FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1984年と言うと、私が初めて大学の吹奏楽団に入団し、
無事にコンクールメンバーのオーディションを通過し、初めて大学の部として吹奏楽コンクールに
臨んだ年でもあります。
この年の課題曲はB / 土俗的舞曲で、自由曲はベルリオーズ作曲、幻想交響曲終楽章/ワルプルギスの夜の夢でした
(このオーディションの経緯は過去記事「響け! ユーフォニアム」関連記事で色々と書いています)

この年、1984年の吹奏楽コンクールの課題曲は、かなり粒が揃っていて内容的に大変充実していたと思います。

四つも課題曲が出されると一つぐらい不人気作品がある傾向にあるのですけど、こんなにも充実しているのは
大変珍しいようにも感じられます。
(1986年も1990年の課題曲は84年同様とてつもなく充実していたとも思います!)

Aの「変容-断章」は、現代的なメカニックな響きの中にも「和」の雰囲気を漂わせていましたし
Bの「土俗的舞曲」は、うちの学校のコンクール課題曲でもありましたし、
結果的にこの曲は後日、作曲者自身によって
「オーケストラのための民舞組曲」の第一楽章として管弦楽化もされていましたし、
Cの「シンフォニエッタ」は、急-緩-急の三楽章からなるミニシンフォニーのような大変中身が濃い優れた作品でしたし、
Dのマーチ「オーバス・ワン」も短い曲ながらも大変親しみやすく、平易な技術で書かれている割には
「充実感」さえ感じさせる堂々とした響きというのが大変印象的でした。
冒頭のトランペットによる「ゆったりとしたテンポから開始されるファンファーレ的部分」とその後に展開されるマーチの
部分を明白に分離されている事は大変興味深いものはあります。

改めてですけど、1984の課題曲C/シンフォニエッタは本当に課題曲らしい課題曲だと思います!

典型的なコンクール音楽という批判も当時は耳にはしたものですけど、
単純明快な「急-緩-急」のシンプルな構成の構造的美しさが大変見事だったと思います。
前半のアルトサックスのソロもすてきでしたし、
アルトサックスとユーフォニアムのユニゾンも聴いていてあのスピード感にはゾクゾクさせられるものがありました。
中間部のオーボエの夢見るようなソロに乗っかる形で展開されるユーフォニアムとのアンサンブルも
大変味わい深いものがありました。
ラストのホルンの雄叫びも素晴らしかったです!

「シンフォニエッタ」とは「小交響曲」という意味ですけど
この単純明快なこの課題曲Cは「シンフォニエッタ」というタイトルに相応しい
古典的形式と現代的格好よさをミックス出来た素晴らしい課題曲だと私は感じています。
「シンフォニエッタ」というと、管弦楽曲ではヤナーチェクの作品が有名ですけど
吹奏楽では、最近よく福島弘和のシンフォニエッタ第二番「祈りの鐘」がコンクール等で演奏されていましたね。

この課題曲ですけど、中間部から再度アレグロに展開される際、クラリネットの指の動きが結構難しく、
最初にこの曲をスコアで見た際は、「この部分の運指やばいな」と真っ先に感じたものです。
この年の全国大会の高校の部で、演奏終了後の講評で、ある審査員が
「課題曲Cでアレグロに移った際の木管セクションにやや難がある演奏が多かったのは大変残念」と
言っていたような記憶があるのですけど、これは私の記憶違いかな・・・??
逆にいうと、この時代は、まだそうした単純な技術的な事にツッコミが出来る時代だったのかもしれないです。
最近の吹奏楽コンクールはすさまじくレベルが高いですので、シンフォニエッタのこの程度の技術的難易度で
もたつく演奏チームは、まず全国大会に出場できることは皆無だと思われます。

この課題曲C / シンフォニエッタで特に印象に残る演奏団体として、
淀川工業・青森山田・神戸高校・愛工大名電・葛飾吹奏楽団・雄新中学校・前橋第四中学校・大曲吹奏楽団などが
挙げられますし、特に淀川工業の骨太の演奏は聴いていて惚れ惚れとしたものです!

三上次郎の吹奏楽作品はあまり演奏されることもないのかもしれないですけど、

○吹奏楽のための「幻想の舞」

○吹奏楽のためのノスタルジア

の二曲は、大変素晴らしい曲だと思いますし、特に「幻想の舞」は「影の吹奏楽オリジナル名曲」だと思います。
都大会予選会で一度東海ウィンドオーケストラの「幻想の舞」を聴いたのですけど、
中間部で徐々に盛り上がっていく感じとラストの寂寥感のコントラストが大変素晴らしく
最後の和音は意表を付いてffで終わるのも印象的でした。
「幻想の舞」は武蔵野音大のCDにも収録されたことがあるけど現在は廃盤になっているのが大変もったいないです。

上記のコンクール課題曲/シンフォニエッタは、4分程度にぐぐっと凝縮された「小さな交響曲」とも言えると思うのですけど、
そうした小さな交響曲=ミニシンフォニーを後年、吹奏楽コンクールとして作曲された先生が原博でした。

原博は、ある意味「異端的」なクラシック音楽作曲家としても知られ、
現代のほとんどのクラシック音楽作曲家が難解極まる「現代音楽」路線に向けて走る中、
原博は、ハイドン・モーツアルトのような「古典主義」の音楽に回帰するという主義の下
古典的な作曲家たちの作風を「模倣」ではなくて「継承する」という路線を取り、
現代においても古典的な作風の曲を色々と発表していました。
原博は、後年、吹奏楽コンクール課題曲として「吹奏楽のためのミニシンフォニー 変ホ長調」という作品を
作曲していましたが、確かにこの作品からは作曲者のそうした意図は十分に伝わってきます。

余談ですけど、原博は、確かフォンテックから発売されていたと思いますけど管弦楽としての「交響曲」も残しています。
四楽章の交響曲形式で演奏時間50分と演奏時間は長めですけど、
とても現代の作品とは思えないほど「ハッピー」感溢れるかわいらしくてわかりやすくてチャーミングな曲だと思います。
楽章の中には、何と古典派みたいな「メヌエット」もあったりします!

原博というと、1988年にも課題曲C/マーチ「スタウト・アンド・シンプル」を作曲もされています。

だけどこの課題曲全然人気が無くて、高校・一般の部ではなんと! 演奏団体ゼロです・・・(泣・・)
中学で2団体、大学と職場の部で各々1団体ずつで
全国大会ではわずか4チームしか演奏されない人気薄の課題曲でした。
(でも1978年の課題曲B/カントよりはましですね・・だってカントは、全国大会では全部門を通じて
演奏したチームはゼロでしたから・・・)

この「スタウト・アンド・シンプル」は文字通り、同じようなメロディーが延々と繰り返されるような感じの曲なのですけど、
技術的に簡単ではないし、どのように解釈するか大変難しい曲だと思います。
この年に課題曲にマーチを選ぶチームは、表現がしやすいDの方を選びやすい傾向にあったと思いますけど、
「マーチの名手」と呼ばれる阪急百貨店ですら、この課題曲Cは、
何となくですけど珍しくリズムがぎくしゃくし、普段の阪急らしい「正統派感」は希薄なようにも感じたものでした。

でも何か「噛めば噛むほど味がでるような」スルメイカみたいなこの曲、私は大好きでした!
何でかな・・??
全体に繰り返しが多いから「しつこい」という感じもしなくはないのですけど、
そのしつこさがやみつきになるという感じもしますし、
曲のメロディーラインが何か「ハッピー」な感じがするのもいいと思いますし、繰り返しが多いと言う事は曲のタイトル通り
シンプルである事の裏返しと言えるのかもしれないですね。

ちなみにこの課題曲の全部門を通じて最高の名演は谷山中学校だと思いますし、この谷山中の自由曲が
ミヨーのフランス組曲というのもとてつもなく渋くて、私としてはコンクール評価の銀賞以上の評価をしたいチームだと
思います!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

課題曲のマーチ、2000年以降のものは(老化もあるのか)全く耳に残らない(笑)のですけれど、昔はいい曲がたくさんありましたよね。
「スタウトアンドシンプル」はまさにそれで、近年でもヘビロテで聞いているくらい好きな曲です。
ただ、私の好みはあんまり人と相いれていないことも多いようですが、以下が1984~1999年のベスト5です。
どうでしょうかね?
1988 スタウトアンドシンプル
1985 ポップステップマーチ
1986 テイクオフ
1997 五月の風
1999 K点を越えて

好きなコンクール課題曲マーチ

まったく 様


88年の「スタウト アンド シンプル」は私も大好きな課題曲でして、
当時から「どうしてこんなに素晴らしい曲を取り上げないのかな・・?」と不思議にすら感じていたものでした。
私は昔も今も88年の課題曲でしたら、カーニバルのマーチよりはこの課題曲Cの方が大好きですね!

1984~2001年のマーチの中でしたら、5曲ではなくて10曲にしてみたら、

テイクオフ、ハロー! サンシャイン、スタウト アンド シンプル、 カタロニアの栄光、マーチ エイプリル メイ
スプリングマーチ、五月の風、 レィディアントマーチ、  K点を超えて、 SLが行く
あたりなのかもしれないですね・・
時点は94年の「クロス バイ マーチ」かな・・?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4105-86bd8392
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |