FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


前回の「小悪魔 その①」の続きです!

というか・・東方の「小悪魔」なのですけど、前回のその①で書いた通り、
公式において「東方紅魔郷」の4面中ボスという設定以外特に情報も無いですし、そのバックボーンも明らかにされていませんし、
大妖精共々東方において珍しい立ち位置とも言えるボスキャラなのに名無しキャラという事で、
公式設定も名前も何も無いキャラという事で、小悪魔に関しては正直書く事がほとんど無い・・という
事なのだと思います(汗・・)

そんな訳で今回は私の小悪魔に関する脳内妄想を少しばかり書かせて頂き、後半にその①同様、
dream fantasyのアミグリさんが過去に描かれた小悪魔を
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

昨年の咲夜さん語りの中の「咲夜さんは紅魔館の実は人事部長・・?」という記事の中において、
咲夜さんが紅魔館にお仕えするメンバーの中で、美鈴よりも年下で勤続年数が短いという事は何を意味するのかと言うと、
「それでは咲夜さんが紅魔館のメイド長に就任するまでは一体誰が紅魔館を取り仕切り、レミリア様のわがままに
お付き合いしていたのか!?」という疑問が必然的に生ずるという事を示唆しているという事を書かせて頂いたと思います。

昨年の記事において、あの記事を掲載した時の私の見解としては、
「咲夜さん着任前の紅魔館のメイド長というのは実は美鈴じゃないの・・?
咲夜さんのメイド長の前任者って実は美鈴じゃないの・・?」みたいな事を書いていたと思います。
パチュリーさんはそうした厄介で面倒な「メイド長」みたいな仕事を引き受けるとは到底思えませんし、
居候なんですけどパチュリーさんが多忙極まるメイド長の仕事をこなせるとは全然思えないですからね。
そして美鈴自体も本来は、武闘系の妖怪ですし、中国4000年の歴史の賜物ともいえる中国拳法の使い手でも
ありますし、腕っぷしにはかなりの自信を持っていると思いますので、そうした武闘系の妖怪に
メイド長のような仕事を押し付ける事もなんだか不自然という感じもありそうな気もします。
そうした消去法で考えると、咲夜さん着任前の紅魔館のメイド長はそれでは一体誰なんだ・・?という事だと思うのですけど、
紅魔館は実は人材が数的には大変豊富と言うのか、紅魔館に棲み付いている皆様の中にはかなりの数の妖精メイドも
存在していますし、はたまた上記の「小悪魔」という存在もいたりもしています!

阿求の見解として、「紅魔館に住み込みで働いている妖精メイドは大半が役立たずで、自分たちの食事や洗濯といった
身の回りの世話だけで精一杯で、とてもじゃないけど紅魔館の仕事をこなせるとは思えない」みたいな事を書いては
いるのですけど、東方三月精においては、きちんと妖精メイド達が紅魔館で働いているのが確認されていますし、
東方儚月抄において、パチュリーさんが設計した月に向かうロケットを実際に現場で製作していたのは、
その妖精メイドたちでありますので、意外と妖精メイドの能力は高いのではないかというのが私の見解でもあったりします。
そうした観点から考えると、咲夜さん着任以前には、そうした紅魔館内の妖精メイドが当番制みたいな感じで
その日の紅魔館メイド長を交代交代で日替わりで務めていったようにも感じられます。
妖精メイドが阿求から「役立たず」という烙印を押された背景としては、阿求がこの世に産まれて以降の紅魔館には
既に咲夜さんがメイド長を務めていましたし、紅魔館の仕事は優秀なメイド長の咲夜さんが
妖精メイドを別に使わなくても一人で十分切り盛りできるレヴェルに達していましたので、妖精メイドとしては
「別に自分たちがあくせく働かなくてもメイド長の咲夜さんがぜんぶやってくれるから、うちらはそんなに
頑張らなくてもいいよね・・」という雰囲気が支配的なのかもしれないですよね・・

更に視点を変えてみると、咲夜さん着任以前の紅魔館には、パチュリーさん・美鈴・妖精メイド以外に
「小悪魔」という存在もいる事をここで改めて指摘をさせて頂きたいと思います。
小悪魔は公式でもほとんど設定とか活躍もないものでして、あくまで想像でしかないのですけど、
紅魔郷4面中ボスという立ち位置とかあの雰囲気から垣間見るとなんとなくですけど印象としては
「少なくともチルノみたいなポンコツちゃんではないよね・・」という感じなのだと思いますし、さすがに咲夜さん程度は無理としても
ちょっと指導したら十分に紅魔館のメイド長を担当する程度の能力は持っていそうな感じもあると思います。
そして小悪魔の雰囲気はなんとなくですけど「真面目そう・・」みたいな感じでもありますので、紅魔館のメイド長という
役割もなんとかスレスレセーフという感じでこなせそうな予感もあったりもします。
だけど咲夜さんが紅魔館に着任以降は、小悪魔ももしかしたら肩の荷が下りたという感じだったのかもしれないですし、
同時に「あれれ・・これで私は紅魔館をクビになってしまうの~!?」と思ったのかもしれないですけど、
パチュリーさんがレミリア様に「それだったらあの小悪魔を自分の地下の大図書館の整理整頓を担当する
司書として採用して欲しい」と懇願したかもしれないですし、結果的に司書として採用されたことで
小悪魔はパチュリーさんに対しては特別な恩義を感じているのかもしれないですよね!
普段小悪魔がなかなか登場してこない背景として、普段の大図書館内の整理整頓とかあまりにも膨大な数の書籍の
登録管理に追われて、中々地下から出て外に出る時間が無いという事があるのかもしれないですね。

前回のその①にて小悪魔と悪女の違いとか「魔性の女」について少し触れさせて頂きましたけど、
「ご注文はうさぎですか?」において「魔性の女の相がある」と言われていたのは、実はシャロやリゼではなくて
ごちうさの中では天然素材のボケ役のココアと千夜の二人というのも面白いギャップがあったと思います~(笑)
千夜の性格は基本的にはおっとりとした雰囲気を持つ大和撫子そのもので温和なキャラなのですけど、
本人がかなりの天然気質であることが災いして悪意こそはないが周囲に被害が及ぶことが多々あり、
幼馴染の気安さゆえにシャロをいじって面白がるSっ気を持ち合わせている面もあり、こういう千夜を見てしまうと
「魔性の女」とか「小悪魔」という雰囲気がごちうさで一番似合うのは千夜なのかも・・?と思ってしまいますね・・(笑)

そして東方の小悪魔になんとなくですけど雰囲気というか感性が似ていそうなのはやっぱり千夜なのかな・・?と
感じたりもしますね。















ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
今回は小悪魔という事であくまで「小特集」という事で、アミグリさんが描かれた3枚の小悪魔のイラストを転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。
この3枚の小悪魔は当ブログでは初転載のイラストでもあります!

まず最初の小悪魔はアミグリさんが2010年10月に描かれた作品です。

掲載当時のアミグリさんのお言葉を引用させて頂きますと、

「東方projectの小悪魔です。
いつもと違う塗り方にしてみました。
めっちゃ時間かかったw
背景ないほうがキャラが引き立ちますね!
こんなに時間をかけて塗ったのは久々です。」との事です。

上記のイラストはその①とその②で転載させて頂いた小悪魔の中では最も古い作品なのですけど、
作風としては何となくですけど、前回のその①で転載させて頂いた2013年4月に描かれた小悪魔の雰囲気に
近いものがあると思います。
両者の共通点は「濃い色彩」なのだと思います。
幾分濃い色彩の赤い髪と服装のちょっとダークな雰囲気が小悪魔ではなくてレミリア様のような悪魔っぽい雰囲気を
醸し出しているようにも思えますね!
そしてこの小悪魔の瞳の雰囲気は、2013年4月のあのイラストのように力強さを感じさせくれていると思います。

力強いし色彩が濃厚な雰囲気なのにかわいらしさも感じさせてくれるのはアミグリさんらしい絵なのだとも
感じさせてくれていると思います!







mini-koa_convert_20130523162639.png






続きましてアミグリさんが2013年5月に描かれたデフォルメされた小悪魔です。

デフォルメ小悪魔もとっても可愛いです!

ジャンパースカートみたいな衣装とかネクタイとか
羽の雰囲気もゆるい雰囲気なのですけど、
少しとぼけたような感じの小悪魔が新鮮に感じられて指でつんつんしたくなってしまいそうなゆる可愛らしさがあると思います!

この小悪魔を掲載当時のアミグリさんのコメントは
「背景は少しでも華やかな雰囲気にしたくて青とかも混ぜました」との事ですけど、
背景の青・紫・水色・黄色の水玉模様もとてもカラフルだと思いますし、この背景のカラフルさが
ゆるい雰囲気の小悪魔ちゃんを巧みに演出していると思います。







meidokoakumasan_convert_20130227151318.png






続きましてアミグリさんが2013年2月に描かれたメイド仕様の小悪魔です!

掲載当時のアミグリさんのコメントを引用させて頂きますと、

「東方projectの小悪魔描きました
メイドさん仕様です!
いつもと塗り方変えてみました☆」との事です。

小悪魔の元々の設定衣装が図書館の司書みたいな制服+ネクタイ仕様ですので、
ここでメイド服に衣装チェンジを果たされたとしても全然違和感が無いと思います! (笑)
いやいや、違和感がないどころかメイド服を身に纏った小悪魔はとてもメイド服がお似合いだと思いますし、
とてもかわいいと思います!!
掲載時のアミグリさんは「淡い色彩時代」という事で、2010年10月と2013年4月に描かれたあの濃い色彩の小悪魔と
かなり印象が異なり、意志の強さ・カラフルさというよりは、小悪魔のマイルドさ・かわいらしさの方を
全面に出されているのが大変印象的です。
このメイド服のふわっとした雰囲気とか白いエプロンとかこの笑顔とかフリルの可愛らしさとか
絶対領域の素晴らしさとか本当に素晴らしい小悪魔だと思います。

前半の話の中で「実は小悪魔=咲夜さんが着任する前の紅魔館メイド長説」みたいな事を記しましたけど、
実はなのですねぇ・・
どうしてそんな妙な脳内妄想を湧き起したのかと言うと、アミグリさんが描かれたメイドさん仕様の小悪魔を見たからです!(笑)

アミグリさんの作品は過去作品も最近の作品も含めて 「メイドさん」をテーマにした作品が結構多いと思いますし、
そのメイドさんがオリジナル作品でも東方といった版権作品のコスプレ化もどちらも 本当に素晴らしいと思います!
オリジナルメイドさんでは、ラブリーとスイートがとっても印象的でしたし、
昨年描かれた作品の中では「和風メイドのこいしちゃん」も素晴らしかったですし、
本家本元のメイドさんの咲夜さんのイラストも最高でした!!

だけどこのアミグリさんが描かれたこの小悪魔メイドさんもとってもとっても可愛くて私はとっても大好きです!!

こういう可愛いメイドさんだったら、紅魔館に数多くいる妖精メイドに混ざっても全然違和感ないと思います!

上記の小悪魔のイラストは、その権利は全てアミグリさんに帰するものであり、
当ブログでの転載はアミグリさんからのご厚意とご了解の下転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

今週土日の当ブログの記事ですけど、両日ともトップ記事は東方関連です!

2/3(土)は東方ねんどろいどキャラのレビュー記事の予定で、
2/4(日)は先週に続いて「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」ですっ!

今度の土日も是非是非当ブログにお越し頂けるととっても嬉しいです!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

やはり名無しキャラっていうのは、色々と妄想が働きますよね。神秘的といいますか、カリスマといいますか。しかも、こうやってアミグリさんの絵を見ると、実にかわいらしい。これは気にならないほうが不思議であります。
確かに妖精たちと違って賢そうにも見えますから、取り仕切るような役割もできそうな感じ…。
将来的に、このキャラクターがまた注目を集めることがあるんですかね~^^

小悪魔はいまだに公式の情報がなさ過ぎますけどなんとなく真面目さんみたいなイメージがありますよね。咲夜さんと同じポジションでお仕事をしていても違和感ないかもしれません。
でもレミリアお嬢様のわがままのお相手は咲夜さん以外にはこなせそうにない気がしますw

アミグリさんの描かれたメイドさん小悪魔がとっても可愛いです!メイド服もすごく似合っていますし笑顔の眩しい頑張りやさんメイドみたいにも見えますね。見てる側としても応援したくなるようですw

こいしちゃんだって・・

八咫烏(全力稼働中) 様


名無しキャラでもアミグリさんの大妖精・小悪魔のように可愛く描かれるとなんだかとてつもない愛着が
湧いてきそうですね!

小悪魔も今はまだ注目が低いのかもしれないですが、今や人気大絶頂のあのこいしちゃんだって、登場間もない頃は
全然注目もされず「こんなキャラいたっけ・・?」という扱いでしたけど、
今や世界のこいしちゃんですからね~!

待っていればそのうち小悪魔にだっていい事があるのかもしれないですね・・(笑)

メイド服は絶対的正義なのかも・・!?

schwert 様


小悪魔って三月精・儚月抄の公式漫画でもお茶くみ役として登場もしていますけど、あの雰囲気を見た限りでは
ご指摘の通り真面目でそつなく仕事はこなしそうといった雰囲気もあるのかなと思います。
だけどレミリアおぜうさまのあのわがままとフランちゃんを日常的にあやせるた御方というと咲夜さん以外は
該当なしという感じなのかもしれないですね~(笑)

だけどメイドとしての小悪魔も公式として見てみたい気もしますね・・(笑)

メイド小悪魔っぽい雰囲気というとアミグリさんが描かれた前回と今回のあのメイド風の小悪魔は素晴らしいと
私も思います!
メイド服がよく似合う悪魔の種族というのもヘンな話でもあるのですけど、そういう非常識なところが
幻想郷の大きな魅力でもあると思いますね~!

やっぱりメイド服というのは、天使が着ても悪魔が着てもよく似合う絶対的正義がありそうですね!

こんばんは。

小悪魔さん特集の2回目ですね。
今回も素敵なイラストで・・・ 1枚目と3枚目の違いなど、堪能させていただきました。

もし、小悪魔ちゃんが現実に存在しているとしたら、列車に乗って少し離れた町の図書館まで行っちゃおうかな・・・?


冬音 様、ありがとうございます!

冬音 様


今回もアミグリさんの描かれた小悪魔をお褒め頂きありがとうございます!

一枚目はかなり初期の作品と言う事で濃いめの色彩感で表現されていて、二枚目は「淡い色彩の作風時代」と言う事で
両者の違いにお気づき頂けたことをとても嬉しく思います。

小悪魔は悪魔と言う名前はついていますけど、これは正式名称でも何でもない愛称みたいなものですので、
図書館司書みたいな役割と言う事で真面目な性格とも言えるのかもしれないですね。
こうした小悪魔ちゃんと閻魔様のようなあい様が二人旅をされたら、とても面白いものがありそうですね! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4080-9796a0f4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |