FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


世の中の女の子の中には、小悪魔みたいな女の子とか魔性の女みたいな子もいるようですけど、
悪魔と小悪魔ってどこが違うのかな・・・?
悪魔とは本当に悪い女で、俗にいう「悪女」みたいなものなのかもしれないですね・・
小悪魔とはちょい悪がちょっとした魅力になっている女の子という感じで、ちょっと計算高いのが特徴なのかな・・?
魔性の女とは一言で言うと天性というか生まれ持った「天然素材」でなぜか男を虜にしてしまう魅力を持った女の子
のような印象もあったりしますね。

悪魔は悪魔でもキャンディーズが歌っていたのは「やさしい悪魔」です・・(笑)
キャンディーズというと、春一番とか暑中お見舞い申し上げますとか年下の男の子とかハートのエースが出てこない等が
代表曲なのかな・・?とも思うのですけど、私の中ではこの「やさしい悪魔」がキャンディーズの楽曲の中では
一番大好きです!
そう感じているのはどうやら私一人ではないようでして(汗・・)
次期総裁候補とも反安倍の急先鋒としても知られる石破茂も大のキャンディーズファンのようでして、
「やさしい悪魔は音楽的に完成度が一番高い名曲」ととあるインタビュー記事で応えられていたのが大変印象的でした!
ちなみにキャンディーズ自身も「やさしい悪魔」を「私たちの代表曲」とも話しているそうです。
私が中学・高校の時、吹奏楽にアレンジされた「キャンディーズメドレー」とか「ピンクレディメドレー」は、
文化祭とか地域の街コンとかポップスコンサートで演奏すると間違いなく聴衆からは受ける曲の一つだったと思います。
キャンディーズメドレーの場合は、特に春一番とか年下の男の子のウケが大変良く、
ピンクレディメドレーの場合、「サウスポー」のウケが非常によかったのはなんとなくわかるような気がしますね~! (笑)
サウスポーの冒頭の歌詞は「背番号一の凄い奴が相手、フラミンゴみたいちょいと一本足で~」と
当時の王貞治を想定したものでしたけど、
例えばその当時石野真子が「ジュリーがライバル」という沢田研二を想定した曲を歌っていた事を考えると、
「昭和の時代って誰しもが認める絶対的なスターがいた時代だったなぁ・・」と改めて感じてしまいますね・・

あ・・こんな事ばっかり書くから最近の当ブログは段々と「昭和レトロを懐かしむブログ化」しているのかもしれないですね・・(汗)

さてさて、東方の世界ですと悪魔と言うというまでもなく真っ先に思い浮かぶキャラは吸血鬼のスカーレット姉妹です!

だけど東方の「悪魔」の場合、お姉さまのレミリア様は確かにカリスマなのかもしれないけど、あのわがままなおこちゃまぶりは
どうみてもカリスマブレイクですし、あの背中の羽は威厳とか恐怖というよりは、ゆゆ様風に表現すると
「こうもり」なのかもしれないですね・・(汗・・)
そしてレミリア様の妹のフランちゃんに至っては、悪魔の妹というよりは「可愛いかわいい幼女みたいな妹様!」という印象が
大変強いです!

当ブログは先日の日曜記事において「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」の前宣伝記事を掲載させて頂きましたけど、
その際に気が付いた事がありまして、それが何かと言うと、
フランちゃんは紅魔館メンバーなのですけど、その紅魔館メンバーの一人に「小悪魔」という名無しキャラがいて、
dream fantasyの管理人のアミグリさんは
過去に何度かその「小悪魔」のとってもかわいくてすてきなイラストを描かれているのに、実は当ブログにおいては、
その小悪魔の転載&ご紹介をさせて頂いた事はこれまで一度も無かった事でした! (汗・・!)

うーーむ、これは大失態ですね・・・

例えば最近でも、アミグリさんが過去に描かれたプリズムリバー3姉妹とかわかさぎ姫のイラストも当ブログでは
これまで未転載であったという事も発覚しておりますので、
アミグリさんが過去に描かれた名作イラストの再転載ももちろんすてきな事ではあるのですけど、それ以上に
これまで当ブログにおいては未転載とか未紹介という作品もまだまだたくさんありますので、そうした素晴らしい作品も
今年はどんどんご紹介をさせて頂きたいと思っています!

今週末から本格的に「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」が開催されていきますので、
それに合わせる形でというのもなんですけど、紅魔館ではフランちゃんはレミリア様の実妹というエース格でありますけど、
小悪魔は紅魔館の中ではあくまで下っ端という立ち位置でもありますので(汗・・)
ここはフランちゃんに遠慮して(笑・・)
あくまで「小特集」という事でほんのちょっとした小悪魔のミニ小特集みたいな事を二回に分けて展開させて
頂きたいと思います。

「小悪魔」とは、東方Project第6弾「東方紅魔郷」の4面中ボスとして登場する赤髪の悪魔の事ですけど、
名前も正式名称は実は存在していなくて、大妖精共々東方では「名無しキャラ」として既に定着されているキャラの事です。
小悪魔は、公式漫画版ですけど東方儚月抄と東方三月精にもお茶くみ役としても登場しています。

小悪魔は、紅魔館地下に存在する大図書館に出没する事や司書然とした制服という服装から連想して
図書館の司書として描かれることが多いような感じもあります。
そして紅魔館地下の大図書館に出没という事でパチュリーさんを慕う使い魔として描かれる傾向も強いように思われます。
だけど大妖精共々、東方ファンの間では認知度や人気はそこそこあるのにいまだに公式としての正式名称が無いというのも
なんだかとても気の毒な感じもありますので、せめて大妖精と小悪魔には名前ぐらいは付けてあげて欲しいものですね~
それがダメと言うのなら、せめて大妖精の「大ちゃん」のように愛称ぐらいは小悪魔にも付けてあげて欲しいものですね・・!














ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
今回は小悪魔という事であくまで「小特集」という事で、アミグリさんが描かれた2枚の小悪魔のイラストを転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。
前述の通り、この2枚の小悪魔ちゃんは当ブログでは初転載のイラストでもあります!

上記の小悪魔はアミグリさんが2013年4月に描かれた作品です。

印象を一言で言うと、とにかくとってもキュートでかわいい!という事に尽きると思います。
そしてこのかわいらしさは、関西弁で「この可愛さのどこが悪魔やねん!」と
ツッコミを入れたくもなってしまいそうですね・・(笑)

アミグリさんが描かれたこの小悪魔は、色彩がとても鮮やかだと思います。
どうしてこんなにも鮮やかに感じるのかと言うと「赤の長髪」の真紅の雰囲気が大変カラフルで印象度が強いからのようにも
感じられます。
描かれた時期は2013年4月という事でこの時代はアミグリさんの作風史的には「淡い色彩の時代」の真っ只中で
あるのですけど、この小悪魔はそうした淡い色彩時代の中にあっては少し異例とも感じられるほど
逆に濃厚な色塗りでの仕上げとなっていて、そうした事も「鮮やかさ」という印象に繋がっているのだと思われます。

とにかくこの赤い長髪がとてもよく似合っていると思います。
そしてぱっちりとしたこの赤眼がどことなく「意志の強さ」みたいなものを 感じさせてくれているとも思えます。
紅魔館のあの濃厚なキャラの人達ばかりですと、多少の意志の強さは無いととても持たないのかもしれないですね・・(笑)
この小悪魔は、美鈴同様に「紅魔館のすてきなお姉さま!」みたいな雰囲気がよく出ていると思います。
いつも眠たそうでボーーッとしていそうなパチュリーさんの忠実な図書館内の秘書という雰囲気も伝わってきそうですね。
パチュリーさんが面倒くさがってやりそうもない大図書館内の本の整理整頓とか在庫管理は、この小悪魔ちゃんが
きちんと的確にやっているような雰囲気もありそうですね~!







koachann!!_convert_20120624152035.png







続きましてアミグリさんが2012年6月に描かれた小悪魔です。

この小悪魔と上の2013年4月の小悪魔との違いが大変興味深いと思います。

2013年4月の小悪魔は、濃い色彩と赤髪の鮮やかさが大変印象的であり、ちょっと大人っぽい意志の強そうな
すてきなお姉さまとして小悪魔のように感じられるのに対して、2012年6月の小悪魔ちゃんは、
対照的にちょっと控えめで優しそうな雰囲気で全体的にこのふわ~っとした仕上がりがまるでフランちゃんみたいな妹のように
感じられますね!

このふわっとした柔らかいタッチが素晴らしいと思いますし、この淡くて儚いようなマイルドな色彩を見ると
「描かれた2012年はアミグリさんにとって淡い色彩全盛の時代だったなぁ・・」と改めて感じさせてくれるものが
あると思いました。

スカートのこのふんわり感が大好きですし、小悪魔のこの優しそうな眼差しに思わず吸い込まれてしまいそうな感覚に
なりそうです!
2012年の小悪魔はなんとなくですけど、紅魔館の図書館の司書というよりはどちらかというとメイドさんみたいな雰囲気も
宿している様な感じもあると思います、
小悪魔という全く同じ素材を使われながらも片方はお姉さまのような雰囲気、片方は優しい妹のような感じと
色彩とか色の濃淡や表情等でこんなにも変化を付けることが出来るアミグリさんの描き方はやはりすてきなものがあるな~と
感じさせる2枚のイラストであったとも思えます。

2017年の「東方人気投票」においては「ベストパートナー部門」が設置されていて、この部門のランキング結果において
小悪魔-美鈴とか小悪魔-咲夜さんは結構いい順位に入っていましたので、
公式でもそうした絡みがみられると嬉しいですね!
私の最大の希望は「フランちゃん-こいしちゃん」の東方最強妹コンビが何とか実現して貰う事ですね!

上記の小悪魔のイラストは、その権利は全てアミグリさんに帰するものであり、
当ブログでの転載はアミグリさんからのご厚意とご了解の下転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

今週土日の当ブログの記事ですけど、両日ともトップ記事は東方関連です!
本記事でも書いている通り今週の日曜から本格的に「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」が幕開けとなりますし、
両記事に登場するアミグリさんのイラストがとてつもなくすてきなものでありますので、
今度の土日も是非当ブログにお越し頂けるととても嬉しいです!
そして次回の「小悪魔小特集 その②」の方も是非楽しみにして頂きたいと思います!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありゃ、かわいらしい。これで名無しっていうのは、もったいないですね~。でもいまさら名前つけても、なんだか違和感があるかも…。小悪魔ちゃんでもいいですかね^^現実世界にはびこる小悪魔ちゃん。なんとも魅力的で嫌いではないです。が、時と場合によりますね^^;お付き合いできる小悪魔ちゃんと、ちょっと困ったな~って小悪魔ちゃんがいるように思います^^;

小悪魔

八咫烏(全力稼働中) 様


アミグリさんが描かれる小悪魔ちゃんは、悪女とか悪魔という感じではなくて
キュートで善人っぽい真面目な紅魔館のメイドさんみたいな雰囲気で、とてもかわいくて生き生きとしていると思います!
「かわいい」と仰って頂き感謝感激です~!

一部で「コア」とか「コアちゃん」とか言われていますね・・(笑)

リアルでの小悪魔は、お金を巻き上げようとする小悪魔は困ったものですけど、
ちょっと天然さんみたいな小悪魔はかわいくて魅力的だと思います!

こんばんは。

東方の小悪魔ちゃん、以前もコメントしたと思いますが好きなんですよねえ。赤い目のキャラクターが不思議と好きなんです。
正式な名前がまだないんですよね。 

図書館の資料調査室にアミグリさんのイラストの様なこあさんが居て、コピーとか資料とか紅茶とか持ってきてくれればとてもブログ記事の製作も捗ると思うのですが現実はそうもいかず「おみやさん」のようになっています。


我が家の閻魔あいさんにこんな色のウィッグを装着・・・ おお、似合う! それとなくこあっぽい!(衣装が着物のままですが)
今この場で新しい発見をしてしまいました。

小悪魔も大ちゃんと同じ名無しキャラではありますけど二次創作界ではけっこう愛されてますね。下っ端ポジションで格上の皆さんからいじめられてる姿が想像できて面白くてかわいそうなのも愛されポイントでしょうか。
一部では「こぁ」なんて愛称ももらっているようですがあんまり広まっていない様子ですね。大ちゃんはよく愛称で呼ばれてるのに…。

アミグリさんの描かれた二枚の小悪魔とっても可愛いです!二枚目の優しそうな雰囲気はすごく癒されますね。悪魔でありながらこの温かな表情は天使のようです。
一枚目と二枚目のように同じキャラでも印象が違うこの描き分けはすごいですね…

小悪魔

冬音 様


小悪魔は悪魔なのですけど、あの赤い瞳とか長い赤髪は目立つしとてもかわいいものがあると思います。
名無しキャラで正式名称や正式愛称はないですけど、一部でコアとかコアアとか呼ばれているようですね。

小悪魔は濃いメンバーの多い紅魔館メンバーの中では、真面目で話せばなんとか分かりそうといったイメージが
ありますので、そうした秘書みたいな役割はうってつけなのかもしれないですね!
冬音様の記事を手伝う小悪魔というのもなんだかすてきな光景になりそうですね・・(笑)

冬音様のあい様にアミグリさんが描かれたような真っ赤な髪のウィッグを付けられて、ドレスを着せたとしたら
とてつもなく美しいあい様が誕生しそうな予感もあったりします!

小悪魔!!

schwert 様


小悪魔は濃厚なメンバーが多い紅魔館メンバーの中では、数少ない良識人みたいなイメージもありそうですね~(笑)
下っ端ポジションと言う事で、美鈴・咲夜さんからは結構イジられそうなキャラでもありますけど、
パチュリーさんからは「私の代わりに本の整理整頓をやってくれる大切な子」と言う事で寵愛されているのかも
しれないですね~(笑)

大ちゃん共々せめて名前ぐらいは付けてあげたいですね。

アミグリさんの描かれたすてきな小悪魔をお褒め頂きありがとうございます!

私も一枚目と二枚目のすてきな描き方の違いは称賛に値するものがあると思いますし、一枚目の意志の強さと
二枚目のメイドさんみたいな可愛らしさの違いは見事ですね~!
来週も小悪魔小特集 その②を開催しますのでお楽しみにしてください!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4073-42f47955
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |