FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


コンサートマーチ「テイク・オフ」は、1986年の全日本吹奏楽コンクール課題曲Dです。
このマーチの課題曲は当初から「とても楽しい曲」とか「聴いている方も演奏している方もどちらもハッピーになれる曲」として
大変評判もよく評価の高い曲だったと思います。
(この課題曲が世に出て既に32年も経過しているのですね・・私もそりゃ年を取る訳ですよね・・汗・・)
1986年の課題曲は四曲とも大変な名曲揃いであり、その年に提示された課題曲全てが名曲にして「吹いてみたい!」と
思わせる曲というのも長い吹奏楽コンクールの歴史の中では、どちらかというと大変珍しい年でもあり、
そういう年に当時はまだ現役奏者であった事に誇りのようなものを感じてしまいます。
だけど1986年当時に在籍していた母校の大学の吹奏楽団が選んだ課題曲は、
この四つの課題曲の中で唯一「聴く分にはいいけど演奏する側の立場としては実はあんまり吹きたくない」という
課題曲Bの「嗚呼!」でしたので、私としては、Aの変容かCの序曲のような内容の充実した課題曲をこの年は
吹きたかったものです・・(汗・・)
課題曲B/嗚呼!は、心の奥にある感情を表現した大変内省的な曲で、とにかく荘厳で吹くだけでなんか胃がギリギリ痛むような
曲だったと思います。

1986年の課題曲はA~Cの三曲がどちらかというと深刻な内容のちょっと重苦しい雰囲気の曲でしたけど、
その中にあって課題曲D/コンサートマーチ「テイク・オフ」だけは
とてもコンクールの課題曲とは思えないような楽しさ満点の曲であり、
こうした楽しい課題曲は、77年以降の課題曲としては1977年の「ディスコ・キッド」、78年のポップス変奏曲「かぞえうた」、
80年の「オーバー・ザ・ギャラクシー」以来だったような感じもあります。
今にして思うと、1989年の課題曲D/ポップスマーチ「すてきな日々」は、1972年の「明日に向かって」や
1974年の「高度な技術への指標」に始まるポップス系の楽しいコンクール課題曲の路線を86年のテイク・オフを挟んで
すてきに受け継がれていったようにも思えますね。

上記で記したとおり1986年の四つの課題曲はどれもこれも素晴らしい課題曲ばかりで内容も大変充実していましたが、
実際にコンクールとして演奏された際に、その人気度というのか演奏頻度に関しては
課題曲四曲とも適度にばらけて、極端な人気課題曲も不人気課題曲が出ず、
ある意味理想的な課題曲の年だったようにも思えます。
その中でも、このコンサートマーチ「テイク・オフ」の楽しさは抜きんでるものがあったと思います。

このコンサートマーチ「テイク・オフ」を最初に耳にした時にちょっと珍しいのかも・・と感じた点は、
出だしが非常にゆっくりとしたテンポで始まる点です。
大抵のマーチの課題曲は、冒頭から全奏者による快活な始まりというパターンが大変多いのですけど、
このテイク・オフの場合は、大変ゆったりとしたイントロが流れ、ここに乗っかる形でオーボエが大変美しいメロディーを
奏でていくのですけど、こうしたゆったりとした出だしのマーチは極めて珍しいと思えますし、このオーボエソロの部分が
思わずハッ・・と感じてしまうほど甘くて美しくてせつない響きであり、当時から大変印象的でした。
他にこんなゆったりとした出だしのマーチと言うと、確かに1984年の課題曲D/マーチ「オーパスワン」という先例もありましたけど
一つの管楽器をソロとして使っている点は大変珍しいものだと思いますしインパクトは大変大きいものがあったと思います。
冒頭がこうしたゆったりとした出だしの課題曲というと、他に印象に残っている課題曲のマーチとしては
2001年の課題曲Ⅰ「栄光を讃えて」が挙げられるとも思います。

テイク・オフの展開部は非常に生き生きとした展開であり、そのなめらかな感じがとても聴きやすいと思います。
この課題曲はホルンの高音域がちょっと大変かな・・?と感じる以外それほど技術的に難しい要素も無く、
そうした意味でも奏者にとっても聴衆にとってもみんながハッピーになれてしまう曲なのだと言えると思います。
中間部もたっぷりと歌っているし、ミュートを付けたトランペットもすてきなアクセントになっていたと思います。
この課題曲で面白いのは、ラスト近くで、トムトムがソロ的に大活躍を果たしてくれる箇所だと思います。
トムトムを入れないで小太鼓だけを叩いていたチームもかなりありましたので、楽譜上のトムトムは、
入れてもいいし入れなくてもいいし、その辺りは指揮者に任せるオプション扱いだったのかもしれないです。
私的にはトムトムは絶対に入れた方が良いと思いますし、入れた方が視覚的効果も大変高いように感じるのですけど、
中には野庭高校のように小太鼓だけの演奏ですけど、大変切れ味が鋭い演奏もあったと思います。
とにかくトムトムのあのソロは、それまでに管楽器が運んできたエネルギーをたった一人で受け止めて尚且つそれを一人で
思いっきり叩き返す必要がありますので、トムトム奏者は思い切りガツンとfffで叩く必要があるものと思われます。

「テイク・オフ」というと、離陸とか自立成長の可能な状態になる事を意味しますので、
言葉の意味とこの曲の雰囲気はピタリ一致しているような感じもありますね~(笑)

この課題曲は、全国大会でも素晴らしい名演がたくさん残されていますけど、私的には
就実・札幌白石・野庭・嘉穂・淀川工業・高岡商業・ブリジストン久留米の演奏が大変印象的です。
1994年の異常に課題曲が難解で長い年の際に四国代表の伊予高校の自由曲は、このコンサートマーチ「テイク・オフ」であり、
全国大会で再度この楽しい課題曲が聴けるとは夢にも思わなかったのであの時はすごく嬉しかったですし懐かしかったです!
演奏自体は上甲先生のかなりクセのある解釈が強調されていて、メロディーラインを意図的に切っているかのように
リズムをわざとぶった切ったような箇所があったのは好き嫌いが分かれるのかもしれないですね。
だラスト近くのトムトムはしっかりと決まり、とても気持ち良かったです!

上甲先生は1986年から伊予高校を指揮されていましたし、1986年も伊予高校は全国大会に出場されていて
ローマの祭りを大変新鮮な感覚で響かせてくれていて、曲の隅々にまで
「自分たちはこのような意図でこのようにこの曲を響かせたい!」という意図や叫びが伝わっていて
とても気持ちの良い好演でした!
あれれ・・考えてみるとそれでは伊予高校の上甲先生は、コンクールマーチ「テイク・オフ」という曲に関しては
1986年に課題曲として演奏をしていて、1994年に自由曲としても演奏していたという事になります。
同一演奏団体で同一指揮者において、同じ曲を課題曲としても自由曲としても演奏した事があるというのは、
多分ですけど伊予高校の上甲先生以外はそうした実績は無いのかもしれないですね。
これはこれで案外凄い快挙なのかもしれないです!
ちなみにですけど、1994年の例のあの異常に長大で難解な課題曲の年において、吹奏楽連盟の見解としては
「この年は出来れば自由曲はマーチを選曲する事が望ましい」と言われていましたけど、
全国大会の高校の部において吹奏楽連盟のこの見解を遵守したのは四国代表の伊予高校と高松第一高校だけで、
しかもこの両校の評価は銅賞と言うのもなんだか皮肉なものがあるのかもしれないですね・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

母校もその課題曲で中国大会まで出場したようです。
自分が入学する以前の当時のメンバー(OB方)でオーボエ吹きは存在しなかったときいておりました。

そこのソロをどのようにしたのか気になります。

どこかでオーボエを借用したうえで
誰かがソロの部分だけ持ち替えたのか、
ソプラノサックスかクラリネットかミュート付きのトランペットでこっそり代用したのか、
実際には存在したオーボエ吹きがコンクール後に途中退団したのか…

真相は闇の中。

テイク・オフ

某大学の卒業生 様


BJのバックナンバーで見た所、1986年の自由曲はコープランドの「戸外のための序曲」で、
あの長大なトランペットのソロは聴かせどころだったと思います。

テイクオフの序奏のあの美しいオーボエソロは、県大会の小編成部門でオーボエがない学校の演奏を見た限りでは
あの場面はクラリネットが代用する事がほとんどでした!
そんな訳で多分ですけど母校もクラリネットで代用していたと考えるのが自然かなと思います。

実際に演奏を聴いてみてもクラリネットで代用しても全然違和感ないですよ~(笑)

テイクオフ・・・いつ聞いてもいいですよね。
Fastに入ったところとTrioのクラがたまらなく好きです。
ラストですが私はトムトムなしが好きなんですね、なぜかというと
トムトムのピッチが気になるから。

1986年は本当に当たり年でしたよね!
ただ中学の地区大会レベルでは他が難しすぎてほぼこれ1択だった記憶があります。ソロはほとんどクラがやってましたね。
当時はまだまだ地区レベルではオーボエない団体多かったですからね。

いつまでも演奏される名曲ですよね。

母校の課題曲でした。

今更ですが、明けましておめでとうございます(笑)。本年もよろしくお願いいたします。
高3時に中学の母校の課題曲でしたが、私が在学中から中学校Cクラスという小編成部門に出場してましたので、当時は当然オーボエなどなくクラリネットで代用してました。
聴かせどころは中間部ホルン・ミュートを装着してのトランペットの裏メロディ(大きい音で演奏しろ!という人もいれば、木管楽器の裏手に徹してあまり大きい音出すなという人といましたね)・ラストの金管楽器のタンギングとスネアドラムだと思いますが、緊張でミュートを外すタイミングがよくなかったのか、次のトランペットが「ビャー、ビャー」になってたところ多かったですね……。
母校は工夫してミュートを太ももと椅子の間に挟めたり、同じ曲だった全国経験がある湯沢南中は1stだけミュートを外して床に置いて、2ndと3rdがミュートを片手で持ちながら吹いたりと工夫するのしていました。もちろん効果はありました。ラストも倍以上のテンポ速く演奏して直後にどよめきが起きた記憶があります。
ひとつ残念だったのは、確か秋田からこの曲が課題曲だったところからは県代表ゼロだったはずです。。。(少なくとも中学と高校では)
吹いた経験はありませんが、間違いなくよい曲だと思います。

テイク・オフ

まったく 様


1986年の課題曲D/コンサートマーチ「テイク・オフ」は素晴らしい名曲だと思いますし、聴いている方も奏者も
みんなハッピーになってしまう楽しい曲だと思います。
ラスト近くのトムトムは視覚的効果も抜群で、見ているだけでスカッ・・!とするものもあったと思います。

県大会の小編成や地区予選では、結構序奏のオーボエ無し&クラリネット代用のチームがありましたけど、
違和感は全然無かったと思います。
最近のチームは小編成ですら、オーボエ・ファゴットは当たり前のように入っていますから、これも時代の変化なのかも
しれないですね。

1986年の課題曲

一秋田県民 様


改めてですけど本年度もこちらこそ宜しくお願いします!

当時の小編成チームですとオーボエ・ファゴットが無いのは普通でしたので、序奏のオーボエをクラリネットで代用していたのは
当たり前の光景だったと思います。
中間部の金管ミュートは個人的には目立たないさりげない感じの方が好きだったと思います。

それにしてもこの年の課題曲は大当たりで、マーチも素晴らしかったけど変容も序曲も内容的に大変充実していたと
思います。
この年の東北大会の高校の部も生で聴かさせて頂きましたが、花輪の変容が素晴らしかったですし、小林先生節が全開でした!
秋田南の序曲と自由曲の交響三章は東北大会の時の方が圧倒的に良くて
普門館ではプログラム2番のせいなのかちょっと硬くてこじんまりとなってしまったのが勿体無かったです・・

いい曲

学生時代やりました。そして最近、ひょんなことからyoutubeで聴いたりしていたのでタイムリーな記事でした。オーボエのソロと、曲の後半のミュート付きトランペットが面白いですね。

文字通りすてきなコンサートマーチですね!

sankichi1689 様


この年の所属チームの課題曲が「嗚呼!」でしたけど、このコンサートマーチ「テイク・オフ」もとてもすてきな課題曲だと
思いますし、聴く方も演奏している方もハッピーな気持ちになれるすてきな曲だと思います!
こうしたすてきな曲を演奏できたのは素晴らしい思い出だと思います。

序盤のオーボエソロは大変美しい響きが印象的でしたし、後半のTpのミュートやトムトムの叩きつけも
大変充実していたと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4081-c5ba5530
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |