FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


rete-san-winter-002_convert_20180126184415_convert_20180129143402.png








冒頭のすてきなレティさんのイラストはアミグリさんが先月描かれたばかりの新作です!
(この素晴らしいイラストについては後半で語らさせて頂きたいと思います!!)

本日は2月24日という事であと五日後には三月到来という事で、待ちに待った「春」がようやく到来してくるのだと
思うととても嬉しいものがあったりもします。
だけどそうは言ってもまだまだ寒いですし、今年に関しては、秋のあの異常な長雨にはじまり、12月からの例年以上の寒さも
大変つらいものがありましたけど、追い打ちをかけるかのように新年を迎えて以降の1~2月のあの異常な寒さは
辛いものがありましたし、あの冷たい空気の厳しさは堪えるものがあったと思います。

そうした寒い負の季節でお馴染みの妖怪さんというと日本においては「雪女」が大変名高いと思います。

そして雪女と言うと一般的なイメージで言うと、幸がどことなく薄いとか恐ろしいけど同時に儚くも大変美しいという
雰囲気も有されていると思いますし、全般的には
常に「死」を表す白装束を身にまとい男に冷たい息を吹きかけて凍死させたり、男の精を吸いつくして殺すといった
恐ろしい存在というイメージが濃厚なのだと思います。

雪女の一般的な特性としては、

1.白の着物を身に纏い、白髪&長髪で肌が白くて透明で、美人さんが多い

2.肌は大変冷たく息を吹きかけるとモノでも生き物でも瞬時に凍結させ死に至らせる。

3.出現する時は大抵は雪の降り積もる寒い夜で、冬以外の季節での目撃事例はほぼ皆無

4.人間と接触する時は自身の正体を隠して近づき、「自分と会った事を他言しないでほしい」と申し出をし、
  そうした約束を人間サイドが破ってしまうと「私の正体は実は雪女! よくも約束を破ったな!」とその人間を凍死させてしまう

5.宿を提供してもらいたいと住居を訪ねてくるパターンと雪の降りしきる山奥の小屋や宿屋などに家主として
 人間を待ち構えているパターンの二種類が多い

6.雪女と接触する人間の傾向として、山奥で独り暮らす気の毒な独身男性や
  子供・孫のいない老夫婦といったちょっと寂しい皆様というものがあり、一時的に雪女さんを妻にめとったり、
  養女として暮らすなど「幸せな一瞬」もあったけど、上記のような約束違反によりそうした幸せな生活が崩壊していく
  伝説が多いのは、「正体を知る事で幸せだった日々が失われていく」という例えば鶴の恩返しとか人魚姫のような
  童話に相通ずるものがあるのかもしれないですね。

東方の世界・・そして「幻想郷」は常識に囚われてはいけない世界です。

外界の雪女と言うと上記の通り、白をイメージしたおっかなくて美しくて儚い存在という日本古来のわびさびに通じる感じでも
あるのですけど、東方のレティさん・・レティ・ホワイトロックは雪女のような冬の妖怪という位置づけで、
レティ・ホワイトロックの能力とは「寒気を操る程度の能力」という事で、
チルノのように目の前にあるものを瞬間的に凍らせるという感じの能力ではなくて、レティさんの場合は、
対象物を自身の力で急速冷凍するとか、吹雪を生み出したり雪を降らせたりする能力ではありません。
自然界に存在する「冬」そのものを強める能力というのがレティさんの力なのです。
レティさんは自然界そのものの力を身に付けているという事なので、自然界の力を借りるのではなくてチルノ自身の能力を使って
周辺を凍りつかせるチルノと対比するとその能力もパワーも桁外れに大きいというのが
レティさんの能力なのだと思います。
反面、季節が冬でないと強化すべき寒気が周囲に無いためその能力を発揮する事は出来ず、
レティさんは冬以外の季節では半分ポケッ・・・と過ごすことになってしまいます。
ちなみにですけど、レティさんがあややに対して言うには
「春は春眠、夏は惰眠、秋はまどろみ」との事ですけど、ま・・ゆかりん以上にによく寝ているという感じですね(笑・・)
それでも雪女なのに一年中起きている点が凄いと思います。

上記にて一般的な「雪女」の特性を列挙させて頂きましたけど、さすが幻想郷は常識外の世界でもありますので、
そうした外界における雪女の一般的なイメージとは随分かけ離れたものである事が幻想郷の妖怪さんらしい話なのかも
しれないですね・・・(笑)
一般的な雪女の服装は着物といった和装なのですけど、レティさんは、長めのスカートにスカートの下はドロワーズを着用され、
白のエプロンを身につけて長いマフラーを首に掛けられています。
そして髪は白髪ではなくて薄紫または薄水色のショートボブです!
レティさん自身は冷たい息を吐きかけて人間を凍死させることはしませんけど、雪女やチルノなんて目でも無い能力を
有されていて冬の大自然そのものを操る能力を有している事もレティさんの特性です。
前述の通り、レティさんは真夏でも春秋でも活動をされていて、特段冬眠とかはされていないようです。
そして何よりもレティさんと言うとあの「おおらかなでのんびりとした性格」というものが挙げられ、霊夢や咲夜さんに対しても
冗談を言ったりお茶目な振る舞いをされたり等、人間界の雪女伝説のような儚くておっかない存在ではないという事は
声を大にして申し上げたいと思います。

確かに種族としては「雪女」みたいな「冬の妖怪さん」なのですけど、容姿も雰囲気もその行動パターンも
世間一般で考えられているおっかない雪女とは似ても似つかない存在と言えるのかもしれないですし、ここにも
幻想郷のある意味非常識さが窺えるのだと思われます。
外界の雪女伝説との共通点は、お美しい事と冬場に出没すると周辺がとてつもなく寒くなる事だと思いますし、
違いは、外見もそうですけど、特段人間に対しての恨みは有していないという事が挙げられると思います。

それにしても今年の冬の寒さはちょっと異常ですね。

あの寒さってもしかしたら・・? 外界と幻想郷の結界が緩み、うっかりレティさんが外界に入り込んで外界で
ちょっとした悪さをされているからこその寒さなのかもしれないですね・・(笑)
最近の世界各地のあの異常気象はちょっと異常の範囲を逸脱していて、夏は極端に暑くて冬は極度に寒いというのが
世界的傾向なのかもしれないですけど、最近のあの夏の酷暑はたまらないものがあったりもします。
そっか・・! それだったら夏場の間にレティさんにご登場して頂ければ、少しは夏も涼しくなるのかな・・?と思われがちなのですが、
それはちょと違っているみたいでした。
「東方文花帖」における射命丸文のレティさんへのインタビューの中で、文=あややは
「真夏の幻想郷に現れて、みんなを涼しくさせた方が幻想郷の人々からも喜ばれていいんじゃないですか?」と
提案するのですけど、確かに「なるほど! それはいい考え! さすがあやや!!」と思ってしまうのですけど、
ここでレティさんは
「私は、冬場の自然気候を利用してそれを大きくしているだけで夏場はそんな力は発揮できない」と発言されているのは
大変興味深いものがありました。
そういう意味ではレティさんは、自らも冷たい雪女という事ではなくて、どちらかというと大自然と表裏一体のすてきな妖怪と
言えるのかもしれないですね。
そうした意味においては、もしも外界において「半径2~3m程度限定で涼しくしたい」と思うのだったら、
幻想郷から外界にお迎えするのはレティさんではなくてむしろチルノの方がうってつけと言えるのかもしれないですね。
そうそう・・・その文=あややとのインタビューの中でも文は特段チルノについて何も触れていないのに、
レティさんはここで唐突になぜか「チルノ」の事を口にされ、
「あの妖精は自然の中の小さな歪み。私は自然に生きる妖怪様。冷気を操るどこぞの妖精なんかと一緒にされても困るわ」と
発言されています。
レティさんはなぜかチルノを意識しています。
うーーむ、レティさんも実はチルノの事が気になっていて、
特にあの人気ぶりには、意外と内心、「チッ・・!」とか舌打ちされているのかもしれないですね。
ここにはレティさんの「妖怪としてのプライド」というものも垣間見えるのも大変興味深いものはあると思います。
だけどこの二人は「東方儚月抄」の漫画版の紅魔館パーティーにて二人仲良く立食されていますし、
寒さ関連という事で、本当は仲がいいのかもしれないですね・・(笑)
















ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!

冒頭でも既にご登場されていますけど、
上記のレティ・ホワイトロックは先月アミグリさんが描かれたばかりの描き下ろしの素晴らしい作品です!!

アミグリさんは新年開始と同時に「アズールレーン」の作品というアミグリさんにとってはすてきな新境地の作品の掲載を
され続けていましたけど、アミグリさんにとってdream fantasy で初めて掲載された東方作品がこのレティさんでもあったのでした!

レティさんは雪女の妖怪なのですけど、人食い畏敬の妖怪のイメージでもなくて雪女みたいな怖いイメージでもなくて、
ここにはふっくらとした優しくて温かい雰囲気のふんわり妖怪さんがいるのだと思います!
このふわ~っとした雰囲気はどちらかというと「白い妖精」みたいな印象もあるのだと思います。
咲夜さんや魔理沙を彷彿とさせるこの白のエプロンや短めスカートと白タイツの間のかわいい絶対領域の美しさ、
ウェーブのかかった美しい青の髪、ターバンみたいな帽子のかわいらしさ、
そして見ている人を思わずうっとりとさせるこのすてきな微笑み!
いやー、とにかく全てが素晴らしいですし、
冬の幻想的な美しさに溢れたレティ―さんだと思います!
かわいいけどとても美しいというアミグリさんの特質が見事に一枚の作品に反映されていると思います。
そしてこの流し目のような目の雰囲気もすてきですね~!
年末に掲載されていたあのとってもかわいいフランちゃんやこいしちゃんや早苗さんなどのようなお目目ぱちくり路線ではなくて、
お姉さまらしい雰囲気のちょっとセクシーな雰囲気すら感じさせる素晴らしい流し目のような細いお目目なのだと
思います。

こんなかわいくて美しい雪女さんだったら、私は多少の寒さだったら喜んで我慢しちゃいそうですね~!(笑)

背景の雪や結晶も雪女のレティさんにふさわしい最高の背景なのだと思います。

アミグリさんは昨年末も久しぶりの作品でもある犬走椛を掲載されていましたけど、レティーさんを描かれるも
実は結構久し振りのような印象もあります。
だけどこういう「温故知新」ではないけど、昔描かれたイラストも大切に思われながら、今現在の新しい感覚と視点でもって
以前描かれた事のあるキャラを再度描かれるその取り組みは本当に尊くて素晴らしいものがあると思います!
















続きましてアミグリさんが2011年5月に描かれ「冬と春」とタイトルが付けられた
リリーホワイトとレティ・ホワイトロックのツーショットのすてきなイラストです!
ちなみにですけど、アミグリさんがこうしたツーショットというか複数キャラのイラストを描かれるというのはどちらかというと
珍しい事なのかもしれません。
過去の作品の中でこうしたツーショットイラストは、れいまりとかまりさくとか
星熊勇儀とパルスィの地底コンビとかチルノとにとりなどが
大変印象的ですけど、今回転載をさせて頂きましたリリーとレティのツーショットイラストは、
アミグリさんが描かれた複数キャラ掲載の作品の中では私が特に大好きな作品の一つです!

それにしてもすてきな「冬と春」の組合せの一枚ですよね!
冬のレティさんから春告精のリリーへの素晴らしいバトンタッチに相応しい、まるで「一粒で二度おいしい」みたいな
古いCMのコピーが似合いそうな素晴らしい一枚だと思います!
レティさんの季節が終わったと同時にあの「春ですよー」のリリーが
出没しますので、この作品は冬から春への季節の移り変わりというすてきな交代劇とも言えるのだと思います。
アミグリさんのこのイラストからは、レティ―さんがなんとなくお姉さんっぽく感じられて、リリーが妹っぽくも
感じたりもしそうです。
リリーと一緒にいるレティさんのこのお目目ぱっちりの雰囲気は、上記のレティさんの細い目との違いとして
皆様にも楽しんで頂きたいとも思います。
秋姉妹や古明地姉妹・スカーレット姉妹もいいですけど、こういう季節感のある冬・春の姉妹も素晴らしいコンビだと
思います!

上記のアミグリさんが描かれたレティさんとリリーのイラストはその権利は全てこのフランちゃんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも転載とご紹介のお願いを快諾して頂ける事にいつも感謝しております! ありがとうございます!

皆様の中で「こんなすてきなレティさんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

さてさてあと間もなくで3月なのですけど、この3月という月間はもしかすると、当ブログが一年を通して
最も気合が入る月でもあります。
3月3日は鍵山雛のひな祭りの日、3月5日は巫女の日、3月7日は早苗さんの日、3月10日はさとり様の日、
そして3月17日はアミグリさんのブログ dream fantasy
開設10周年記念!
そしてそして・・3月24日はアミグリさんのお誕生日です!

これはこのブログの管理人も3月だけは特に特に頑張りたいものですっ!!

そして当ブログにおいても間もなくですけど実は「東方カテゴリ記事」が通算400記事に到達します!

到達時には、実は既にアミグリさんにとあるキャラのリクエストをさせて頂いておりまして、
そのすてきなキャラのイラストと共にその通算400記事到達も節目記事として掲載をさせて頂きたいと思います。

だけどその前に明日は・・東方のとある大人気キャラのすてきなフィギュアレビュー記事とアミグリさんの描かれたイラストで
お楽しみ頂きたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

もう少しで3月。1年が経つのは本当に早いですね~^^;レティ・ホワイトロックさんもいよいよお休みに入りますか。でも、日曜日はまだ寒いということで、レティ・ホワイトロックさん、なかなか眠ってくれないようです^^;アミグリさんの絵。とても良いですね。確かに雪女のイメージとは遠いですが、レティ・ホワイトロックさんはとっても魅力的。ただ、寒いの嫌いなので、あんまりありがたくない能力ではありますが^^;

レティさん、かわいい~!

八咫烏(全力稼働中) 様


レティさんは雪女のくせに「お休み」という事はなく、一年中起きてなんらかの活動をしているのは、
幻想郷らしい話ですね~(笑)
よく二次創作では、真夏にチルノと一緒に水着に着替えて湖で水浴びをしているレティさんがいたりもしますけど、
大抵の場合、胸が豊かでふっくら気味というのも従来の雪女のイメージとは違っていて
楽しいものがあったりもします。

アミグリさんが描かれたレティさんは、実は私の大のお気に入り作品の一つでもありまして、
あのちょっと不思議な微笑・流し目みたいな細い感じの目の描き方とか
私は大好きです!
ああいうすてきな雪女さんでしたら、少しぐらいなら寒いのは我慢したいと思います! (笑)

こんばんは。

「雪女の一般的な特性」
小泉八雲の雪女が最も有名であり、その後の作品にも影響を与えていますね。
学生時代に、雪女を題材にライトノベル的な小説でも書いてみようと思ってやってみたのですが、80p書いたくらいで飽きてしまいました(笑)
やっぱり雪女が大好きです。

そちらでは3月はもう春なんですね。
私の方はGWからが桜が咲いて春かな~と思えるようになります。
冬のシリーズものの撮影はもう完了したのですが他に書きたいものがあると筆が進んでいません。 
3月には始めたいと思っています。

雪女

冬音 様

小泉八雲の「怪談」は色々な所に影響を与えていて、東方の世界でもマエリベリー・ハーンというのは小泉八雲からの影響
というのはほぼ定説になっていると思いますし、吹奏楽の世界でも
「小泉八雲の怪談によるバラード」という作品もあったりします。

雪女の伝説は哀しいし怖い感じでもあるのですけど、東方の世界ではこうしたレティさんのように雪女伝説を超越した
すてきなキャラがいるのも楽しいものがあると思います。

確かに春の前兆らしきものもありまかけど、本日も寒かったですし、
2月に関しては私も一日2記事が全然できなかったです・・(汗・・)
冬音様の冬シリーズものも楽しみにさせて頂きたいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4101-29ab609a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |