FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


咲夜さんって常識に囚われてはいけない世界の幻想郷の世界にあっても
そのミステリアスさは群を抜いていると思います。
ミステリアスといってもゆかりんの場合は、どちらかというと「胡散臭い」部類に入るのかなぁ・・と感じるのですけど(汗・・)
咲夜さんに関しては、存在自体が不思議という印象が大変強いです。
咲夜さんは、年齢不詳の多いキャラたちばかりの幻想郷において、
10代後半を自称している数少ない人物でもあると言えると思います。
(雰囲気的には、妖夢よりは年上、霊夢・魔理沙よりは少し年上みたいな雰囲気があるような印象があります)
咲夜さんって一応設定の上では幻想郷でも数少ない人間ポジションの一人と言われてはいますけど
「果たして本当にそうなの・・?」と疑いたくなるような能力の持ち主と言えると思います。

咲夜さんの能力の一つとして「時間を操る程度の能力」があり、これが「咲夜さんはとてもじゃないけど普通の人間ではない」
という根拠の一つにもなっているのかなとも思えます。
咲夜さんの能力は、「ナイフをぶんぶんぶん投げる程度の能力」とか「紅魔館を取り仕切る程度の能力」とか
「レミリア様をあやす程度の能力」とか色々ありそうな感じもあるのですけど、
やはりその最たる能力とは「時間を操る程度の能力」と言えるのだと思います。

咲夜さんはいつも大忙し・・!

なぜかと言うと、紅魔館を実質的に取り仕切っているのは咲夜さん唯一人であり、
紅魔館の主でもあるスカーレット姉妹のお世話・無茶振りやわがままに対するフォローとか
紅魔館の居候とも言える魔法使いのパチュリーさんのお世話もあるかと思いますし、
館全体に大量に抱えている咲夜さん曰く「役にも立たない」妖精メイドの日常管理とか
料理・洗濯・掃除・後片付け・晩さん会やパーティーの料理の準備とか
日々のそうした料理に当たっての人里への買い物とか、とにかく「休む時間」なんてほぼ皆無に等しいと思いますし、
おまけに紅魔館の主のレミリア様は吸血鬼という事で、完全に夜型ですので、
普通の人間が寝ている時間帯が一番元気という事もありますので、咲夜さんは「一体いつ寝ているのだろう・・?」という
素朴な疑問すらあると思います。
上記で書いた通り、咲夜さんの能力は「時間を操る程度の能力」または自身が信じられない高速度で動ける能力でも
あるのですけど、こうした特殊能力が無いと咲夜さん自身の身が持たないという事なのかもしれないです。

そうしたかなりミステリアスな咲夜さんのフィギュアと言うと、既にグリフォンやグッドスマイルカンパニー等のメーカーによる
とてつもなく高価な正規品が発売されているのですけど、以前から何度も書いている通り、東方の
メーカー正規品フィギュアはなかなか市場に流通しませんし、アマゾン等で「なんとか安く入手出来ないのかな・・?」と
思っていてもなかなか思うようにいかないというのが実情なのだと思います。

だけど昨年・・2017年あたりから、東方フィギュアにおいても新しい動きが顕著になっていて、
霊夢・魔理沙・レミリア様・フランちゃん、そして咲夜さんという初期メンバーに留まっていますけど、
東方メインキャラにおいてアミューズメント景品としてのプライズ系フィギュア作品が登場してきていて、
正規品だと15000~20000円程度もしている東方フィギュアが、3000~4000円程度で販売をされ始めているのは
大変いい傾向なのかもしれないです。
(好みの問題もあるかもしれないですけど、東方妖々夢の霊夢・魔理沙は「ちょっと違うよね・・」と感じてしまいます・・汗・・!)

先日なのですけど、こうしたプライズ系なのですけど、レミリア様・フランちゃん・咲夜さんの紅魔館メンバー3体が
同時に売りに出されていました。
価格を見てみたら、レミリア様が3300円、フランちゃんが3800円、そして咲夜さんが意外にも980円でした・・!
あくまで私の感想ですけど、この3体の中では一番出来栄えがすぐれていると思えたのが咲夜さんで、
その次はフランちゃんでした!
(あのフランちゃんはかわいいし背景の造形が見事でした!)
レミリア様は大人っぽさと子供っぽさのどちらでもないのような中途半端さがなんか引っかかりました・・
そして姉妹でもフランちゃんのような妹の方がフィギュア価格も東方人気投票も上というのは、
お姉さまキャラのレミリア様とかさとり様的には「ちょっと複雑な気持ちなのかも・・!?」と感じられているのかもしれないですね・・

そんな訳で「一番出来栄えがよくて一番価格が安かった」という事で今回は咲夜さんの東方初のプライズ系フィギュアを
購入させて頂きましたので、本記事はその咲夜さんフィギュアのレビュー記事を書かせて頂き、
最後に「dream fantasy 」のアミグリさんに昨年の当ブログの「開設5周年記念イラスト」としてリクエストをさせて頂いた
フリルが特に素晴らしいあの咲夜さんのイラストを改めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。















十六夜咲夜さんはスカーレット姉妹の姉のレミリア様に使えるメイド長なのですけど、
本日レビューさせて頂く咲夜さんは、そうしたスタンダードなメイド服でのフィギュア化です。
手にした投げナイフや太モモのナイフホルダーなど物騒な装備もしっかり再現されている立体化作品で
ナイフだけでなく左手には懐中時計も握りしめておられて、この懐中時計はよく見てみるとしっかりと盤面も描かれていて、
こういう所は「プライス系であっても手を抜かずにしっかりと造型されている」と感じたものでした。

この咲夜さんフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 東方Project プレミアムフィギュア“十六夜咲夜”

種類 : プライズ景品 全1種

サイズ : 全高約20センチ
     箱:全高25cm 横幅14cm 奥行10cm 重さ293g
  
発売時期 : 2017年12月

製造元 : セガ・インタラクティブ






013_convert_20180128171917.jpg






この種のプライズ系フィギュアは往々にして、箱に描かれたデザインは可愛いのに、立体化された作品は
その再現度がちょっとあまりよくない・・みたいな駄作もあったりするのですけど
(艦娘の中にもそうした作品はいくつか散見されていたと思います・・汗・・)
この咲夜さんに関しては、私の私見ですけど、箱のデザインよりも実物のフィギュアの方がかわいらしく感じられ、
箱の元絵よりも実際のフィギュアの方が完成度が高いというちょっと珍しい感じもあったりします。

今回のフィギュア化に当たっては、メーカーの説明文は
「レミリア・スカーレットに仕える紅魔館のメイド長十六夜咲夜がプレミアムフィギュアになってセガプライズに登場! 
左手には武器のナイフを、右手には時間を操る能力を象徴する時計を持った姿で立体化です」と記されていましたけど、
考えてみると、他のメーカー正規品の咲夜さんフィギュアは、時計とナイフの両方一緒に手にされているというのは、
それほど数が多い訳では無かったと思いますので、
咲夜さんの能力&得意技を象徴しているナイフと時計の両方同時に手にしているこのフィギュアは
貴重と言えるのかもしれないです。

腰の大きなリボンが特徴的な紺と白を基調としたメイド服はやはり咲夜さんにとってもお似合いなのだと思います!

というか、東方で咲夜さん以上にメイド服が似合いそうなキャラってそんなにいないのだと思います!

薄紫色の髪でおさげで頭にはヘッドドレスという咲夜さんの基本設定も忠実に再現されています。

そしてこの躍動感というのか片足を上げてぴょん!とジャンプしているような跳ねている感じもとても素晴らしいと思います!









014_convert_20180128171938.jpg







プライズ系のこの東方Project プレミアムフィギュアシリーズなのですけど、霊夢と魔理沙はそうした印象は
感じなかったのですけど、レミリア様・フランちゃんのスカーレット姉妹に関してはなぜか低等身ロリっ子全開オーラの
雰囲気が感じられます。

咲夜さんもメーカー正規版の咲夜さんのあの大人っぽい雰囲気に比べると、ちょっと幼い雰囲気は感じられるのですけど、
スカーレット姉妹よりははるかに「大人のオーラ」は醸し出していると思います。
ご年齢的には多分ですけど、スカーレット姉妹の方が咲夜さんよりは上なのかな・・?という設定でもあるのですけど、
年齢とかその真の正体とか「どうして紅魔館のメイド長をしているのか?」という経歴とかその意図は
全くの謎であり、そのミステリアスさが咲夜さんの大きな魅力でもあると思うのですけど、
このフィギュアの咲夜さんが手にしている時計とナイフはそうしたミステリアスな雰囲気を示唆していて、
そうしたミステリアスさが大人っぼい雰囲気を誘発しているのかもしれないですね。

だけど確かにちょっと大人っぽいけどとてもかわいい咲夜さんらしいフィギュアだと思います!

私的には、紅魔館メンバーのプライズ系フィギュアとしてはもっとも完成度が高いようにも感じられます!







015_convert_20180128171958.jpg







咲夜さんが右手に持っているのは「懐中時計」です。

最初にこのフィギュアを見た際には、ヌンチャクといったまたまたナイフみたいな物騒な武器なのか・・?と
感じたものでした・・(汗・・)

そしてこの懐中時計というのは言うまでもなく咲夜さんの能力の一つでもある「時間を操る程度の能力」を示唆したものでも
あると言えると思います。
咲夜さんの「時間を操る」とは、時間を止めて自分だけ移動したり、時間の流れを遅くして超高速で動いたり、
時間の流れを速めて存在を変化させる能力の事と換言できると思います。
あんなにもバカ広いお屋敷の紅魔館を、咲夜さん一人で日々の掃除・洗濯・炊事・レミリア様とフランちゃんへのお茶出し・
後片付けなどたった一人で取り仕切っている訳ですので、文字通り「時間なんていくらあっても足りない・・」
という感じなのだと思います。
だけど、時間を止めちゃって、その止めた時間内で咲夜さんが仕事をこなせば、どうにかこうにか紅魔館の管理運営が
機能していくという事なのだと思います。

東方茨歌仙」第35話にて、咲夜さんの「時間を操る程度の能力」については咲夜さん自身の口から
新しい解釈も飛び出ていました!
咲夜さん本人が語るには「時間操作とは、他人の動きと時間を止める事ではなくて、
自らが常識では考えられないどの高速な度動作で瞬時に物事をテキパキと処理することができる事であり、
それが第三者には時間を止めちゃうように見えてしまう」との事です。

ま、どちらにしたって咲夜さんの普通の人間をとっくに超越したその力は、やっぱりどうみても只の人間では
ないですよね・・(笑)







017_convert_20180128172040.jpg







プライズ系ですけど、この咲夜さんがどことなくジャンプをしているかのような躍動感は素晴らしいものがあると思います。

全体的に大変生き生きとしている咲夜さんであり、今日も明日も明後日も朝も昼も夜も晩も
ご主人様のレミリア様とその妹様のフランちゃんのために、瞬間的に時間を止めてまでも一生懸命ご奉仕して
お仕えさせて頂きます!という健気な雰囲気もありそうですし、
「それが私の仕事であり大切な使命なのよ!」というプライドも伝わってきそうです。

ジャンプしている事で白のエプロンがふわっと浮いているようにも見えますし、スカートもちょっとふわっ・・と浮いているようにも
感じられます。

目がくりくりっとしていて生き生きとされているのもすてきですし、そうそう・・改めてこの咲夜さんフィギュアを見てしまうと
「咲夜さんって足が細いなぁ・・」とそのスレンダーな体型に惚れ惚れという感じもあるのだと思います。








018_convert_20180128172101.jpg






咲夜さんフィギュアの後ろ姿がとてつもなくお美しいと思います!

レミリア様のプライズ系フィギュアの実物をゲーセンで見かけた際にはそのうしろ姿は
「なんかちょっと平板」(汗・・)とか「おこちゃまの後ろ姿には特にお色気もへったくれもない・・」(滝汗・・)と感じたものですけど、
さすがに咲夜さんは全然違いますね~!

「ヒロインは後ろ姿が全てを物語る」という言葉がこれほどよくお似合いな東方キャラもいないのかもしれないと感じさせるほどの
凛々しさと美しさとかわいらしさが秘められているすてきな後ろ姿だと思います。

後ろのリボンもとってもかわいいと思います。

そして咲夜さんはやっぱりこのスレンダーさがたまらないと思います!







019_convert_20180128172122.jpg




020_convert_20180128172340.jpg






ちょっと斜めから見た咲夜さんもすてきだと思います!

左手にナイフを、そして右手には懐中時計を手にされていますけど、よく見てみるとこの懐中時計の盤面も
プライズ系フィギュアなのに大変丁寧にしっかりと描かれていて
「造型も細かいアイテムも素晴らしいこだわりが感じられるフィギュアだなぁ・・」と改めて感じたものでした。

左太ももにはナイフを入れるホルダーが装備されているのもキュートですし、咲夜さんの太ももには
ちょっとドキッ・・となってしまいそうですね・・

髪型の三つ編みもとってもかわいいなぁ・・と改めて感じたものでした!

そして咲夜さんフィギュアを野外で撮影してみて気が付いた事は、この咲夜さんフィギュアに関しては、
右側よりも左側から撮影した方が咲夜さんがよりかわいく魅力的に見えてしまうという事なのだと思います。








023_convert_20180128172421.jpg







ちょっとアップで拝見させて頂いた咲夜さんはおとなっぽいけどかわいいという相矛盾する要素をすてきに
両立されているのかも・・?と感じたものでした!
咲夜さんってやっぱりスレンダーな美人さんと言えそうですね!

そしてアップでよ~く咲夜さんフィギュアをまじまじと拝見させて頂くと、「目力の強さ」も感じてしまいます。

この目力の強さというのは同時に咲夜さんの意志の強さを象徴しているのかもしれないですし、やはり自信満々の
メイド長さんでないと、あんな濃厚なキャラ達ばかりの紅魔館のメイド長なんて
とてもじゃないけど務まらないのかもしれないですね~!

















ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!

冒頭でも既に言及していますけど、
上記の咲夜さんは、昨年の当ブログの「開設5周年記念イラスト」としてリクエストをさせて頂きアミグリさんに
描いて頂いた作品です。

特筆すべき点は何と言ってもこの咲夜さんのメイド服のスカートのフリルのとてつもない精緻さとキメの細かさだと
思います!
この大変丁寧に細かい所にまで神経が行き届いた見事な咲夜さんを描かれるに一体アミグリさんはどれほどの
ご苦労と努力をされていたのだろう・・と考えると、やはり「申し訳なかった・・」と思うと同時に
「こんな素晴らしい咲夜さんが完成した事が純粋に嬉しいしリクエストして本当によかった!!」と思うばかりです!
そして改めてですけども、こんなに素晴らしい咲夜さんを、当ブログのため・・そして私のために描いて頂けたことが
本当にとってもとっても嬉しいですし、アミグリさんからこうしたリクエスト絵を描いて頂ける事に
とてつもなく「誇り」に感じます!!

このスカートの細かいフリルの描き方の見事さ!
いつも以上のこの素敵なキラキラ感の演出とか何よりもこの咲夜さんの素敵な可愛い笑顔!!
全てが完璧だと思いますし、見れば見るほど私自身が思わずにっこにっこの微笑みが浮かんできそうです!!

笑顔がすてきですし、白エプロンもとてもよくお似合いだと思います!
白エプロンというと昨日ご紹介をさせて頂きましたあのレティさんの白エプロンもすてきでしたけど、
こうした白エプロンというのは雪女さんよりもやはりメイドさんが身に付けられた方がより魅力的に感じるのかもしれないです!
背景の水滴が夏らしくて爽やかですけど、今回のイラストの最大のポイントは
誰が何と言ってもこのスカートのフリルのお見事さ!だと思います。

アミグリさんのこのきらきら咲夜さんを描かれた際のコメントが全てを物語っていると思います。

「スカートのフリルはいつも以上に気合いを入れて丁寧に描くように心がけました。
「キラキラな咲夜さん」というリク内容にこたえるべく、キラキラも思いっきりとばしてみました。
「とにかくかわいい咲夜さん」を目指して描いたので、いつものかっこいい路線は皆無な感じです。
背景の水滴は描くかどうするか迷ったのですが、夏だし涼しげかなと思い、水滴もとばしてみました!」

との事ですけど、2016年2月に描かれた冬のゲスト寄稿の際のかっこよくてタイムトラベルプリンセス
みたいな咲夜さんも素敵ですけど、
今回の咲夜さんみたいなとっても可愛い咲夜さんも素敵ですし、私はどちらの咲夜さんも大好きですっ!!

上記の咲夜さんフィギュアはちょっとおとなっぽい咲夜さんも感じさせるものでしたけど、
アミグリさんの描かれた咲夜さんは「美少女の面影」なのだとも思いました。
咲夜さんは自称10代なのですけど、上記のフィギュアの咲夜さんはJKのような雰囲気を醸し出していて、
アミグリさんの描かれた咲夜さんはJC最高学年またはJK最少学年のような印象を与えてくれていると感じたものでした。

上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんのイラストはその権利は全てこのフランちゃんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも転載とご紹介のお願いを快諾して頂ける事にいつも感謝しております! ありがとうございます!

さてさてあと間もなくで3月なのですけど、この3月という月間はもしかすると、当ブログが一年を通して
最も気合が入る月でもあります。
3月3日は鍵山雛のひな祭りの日、3月5日は巫女の日、3月7日は早苗さんの日、3月10日はさとり様の日、
そして3月17日はアミグリさんのブログ dream fantasy
開設10周年記念!
そしてそして・・3月24日はアミグリさんのお誕生日です!

これはこのブログの管理人も3月だけは特に特に頑張りたいものですっ!!

そして当ブログにおいても間もなくですけど実は「東方カテゴリ記事」が通算400記事に到達します!

到達時には、実は既にアミグリさんにとあるキャラのリクエストをさせて頂いておりまして、
そのすてきなキャラのイラストと共にその通算400記事到達も節目記事として掲載をさせて頂きたいと思います。

そんな訳で間もなく3月ですけど、当ブログも更に気持ちを引き締めて頑張っていきたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/
お話しされていた咲夜さんのフィギュアのレビューですね。
記事中にもお話しされていますが、私の持つ咲夜さんのイメージとしても大分幼く感じる造形ですね。とはいえ、小物やポージングなど、咲夜さんがどのようなキャラクターなのか伝わる一品だと思います。

アミグリ様の描く咲夜さんは可愛い印象ですね(^^♪リクエストに応えて頂いて描いて頂いたイラストとの事で、思い入れも人一倍かと思います(^^♪

確かに、咲夜さんのフィギュア、ちょっと子供っぽい咲夜ですね^^;あの冷静ミステリアスさが、微妙にうすれた感もありますが、これはこれで良いのではないかと^^とにもかくにも様々な能力がある東方ですが、咲夜さんの能力はぜひとも欲しいものがあります。さすがにあの吸血姉妹のお世話をするほどではないですが、そこそこ忙しいときに便利かな、と。悪用厳禁な能力ではありますけどね~^^目指せ、東方記事400!ってことで、応援しております。

いい買い物をされたんですね♪
欲しい人が多いと値は上がるでしょうに
通常より手頃な価格で購入出来て
ほんとよかったですね♪

ぬくぬく先生の仰る通り
パッケージより実物の方が
いいですね♡
懐中時計の文字盤も手を抜かず
仕上げてて(^-^)

かわいい咲夜さん

ごにぎり 様


グリフォン等のスレンダーでクールビューティーな雰囲気の咲夜さんとはちょっと異なった「かわいらしさ」を全面に
出した咲夜さんだと思いますけど、
こういう「少女の面影」を残した雰囲気はすてきだと思います。

時計とナイフの造型はプライズ系とは思えない仕上がりだと思いますし、咲夜さんの躍動感も見事に伝わっていると
思います。

アミグリさんの描かれた咲夜さんをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

あの咲夜さんはフリルを描かれるのが本当に大変だったと思うのですけど、それだけにありがたいものが
あると思いますし、ああした素晴らしい咲夜さんを描かれるにどれだけご苦労をされたのかと思うと
「感謝!」の気持ちしかないですね!
アミグリさんのイラストの咲夜さんは、今回レビューのフィギュアのように「少女の可愛らしさ」が漲っていて
私もとってもお気に入りの一枚です!



イメージで言うと・・

八咫烏(全力稼働中) 様


咲夜さんフィギュアと言うとグリフォンをはじめとして全体的にはクールビューティーな雰囲気を漂わせていますけど、
今回レビューの咲夜さんは、今回転載のアミグリさんのイラストとか「東方三月精」で描かれる咲夜さんのような
「かわいらしさ」を全面に出している仕上がりだと思いますし、これは咲夜さんとしてのりっぱな表現の一つと
言えると思います。

咲夜さんの能力で私も欲しいと思うのは、厄介な(?)上司をあやす能力なのかも・・??

東方400記事はおかげさまで予約記事の上ではとっくに400記事を超えていますので、掲載上で400記事到達の際には
東方のあのすてきなキャラのイラストと合わせて
お祝い記事を書かせて頂く予定です!

懐中時計

napo 様


今回レビューさせて頂いたフィギュアは価格の割にはとてもいい仕上がりで、箱デザインよりも実物の方が
数段かわいいように感じられるのが素晴らしいと思います。

このフィギュアは全体の造型のかわいらしさも素晴らしいけど、小物アイテム、特にあの懐中時計のデザインは
手を抜かずにかなり細かくデザインされているのが
「日本のフィギュア技術は素晴らしいものがあるね~!」と感じてしまいますね!

この咲夜さんフィギュアはなんだか幼い感じで可愛いですね。どのへんが違ってるのかなと思ったら瞳が大きめにデザインされているのですねぇ。キリッとした表情の中でも可愛さが目立って見える素敵な咲夜さんの姿だと思います。
敵を前に時間を操る程度の能力発動からのナイフ術披露といった感じの1シーンでしょうか。可愛くてもやっぱりナイフを手にする姿は美しくて格好良くてさすが咲夜さん…。

咲夜さんは10代の少女・・

schwert 様


グリフォン等の咲夜さんフィギュアがあまりにも大人っぽくエロっぽく造型されている事で
咲夜さん関連書品というと大人っぽいエロさが全開になっているものが多いような感じもするのですけど、
公式設定では咲夜さんは「10代の少女」という事にもなっていますので、
むしろあのぐらい瞳が大きくて少女の面影を残した方が正しいアプローチと言えるのかもしれないですね~(笑)

ナイフと時計の両方を手にしている咲夜さんも珍しいだけに、貴重なフィギュアと言えるのかもしれないです。

アミグリさんの描かれた2017年8月の咲夜さんは、10代少女のかわいらしさを見事に描かれていますので、
このフィギュアのイメージにとてもよく合っていると言えるのだとも思います。

咲夜さんかわいい!

素敵な咲夜さんフィギュアですね!
ぬくぬく先生が記事でもおっしゃっている通り、
目力のある咲夜さんだと思います。
躍動感のある雰囲気とかが、とても素敵です!!

そして、昨年のぬくぬく先生のブログ開設5周年記念イラストの
咲夜さんの転載&ご紹介もうれしいです!



空を舞っているかのようなかわいい咲夜さん!

アミグリ 様


プライズ系とは思えないすてきな咲夜さんフィギュアだと私も思いますし、こんなすてきな咲夜さんが
同時期発売のレミリア様・フランちゃんの価格の1/4程度というのもなんだかちょっと腑に落ちないものが
あるのかもしれないですね・・(汗)

ご指摘の通り、咲夜さんのこのキラキラとした目力の強さとふわっと浮いたかのような躍動感は素晴らしいと
思います!
この咲夜さんフィギュアの目の耀きとアミグリさんが描かれたあの咲夜さんのイラストはむしろ雰囲気的に
大変近いものがあるとも感じています。
そしてこの両者に共通するのは「力強さとかわいらしさ」だと思いますね!

そして改めてですけど、アミグリさんの描かれた咲夜さんのフリルは「描かれるのが大変だっただろうなぁ・・」と
今更ながら、描いて頂けたことに感謝、感謝!なのだと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4103-60f9fd60
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |