘の曙」を選ぶチームも少なく
何か気の毒な感じもしました。
(課題曲B/カントにいたってはなんと全国大会では演奏団体ゼロです!)
課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」は、もしも他の年ならばもう少し取り上げるチームも
増えただろう事を考えると何か勿体無い気はしますね・・・

この課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」は、日本の古き民謡というか童謡の「かぞえうた」をベースにしています。
最近では、ミスチルとかポンキッキーとかみんなの歌とか色々とアレンジされているみたいですね。
何か私は、「かぞえうた」というと、やはり
「ひとつとーせー」みたいな歌詞が思い浮かびますし、上記で書いたようないなかっぺ大将とか
いっぽんでもにんじんの方がより親しみやすさを感じたりもします。

この課題曲は、楽譜の指定上では、エレキベースとかドラムセットが使われていますけど
実際のコンクールでは、エレキベースは使用されたのかな・・・??
自衛隊の演奏では、この曲を聴くとバンバンエレキベースが響いていますけど
当時のコンクールの実況録音を聴いても、ベースの音は感じないのですね。
この課題曲はポップス調なのですけど、出だしは意外にゆったりとした感じから開始されます。
コルネットのソロが実に渋いのが大変ポイントが高いと思います。
全体として「かぞえうた」の「ひーとつとーせー」のフレーズが結構頻繁に引用されますし
ドラムがかなり活躍しているのが印象的です。
とてもコンクール課題曲とは思えないほど楽しさが溢れていますし、
楽しいだけではなくて、何か大人の風格と言うか「大人の洒落っ気」みたいな要素も感じたりします。
作曲者の岩井氏は、この課題曲以外にも
1972年の「明日に向かって」とか76年の「メインストリートで」とか89年の「すてきな日々」みたいな
楽しい課題曲を後世に残してくれていますが、
このポップス変奏曲「かぞえうた」ほど洒落っ気というのかお茶目な要素を感じる曲はないですね。
本当に素晴らしい課題曲だと思いますし、後世に受け継がれていき演奏され続けて欲しい曲の一つだと思います。

1978年というと、私自身、中学に入学し吹奏楽部に入部し、
少しは楽器が吹けるようになった6月頃、初めて全体合奏に参加した曲が
実はこのポップス変奏曲「かぞえうた」だったのです。
だからその意味でも、なつかしい曲ですし、この曲を聴くたびに
楽器を初めて間もない頃の不安感とか楽しさとか当時の事が頭に思い浮かびますね・・・
だけど、結局当時の吹奏楽部の顧問が、
「いやいやコンクールの課題曲にこうしたふざけた曲は相応しくない・・・」と洒落が分からない事を
言い出し、結局課題曲はAのジュビラーテに変更したため
この素敵な課題曲でのコンクールデビューは幻となってしまいました・・・
この年の自由曲は、チャイコフスキーの「スラブ行進曲」でしたので
ジュビラーテと合わせて、初心者には辛いつらい選曲だったと思います。

このポップス変奏曲「かぞえうた」には、素晴らしい名演が残されていますね。
断トツなのは、やはり瑞穂青少年吹奏楽団だと思います。
この演奏は、正直プロ顔負けの演奏ですし、今聴いても色褪せることがない素晴らしい歴史的名演です。
だけど瑞穂にとってはこれが最後の全国大会になってしまい、とても惜しまれるものがあります。
他にはブリジストン久留米の大人っぽい演奏も印象的ですね。
中村学園もこの年全国初出場でしたけど、課題曲はこのかぞえうたでした。
この中村学園の課題曲の演奏を聴くと分かるのですけど、
前半部分のゆったりとした長いフレーズで、ブレスごとに奏者全員の「すーーーっ」という呼吸音が
はっきりと録音にも残っています。
なるほど、「腹式呼吸」の大切さを説いていた中村学園の松澤先生らしい演奏ですね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

湯沢南中学校の課題曲でした。

ポップス変奏曲「かぞえうた」は、1978年の第26回全日本吹奏楽コンクール全国大会~中学の部に東北代表として全国大会初出場を果たした私の地元の中学の一つである「湯沢市立湯沢南中学校」の課題曲でした。自由曲がロッシーニの歌劇「アルジェのイタリア女」序曲でしたね。(当時の話だと、昭和50年代に秋田県の中学で全国大会常連だった大越壽先生の「秋田市立城南中学校」に秋田県大会で破っての東北大会出場で審査結果はサプライズな雰囲気だったらしいです)
しかし全国大会初出場というプレッシャーと緊張もあったんでしょう、全国大会は本来の実力を発揮できなかったという話を地元吹奏楽関係者からも話を聞いていますが、審査結果は残念ながら「銅賞」でしたね、、、
このときと3年後1981年の第29回大会の顧問&指揮者が「小西翔一先生」で、学校現場では校長先生・教頭先生、吹奏楽連盟では地区吹奏楽連盟会長も歴任された先生でしたが、10年前まだ62歳の若さでご病気により天国に旅立ってしまい本当に残念でした…。改めまして小西先生のご冥福もお祈り申し上げたいです。
「かぞえうた」は例年なら確実にヒットした課題曲と思えるのは私も同じですが、「ジュジラーテ」という大御所の課題曲が存在していたので、特に高校の部?ではいまひとつ影の薄い曲になってしまって…。フリューゲルホルンなのかコルネットなのかはよくわかりませんが、あのソロの部分とドラムのビート、ホルンの雄叫びが大好きですね。
もしかしたらあのヒット曲「ディスコ・キッド」よりも自分は好きなポップス系課題曲かもしれませんねー!

かぞえうた。私が子どものころ、よく聞いていたものも含まれているようです。最近、あまり聞かなくなってきましたね。途中で、鞠突きなどで広まったとあった記述もありましたが、子どもたちの遊びの変化とも関連しているのかもしれません。かぞえうたは構成がわかりやすいところがありますが、かぞえうたなりのルール、流れのようなものにしばられて、難解な言葉をうまくあわせて、みたいにしたものもあるようなので、そのあたり、謎かけ要素もあって、おもしろいかもしれませんね^^

小西先生

一秋田県民 様


1978年の中学の部の銅賞は4チームに留まっていて湯沢南中もその一つでしたけど、カスタムテープを聴いた限りでは、
ご指摘の通り初出場のプレッシャーというのは相当大きかったのかな・・?という印象で
本来の実力ではない演奏と言えるのかもしれないです。
私が唯一生演奏で聴いたのが1981年の東北大会でして、その際は山王中の「ロシアの復活祭」を抑えて
2回目の全国出場を果たされていたのは大変立派だったと思います。

小西先生というと、実はなのですけど、私が大学1年の時の同じアパートの一室の方が湯沢南中出身で、
小西先生は担任の先生だったとの事で、担任としての小西先生は、「怒らせると怖い先生」だったそうです・・

「かぞえうた」は他の年だったらもっと演奏されていたと思うだけにもったいない演奏頻度だったと思います。

序盤のコルネットのソロを含めて全体的に粋で洒落っ気が溢れんばかりの曲で、
私としてはむしろ「すてきな日々」よりも大好きな曲と言えるのかもしれないですね。

かぞえうた

八咫烏(全力稼働中) 様


かぞえうたは元々は「降神の術」みたいな所もあり、歌詞自体に意味深なものもあるそうですので、
そうした謎かけ要素も魅力の一つなのかもしれないですね。
降神の術を使える霊夢ですらもそうしたかぞえうたは使用していませんけど、それは単に霊夢が修業嫌いという
事なのかもしれないですね。

そうした古式ゆかしいかぞえうたを現代流にアレンジしてしまう歌の世界もすてきなものがあると思います。

先日は教えていただき
ありがとうございました^ ^

数え歌を思い浮かべてみましたが、
ほぼ知っているものがないようです(^_^;)
泳げたいやきくんは、
たい焼きやさんが流していたりしますよね^ ^

子供の音楽の教科書を見た時、
知らない歌が多くあったのにも驚きでした。
段々と昔の歌は歌われなくなって行くのだなと、
なんとなく切ない気持ちになりました。
にんじんの数え歌は歌詞がおもしろいので、
子供が今歌っても楽しそうですよね^ ^

数え歌

kirakiya.rumari  様



かぞえうた自体は伝統的には降神の術の際の祝詞や呪言でもありますけど、そうした要素が現在においては
ほぼ皆無なように、
音楽の教科書においても、そうした流行り廃りは間違いなくあると思いますね。

多分ですけどあと10年後ぐらいには、安室奈美恵やSMAPの楽曲も音楽の教科書に載るのかもしれないですね~(笑)

なぎら健壱というと今現在では胡散臭いオヤジみたいなイメージがありますれけど、「いっぽんでもにんじん」を
歌っている頃は、「普通のフォーク歌手」という雰囲気もありましたので、
それも時代の変化というものなのかもしれないですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |