FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年の冬は例年以上に寒さ厳しいものがありますよね~!

暦の上では既に3月中旬となっているのですけど、まだまだ寒いという感じですし「春はまだ遠いね・・」みたいな雰囲気が
漂っていると思います。
大体昨年8~9月のあの異常な長雨の頃から「なんか最近の天候はヘンだな・・」と感じていたのですけど、
その予感が見事に的中してしまい、11月の上旬から既に寒さが日本列島を覆っていたようにも感じられます。
私自身、基本的に冬用のジャンパーやコートを出すのは毎年12月中旬あたりだったのですけど、今回ばかりは
既に11月中旬から既にコートを纏っての通勤となっていましたので、既に今年の冬の異常な寒さはその時から始まっていた
のかもしれないですね。

このブログではよく冗談交じりに幻想郷のすてきな雪女のレティさんが幻想郷と外界の結界のゆるみに紛れて
外界に入り込んでしまい、このとてつもない寒気をもたらしているのかな・・と書いているのですけど、
それに関しては幻想郷ではどうやらシャレにならない事態も一部で既に起きている模様です。
「東方茨歌仙」においては華扇が既に幻想郷の天候の異変、ひいては外界と幻想郷の結界の緩み等の異変を
察知していましたし、おそらくですけどゆかりん=八雲紫様もなんらかの異常は把握されているものと思われます。
そして昨年の東方最新ゲーム「東方天空璋」においても幻想郷内で起きている天候異変がベースになっていました。
(最初、「どうしてチルノはあんなに日焼けしてるの・・? ポンコツちゃんだから大妖精と遊び過ぎて日に焼けてしまった・・?」と
予想したのですけど、実際はそんな簡単な事象ではなかったようですね・・・)
ちなみに「東方天空璋」においては久しぶりにチルノと射命丸文が霊夢と魔理沙と共に自機に抜擢されていますけど、
あやや=射命丸文がそれでも今年の東方人気投票で久しぶりにベスト10から陥落したのは、あやや好きのZUN神主様に
とっては大誤算だったのかもしれないですね~(汗・・)
幻想郷内の天候異変の一つの要因として、もしかしてなのですけど「東方深秘録」で登場していた外界のJKの宇佐見菫子が
オカルトボール等を使用して幻想郷に入り込んだため、外界と幻想郷のバランスが崩れているためという可能性も
あるのかもしれないですよね・・
東方深秘録においては、こいしちゃんも大活躍を見せてくれましたし、あの異変の終わらせ方はなんとなくしっくりこない感じも
ありそうですので、是非改めてですけど深秘録の続編も作って頂きたいものですし、
「東方紺珠伝」の月の皆様の秘密とか純狐やヘカーティア様のその後もとても気になっていますので、その続編も
見てもみたい気持ちは強いですね~!

話が例によって冒頭からそれまくってしまいました・・(汗・・)

本来のいつもながらの幻想郷ですと、寒い冬の時期にはレティさんが大暴れし、そして春の訪れとともに
春を告げる妖精のリリーホワイトが満面の笑顔で幻想郷の皆様たちに「春ですよ―」と春が到来した事を告げると
いつの間にかレティさんが退散して雲隠れしてしまい、幻想郷に春がやってくるというのが一つの定番ストーリーだったと
思います。
果たして幻想郷のその後の展開はどうなってしまうのか、それをご存知なのは東方の創造神・ZUN神主だけだと
思うのですけど、リリーホワイトが東方最新作ゲームの「東方天空璋」の中の 3面中ボスとして久しぶりに出演を果たしたと
いう事はもしかしてなのですけど、ZUN神主の頭の中で「リリーホワイトの役割の変化」みたいな事をもしかしたら示唆
されていたのかもしれないですね。

レティさんは東方作品ではとんとご無沙汰されていて大変気の毒な感じでもあるのですけど、ZUN神主が
久しぶりにリリーを登場させたことにウラには「何か」がありそうな予感もあったりしますので、
とにかく今後の東方作品やリリーホワイトにも注視して見ていきたいと思います。

だけどそのリリーに関しては今現在では特に新しい情報もありませんので、本記事においては、従来の幻想郷内でのイメージの
リリーホワイトについて少しばかり語らさせて頂き、読んでいる皆様に少しでも「春」を感じて頂ければ幸いです!
そして本記事の最後に、当ブログがいつも大変お世話になっているdream fantasy のアミグリさんが描かれたリリーホワイトをお披露目させて頂きたいと思います。

ここで改めてリリーホワイトについて書かせて頂きますと、リリーホワイトは春が近づくと幻想郷の人間や妖怪達に
「春ですよ――」と告げるだけの可愛いかわいい妖精です!!
普通の人間では気付かないほど些細な春の訪れの兆しを見つけて、
春の到来を伝える妖精なのですけど、春以外の季節では見かけることも少なく、春の季語にもなっているとの事です。
リリーホワイトは別名「春告精」とも言われていて、
「雪落ちて まだかまだかと 白の山 春告精の 跡探す道 」という歌を詠んだ人もいるようですね。
リリーホワイトが通ったあとは一気に春が訪れ、つぼみしかなかった桜の木を一瞬で満開にしたり、
種の状態の花を一瞬で咲かせることもできるそうで、 この能力のこともあって「花屋さんに大人気」なそうでして、
比較的面倒くさがれる事の多い妖精の中では大人気の妖精との事です。

そりゃそうですよね! 幻想郷における「妖精」というと、光の三妖精に代表されるように人里の人間達に
イタズラしまくるとかはたまたコーヒー豆をコソ泥したり、宴会場にこっそり忍び込んでごちそうを盗み食いする等
人間達にとっては妖怪のような危険度は低い代わりに、関わると少々面倒くさい・・みたいな立ち位置と言えるのかも
しれないです。
外界の私たちの感覚からすると「妖精」というと純粋とか純心とか天使みたい・・と思われるのかもしれないですけど、
幻想郷における妖精とは、そうした天使みたいなイメージではなくてどちらかというとイタズラばかりしているワルガキみたいな
感じなのかもしれないですね。
東方における「妖精」は、雑魚妖怪に毛が生えたみたいな感じで、特段とてつもない能力とか知性とかがある訳ではないし、
人間に対してイタズラを仕掛けては、捕まりそうになるとスルリと逃げていくようなイメージがありますよね。
小さい子供を迷子にさせたり、カエルを凍らせて地面に叩き落としたり、お茶に塩を入れたりなど
大抵は「たわいもないイタズラ」なのですけど、時折なのですが、
人間の背中に火をつけたり、がけから突き落したり、珈琲豆をくすねてしまうみたいな
イタズラにしては度を超している場合もあったりしますけど、
ほとんどの場合は「笑って許せちゃうイタズラ」ばかりのイタズラが多いですね。
それを見越しての事なのか、阿求のその著作の中でも
「たまにご馳走に目がくらんで宴会場にまぎれこんでご馳走をバクバク食べている妖精がいるが、
そうした場合こそがとっつかまえて普段の鬱憤を晴らす機会である」みたいな描写があったりもしますね(笑)

でもリリーホワイトは、普段でもそうした「イタズラ」はほとんどしないで、夏から冬の間は行方不明状態で
春が近づくと、春の気配を探し出しては幻想郷内の人達に・・・ひたすら愛くるしく「春ですよ――――――」と
告げて廻るだけですので、人間の視点から見てしまうと、
「イタズラばかりする悪たれ妖精共にあっては、天使みたいな存在!!」と人気が高いのはなんかとっても分かる気が しますね!!
まさに「吉兆を告げる妖精」といっても過言ではないと思います。
リリーホワイトのイメージとしては、いつもニコニコしていて満開の笑顔で春が近づくと
「春ですよ――――」と告知して廻るという天真爛漫さやその単純明快さが実にすてきなものがあると思います。

レティさんは春は春眠、夏は惰眠、秋はまどろみをしているとの事で、冬以外はほとんどボケッ・・としているという感じですけど、
リリーホワイトなのですけど、春以外は行方不明状態との事です。
阿求の推測では、妖怪に食われてしまったのかもみたいな感じですけど なんか私の妄想としては、
リリーホワイトは、春が終わろうとしている頃に、自分の「春告精」としの役割が終わったら
来年の春まで「長い長い冬眠」に入ってしまうみたいなイメージがありますし、そういう方が妖怪の山の妖怪たちに
食われてしまうという推測よりもはるかに春告精らしいメルヘンがありそうな気もします。

リリーホワイトはそうしたかわいい妖精という事で、衣装は全体して「白」が基調です。
公式においてはなんと意外にも「リリーブラック」みたいなキャラも登場しています。
当初、この「リリーブラック」が登場した際は、 「リリーホワイトとは別キャラ??」みたいな意見が支配的だったらしいのですけど、
その後、東方の神主様であるZUN様より 「あれはリリーホワイト本人」との言及があり、
リリーブラックの正体は、四季映姫のコスプレをしているリリーホワイト本人であることが判明したのでした・・・(笑)
東方花映塚において、四季映姫とのバトルにおいてのみ、
妖精達が全員黒い格好をして登場するという演出でバトルが進行するのですけど、
その際に・・・登場した妖精たちはそれぞれノリノリで四季映姫というい閻魔大王様のコスプレを したのでした。
普段は「純白」のリリーホワイトがああいう真っ黒な衣装で登場するというのもなんか面白いものがありますよね!!

リリーホワイトは普段はおとなしい妖精で人間からも愛される妖精なのですけど、春になって人間達に
「春ですよ―」と春を告げに来ている時だけは若干ですけどリリーが珍しく興奮して気が立っている事もあるそうです。
リリーとしては「せっかく私が春を告知しにきているのだから私の邪魔をしないで!」みたいな感じなのかもしれないですし、
一刻も早く幻想郷の住民の皆様に「間もなく春がやってくる」という事を伝えたくて伝えたくてわくわくしているという
事なのかもしれないです。
そしてそうしたリリーにちょっかいを出したりイタズラを仕掛けてしまうと、普段はいかにも弱そうなリリーを興奮させて
弾幕戦を挑んでくることもあるそうですので、告知に来たリリーの邪魔をしてはいけないという事なのかも
しれないですね。
ちなみに光の三妖精の一角のサニーミルクは、そうした気が立っているリリーにちょっかいをかけてサニーミルク自身が
ポコポコにされてしまった経緯もあるようですので、リリーをなめたら痛い目に遭うという事なのかもしれないですね。

冒頭で書いた通り、「東方天空璋」でもってリリーホワイトは東方花映塚以来久しぶりに東方公式ゲームに出演
していましたけど、あの東方天空璋のリリーはこれまでとのリリーとはどことなく雰囲気が違っているようにも
感じられなくもないです。
服装がワンピースというよりはドレスっぽくなったような感じもありますし、妖精としての羽にもどことなく変化があるようにも
感じられますし、全体的な雰囲気は妖精というよりはちょっと鳥みたいな妖怪というか・・ウグイスみたいな雰囲気も
あるのではないのかな・・とも感じたりもします。
あ・・鳥と言っても少なくともミスティア・ローレライみたいな雰囲気ではないです・・(笑)
そうしたリリーの変化と言うのももしかしたら、幻想郷内における気候変動とか異変とかそれに伴う春告精としての役割の変化
みたいな事をもしかしたらZUN神主様としては示唆されているのかもしれないですね。
















ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
本日ご紹介させて頂く作品は言うまでもなくリリーホワイトです!
上記のとってもかわいいリリーホワイトのイラストは、dream fantasy の管理人様のアミグリさんが2012年4月に描かれた作品です。

このイラストの背景はピンクトーン一色であり、それが逆にリリーの「白」を引き立てているようにも感じられ
「リリーホワイトは白の可愛いかわいい妖精さん」というのを強く意識させられるような印象があります。
そしてリリーの一つのトレードマークでもある頭のとんがり帽もとてもかわいく描かれていますし、
リリーのこの鮮やかな金髪が白の衣装と大変見事に調和されている点も素晴らしいと思います。
リリーのこのくりくりっとした瞳もとても純真なものがあると思います。リリーがなんとなくですけど「おいで・・!」みたいに
手を差し伸べているのは、
「そのちょっと先につくしが生えているよ」とか「このちょっと先の小川では氷が溶けかかっているよ」みたいな春の兆しの
ありかの場所を教えてあげるから私についてきて!みたいな光景にも思えたりもしますね!
もしもゆかりん=八雲紫様がてを差し伸べてこられたとしても、スキマに叩き落すとか誘拐して山の妖怪たちに食わすための
食料確保としての罠みたいな感じも漂うのですけど(汗・・)
リリーホワイトだと本当に心の底から純粋なものを感じられたりもしますね~!

上記のアミグリさんが描かれたリリーホワイトのかわいいイラストは
その権利はリリーホワイトの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて間もなくですけど、既に予告済ではあるのですけど改めて告知をさせて頂きますと、
アミグリさんのブログ dream fantasy
3月17日に「ブログ開設10周年」という大変大きな節目を迎えられますし、
3月24日のアミグリさんのお誕生日など3月中旬から後半はアミグリさんにとって大変記念碑的なイベントが
目白押しとなっています。

当ブログはそうしたアミグリさんの記念イベントの際には何か少しでも貢献をさせて頂きたいと思っておりますし、
本年度もアミグリさんとdream fantasy
目一杯応援させて頂きたいと思っております!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」も
ぜひ一度ご覧になって頂ければ幸いです!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

幻想郷内でも異常が発生しているのですかね。外界からの影響でしょうか。とにもかくにも、リリーホワイトさんに早く活動していただきたい^^特定の時期以外はどこにいるんですかね。冬眠していたりして^^;

こんばんはです(^^)/

今回は春を告げる妖精、リリーホワイトですね。
東方ののキャラクターの中でも独自色が強いキャラクターのように感じています。東北はいつもリリーホワイトが来るのが遅い…(-_-;)

アミグリ様のイラストは2012年のイラストとの事で、今とは少し描き方が違う感じですね。それでもアミグリ様の優しいタッチはとても素晴らしいと思います(^^♪

リリーホワイト

八咫烏(全力稼働中) 様


幻想郷の気象の異変というのは、外界のJKさんの宇佐美菫子の幻想郷への入り込みというのが多分相当大きいと
思われますが、菫子の侵入をなぜかゆかりんや華扇が手助けしている節があるのは、今後の東方を見る上で
目が離せない動向だとも思えます。
リリーの新作ゲームでの衣装の変化ももしかしたら気候異変と関わりがあるのかもしれないです・・

リリーがよく言われる事は、妖怪等に捕食されても、次の瞬間に新しいリリーホワイトとして従来までのリリーの記憶を
保った形態として再現されるという事なのですけど、
妖精と言うものは考えてみると自然現象の一つでもあるから、そうした解釈もありなのかもしれないですね。

春ですよ~

ごにきり 様


関東は既にリリーが到来しているせいなのか、最近は気温が15度超えとかはたまた今週は20度超えとか
桜の開花が3/20前後とか一気に「春到来」という感じでもありますけど、
一日の寒暖の差が激しいのがちょっときついですね・・

アミグリさんの描かれたリリーをお褒め頂きありがとうございます!

2012年~13年頃のアミグリさんの作風は、私が勝手に(?)「アミグリさんの淡い作風時代」と命名していますけど、
色彩感をうすめにファンタジーな感じを強調されている作風の時代でもあったりします!
最近のキラキラ作風とはちょっと違うスタイルなのですけど、そこには「絵師様の進化」が示唆されていると思いますし、
そうした「絵師様の進化」の一つの到達点が「3月17日はアミグリさんのブログ開設10周年」という事なのだと思います!

そうした訳で3月17日は当ブログでもお祝い記事掲載の予定ですので、その際は何卒宜しくお願いいたします!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4116-1e1029cf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |