3月10日は「さとり様の日」です! → アミグリさんが描かれた古明地姉妹のイラストを改めてここに転載をさせて頂きたいと思います。

4 0
本日、3月10日は「さとり様の日」です!

今年の東方人気投票でも8位に入賞し今年もベスト10をキープし、今年で3年連続8位という事は
これだけ人気キャラが多く、しかも毎年のように新しい作品と新キャラが登場する東方の世界の中で
8位をキープし続ける事というのは大変素晴らしい事なのだと思いますし、本日のさとり様の日と共に
さとり様に、不肖、このポンコツ管理人の私からも「さとり様、おめでとうございます!」と申し上げたい気持ちで一杯です!

本記事においては、さとり様の事を少しばかり語らさせて頂き、後半に当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy 」の管理人のアミグリさんが描かれた
さとり様とその妹のこいしちゃんの古明地姉妹の過去作品の中から、改めてここに転載をさせて頂き、
アミグリさんが描かれた古明地姉妹の世界を味わって頂きたいと思います。

さとり様は、言うまでも無くサードアイを通して相手の心を読み通す能力をお持ちの妖怪「覚=サトリ」なのですけど、
その能力がゆえに、管理を任された旧地獄に残存する怨霊・妖怪等から大変忌み嫌われ
基本的には地霊殿にひきこもられて生活をしています。
さとり様にとって相手の本音がサードアイを通してお見通し済ですし、
相手の心の本音が相手が喋らなくても全部分かってしまっているから、
そうしたさとり様の能力を知らないで、怨霊・妖怪・人間達がさとり様にいくら口でうまい事を言っても
結局はさとり様に見透かされてしまうだけという事で、他の種族の方々にさとり様は
「妖怪・覚に近づくとロクな事にはならない・・」という事で敬遠されてしまい、
同時に相手の心の深層・本音を会話をしなくても全部読解してしまうさとり様にとっては、相手が口にする「言葉」の
本音と建て前というものに嫌気が差されてしまい、
妖怪・怨霊たちにとっては自分達が何かを言う前に心の本音を既に把握されて手のうちを喋る前から読まれているさとり様は
「うっとうしい・・」以外の何者でもないという事なのかもしれないです。
そしてさとり様が厄介な点は、さとり様が読解した相手の心の本音・深層に潜む「過去のトラウマ」を精神攻撃したり、
その相手の得意技・必殺技を読解を通してコピーする事が出来てしまい、
相手に対してもそうしたコピー技をぶつけて戦闘も可能という事でもあります。
そりゃ、相手も嫌ですよね~!
さとり様と対峙すると過去の自分のトラウマを簡単に暴露されてしまいますし、おまけに自分の必殺技すらも
簡単にコピーされてしまい、自分の必殺技でもって自分自身に降りかかってくることになりますから、
そりゃ、さとり様が他の種族から敬遠されてしまうのもなんとなくわかるような気もします・・
そうした理由で、さとり様は人間というのか他者に対しては一切心を開いていません。
さとり様は「自分が他者から十分すぎるほど嫌われている」と自覚をされているからこそ、相手とのコミュニケーションを放棄し、
四季映姫様等閻魔たちから委託をされた旧地獄の管理をしながら基本的には地霊殿に引き籠られて生活をされています。

そしてさとり様には「こいしちゃん」という実妹がいたりもします。

こいしちゃんもさとり様同様、本来は妖怪・覚という事で、さとり様同様、サードアイを通して他の種族の心や本音を
読み通すことが出来る能力を元々有しています。
公式にはそうした描写はないですし私の勝手な脳内妄想ですけど、多分ですけどこいしちゃんは一定の時期において
お姉さまのさとり様と一緒になって妖怪・覚として旧・地獄の管理の仕事を手伝っていて、その際に
外界に行く用事もちょこちょこあったりして、そこで出会った人間や妖怪たちの表面的な言葉と心の奥底に秘められた本音との
あまりの違いに愕然としたのかもしれないですね。
そしてさとり様同様にこいしちゃんもそうした時代に相当嫌な経験をしてしまい、
「人なんてだ~れも信用できないし、人が発する言葉なんて信じる方がバカを見る」と悟ったのかもしれないです。
こいしちゃんに言わせると、
「人の心なんて見ても落ち込むだけで、良い事なんて何一つ無いもん」との事ですけど、
この言葉はある意味人間の「本質」をグサリと突いているような気がしますね。
それだからこそ・・・人の心を終始見続けていても良い事なんか一つも無かったさとり様とこいしちゃんという
古明地姉妹が外見のあのかわいらしい雰囲気とは違ってその内面はとてつもなく哀しく見えてしまいますね。

さとり様の「哀しさ」を妹の立場として常に間近で見ていたこいしちゃんは、
確かに自分もさとり様と同じく妖怪「覚」である事は分かっていながらも、
「こんな哀しい想いをするから私はこんな能力い~らないっ!」とさとり様が有し自分にも元々備わっている「サードアイ」を
自らの意思で閉じてしまい、その結果としてこいしちゃんは、他人の心を読み取る能力は失い、そして自らの心もぜ~んぶ
カラッポになってしまい、心が全く無く、何も感じず、そして他人からも認知・感知されない存在になってしまいます。
その結果として、こいしちゃんは、実姉のさとり様みたいな「私は誰からも嫌われている・・」みたいな感情は持たなくなった
代償として、誰からも「こいしちゃん」という存在が気が付く事も無くなり、
確かにあちこち自由に誰にも気かねする事なくフラフラと放浪する事は可能になったものの
誰も「こいしちゃん」という存在を意識することは無くなってしまったのです。

果たしてこれってどっちがいいのでしょう・・・?

1.人の心を読み取れる代償として誰からも嫌われてしまう

2.人の心は読み取れなくなったけど、誰からも自分の存在を意識されなくなり、結果的に無視されてしまう

うーーーん、その辺りは大変難しいものがあると思いますよね。
こいしちゃんって見た目はとにかく明るくてふわふわしていて可愛い感じが満載なのですけど、
実はこいしちゃんの内面では、そうした葛藤みたいなものがあったのかもしれないですよね。
逆に言うとそうした面倒な事を考えるのが嫌になったから、サードアイを放棄した代わりに「無意識」という能力を
得たと言えるのかもしれないです。

妹のこいしちゃんは、そうしたサードアイを自らの意思で閉じることで自分の心をカラッポにしていまいましたけど、
考えてみると、さとり様にしても「自分は全ての人たちに忌み嫌われている」と他者との接触を基本的には
絶っているという意味ではこいしちゃん以上に既に自らの心を閉ざされていると言えるのかもしれないですね。
二人の姉妹の違いはどこにあるのかというと、こいしちゃんは気まぐれに地上と地底をあっちへフラフラこっちへフラフラと
放浪しまくりの自由人なのですけど、さとり様は「姉」として、閻魔様から委託された仕事を不本意ながらも
やらざるを得ない・・という感じでもあり、
さとり様の本音の本音としては、こいしちゃんを本心から心配しながらも、その自由さが実は羨ましいと
感じているのかもしれないですね。
さとり様の本音としては
「自分だって本当はこいしのように心をカラッポにしてもっと自由に開放されたい!」とか
「こいしは、今現在は外界と地底をフラフラ放浪しながらも楽しんでいるようだけど、私もそういう自由さが欲しい!」とか
「全てを放り出してすべてを棄てて、場合によってはこのサードアイからも開放されて、
私も一人の妖怪としてもっと自由に振る舞ってみたい!」とか思われているのかもしれないですけど、
やはりそこには色々なしがらみというのか、妖怪・覚としての使命とか、長女としての使命とか
はたまた四季映姫様等閻魔様との「旧地獄をしっかりと管理せよ・・」という約束もあるし、
もしかしたら霊夢との間に「私たちはあなたたちをどうこうするつもりはないけど、その代わりに地霊殿異変の引き金になった
間欠泉の管理とお空の管理もきっちり行う」みたいな約束も交されていたのかもしれないですね。

つまり、さとり様は、妖怪・覚として、姉として、他の勢力との約束事やしがらみのために自由に振る舞うという事が
できない状況下に否応なしに置かれている訳でもありまして、さとり様にとっては、
「それは今更言っても仕方がない話・・」
「それが私に課せられた運命なのかもしれない・・」
「そうした哀しい想いをするのは私一人だけで十分! 私のたった一人の妹のこいしだけはせめてこいしのやりたいように
させてあげたいし、こいしにはこいしが昔感じていた嫌な想いはもう二度とさせたくない・・」という
事なのかもしれないです。

さとり様のあのもの哀しそうな表情とか「心、ここにあらず・・」みたいな憂いはどこからくるのかというと、
そうしたさとり様自身に元から課せられているそうした宿命に起因しているのかもしれないですし、
「私は、こうやって今日もこいしを心配しながらも地霊殿に引きこもり、お燐と共に旧地獄の管理をしないといけないし、
私はそうせざるをえないのだ・・」と日々思われているのかもしれないです。

そうした長女としての妹のこいしちゃんを心配する様子とか世間とのしがらみを不本意と感じながらも
「私が我慢する事で全てが丸く収まるならばそれはそれで仕方がないのかもしれないし、それが私の宿命」と感じさせるところに
私がさとり様に魅かれる大きな理由があるのかもしれないです。

さとり様の能力とは「心を読む程度の能力」なのですけど、もしもなのですけど、もう一人の妖怪・覚であるこいしちゃんが
何かの気まぐれでこいしちゃん自身のサードアイを開けて他人の心を読むことが再度できるようになった際に
こいしちゃんが何をするのかというと、やはり姉のさとり様の本心を見ることじゃないのかな・・?
これは私の脳内妄想ですけど、さとり様の心の本音は三つほどあり、
一つは実妹のこいしちゃんを心配していること、二つ目はこいしちゃんに地霊殿に戻ってきてもらいサードアイを開いて貰い
再度自分と一緒に旧地獄の管理の仕事をしてほしいという願望と
そして三つ目の願いとは何かというと、閻魔様との約束とか旧地獄の管理の仕事とか身内の事をきれいさっぱり忘れて
心をカラッポにした状態で幻想郷内を今日もフラフラと散策し、時に霊夢や命蓮寺メンバーや神子や秦こころと楽しそうに
過ごしていて、東方人気投票でも人気はうなぎ上り状態で今年で3年連続して霊夢・魔理沙に次ぐ3位をキープしている
こいしちゃんが心底うらやましくて
「私もこいしのように自由にフラフラ散策したいし、私はそんなこいしがうらやましかったぁーー!!」ということになるのかも
しれないですね。

そういう「こいしがうらやましかったぁー」というとなんだか思い出すのはフレッシュプリキュアのイースなのかもですね・・

イース(後のキュアパッション)が度重なる総統・メビウス様(→実は・・その正体はスーパーコンピューター)からの
「プリキュアを倒せ!」と言う命令を実行できず失敗に終わった責任を問われ、結果的に、管理国家ラビリンスから
「国民番号 ××番 イース殿 あなたの寿命は今日限りです。お疲れ様でした・・」という通達書を一枚
手渡されてしまうのですけど、そんな大切な事を「辞令」(?)一枚で終わらせられてしまうイースも何か気の毒でした。
そしてイースは、「一つだけ心残りがあり、それに対して決着をつけに行く」と
ラブとの決闘シーンという展開になるのですけど、あの時のイースの
イースの生涯としては恐らく最初で最後の心の本音・・・ラブに対しての「私はそんなお前が羨ましかった!!」と
イースの心の本音を吐露し、ラブとガチの殴り合いバトルをしていたシーンは大変印象的でした!!
あの時のイースの本音は「楽しい時に笑えて悲しい時には泣けてしまうラブの天真爛漫な素直さ」が心底うらやましかった
いうことになるのだと思うのですけど、
さとり様の心の本音ももしかしたらそうしたイースの心の本音に近いものがあるのかもしれないですね。

だけど、さとり様の場合は心の本音では「こいしがうらやましい・・」と思っていても、
こいしちゃんに無理やりサードアイを開けさせたり、あるいは地霊殿に幽閉させることもなく、こいしちゃんを引き続き
自由にさせたいようにさせてあげて、
世間のしがらみとか面倒なことは私がガマンすればすべてが丸く収まるのだからそれはそれで仕方がないのかも・・と
思われているのかもしれないですし、そこがさとり様の「優しさ」でもあり、私がさとり様に魅かれる理由の一つなのかも
しれないですね。

私自身は今年の東方人気投票の人妖部門の7枠の中では、今年もさとり様とこいしちゃんに一票ずつ入れさせて
頂きましたけど、今後も当ブログはさとり様とこいしちゃんの古明地姉妹をずーーーっと応援させ続けて頂きたいと
思います!

そしてここから先は、すでに恒例となっているのかもしれないですけど、dream fantasyの管理人のアミグリさんが描かれたさとり様とこいしちゃんの素晴らしいイラストの過去作品の中から
「名作アーカイブス」ということで、特に私がお気に入りのお二人のイラストを改めて
皆様にぜひご覧になっていただきたいと思います!









2016-3-satorisama-02-kakou-desu_convert_20160309214520.png







本日は「3月10日はさとり様の日」という事でもありますので、まずはさとり様のイラストを転載させて頂きたいと
思います。

上記のさとり様は、2016年の3月10日の「さとり様の日」に、私自身がアミグリさんにリクエストをさせて頂き、
描いて頂きました作品です。
実はこのさとり様にはもう一枚ヴァージョンがあり、こちらのさとり様は微笑まれておらず、やはり「心、ここにあらず」みたいな
せつない表情を浮かばれています。
私はどちらのさとり様も大好きですけど、
今回の転載イラストは、「微笑まれているさとり様を皆様に見てほしい」という思いからこちらのさとり様を選択
させて頂きました。

背景も素敵です!
窓から光がさーーーっと差し込むというのは、さとり様の閉じられがちでひきこもりがちのお心が
少しずつオープンになっていく・・みたいな事を示唆されていると言えるのかもしれないです。

上記にて「別ヴァージョンのさとり様も存在する」と記しましたけど、
窓なし別ヴァージョンの方の さとり様 も
是非ご覧になって頂き、
この二つのさとり様イラストの違いをご覧頂いてる皆様の感性から
何かを感じ取って頂けばとっても嬉しいです!!

→ さとり様

普段は「心、ここにあらず・・」みたいなせつない表情をされているさとり様ですけど、そうしたさとり様に
こいしちゃんじゃないけど「希望の灯」みたいな微笑みを加味された素敵なさとり様が
上記の窓ありヴァージョンのさとり様の中に内在しているような気もします。

妹のこいしちゃんが秦こころの「希望の面」を拾った事で、こいしちゃんに「他者から注目される事への快感」に
気が付いたという事に多少なりともお姉さまのさとり様の心にもどことなく
影響を与えてしまったみたいな事も示唆しているような雰囲気が漂っているイラストのようにも私には感じられます。

「心、ここにあらず・・」のさとり様の雰囲気ももちろん素敵ですけど、やはり女の子というものは、
アミグリさんが描かれたように笑顔とか微笑みの方がお似合いと言えるのかもしれないですね。

続きましてここから先はさとり様の妹のこいしちゃんのイラストをご紹介させて頂きたいと思います。

















上記のこいしちゃんは2016年5月14日の「こいしちゃんの日」に私がアミグリさんにリクエストをさせて頂いたこいしちゃんでして、
その意味でも私にとっては大変思い入れがイラストですし、
私もこのこいしちゃんがとっても大好きです!!

こいしちゃんの一つのトレードマークのあの帽子がふわ~っと飛んでいき珍しく帽子を被っていないこいしちゃんが
大変新鮮に感じられますし、
何よりもこのこいしちゃんは、どことなくですけど「ドルフィードリームの霊夢人形・チルノ人形」みたいな
繊細なフランス人形みたいな雰囲気も醸し出してくれているようにも感じられますし、
なによりもこいしちゃんらしい「可愛らしさ」が120%以上遺憾なく発揮されていて、本当に素晴らしいと思いますし、
見れば見るほどこのこいしちゃんに一目ぼれっ!という感じですね!!








kinenrikuekoisichan!!-0_convert_20171130185954_convert_20171203171311.png





当ブログは昨年12月25日にブログ開設以降通算4000記事到達を達成することが出来ました。
その際の記事において、皆様からたくさんのお祝いメッセージを頂けたことを改めて感謝申し上げたいと思います。

その4000記事到達を記念してリクエストさせて頂いた作品が上記のこいしちゃんだったのでした!

アミグリさんが過去に描かれたこいしちゃんには素晴らしい名作が揃っているのですけど、このこいしちゃんは
そうした「名作こいしちゃん」の仲間入りを見事に果たされたと思いますし、こうした名作こいしちゃんを
当ブログの節目記事の際に転載&ご紹介させていただくことが出来たのは私にとっても大変な喜びであり
「誇り」だったと思います。

こいしゃんのこの笑顔には見ているだけで私もニコニコとなってしまいますし、こいしちゃんからも「おめでとーー!」と
お祝いされたような気持になってしまいそうです!!
スカートのパラ模様と背景のバラの統一感も見事に調和されていますし、こいしちゃんが作るハートマークもとても可愛いですし
普段は閉じてあるサードアイも微笑んでいるのがとてもすてきだと思います。

上記のアミグリさんが描かれたさとり様とこいしちゃんの古明地姉妹のすてきなイラストは
その権利は全てこの古明地姉妹の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

まもなくですけど、
アミグリさんのブログ dream fantasy
3月17日に「ブログ開設10周年」という大変大きな節目を迎えられますし、
そしてpixivに登録して10年目、東方ファン歴10年目、3月24日のアミグリさんのお誕生日などなど…
2018年はまさに記念碑的な一年になるのだと思います!

当ブログはそうしたアミグリさんの記念イベントの際には何か少しでも貢献をさせて頂きたいと思っておりますし、
本年度もアミグリさんとdream fantasy
目一杯応援させて頂きたいと思っております!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」も
ぜひ一度ご覧になって頂ければ幸いです!

関連記事
ページトップ