FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


本日でとにかく寒くて敵わなかった1月が終わりを迎え明日より2月になりますけど、
1月ですらこれだけ寒かったというのですから寒さ本番の2月は一体どうなるのか今から戦々恐々という感じでも
あったりします。
1月でこんなにも寒かったり首都圏にあんなとてつもない大雪が降る事自体大変珍しいようにも思うのですけど、
地球的規模の温暖化現象により、夏場はとてつもなく酷暑で冬場は極端に寒くて雪の被害が大変という
極端に暑くて極端に寒いという極端な二極化の気候が進み、春と秋がなくなっていく可能性が今後あるのかも
しれないですね。

明日から2月という事で、あと一か月程度この寒さを耐え凌けば3月という事で少しは「春」らしい暖かい雰囲気が
出てくればいいですね~!
とにかく2月は引き続き「寒さとの戦いの日々」なのかもしれないですね。

さてさて、そうした寒い日の夜に寝ようと思って布団に入ろうとした際に、
布団が暖かくなるまで布団の中でガタガタと寒さに震えたり、
お風呂や暖房でせっかく温まった体が冷えてしまってなかなか寝付けなかったり
布団の中で一定の温かさを保つことは寒い冬場の夜においては、結構大変なものがありそうですね~

そうした場合、室内のエアコンをガンガン効かして寝ている間も暖かい室温をキープするのも一つの方法なのかも
しれないですけど、あまり過剰にエアコンを掛けると、①電気代がとてつもなく掛かってしまう ②乾燥しすぎで喉がイガイガする
③室内が暖まりすぎると何となくですけど、体内の温度調整機能が弱くなってしまい自律神経失調みたいな症状を誘発
④風邪をひきやすくなってしまう ⑤家の中で寒い所と暖かい所の温度変化差を誘発させてしまう
といったデメリットもありそうな気もしますし、
私自身、21世紀に入って間もない頃、日常的な悪寒・めまい・だるさを感じる事が多くなった体調不良を招いた際の
原因として医師から「あまりにも夏場は冷房を効かせ過ぎ冬場は暖房を効かせ過ぎた事が体内と体外の温度調整の障害
みたいな事を招き、結果的にそれが一つの自律神経失調みたいな事態を招いてしまった」と指摘をされ、
その後しばらくエアコンを掛ける事を極力やめて自然体の温度で暮らすようにして、なおかつ生姜・黒酢・食物繊維・梅肉等を
取り入れた食生活を送ってみたら、見事にそうした症状が消滅しました!
それ以来、私自身は極度にエアコンを付けない生活を心がけるようにはしています。
夏場の暑さは仕方ないとしても、私自身はそうした理由から極力冬場はエアコンを付けないように心掛けている
つもりではおります。
何よりも冬場に一日に何時間もエアコン掛けまくっていると翌月の電気代の請求書を見て「マジかよ~!」と感じる事も
多々あったりしますよね・・(汗・・)

エアコン以外で布団の中で寒さを防ぐ方法として王道的なものは「重ね着」なのかもしれないですね。
ちなみに私自身は冬場限定ですけど(汗・・)靴下の二枚履きは最早当たり前の領域と化しています・・
スウェットやフリースを重ね着して寝ることもその一つの方法と言えそうですね。
重ね着や厚着をして寝るのは一番手っ取り早くて安上がりな寒さ対策ですけど、
寝返りがうちにくかったり圧迫感を感じて寝苦しかったり、はたまた肩と首に負担が掛かってしまう事で朝目覚めた際に
頭痛を感じる事もあると思いますので、無理をしない重ね着という事が求められそうですね。

冬場の冷たい布団を温める暖房器具として一番効果的なのは「電気毛布」だと思います!
これって何が凄いのかと言うと、その暖房効果とコストパフォーマンスは数ある暖房器具の中でも最強だとすら思います。
電気毛布の電気代は強の場合1時間で平均0.1円程度ですし、24時間つけっぱなしでも月70円程度です。
そして電気毛布の最大のメリットは、とにかく布団が暖かいという事なのだと思います!
敷き毛布を「中」で寝る30分くらい前からつけておいて寝るときは弱に切り替えて朝までつけっぱなしというのが
一番効率がよい温め方のような気もしますし、
熱は下から上にいきますので敷き毛布の場合だと弱でも十分布団に熱がこもると思います。






縺ゅs縺祇convert_20180126182547







エアコン・電気毛布はとにかくその暖かさのキープは大変な魅力であるのですけど、
一つ欠点を指摘すると「乾燥しやすい」という事なのだと思います。
あまりにも過剰に使用すると、喉が渇いて痛めたり肌が極端に乾燥する事も十分あり得ると思います。

なぜそうした乾燥という事態を起すのかと言うと、言うまでもなく両者は布団全体または室内全体をまんべんなく暖めるからです!

そういう場合に大変メリットがある布団用の暖房器具と言うと、湯たんぽと電気あんかが宜しいのかもしれないですね。

湯たんぽは、体を部分的に温めその後徐々に温度が下がっていくのですけど、
この「最初から最後までいつまでも熱い訳では無い」という点が「過度な乾燥防止」と「適度な体温維持」という観点で
大変メリットがあるように思えます。
人間が深く眠りにつく時には体の内部の温度が下がる必要があるのですが、
いつも一定の温度の電気毛布では「熟睡する体温」になりにくいというデメリットも実はあったりして、そうしたデメリットを
補うのが湯たんぽなのかしれないですね。
それと電気毛布・エアコンは「寝汗を誘発しやすい」というデメリットもあるのですけど、あくまで部分補助暖房の
湯たんぽや電気あんかにはそうした懸念はあまり無いというのもすてきなメリットと言えるのかもしれないです。

だけど湯たんぽの欠点は言うまでもなく「朝まで温かさが持続しない事」です。

朝になると水みたいな感じになっていて逆に「つめた~い!」と感じる事もあったりもします。

そうした欠点を埋めるのに適したものが「電気あんか」と言えるのかもしれないです。

あんかというと昔でしたら、豆炭や練炭を入れるというイメージもあったのかもしれないですけど、
これらの素材は布団の中という事で火事を引き起こす懸念もありますし、事実そうしたあんかが原因となる火災も
昭和の頃にはあったようですけど、この電気あんかはそうした事態を起こすことはなさそうですし、何よりも
電気毛布同様電気代はそれ程かからないし、湯たんぽと違って温かさを朝までキープできる点は大変大きなメリットが
あるといえそうですね~!

ちなみにですけど、私が貧乏学生の頃、室内の暖房器具はこたつのみであった時の布団の暖房器具は
「ドライヤー」で代用していた事もありました!
あ、だけど、このドライヤーはバカに出来ない程、効果は中々高かったと思います。
布団に入る前に足元にドライヤーを掛けておいて布団の中をある程度温めておいて、寝る際にドライヤーの電源を
切っておいても布団内の温かい温度は十分維持出来ていたと思います・・(笑・・)








繝ャ繝・ぅ_convert_20180126182622


繧後※縺Юconvert_20180126182648






それにしても今年の12~1月の寒さは本当に半端ないものがあったと思いますし、
これはマジで本当に幻想郷の結界が一時的に緩み、幻想郷のあのすてきな雪女のレティ・ホワイトロックが外界に
入り込んでしまったとしか言いようがない寒さと言えるものがあるのかもしれないです。

レティさんの能力は「寒気を操る程度の能力 」なのですけど、これは、冬の大自然そのものを操る能力であり、
冬の吹雪とか寒波はレティさんがもたらすものとの事です。
こうした「寒さ」を操るキャラで東方で被る御方というと、そりゃ、言うまでもなく「チルノ」だと思うのですけど、
レティは妖怪、チルノはあくまで自然現象そのものでもある「妖精」であり、
チルノはレティみたいな大自然を操作する事は出来ず、あくまで「冷気を操る程度」の能力という事で、
チルノの半径2~3m内を氷のように冷たくする程度に過ぎず、
やはりレティとチルノの力の違いは相当大きいと言えるのだと思います。

余談ですけど、楳図かずお先生が1970年代に連載され単行本化もされた「のろいの館」という漫画の中に
「怪談」という短編も収録されているのですけど、この怪談は、
雪山で遭難した人々が眠らないように一人ずつ自分が体験した怖い話をしていくというオーソドックスな話なのですけど、
この中でのラストのオチで大きな役割を果たすのはこの「雪女」でした!!
楳図先生が描かれたあの雪女は、まさに「怖い・・」とか「おっかない・・」みたいな要素に溢れていましたし、
容姿もスレンダーで細身という雰囲気だったと記憶しています。
その各人が話した怪談というのも結構怖いものがあり、
吸血鬼に囚われ、血を吸われて、干からびていく夢を毎夜見る少女の話や
鬼の面をかぶって食物を奪っていた老婆が鬼に変化する話や柳の精に憑り殺される男の話も印象的でしたけども、
上記のラストのオチというのが、娘を連れた父親が、絶対に話さぬよう言われた「人食い雪女」について話しだしたけど、
その絶対に話すな!と厳命されていた人食い雪女の正体は、実はその父親が手塩にかけて育てていた娘そのものであった
というものでした。

雪女というと一般的には、上記の楳図先生の怪談ではないですけど、おっかないとか細身とかガリガリとか
目が吊りあがって血気だっているみたいな印象もあるのですけど、
東方に登場されるこのすてきな雪女のレティさんは、怖いとかおっかないとか細身という印象が
あまり無いのが実に面白いと思います。
勿論、雪女ですし、冬場の幻想郷内の「寒さ」の主原因にもなっていて基本的には「少し迷惑なのかも・・・?」という
感じもしなくはないのですけど、
「冬なんだから寒いのは当たり前じゃん! レティさんはこれだけ可愛いのだから少しぐらいの寒さは
我慢してあげましょうね!  幻想郷の外の外界では温暖化とか暖冬みたく言われているのですけど、
こうやって幻想郷内のいかにも日本本来の四季そのものをはっきりと感じさせてくれる要因を生み出してくれる
レティさんには感謝をしてあげないといけないですね!!」と
皆様に申し上げたい気持ちで一杯ですね!! (笑)

レティさんは「冬の妖怪」なのですけど特に厚着をしている様子はないにも関わらず、全体的にどことなく
ふっくらというのかゆったりとした雰囲気があるのかなとも思います。
雪女みたいな細身というイメージとは明らかに一線を画していて、どちらかというと細身ではなくて逆に
「ふっくら・・・」みたいな雰囲気すらあるのがとっても面白いと思います。
そうしたふっくら・おおらかという雰囲気のため、そのあたりが怖さを感じさせず逆に「親しみ」みたいな
雰囲気すら感じさせてくれる要因になっているのかなぁとも思ったりもしますね。
レティさん自身の性格もおっとりとしてのんびりとしていておとなしいという感じでもありますので、
どちらかと言うと「ふっくら=日本のお母さん・・」みたいなイメージもあるんじゃないのかな・・と思ったりもしますね!
ロングスカートにエプロンという衣装は、どことなく十六夜咲夜を思わせるものがあり、
ターバンみたいな帽子の形状とウェーブのかかった髪型は、なんとなくですけど、ゆゆ様を彷彿とさせるものが
あるのかな・・とも思ったりもします。

レティ・ホワイトロックはまさに「冬の風物詩」みたいな妖怪ですね!

東方には、リリーホワイトという「春ですよー」といって幻想郷内に春を告知するとっても可愛い妖精がいるのですけど、
その意味においては、レティ・ホワイトロックは「冬ですよー」と幻想郷内に冬を告知する妖怪とも
言えるのかもしれないですね。

そしてレティさんの更にすてきな所はシャレが通ずると言うか、冗談が通ずる素敵な雪女だとも言えそうです。

いつまでたっても春がやってこない「東方妖々夢」の異変の際に霊夢からやっつけられても
はたまた霊夢が主催した「春乞い儀式」にて「冬」の象徴でもあるレティさんを霊夢が退治してしまった場合でも
特段霊夢を恨んだりあとで復讐をする事もなく、
「負けたものは仕方ないわね・・」みたいな感じで、あまり勝ち負けにこだわらないおおらかでさっぱりとしているのが
基本性格なのだと思います。
それを象徴していたのは、「東方妖々夢」における咲夜さんが自機を務めた選択肢における一面ボスのレティさんとの
戦いの場だったと思います。

そう! 咲夜さんとのバトルの際に、レティさんを代表するお言葉「くろまく~。」が飛び出してくるのですよね!

その場面を再現してみると・・・

咲夜:ああもう、こんな雑魚倒しても何にもなりゃしない! さっさと黒幕の登場願いたいものだわ。
レティ:くろまく~。
咲夜:あなたが黒幕ね。では、早速。
レティ:ちょい、待って! 私は黒幕だけど、普通よ。
咲夜:こんな所に黒幕も普通もないわ。そもそも、あんたは今何が普通じゃないか分かってるの?
レティ:例年より、雪の結晶が大きいわ。大体、3倍位。
咲夜:ああそうね。
レティ:あとは、頭のおかしなメイドが空を飛んでることくらいかな。
咲夜:そうね。やっぱり、あんたが黒幕ね。
    (バトル終了後・・・)
咲夜:黒幕、弱いなぁ。次の黒幕でも探さないとね。

ちなみにですけど・・・いつまでたっても冬が終わらず春がやってこない「東方妖々夢」の
「くろまく~」はもちろんレティさんではなくて、ゆゆ様ですので! (笑)
異変の黒幕を探している霊夢・咲夜さんたち自機の前に、のほほ~んと冗談交じりに「くろまく~」と言ってのける
レティさんのお茶目さは相当なものがあると思いますね! (笑・・)

とにかくこんなにかわいくておおらかでシャレっ気があるレティさんは、最近の東方作品ではとんとご無沙汰しておりますので、
是非ぜひ外界で大暴れさせるのもなんだかもったいない話でもありますので、
久しぶりに東方ゲーム作品等にご出演を果たされて欲しいなぁ・・!とも思ったりもしますね!

そうそう、最後にレティさんというとdream fantasyのアミグリさんがまたまた素晴らしいレティさんを描かれていましたので、
そのすてきなレティさんは、当ブログにおいて2/24に転載&ご紹介をさせて頂く予定となっておりますので、
こちらも是非お楽しみにしてください!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

夏冷房きかせすぎ、冬暖房きかせすぎによる体調不良。身に覚えがあります。私の場合、冬場微熱が続いて、一体何事かと思いましたが、どうもその自律神経がおかしくなっていたことが原因のようですね。もっとも、私の場合、それが良い教訓になることもなく、今でも夏は冷房きかせまくり、冬は暖房きかせまくりですが^^;
電気代は、あんまり考えないようにしています^^;

ほんと寒いですね…:;(∩´﹏`∩);:
電気あんかを入れておくと
足元がぬくぬくでスーッと
寝れるでしょうね♪(^-^)

ぬくぬく先生は冷え性でしたっけ〜
必須アイテムですよね♪(^-^)

のぼせ・だるさは危険かも・・?

八咫烏(全力稼働中) 様


特になのですけど夏場のクーラーのかけ過ぎは後日冬場になると体のだるさとのぼせの原因になる事は
珍しくはない話との事で、これが医師に言わせると「自立神経失調」の兆候との事らしいです。

何事もほどほどが一番なのかもしれないですね。

冬場は暖房つけっ放しは決して体にはいいことではなくて、そういう時の補完暖房として
昔ながらの湯たんぽとか今風の電気あんかがいいのかもしれないですね~

冷え症の足先と指先の冷えはつらいですね・・

napo 様


例年ですと冬場でも特段暖房器具がなくても過ごせる事もあるのですけど、今年に限っては
とにかく寒いし、手足の冷えがちょっと堪えますね・・
こういう時、電気毛布や電気あんかはありがたいです。

一番理想的には、寝る直前にお風呂に入り、電気あんか等で温まった布団にもぐりこむことですね!



私は冬はヒートテック系を上だけでなく
靴下もズボンも着用しています。
今は座布団や、布団にも吸湿発熱素材があって、
便利ですよね。どちらも使ってます。
寒いのは苦手ですが、
エアコンも少し苦手なのでこういうもので、
寒さを軽減です^ ^
暖かく過ごしやすい方法を色々と、
試したいですね^ ^


寒いですよね~!

kirakiya.rumari 様


今年は特に寒さを感じさせますよね。とにかくこの寒い冬が終わって早く春到来になってほしいものです!

昔ですと、ワイシャツの下は半袖シャツ以外はなんかオヤジ臭くて嫌と思っていたのですけど、
最近では保温性の高いインナー長袖シャツをワイシャツの下に履くようになったのですけど、
これは仕方ないですよね・・(汗)

私の経験では寝る際に最も効果の優れた暖房器具みたいなものは「羽毛布団」だと思います!

軽くてふわふわしているけど、あの暖かさと保温効果はすごいなぁ・・と感じたものでした!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |