FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


東京芸術劇場

最近、この東京芸術劇場もとんとご無沙汰しています。
結婚前は年に15回程度は、日本フィルと読売日本・新星日本を中心に聴きに行ったものですが・・
自分自身は、1997年2月以降、埼玉県の川口市在住となっていますが、
1996年5月~1999年10月までは、新宿区の西落合という所の某地方銀行に勤めており、当時は
まだ都営大江戸線という便利なものは無く、
川口から一旦池袋まで出て、池袋西口の東京芸術劇場前の始発のバス停から中野駅行きのパスに
乗らないと、この西落合にいく事が出来なかったため、
毎日のようにこの東京芸術劇場を眺めていました。

この新宿区の「西落合」という所は、地元の人達からはよく
「ここは新宿区のチベットだから・・・」という言葉を聞いていました。
これは面白い表現ですよね。
新宿は都庁があったり、西新宿を中心に日本を代表する企業があり、新宿御苑や四谷のように
おとなのスポットもあるかと思えば、日本を代表する歓楽街の歌舞伎町があったり、
最近では韓流の象徴のような大久保もあったりします。
そんな中、「西落合」という所は、確かに新宿区内なのですけど、ホント何もない所でしたし、
当時は、大江戸線もなかったせいか、一番近い駅は、西武新宿線の新井薬師か
JRの目白という感じでした。
確かに交通の便が新宿区内のくせに、非常に悪く
確かに「新宿のチベット」という言葉もうなずけるものがありました。
あ、それと西落合は、新宿区と中野区と練馬区の丁度三区の境目に位置しますから、
どうしても見落とされがちなのですよね・・

話がそれてしまいましたが、
東京芸術劇場の大ホールは、高い所に位置しています。
ホールから入って、真っ先にエスカレーターに乗らないといけないのですが、
これがすごく長いのです。
確か3分程度乗らないと演奏会場入り口にたどりつかないのです。
そして、入り口から三階席に行くには、更に二つのエスカレーターと一つの階段を上らないと
いけないので、三階のC席なんて購入すると、
自分の席にたどりつぐだけでエネルギーを使い果たすなんて言う事にもなりかねません・・・
だけど三階の窓から眺める池袋の町並みはとても鮮やかで
毎回この眺めを見るのが楽しみでした。

東京芸術劇場の三階席は、正直舞台ステージからは非常に遠く感じられます。
NHKホールの最上階の五階よりも遠く感じられます。
だけど不思議な事は、NHKホールは残響音が乏しく、美しく響かない乾燥したホールなのですが、
東京芸術劇場は、三階までしっかりと残響音が届き、しかも美しく響くという
素晴らしい特性を持っていると思います。
だから東京芸術劇場は、読売日本のマチネーコンサートだと、三階C席が2000円でしたけど
残響音は申し分なかったので、安心して聴く事が出来たのでした。

何かの機会に行ってみたいなー
また音楽を聴きに行きたいなーと思う事もあります。
たまには行こうかなーー!?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/409-9c5d8fbb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |