FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


フレッシュプリキュアのDVDを見ていると、
たまにですけどラブ達が暮らすクローバータウンストリートの商店街の中に駄菓子屋さんが出てきて
そこの店主のあのツンデレばあさんが結構いい味を出していて
「あ・・なんかこういう雰囲気なつかしいな・・」とか「こんな店主のばあさん、昔の駄菓子屋によくいたよな・・」と
感じる事もあったりもしますね・・(笑)
ちなみにクローバータウンストリートの旧名は「四葉商店街」ですので、
この商店街はもしかしたらドキドキプリキュアのありすお嬢様が買収された商店街なのかもしれないですね・・(笑)

最近ですと、よくイオン系のショッピングモールの中にこうした駄菓子屋さんが入っている事もあり、
たまに覗いたりすると色々と発見もあったりもしますね・・・
ココアシガレットとかマルカワのオレンジガムとかミルクせんべいとかこさくら餅とか
「こんなのまだ売られているんだぁ~!」みたいな懐かしい発見もあったりするものですね。

私の子供の頃の記憶としては、大抵どの小学校の周辺には、文具屋さんの他にこうした駄菓子屋さんが
一軒程度はあったような気もするのですけど、最近ではこうした大型商業施設内ではなくて
普通の店舗型としての「小さな駄菓子屋さん」を見かける事も少なくなってきたような気もしますね。

私が子供の頃って、駄菓子屋さんの目の前に設置されている販売機は清涼飲料水等の自動販売機ではなくて
ガチャガチャとか「コスモス」とか言う名前の半分インチキ&ガラクタ商品ばかり置いている自動販売機が
設置されていたような気がしますね。
この「コスモス」って箱の上にはなにかとてつもなく魅力的な事が一杯書かれていて
子供としてはついつい買ってみたくなる衝動に駆られるなかなか巧みな宣伝文句に溢れているのですけど
箱を開けてみるとほとんどの場合、くだらないガラクタばかりとかニセモノインチキ商品ばかりという中身が多かったと思います。
滅多にないですけどたまに結構いいものが入っていたりして、誘惑にかられてしまう事もあったりします。
一回100円でしたけど、カプセルに入っている退部で無くて箱に入っているタイプのものでしたから、何となくですけど、
カプセルのあの安っぽさに比べたらまだコスモスの自動販売機の方が夢と可能性があったような気もしますね。

というか・・コスモスの自動販売機をご存知の方は間違いなく昭和育ちの皆様なのだと思います・・(汗・・)
(昭和最後の年の昭和63年に倒産しています・・)

さすがに最近ではこうした「インチキ系」は無いですよね・・・(笑)
というか、最近のガチャガチャの精度は極めて高いと思いますし、
特に300円以上のガチャガチャの精度の高さは目を見張るものがありますね!!







縺薙☆繧ゅ☆_convert_20180128192944






コスモスのガチャガチャ販売機の魅力は「箱」に入っていて大きくて中身が見えない事にあり、
当時ガチャガチャの主流であったカプセルに入っているものは何となくですけど高級感が漂っていて、
しかも箱や自動販売機の説明では、やたら魅力的な言葉が色々と並んでいましたので、やはり子供のココロをくすぐるものが
あったのかもしれないですね。

コスモスと言う会社は、自社で生産した小型の玩具をガチャガチャでを通じて販売するという独自の直販方式が
当たって昭和50年代あたりに飛躍的な成長を遂げます。
最盛期には栃木県佐野市、埼玉県浦和市、大宮市(現・さいたま市)、羽生市などに工場を所有し、
設置自動販売機が6万カ所、50万台におよび、年商は1982年度において最盛期で180億円を超えていたというから
驚きですね~!
単純計算で、一台あたり毎年36000円の売り上げが計上されていた事になります。

昭和という時代は今現在の閉塞感とか周囲の目とか何かあるとすぐ叩かれる風潮とかすぐに揚げ足が取られる時代ではなくて
まだなんとなくのんびりとした雰囲気が漂うおおらかな時代でもありましたので、
コスモスのような多少インチキ臭くて胡散くさい商品を置いていたとしても誰もあんまり文句を言わないという時代でも
あった事が大きかったのかもしれないですね。
今現在こんなコスモスみたいな胡散臭い自動販売機が設置されたとすると、すぐにネットでボロクソに叩かれているのかも
しれないですね・・
そうした当時の風潮もあったと思いますが、銃器類や爆弾といった表記の過激な景品も多々ありましたし、
中には「水素爆弾」みたいな過激すぎる景品も本当に入っていたのは、今現在では到底信じられない話ですね・・(汗・・)

この昭和の頃って今現在のように商標権とか肖像権とかが必ずしも確立していなくて
少しぐらいならパクリ商品を出してもあんまり文句を言われなかったおおらかな時代でもあった事がその発展の背景に
少しはあるのかもしれないですね。
コスモスの人気商品にはスーパーカー消しゴムやキン肉マン消しゴムなどがありましたけど、
知的財産権に関しての認識が当時はまだまだ緩くて、数多くのコピー商品の販売がなんとなく許されているような感も
あったと思います。
例えば機動戦士ガンダムのコピー商品として申し訳程度に名前を変えただけの「宇宙戦士ガンダム」シリーズや、
さらにはガンダムを模して独自路線に突入した「ダンガム」シリーズとかチョロQを模した「チョロカー」などがあり、
ほかにもなめ猫やルービックキューブなど当時時代の流行となった様々な製品のコピーを販売していたものでした。

だけどさすがに、ロッテのビックリマンシールのパクリとしてロッチの「ドッキリマンシール」はやりすぎたのかな・・・?

これはさすがにロッテから大クレームが入り社会問題化もし、ロッテから著作権法違反として訴訟を起こされ、
結果的に前述の通りコスモスは平成に入る直前に倒産をしております。

だけどコスモスは転んでもただでは起きないです!

というのもコスモス本社は潰れてもその販売小会社の残党(?)の皆様たちは細々と営業を続けられていて、
実はですけど、栃木県と群馬県東部には購入可能なコスモス自動販売機がいくつか残っているとの事です!
そして未確認情報ですけど、中古ホビーショップとして知られる万代書店のある店舗においては、このコスモスの自動販売機が
いまだに稼働をしているとの事です!

うーん、これは機会があれば是非このコスモスの自動販売機をとてつもなく久しぶりに見てみたいですね~! (笑)














先日なのですけど、とある店舗のガチャガチャで面白いものがありました!

何かと言うと、「プリキュアシリーズの何がでるかわかりません」という案内が記されたガチャガチャです!

すごい! すごすぎる!! なにこのアバウトすぎるガチャガチャ!?

多分、歴代プリキュアの小物関連ガチャガチャで売れ残り在庫過剰になっているものを
「まとめて一気に在庫整理してしまえ!!」という発想で売り出されたものなのかな・・・・??

案内文を見てみると、ドキドキ・スマイル・スイートが描かれていましたし、外側からカプセルを覗きこんでみると、
スマイルのビューティらしいタオルとかスイートのメロディのベルティエらしきものがうっすらと見えました。

これは本当に、歴代プリキュアの売れ残りガチャガチャだったのですね・・・(笑)

スイートは2011年に放映されたプリキュアですし、スマイルも2012年に放映されたシリーズです。

昨日より新しいプリキュアの放映が開始されましたけど、まさかここで2011~2013年の歴代プリキュアの小物グッズを
拝見できるとは思わなかったですけど、
この「プリキュアシリーズの何がでるかわかりません」というキャッチコピーはなんだかノリがコスモスっぽくて
なんだか思わずくすっ・・となってしまいました・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

昭和世代の私は、あのちょっといい加減なぐらいの空気がすごく好きですね~。とってもおおらかな時代でしたよね。駄菓子、近所に2軒ほどありました。学校の帰りとか、よく寄っていました。ガチャガチャで覚えているのは、ガンダムの消しゴム。ガン消しですかね^^すごいたくさん持っている友達とかもいました。カプセルがポン!って出てくる瞬間、すごく期待でいっぱいだったのを思い出しますよ^^

昭和のギリギリ生まれです。自販機のおつり機能壊れてる時が結構あって幼少期何度も硬貨を挿入してはレバーをひねって余分に出てくるおつりを不当利得していたことを思い出しました(悪)なんとなくおおらかでしたね。

こんばんは。
ガチャガチャと言えば、今は、タカラトミーアーツや、
エポック社にバンダイと大手がイメージですが、
駄菓子屋な時代は、コスモスに代表される、
中小メーカーのイメージですよね。
たまにググっては、懐かしなって感じてますw

後、ココアシガレットは、コーラーやソーダ味は、
箱絵がポップなので、売られてますが、
肝心のココアシガレットは、タバコな箱絵が批評されたのか、
最近は店頭で売られてないみたいですね。

おおらかな時代

八咫烏(全力稼働中) 様


昭和の頃ってやはりおおらかな時代でもありましたよね~

今現在のように「何かあればすぐにネットで叩かれ批判される」としいう時代ではなくて、
なんか多少の事があったとしても「ま、いっか・・」みたいな感じで許されちゃう「おおらかな寛容さ」が
まだ許されていた時代とも言えるのかもしれないですね。

ガンダムの消しゴムとかスーパーカー消しゴムというのは一時期流行りましたね・・

コスモスはガンダムですらバクってしまうのですから、やり過ぎと言えばやり過ぎなんですけど、
「コスモスだからしゃーないね・・」で済んじまう時代でもあったのだと思いますね・・

いい時代でしたね・・(笑)

名無し 様


自販機のおつり機能が壊れる事もあったのですね! それは私も初めて知りました!

おつりレバー操作によって余分におつりが出てくるとは平成の今の時代ではありえないだけに、
やはりおおらかで、時代がまだやんちゃな子供たちにも寛容であった「昭和」の時代が時になつかしくも
感じますね~

おおらかな時代でしたね・・

鳴らない携帯 様


昭和という時代はまだおおらかさが残っていて、何かあったとしても「ま、いっか・・」みたいな適切な寛容さが
まだあった時代という事であり、最近のネット社会の閉塞感を見てしまうと
「多少不便だけどいい時代だったのかも・・?」と懐かしくも感じてしまいますね。

そしてそれを象徴していたのがコスモスだったのかもしれないです。

ココアシガレット・・、あれはまだ売られていたのですね!
だけどタバコのデザインはやはりNGなのですね・・
昔ですけど、タバコを模倣したようなチョコに紙を巻いたものもありましたけど、あれは今現在ならば
間違いなくNGになりそうですね・・

コスモスの本社、旧与野市でしたよね。

社会保険料の納入を、すべて100円玉で
納めようとして、社長が怒られたそうです

僕たちから吸い上げた小銭は、
そういう風に使われていたのかぁ、と思いました。

こんな自販機があるねんね〜
最近のガチャポンは結構、
クオリティ高くて、
いろんな種類がありますね♪

ガチャガチャは思わず
何度か続けてやってしまいます(^_^;)
独特のものが多くて面白いですが、
ハマりすぎには注意ですね💦
何が出てくるかわからないっていうところは、
子供も大人もワクワクしちゃいますよね(^^)

そうだったのですか!

tsukasael696ⅹ埼忍居士ⅹ 様


コスモスの本社って実は元は現・中央区にあったのですね~! これは初めて知りました。
教えて頂きありがとうございます。

インチキとかパクリばっかりの自販機でしたけど、あれはあれで胡散臭くても夢みたいなものが
あったのかもしれないですね(笑)

コスモス

napo 様


最近のガチャガチャは精度とその完成度の高さは目を見張るものがありますけど、高いのがネックだと思います。

コスモスの100円自動販売機は、インチキとパクリと胡散臭さに溢れていましたけど、あれはあれで
一つのすてきな昭和レトロなのかもしれないですね・・(笑)

ガチャガチャ

kirakiya.rumari 様


ガチャガチャはどうしても欲しい景品があると、ついつい何度もやってしまいますよね・・(笑)

昔は100円が主流でしたけど、最近のガシャポンは300~500円が主流となっていますので、昔のような
何度もチャレンジと言うのは難しくなってきているのかもしれないですね。
だけどあの「何が出てくるのかわからない」というドキドキ感にはわくわくさせられるものはありますね!

これは一部で騒がれたコスモスの自販機…!この自販機で売られていたニセモノ心霊写真がテレビの心霊特集で本物として紹介&鑑定されてしまった衝撃事件でその存在を知りましたw
自販機でオモチャが買えてしまうなんて子供心にはワクワクかもしれませんね。そして「次こそは…」とおかしな商品を引き当てまくってみんな世の厳しさを学ぶのでしょうか…。

このプリキュアガチャはなんとも面白い雰囲気を出してますねぇ。プリキュア好きとしても「何が出るかわかりません」とあってはけっこう勇気の要る200円だと思いますw

コスモス

schwert 様


コスモスの自販機はまさに私が小~中学生の頃にいろんな意味で笑わせて貰い、泣きをみた自販機でしたね~!

心霊写真もそうですし、宇宙人関連商品とか果てには水素爆弾とかとにかく昭和の頃のハチャメチャインチキ商品続出の
胡散臭い自販機でしたけど、当時はネットも口うるさいユーザーもいませんでしたから、とんでもないインチキ商品を
引き当てても「ま・・しょうがないね・・所詮はコスモスだから・・」となんとなく許されてしまう
おおらかで寛容さがまだあった時代の象徴なのかもしれないですね・・

ちなみにですけど「何が出るかわかりません」ガチャガチャはダイソーの店内にあったものです!

ガチャガチャ

ガチャガチャ♪

ショッピングモールなどで見掛けますが、

どうしてか?気になってしまいますね!

子供がガチャガチャをやりたくて、

泣いてるところを度々見掛けます(笑)

何が出るか、わからないのがいいのかな。

確か、どこかに1000円のガチャガチャが

ありましたよ。

ガチャガチャ

ガチャガチャ♪

ショッピングモールなどで見掛けますが、

どうしてか?気になってしまいますね!

子供がガチャガチャをしたくて、

泣いてるところを度々見掛けます(笑)

何が出るか、わからないのがいいのかな。

確か、どこかに1000円のガチャガチャが

ありましたよ。

ガチャガチャ

優子 様


ガチャガチャとか一番くじというのは何が出るのか開けてみてのお楽しみというのが大変大きな要素に
なっていると思いますね!
それは子供でも大人でも案外同じなのかもしれないですし、私もたまにやるガチャガチャはあの開ける時の
ワクワク感はすてきなものがあると思います。

1000円ガシャポンは私も見た事がありますけど、確かにDSとかPSPは魅力がありますけど、外した時のリスクとガックリ感を
考えるとついつい二の足を踏んでしまいますね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |