FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計










先日の2月11日に掲載させて頂きました「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集パートⅡ その③」につきましては、
今回も多くの皆様に見て頂き、相当な数のアクセス数を頂けたことに改めて深く感謝申し上げたいと思います。
今回の「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」につきましては、1/21に前夜祭の告知をさせて頂き、
1/28にベスト編企画をさせて頂き、本日の特集記事を持ちましておかげさまで「グランドフィナーレ」を無事に
迎える事が出来ました!
本記事をもちましてこの特集は一旦お開きとさせて頂きますけど、アミグリさんの「フランちゃん愛」が止まらないのと
同様にアミグリさんが今後もフランちゃんを描き続ける限りは当ブログでもこうした特集をまだまだ続けさせて頂きますので、
どうかこれからも宜しくお願いいたします。

今回の「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」という記事を数週に渡って書かせて頂いた事になりますけど、
とにかく多種多彩なフランちゃんが「これでもかっ!」というぐらいたくさん登場していました!
ため息が出てきそうな美少女フランちゃん・デフォルメされた幼女フランちゃん・吸血鬼の妹みたいなちょっと怖いフランちゃん・
こいしちゃんとの色違いのフランちゃん・赤と青の色違いフランちゃん・ロリロリの雰囲気のフランちゃん・
「妹にしたい!」と感じさせてしまうかわいいフランちゃん・大人っぽい雰囲気のちいさな貴婦人みたいなフランちゃんなど
たった一人のキャラをこんなにまで表情豊かにたくさんの側面から描き切れているのは
本当に称賛に値するものがあると思います。
それは逆に言うとフランドール・スカーレットというキャラクターが確かに謎要素に満ちているのだけど
それだけ魅力があるキャラクターという事でもあると思いますし、絵師様の考え方・想い・解釈によって
多種多彩なフランちゃんに変容できるという事でもあると思うのですけど、アミグリさんは「これが私のフランちゃん!」という
固定化されたフランちゃんを描き続けるという事では全然なくて、
描かれた時代の作風の変化に合わせる形で様々な表情・雰囲気のフランちゃんを描き続けられてきたその「軌跡」は
本当に素晴らしいものがあると思います。

それでは今回もアミグリさんが描かれた多種多彩なフランちゃんをご覧頂きたいと思います。

冒頭に登場するフランちゃんはアミグリさんが2013年7月に描かれたフランちゃんです!

フランちゃんというというまでも無く「美少女キャラ」でもあるのですけど、こいしちゃんと同様に「ちょっと壊れキャラ」でも
ありまして「脆くもあり壊れやすくもある」みたいなイメージもあると思います。
そうした甘くて壊れやすいというと「砂糖菓子」を彷彿とさせるものがあるのですけど、
アミグリさんが描かれているドーナッツをもぐもぐと食べているフランちゃんは、そうした「壊れそうなお菓子」
みたいな雰囲気が伝わってくるような感じすらあると思います。

だけどこのドーナッツをもぐもぐと食べているフランちゃんはとってもかわいいですねぇ~!!

口をドーナッツで隠しているところはとにかくめちゃくちゃかわいいです!

表情がどことなくきょとん・・とされているのは「本当は私が食べたかったのは人間の真っ赤な血なのに・・」という
事ではなくて(汗・・)
紅茶と一緒にこのドーナッツをフランちゃんの地下の自室に運んできた咲夜さんに対して
「ねー、どうしてお姉さまのレミリア様は私と一緒にドーナッツを食べてくれないのかなぁ・・」とちょっと悲しげに
尋ねているからなのかもしれないですね。
フランちゃんが手にしているドーナッツはチョコがコーティングされていてなおかつ細かいカラーシュガーもトッピングされていて、
「細かいところまでよく手が入っているなぁ・・」と感心させられます!
服の皺や光加減の陰影も大変丁寧に描かれていて「巧いなぁ・・!」と感じてしまいますね!

そしてこの作品の三か月後に例のあの「アミグリさんの最大の傑作絵」と「史上最高の名作絵」と誉れ高い
「紅茶フランちゃん」が登場してくるのですけど、
なんとなくですけど、確かにこの両作品はどことなく色彩が少し似ているような感じもあったりします。








aohurantan!!_convert_20130910162631.png







続きましてアミグリさんが2013年9月に描かれたフランちゃんです。

見てお分かりの通り冒頭の「ピンクのドーナッツフランちゃん」の青色ヴァージョンです。

アミグリさんご自身が選ばれた「マイベストフランちゃん」は2013年10月に描かれたあの紅茶フランちゃんなのですけど、
前回転載させて頂いた通り、あの素晴らしい名作には「青色の紅茶フランちゃん」も存在していましたし、
また2015年4月に描かれたフランちゃんを色彩的に少し濃くされて黒の色彩を加味された2017年のフランちゃんという
作品もありましたし、
フランちゃんのお姉さまのレミリア様の作品の中でも「紅茶レミリア様」とその青色ヴァージョンのレミリア・ブルーレット様という
すてきな作品もありました!

これらの色違い作品を見て頂ければ一目瞭然なのですけど、改めて記すと、色と言うものはやはり「すてきな魔法」
だと思います。
同じ素材・同じ構図なのに色が違うだけで見ている人に与えるイメージは全然違って見えるのは本当に不思議なものが
ありそうですね~!
上記は青色のドーナッツフランちゃんなのですが、ピンクトーンに比べて、クールさ・涼しさ・さわやかさ・ひそやかさの方が
より強く伝わってきているのは面白いものがあると思います。
ポーズも表情も同じなんですけど、色が違うだけで「なんか違うよね・・」と感じさせるのは実はそれほど簡単な事では
ないと思うのですけど、アミグリさんの場合、このフランちゃん・レミリア様、2Pカラーのこいしちゃん・赤霊夢&青霊夢などを
ご覧頂ければ一目瞭然の通り、色の違いだけでこんなにもそのキャラの雰囲気の変化や
内省的な違いを感じさせることがきちんと出来ている事は、毎回凄いよねぇ・・と感じさせてくれていると思います。

赤霊夢・青霊夢の場合ですと、青霊夢の方がどことなくツンツンしているようにも感じなくもないのですけど、
この青色ヴァージョンフランちゃんは、ピンクヴァージョンよりも更に「守ってあげたい感」を醸し出しているのは
さすがだと思います!







hurawanwan_convert_20120911174025.png








続きましてアミグリさんが2012年9月に描かれたフランちゃんです。

2012~2013年頃のアミグリさんの作品は「淡い色彩時代」と言えると思います。
巨匠・ピカソの作品も時代によって作風は結構まちまちで、評論家によっては「青の時代」とか「赤の時代」とか言われる方も
いるそうですけど、 「淡い色彩の時代」みたいな言い方をするとなんだかアミグリさんが巨匠先生のように
思えたりもしますね~! (笑)
だけど作風の変化というのは換言すると「進化」という事なのだと思いますし、確かに一つの作風だけを頑なに変えない
というのも一つのすてきな方向性だと思うのですけど、
アミグリさんの作品は全体的な「幻想・美しさ・かわいらしさ」というコンセプトは維持したまま、色彩とか表現方法等を
時の流れと共に見事に変化・進化されているのは本当に素晴らしい事なのだと改めて感じたりもします。

私は今現在のキラキラ作風の絢爛豪華な雰囲気がとてつもなく大好きなのですけど、
同時にこうした淡い色彩時代のアミグリさんの作品も大好きです!

アミグリさんの当時のお言葉として
「色合いを淡くすることで、ふんわりとした感じとかやわらかさが表現できるのかなぁと思います」言われていましたけど
このフランちゃんは、そのお言葉通りに、ふんわりとやわらかいとてもかわいい雰囲気に仕上がっていると思います。

フランちゃんの公式の名言として「ギュッとしてドッカーン」があるのですけど、こんなかわいいフランちゃんだったら
後ろからギュッ!と抱きしめてあげたくなってしまいそうですねぇ~(汗・・)
だけどそんな事をフランちゃんにした瞬間に咲夜さんのナイフが飛んでくるかはたまたレミリア様の運命操作能力によって
即効で地獄に叩き落されちゃいそうですね・・
フランちゃんのこのいかにも「妹様!!」みたいなかわいらしいオーラとこの笑顔とミニスカートのフリルの充実さや
絶対領域の素晴らしさは圧巻ですね!
そしてやはり淡い色彩としてのこのふわっとした優しいフランちゃんのこの表情にとっても癒されますね!








img003_convert_20140321183858.jpg







続きましてアミグリさんが2014年3月に描かれた「モノクロアナログのフランちゃん」です!

アミグリさんのイラストの主流は言うまでもなくデジタル作品なのですけど、たまに描かれるこうしたアナログ作品も
すてきな味わいがあると思います。
やはり「手作り感」とか「温かさ」がいつもより少し強めに感じられたりもしますね。

だけどアナログ作品以上に大変精緻な作品であり、このフランちゃんのフリルは大変細かいところまで
とても丁寧に描かれている点が「すごいなぁ・・」と改めて感じたもします。
そして片目のフランちゃんとか後ろで手を組んでいて、どことなく思わせぶりな雰囲気も漂っていると思います。

このフランちゃんは何をしようとしているのかな・・?

もしかしてフランちゃん自身がなにか手作りしたマフラーとか手袋等をお姉さまのレミリア様にプレゼントしようとして
もじもじと照れているのかな・・?
それとも目の前にはこいしちゃんがいて「一緒に私と遊んで・・」と言いたいのだけどなんか照れてしまって
思うように言えない・・みたいなどことなく「少女の恥じらい」みたいなものも感じさせるすてきなアナログ作品だと
思います!
白黒だけど、背中の羽やお顔がちょっと恥じらいで赤く染めている様子もとてもキュートに描かれていると思います。








huranarpk_convert_20130622162729.png







続きましてアミグリさんが2013年6月に描かれたフランちゃんです。

「このフランちゃんはその②~③のフランちゃん比べると少し雰囲気が違うのかも・・?」とお感じになった方は、私と同様に
既に立派なアミグリさんファンだと思います!
そして「使用されているソフトとか道具を変えたのではないの・・?」と推理された方は、既にアミグリさんマニア
なのかもしれないですね・・(笑)

そう! このフランちゃんは、当時アミグリさんが使用されていたソフトとは別のソフトを使用されていたとの事です。

「ファイアアルパカというフリー(無料)のソフトで描いてみました!
結構描きやすかったですが、普段SAIしか使わない私にとっては、やっぱりSAIが一番いいなぁという感じです。
たまに違うソフトで描くのも気分転換になって面白いですよね」
というのが掲載当時のアミグリさんのコメントなのですけど、
普段使用されているソフトを変えるだけで普段描き慣れているフランちゃんですらも、
見ている人たちに「なんか変わったね」と感じさせることが出来るアミグリさんのそうした手法と言うのはさすがだと感じます。
この事はこの一つ下の「塗り方を変えてみた」というフランちゃんにも同じ事は言えるのだと思うのですけど、
ソフト・画法の変化を即座に応用して自分のものにしてしまうアミグリさんは「やっぱりすごい・・」と感じてしまいますね!

全体的にはふんわりとしていて優しい雰囲気のフランちゃんだと思います。

そしてこのどこか「きょとん・・」としている表情もかわいいですね!

フランちゃんは吸血鬼の妹なんですけど、東方作品全体の「すてきなかわいい妹様!」でもありますから
「みんなの妹様」でもあります!
そうした意味においてこうしたちょっときょとん・・としているフランちゃんはまさにみんなのフランちゃんであり、
とっても愛らしいフランちゃんなのだと思います。







19713148_convert_20110620145330.png







続きましてアミグリさんが2011年6月に描かれました「デフォルメフランちゃん」ですっ!

いやいや、これは問答無用で「ゆるかわいい~っ!」としか言いようがないゆるゆるフランちゃんだと思います! (笑)

アミグリさんが普段描かれるフランちゃんはお目目ぱちくりが圧倒的に多いと思うのですけど、
この時はデフォルメ系と言う事で文字通り「目が点!」になっているのがとってもかわいいと思います~(笑)

なんとなくお人形さんっぽいというよりはおもちゃ玩具みたいなフランちゃんだと思います。

アミグリさんがたまに描かれるデフォルメ系は、咲夜さんとかちびっこ霊夢とかちびっこ魔理沙とかチルノや妖夢なども
とてもかわいくて指でツンツンしたくなってしまいそうなゆる可愛らしさがありましたけど、
このフランちゃんも同じですね~!

「こいつう~」とか何とか言って指で思わずつんつんしたくなってしまいそうです・・(笑)








darkhuransan_convert_20120617125419.png








続きましてアミグリさんが2012年6月に描かれたフランちゃんです。

上記のフランちゃん(築に冒頭のピンクのドーナッツフランちゃん)やこれまでのその①~その③までの
アミグリさんが描かれたフランちゃんを見た限りにおいては、例えばですけどこれまで一度も東方やフランちゃんを
見たことがない人達がそうしたフランちゃんを見てしまうと
「このフランドールというキャラはなんてかわいくてあどけない幼女なんだ! これは今すぐ妹にしちゃいたい!」と
思われる方もいらっしゃるのかもしれないですけど、
改めて記すと、フランちゃんは実は「悪魔の妹」というのが公式の二つ名の一つであり、姉のレミリア・スカーレットと同様に
「吸血鬼」という種族でもあったりします。
レミリア様が人間を襲ったり人間の血を吸うけど吸い方が下手くそなので服を血まみれにしてしまうという設定は
公式でもちゃんとあったりするのですけど、レミリア様の妹のフランちゃん関しては、
いかにもそうした吸血鬼らしいエピソードはほとんど出てきません。

だけどフランちゃんはやっぱり畏敬の対象の吸血鬼である事だけは間違いないのですけど、
そうしたフランちゃん=吸血鬼である事を改めて私達に提示してくれた作品がこのフランちゃんであるような気がしてなりません!

確かに上記のフランちゃんは、まさに「吸血鬼」です!

見た瞬間に「これまでのかわいい作風のイラストとは明らかに違う!」と感じさせてくれていると思いますし、
かわいいだけのフランちゃんだけではなくて、こうやっていかにも吸血鬼の妹に相応しいフランちゃんをちゃんと描いているのは
アミグリさんの一つのフランちゃん愛なのだと思います。

確かにこれまでのフランちゃんと比較すると異色なものは感じますけど、
たまにはこうしたいかにも吸血鬼らしいフランちゃんを拝見させて頂くのもいいかもしれないですね~!
レミリア様の妹に相応しい「これぞ吸血鬼の妹!」に相応しい一枚だと思います。

全体に少し厚塗りっぽい雰囲気がこの「異様感」を更に醸し出していると思いますし、
可愛いだけじゃない「吸血鬼としての恐怖感」という素敵な「多様性」を見事に表現されていると思います。

異色だけど逆にそれだけインパクトが強い一枚だと思います。








hapi-huran!!!_convert_20140422175804.png






続きましてアミグリさんが2014年4月に描かれたフランちゃんです。

このフランちゃんはかなりインパクトがあるようにも感じられますし、「かわいい」という印象の他に
「今までの作品とどこか違うのかも・・?」という印象を持たれている方もいらっしゃるのでは・・?と思います。

そうなんですよ!

このフランちゃんは、実は塗り方を変化されていたのです!

それは「グリザイユ画法」と言うグレースケールで影を付けた後オーバーレイで着色していく塗り方との事なそうですが、
やはり上記までのフランちゃんとはどこか違うような雰囲気は間違いなくあると思います。
ちょっと怖い吸血鬼とまでは行かなくとも、それに近いような
「ほんのちょびっと怖いようなフランちゃん」がここにはいるように私には感じられます。

画法・塗り方を変化させただけでフランちゃんという「素材」をここまで素敵に変容できるアミグリさんの絵師としての
腕の確かさに敬服しますし、
塗り方を変えるだけでここまで素敵な変化を立派に表現されている点は
「すごいよなぁ・・」としみじみ感じてしまいますね。

それと、一つ指摘をさせて頂きますと、このフランちゃんにはアミグリさんにしては珍しく「牙」を描かれています。

この辺りもさり気ない表現なのですけど、改めてフランちゃんは「おっかない吸血鬼の妹」であるという事を
改めて私たちに提示しているようにも感じられます。







kinene-hurando-ru-kahitu_convert_20171228221215_convert_20180109075055.png




さてさて、5週に渡って展開をさせて頂きました「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」ですけど、
上記の2017年12月に描かれたフランちゃんをもって一旦お開きとさせて頂きたいと思います。
冒頭で書いた通り、当ブログでは今後もずっとずっとアミグリさんが描かれたフランちゃんは転載&ご紹介を
させ続けて頂きたいと思います。

このフランちゃんは健康的で明るい少女とか「美しさ」・「すてきな紅魔館のちっちゃなレディー」が
見事に表現されていると思いますし、ここには一人の「何の穢れも無い素晴らしい美少女」がいるのだと思います!

アミグリさんが意図的に背景を描かれた無かった事で、むしろフランちゃんの羽の美しさとか七色のクリスタルの輝きも
存在感を高めているようにも感じられます。

アミグリさんが描かれたフランちゃんの最大の代表作と言うとやはりあの2013年10月のあの「紅茶フランちゃん」だとは
思うのですけど、私は2017年12月のこのとてもすてきな美少女フランちゃんも大好きです!
私自身はアミグリさんを代表するフランちゃんの一つだと確信をしておりますし大好きなフランちゃんの一つです。
この華やかで鮮やかな色彩感覚も賞賛に値するものがあると思います!
赤と白がメインの色彩で色彩としては常識的なものだと思われるのですけど、単なる紅白というのではなくて
「鮮やかさ」を見ている人に間違いなく伝えているのは、やはりアミグリさんのすてきな「色彩感覚・バランス感覚」の
為せる業なのかもしれないですね。
このフランちゃんは幼女という感じではないし、美少女という雰囲気も飛び越え、紅魔館のすてきなレディーみたいな
感じすらあると思います。
霊夢のような大きめ赤いリボンもとてもよくお似合いだと思いますし、
白ニーソと絶対領域の美しさにも思わず息をのんでしまいそうです・・!

上記のアミグリさんが描かれたフランちゃんは、その権利は全てこのフランちゃんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、今回の一連のフランちゃんイラストの転載とご紹介を快諾して頂きました事に改めて感謝申し上げたいと思います!

皆様の中で「こんなすてきな椛を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

最後に今一度宣伝になりますが、
本年度、2018年は、アミグリさんにとって大変メモリアルな年になる事と思われます。
アミグリさんのブログ dream fantasy
今年の3月17日に「ブログ開設10周年」という大変大きな節目を迎えられますし、
そしてpixivに登録して10年目、東方ファン歴10年目、3月24日のアミグリさんのお誕生日などなど…
2018年はまさに記念碑的な一年になるのだと思います!

当ブログはそうしたアミグリさんの記念イベントの際には何か少しでも貢献をさせて頂きたいと思っておりますし、
本年度もアミグリさんとdream fantasy
目一杯応援させて頂きたいと思っております!

そして当ブログにおいても間もなくですけど実は「東方カテゴリ記事」が通算400記事に到達します!

その到達時には、実は既にアミグリさんにとあるキャラのリクエストをさせて頂いておりまして、
そのすてきなキャラのイラストと共にその通算400記事到達も節目記事として掲載をさせて頂きたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

フランちゃんの特集お疲れさまでした。
印象に残ったのは、やはり色違いのお話ですね。格闘ゲームでもよくありますけど、2pカラーってのは、またいつもと違った感じになりますね。途中のモノクロは言うに及ばず。こうまで印象が変わるんだと驚かされます。

個人的には、2014年4月に描かれたものに、強くひかれました。しかしまあ、なんともいやはや、様々な作風をうまく使いこなして描かれるんだな、と感嘆のため息であります。

しかし、これらを紹介しているぬくぬく先生様にも頭が下がります。見事な特集記事でありました。東方記事400まで残りあとわずか、ということで、今後も様々な記事を紹介していただきたいと思います。
楽しんで拝見いたします^^

カラス様、ありがとうございます!

八咫烏(全力稼働中) 様


5週に渡る「アミグリさんの描かれたフランちゃん特集」にていつもすてきなコメントを頂き、
ありがとうございます!
色違いにとどまらず多彩なフランちゃんをお楽しみ頂けたことを嬉しく思います。

いやいや、私は別に何にもしていなくて、すごいのはこうした素晴らしいフランちゃんを描き続けているアミグリさんなのだと
思います!

どうかこれからも当ブログやアミグリさんの描かれたイラストをご覧頂けるように宜しくお願いいたします。

5週にわたる「フランちゃん特集」、毎回とても楽しみにさせていただいていました!
ひとつずつのフランちゃんイラストのご紹介文からはとても熱い想いが伝わってきました。

たぶん、私のイラストでこんなにも熱く語ってくださるお方はきっとぬくぬく先生しかいらっしゃらないような気がしますので、ぬくぬく先生の熱いご紹介文を読みながら顔はにやけていました…(笑)

私のイラスト愛と同時に、ぬくぬく先生のフランちゃん愛も十分に伝わってきましたので、とても心のこもった素敵な特集記事だったと思います。

私は、文章とかをあまり上手に書けないタイプなので、
素敵な文章をすらすらと書かれるぬくぬく先生がうらやましく感じます。

フランちゃんは、これからも描いていきたいキャラなので、描いていこうと思います!

アミグリ 様、こちらこそありがとうござい゛ました!

アミグリ 様


すてきなコメントを頂きまして感謝感激です!

いえいえ、あの「フランちゃん特集記事」はアミグリさんのフランちゃん愛溢れる多様なフランちゃんが
存在しないとありえない特集でありましたので、私の方こそアミグリさんには
「ありがとうございます」の言葉を真っ先にお伝えさせて頂きたいと思います。

私自身、実はそんなに文章書くのが得意な方ではないと思うのですけど(汗・・)
すてきなものに触れた際や感動した時とか
誰かに「これだれは伝えたい!」と感じた時だけはスラスラと書けてしまう傾向がありますので、アミグリさんの特集記事は
そうした事なのだと思います。

フランちゃんに限らず、東方に限らず、アミグリさんの描かれた作品はこれからもとっても楽しみにさせて
頂きたいと思います!

今回のフランちゃんたちはアミグリさんの線の綺麗さとかキャラクターの可愛さももちろんですけど、色で魅せてくれる感じのする作品がたくさんありますね…!
2枚目の青色フランちゃんは通常の色よりもおとなしそうとか引っ込み思案な妹のとうにも感じました。色の違いでそのキャラの別の面を描き出す技術というのがすごいですね。
中でも7枚目の2012年6月に描かれたというダークなフランちゃんが今回私としては一番衝撃を受けました。あんなに可愛いフランちゃんもやっぱり吸血鬼ですからこうした威圧感を纏った姿もまた合いますね。鋭く向けられる深紅の眼光が恐ろしくも美しいです…!

schwert 様、ありがとうございます!

schwert 様


今回もとってもすてきにアミグリさんが描かれたフランちゃんをとってもすてきなお言葉でお褒め頂き
ありがとうございます!
アミグリさんのイラストには時にこうした2Pカラー的手法を用いることもあり、それが遺憾なく発揮されたのが
2Pカラーのフランちゃん・こいしちゃんなのだと思います。
あのフランちゃん・こいしちゃんも「色遣いの面白さ」を私たちに見せてくれていましたけど、
今回のピンクフランちゃん・青色フランちゃんもそうした「絵師様の色遣いはすてきな魔法」である事を見事に
提示してくれていたと私も思っています。
赤霊夢・青霊夢もそうしたすてきな色遣いの変化の作品だと思いますけど、それ以上にこのフランちゃんは
色=魔法という事を見せつけてくれていたと思います。

そうそう・・2012年6月に描かれたというダークなフランちゃんは全体の中ではかなり異色の一枚なのかも
しれないですけど、アミグリさんは作品の中で「フランちゃんはやはりレミリア様の妹でその正体は吸血鬼」という事を
私たちに改めて提示してくれているのかもしれないですね~!
深夜にあの眼差しでフランちゃんに見つめられると、私も失神するかもです・・(汗・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4088-1485bf4d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |