FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事は昨日の記事、1984年全日本吹奏楽コンクール課題曲C / シンフォニエッタの姉妹記事なのかもしれないです。

昨日も書いた通り、1984年と言うと、都内の大学に滑り込み大学の吹奏楽団に入団し、
無事にコンクールメンバーのオーディションを通過し、初めて大学の部として吹奏楽コンクールに臨んだ年でもあります。
結果論なのですけど、うちの学校は1982~83年に都大会にも出場していて、かつては全国大会にも出場していた実績は
あったもので、私としても「この4年間で一度ぐらいは普門館で開催される都大会には出場できるのかな・・?」と淡い期待を
抱いていましたけど、現実とは残酷なものでして私が在籍していた4年間は全て都大会予選で散ってしまい、
都大会本選に出場できず、結果的に普門館のステージに立つことは出来ませんでした・・(泣・・)

結果論になるのかもしれないですけど、1984年という年は、この4年間の中では最も都大会本選に出場できる
可能性があり、技術的には一番充実していた年でもあったと思われるだけに、この年の都大会予選で散ってしまい
都大会本選を逃したことは大変痛かった・・と言えるのかもしれないです。

そしてこの年の課題曲はB / 土俗的舞曲で、私が初めて大学の部に出場した年の課題曲でもありますので、
私にとっても大変思い出深く懐かしくもあり印象に残っている課題曲でもあります。
昨日の記事において、この年の課題曲C/シンフォニエッタは急-緩-急の典型的な三部構成の課題曲であると
記しましたけど、この「土俗的舞曲」もアレグロ-アンダンテ-アレグロという三部構成であり、
前半と後半のエネルギッシュな展開とゆったりとした歌の繰り返しで構成されるという点では、大変分かり易くて
親しみやすい課題曲であったと思います。
序盤に出てくるクラリネットのピーヒャラ~みたいなメロディーは聴いている分にはとても楽しいものがあると思うのですけど、
あれ・・奏者としては結構大変だったのが大変印象的でした。
中間部は、ゆったりとした歌い廻しで同じメロディーを反復して徐々に音量が大きくなり盛り上がっていくスタイルなのですけど、
これはかなり素朴で鄙びていて、この部分をどうやって気持ちをこめて朗々と歌い上げていくのかというのが
この課題曲の一つのポイントだったような感じもあります。
後半も前半部分の再現に近いような雰囲気もあり、全体としては「同じメロディーの繰り返しがちょっと多いのかも・・?」とも
感じなくもないのですけど、そうした反復は聴いている方としても吹いている方としてもそんなにしつこいとかくどいという
印象を与えないのは、確かに泥臭い素朴な曲ではあるのだけど曲自体の雰囲気がどことなく洗練されているとかすっきり
しているというせいもあるのかもしれないです。

この課題曲B / 土俗的舞曲はなぜか高校の部では3チームしか演奏されていなかったですけど、中学の部では
半数近くのチームがこの課題曲を選択していたのは、やはりあの「わかりやすさ」があったといえるのかもしれないですね。
高校の部では、東邦高校のちょっと粗っぽくて雑な響きでノリは軽いのだけど、(当時の)男子校らしい豪快な響きは
評価としては銅賞という事になっていますけど、決して悪い演奏ではないと思いますし、川本高校の
あのエネルギッシュなアレグロとたっぷりと歌い上げたアンダンテの対比は大変素晴らしいものがありましたし、
関西学院大学の抒情的な響きも大変味わいものがありましたし、
東海大学のいかにも「和」を意識したような響きが自由曲の「能面」との雰囲気にも大変マッチしていて
大変素晴らしい演奏だったと思います。

この「土俗的舞曲」なのですけど、一番最初は二楽章構成のピアノ曲として音大生時代に作曲された経緯があり、
周囲から「この第二楽章のスピード感は吹奏楽コンクールの課題曲に合っているんじゃないの・・?」と勧められ
吹奏楽コンクール課題曲公募に応募したら、見事に入選を果たしたという経緯があります。
そしてこの曲は更に後日「オーケストラのための民舞組曲」というタイトル名の第5曲として管弦楽化もされています。
ちなみにこの曲はマルメ交響楽団、広上淳一指揮の演奏で、輸入盤ですけどCD化もされています。
吹奏楽から管弦楽曲としてアレンジされているのですけど両者の原型はほぼ一緒です。
目立つところではオリジナルよりやや長尺になっていたり、
後半の盛り上がる部分でのホルン等によるオブリガートを4度高くしてより演奏効果を上がるようになっている程度しか
変更点は無いと思います。
弦の響きも日本の風合いを引き出す役割に徹し、基本的には吹奏楽版と管弦楽版の違いはあまりないと思います。
使用している楽器がたまたま管楽器+打楽器なのか管楽器+弦楽器+打楽器なのかの違いだけなのかもしれないですね。
「オーケストラのための民舞組曲」は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.囃子

Ⅱ.馬子唄

Ⅲ.踊り

Ⅳ.追分

Ⅴ.土俗的舞曲

囃子は和太鼓のトントントンという響きに、掛け声「ハッ!ハッ!」という合いの手が大変印象的です。
馬子は、コールアングレとチェロの哀愁を帯びたメロディーが大変印象的ですけど、チェロのメロディーは
土俗的舞曲の中でも再現されています。
踊りは太鼓の饗宴と言えると思います!
追分は、哀愁漂うチェロのフレーズが馬子同様に胸を打つ美しさがあると思います。

さてさて・・冒頭にて「コンクールメンバーのオーディション」というワードが出てきましたけど、
吹奏楽コンクールの現実というものはある意味大変厳しいものがあるようにも感じられます。

吹奏楽コンクールは、人数制約という規定があり、例えば現在の高校の部なら「55名以内」というように
部員全員がコンクールに出場できるとは限らないのです。
男子高校時代の私のように、部員自体がギリギリの場合、部員全員がコンクールメンバーになるのですけど、
吹奏楽名門校ですと、部員だけで100人以上在籍している場合に
「コンクールメンバー」をどう選抜するのかという問題は必然的におきると思います。
スクールバンドの場合ほとんどは、顧問=指揮者の先生がメンバーを人選するという事なのだと思いますけど、
そうした人選は難しいものがあるのかもしれないですよね。

市立柏・精華女子・淀川工科などのようないわゆる吹奏楽名門校ですと、毎年毎年部員は100人を超えているでしょうし、
コンクールメンバーはどうしても「上級生」が優先という事もあるのかもしれないですね。
2015年に第一期が、2016年に第二期が放映されていたアニメ「響け! ユーフォニアム」においてもそうしたオーディションという
コンクールメンバー選抜をかなり細かく描いていたのは大変印象的でもありました。
滝先生赴任前の北宇治高校吹奏楽部のように、コンクールメンバーは上級生優先で、
例え下手でも普段それほど練習していなくても、練習態度があまりよくなくても、上級生というだけで
コンクールメンバーを決めてしまうと、 確かに下級生の「不満」は大きいものがあると思います。

アニメの「響け! ユーフォニアム」の北宇治高校のように、コンクールメンバーを「オーディション」で決めてしまいますと、
確かに部員間の切磋琢磨とか 「あいつにだけは負けたくない」みたいな感情もあるでしょうし、
それが刺激となって部全体の「技術向上」に 繋がる事もあると思います。
でも、それをあんまり露骨にやってしまうと逆に部全体の雰囲気を悪くしてしまう事もありますし、
お互いの足の引っ張り合いとか部員同士の妬みや嫉妬とか色々とギスギスした空気にもなりかねない危険性も
孕んでいると思います。
そうしたオーディション後には、「なんであいつが選ばれるの!?」とか
「どうして自分は外されてしまうの・・!?」といった恨みつらみ・怨念・やっかみ・焼きもちは出てきがちなのだと思います。

これは意外と難しい問題なのかもしれないです。

日本の古き良き高度成長期の頃の日本社会のように「年功序列」というものは、
年数と経験をそれなりに積んでいれば自動的に昇進もするし給料も上がるという事で
社員全体の「安定感」にはつながるのだけど、同時に「緊張感」に欠け、「もっとよくなろう!」という向上心のある人には
必ずしも向かないシステムとも言えます。
逆に平成以降、急激に日本社会でも浸透しつつある「成果主義」は一部の人のやる気には繋がるのかもしれないですけど、
大多数の「凡人」のやる気と意欲はそいでしまうという事と根は同じなのかもしれないです。
いわば吹奏楽コンクールの「オーディション」というのは、そうした「成果主義」にも似ている側面はあるのかもしれないです。

だけど、アニメ「響け! ユーフォニアム」においては、滝先生はこの「オーディション」を断行しました!
それは、それまでの「ぬるま湯体質の打破」と滝先生自身の「本気度」を全部員に対して提示したと言えるのだと思います。

そうは言ってもオーディションに落ちた奏者の気持ちを考えるとせつないものはありますよね・・











a31af283_convert_20150604013150.jpg







吹奏楽コンクールの演奏メンバーを選抜する「オーディション」と言うのは 一つの「劇薬」みたいな要素もあると思います。
使用方法を間違えると、部員間の相互不信とか嫉妬の感情とか恨みつらみにも繋がってしまうのですけど
同時に、メンバーの緊張感の維持とか「あいつにだけは絶対に負けたくない!!」みたいな雰囲気は、
メンバーの技術向上に かなり結びついてしまう事もありますし、
何よりも下級生にとっては「自分達も努力していい演奏が出来れば、もしかして上級生を追い落として
コンクールメンバーに選ばれる可能性があるかも!?」というやる気を生む可能性もあると思います。
要は、落選したメンバーに対しては、その後のメンタルケアを行い、
運よくオーディションを通過した者には更なる高度な音楽的要求を求めていく事で
何とか部員間の「信頼関係」は維持できるのかなとも思います。

改めてですけど、この「オーディション」はとにかく緊張します!!
この怖いとか緊張と言う感覚はオーディションを経験した人間でないとなかなか分かりにくいものはあるのかもしれないです。
私自身の経験で言うと、オーディションにて、指揮者・コーチ・立会人の3~5人の目の前でたった一人だけ吹くというのは、
就活や転職時の最終面接・役員面接と同じくらいの「緊張感」があると思います。

私自身、こうした吹奏楽コンクールのレギュラーメンバーの「オーディション」は大学の吹奏楽団在籍時に
2度ほど受けたと思います。
1~2年生の時に受けたけど、3年生以降はクラリネットパートの人数が減ってしまい、
一転して人手不足パートになってしまったので
金管・フルート・サックスの各パートは例年通りオーディションは開催されていたけど、クラリネットと打楽器のみ
オーディションは免除されていたと思います。

以前も書いたと思いますけど、全体練習の際、よく指揮者から一旦合奏を中断し、
「うん・・、ちょっとヘンだな・・・ハイ、練習番号Fのところからクラリネットパートのみで吹いて・・
うーーん、それでは一人ずつ吹いて」と俗にいう「さらし者練習」という事は結構あったりします。
これって全奏者が見ている目の前で、一人ずつ指定された個所を吹き、指揮者から場合によっては
「ハイ、もう一回」・「うーーん、もう一回」とか
「なんだ、全然出来てないじゃん!、少し外に出て、その箇所吹けるようになったら戻ってきて」とか
言われる場合も多々あり「他人の目というのもありますので結構凹む事はあります。
だけど、こうした全体練習での「一人さらし者状態」より、「オーディション」は緊張するものです!!
指揮者・コーチ・OBがでーんと目の前で座っている状態で
指定された個所を吹くのはとにかく「冷や汗が止まらない・・・」という感じですね。
アニメの北宇治高校の場合、あらかじめ指定された個所を吹いて、
次に指揮者からその場で指定された個所を吹くという感じでしたけど、
私の場合は、オーディションの場で、指揮者からその場でいきなり
「それでは・・・練習番号Cから私が止めるまで吹いて下さい」と言われますので
オーディション前は、課題曲も自由曲もとにかく出来ない個所が無いように「広く浅く」練習しておく必要はあると思います。
そして私が大学1年の時に生涯で初めて挑んだオーディションは私自身、全く意外な方向になってしまったのですけど、
自由曲の「幻想交響曲」からの指定箇所は無くて、課題曲の土俗的舞曲の練習番号Aから吹く事になってしまいました。
この部分はtuttiの開始からホルンの勇壮なメロディーラインから続く箇所で、
クラリネットは、何か「お祭り」のピーヒャラララーみたいな大変リズミカルでやっかいな箇所でもありましたので、
いきなり、こんな面倒な所から吹かせられて何か嫌な展開だな・・と思っていたら、次は中間部のアンダンテの
ゆったりとした繰り返しの箇所を指定され、大体5分程度で終了したと思います。

そうした意味において、「土俗的舞曲」という課題曲は私にとっては「緊張」というキーワードがついつい出てしまいますね・・(汗)
















最後にちょいと余計な話ですけど、土俗的舞曲の作曲者の和田薫の奥様は、「フレッシュプリキュア」で
山吹祈里=キュアパイン役の声優さんを担当された中川亜希子さんです!

和田薫は、1984年の課題曲B/土俗的舞曲とか交響的印象「海響」とか交響曲「天地人」とか
管弦楽のための民舞組曲等の作品もありますけど、アニメやゲームの作品の音楽もかなり作品を残されています。
アニメの音楽では、「ゲゲゲの鬼太郎」・「犬夜叉」が特に名高いですね!

中川亜希子さんというと、何となく失礼かもしれませんが
歴代プリキュアの声優さんとしては最年長のお方なのかなというイメージがあったのですが、
中川さんよりも年上の方と言うと「キュアムーンライト」の久川綾さんという大ベテランさんもいらっしゃいましたね!
大変失礼をいたしました・・

吹奏楽作品・クラシック音楽作品の他にゲーム音楽やアニメ作品の音楽を作曲されている先生というと、
和田薫も名高いですけど、天野正道という方もいらっしゃいました。

アニメと吹奏楽というのは、これからそうした結びつきがもっともっと深くなっていければいいかなぁ・・とも思います!

本記事は、吹奏楽の話なのか管弦楽の話なのか「響け! ユーフォニアム」の話なのかプリキュアネタなのか
それとも単なる管理人の思い出話なのかよくわからない記事になってしまいましたけど、まとまりがないのはいつもの事ですので
とにかく最後まで読んて頂きありがとうございました!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

オーディション

ご存知の通り少人数だったのでオーディションなんて存在してませんでした。
先輩や後輩の中学・高校時代の実体験を聞く程度でした。

「未経験者でもコンクールに出ろ」とか、
「本番のステージで出来ないところは吹くな」とか言うレベルですから
今思えば、なんてのどかな学校なんだと(笑)

おそらくどのパートも、パート割とソロをどうするかぐらいを、
パート内の3~4人で決めるくらいだった程度。
ほぼ暗黙の了解だったので、パート決めで揉めることすらなかったはず。

オーディション

ご存知の通り少人数だったのでオーディションなんて存在してませんでした。
先輩や後輩の中学・高校時代の実体験を聞く程度でした。

「未経験者でもコンクールに出ろ」とか、
「本番のステージで出来ないところは吹くな」とか言うレベルですから
今思えば、なんてのどかな学校なんだと(笑)

おそらくどのパートも、パート割とソロをどうするかぐらいを、
パート内の3~4人で決めるくらいだった程度。
ほぼ暗黙の了解だったので、パート決めで揉めることすらなかったはず。

なぜか2度投稿されました(笑)

空吹き

某大学の卒業生 様


「本番のステージで出来ないところは吹くな」とか言うレベルですから

→これ、よく聞く話ですし私もその場に居合わせた事がありますけど、本番前の最終チューニングで
 どうしてもピッチが合わず、指揮者から「お前は本番はずっと空吹きしていろ」と厳命されて涙ぐんでいた
 奏者もいましたが、奏者にとっては屈辱なのかもしれないですね~
練習不足で出来ない所は吹くなというのも、奏者にとっては「己の未熟さ」を感じる瞬間なのかもしれないですね・・

 コンクールのソロはプレッシャーが半端無いと思います。

ご指摘の通り大抵の場合、パート内の暗黙の了解で決まる事がほとんどなのですけど、
アニメ「響け! ユーフォニアム」においては先輩と後輩のソロ担当を巡って第二次オーディション勃発というのも
凄い話だとも思ったものです・・



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4107-614ed752
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |