FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨年末の吹奏楽オリジナル作品の「ディオニソスの祭り」でも散々触れているのですけど(汗・・)
私の母校が昨年、2017年度の全日本吹奏楽コンクール支部大会にて難曲中の難曲の「ディオニソスの祭り」を自由曲として
コンクールに臨み、見事に県代表の座を掴み、創部以来2回目の支部大会出場を果たしてくれ、しかも支部大会で
前回の初出場時の銅賞を上回る銀賞を受賞してくれたことはOBの一人として大変誇りに思いますし、
できれば何とか全OB悲願の「念願の全国大会初出場」に向けて頑張ってほしいと思いますし、埼玉の地からエールを
送らさせて頂きたいと思います!

先日、吹奏楽部のOB会報が届けられ昨年の支部大会の演奏風景とか最近のメンバー全員の写真を見たのですけど、
とにかく「部員が増えたな~!」という思いで一杯ですね!
多分ですけど優に70人程度はいそうな気がします。
そしてやはり特筆すべきことは、元々私の出身高校は田舎の県立男子高校だったのですけど、少子高齢化の波を受ける形で
周辺の女子高との学校統廃合という事で数年前に男女共学校へと生まれ変わり
従来までの慢性的な部員不足、そして何よりも極端なクラリネットをはじめとする木管奏者不足が一気に解消され
支部大会での演奏風景を見ると
なんと堂々たる布陣! そしてこの充実した木管セクション!!という印象でした。
最近の吹奏楽コンクールを実際に見たことがある方ならばすぐにお分かりだと思うのですけど、最近の吹奏楽部は
アニメ「響け! ユーフォ二アム」のように全部員の8~9割は女性奏者というのは既に数十年前から定着した光景なのですけど、
実際自分の母校の現在の吹奏楽部員のメンバーのうち、85%以上は女の子であることを見ると
改めて「時代も変わったし、自分の母校も変化するもんだねぇ・・」と改めて感じたものでした。
OBとしては現在の躍進はとても嬉しいけど、反面・・・
「できれば支部大会出場は男子校時代に一度でいいから実現してほしかったなぁ・・」とも思ったりもしますね・・
だけど私が在学中の吹奏楽部はとにかく部員を35~38人程度をキープするのが限界でしたし、
何よりもクラリネット・フルート・オーボエ・ファゴット・バスクラ等の木管楽器の奏者を集めるのが毎年至難の業で、
毎年新入部員が入ってきても大半が金管楽器経験者で、その中から人がよさそうだったり気が弱そうな子をなんとか
口説き落としてクラリネット等にコンバート(口の悪い部員からはよく「左遷」とか言われていました・・汗・・)させても
クラリネットパートは毎年4~5人が限界でしたね・・
(そういう意味では中学の時にすでにクラリネット奏者だった私は貴重な存在でしたね・・・)
昨年度の演奏写真を見た限りでは、クラリネットは12名程度もいて全員女の子というのは、とにかく当時の心境から眺めてみると
「うらやましい!!」という気持ちで一杯ですね~!
男子校時代の吹奏楽部は、トランペット6名 トロンボーン3名 ホルン6人 ユーフォとチューバが2名ずつという
大変充実した金管セクションに対して、クラリネットが4~5名 フルート2名 オーボエとファゴットは1人程度でひどい年は
奏者ゼロという事でとにかく大変バランスが悪くて
コンクールの審査員評でも「充実した金管セクションに対してなんと貧弱な木管」と書かれたこともあり、
今現在もそうですけど、当時から「吹奏楽部」は男子生徒からは敬遠されがちで、なおかつ木管奏者はとにかく絶対的な
奏者不足でしたね・・・
そんな訳で毎年地区予選は突破して県大会に進み県大会で金賞は取れるけど中々県代表として選出されないという背景には
こうした部内の楽器のバランスがあまりにも悪かったことが大きいですね・・
しかも私が在学した当時は、音楽の先生がゼロという事で部員の中から指揮者を選抜し、文字通り生徒だけの手作りの音楽を
模索していたものでした・・

今現在の母校は建物の老朽化という事で男女共学に合わせる形で建て替えられて吹奏楽部の部室も合奏ルームも大変
美しく生まれ変わりましたけど、男子校時代の部室の散乱具合はすさまじいものがありましたねぇ・・(汗・・)
その散乱ぶりですけど、実はうちの吹奏楽部は1990年代に当時はまだ発刊されていた吹奏楽専門雑誌の「バンドピープル」に
一度取材を受けて、部室内の風景も当然掲載されていましたけど、確かに・・あれは記事で書かれていた通り
「部室内は訳の分からんガラクタで溢れかえり・・」という感じそのものだったと思います・・(汗・・)

なぜか工事用ヘルメットだの火炎瓶だのエッチな本や雑誌だの、週刊「プレイボーイ」とか少年ジャンプとかサンデーとか、
食べかけのお菓子やジュースとかスルメイカとかビーフジャッキーとか
なぜか知らないけど近くの女子高の制服とか・・・・(一体どうやって入手したのでしょうかね・・??  汗・・)
訳の分からんガラクタとゴミが至る所に散らばっていて、
部室の大掃除なんて私が在学中は少なくとも一度もやった事はないと思います・・
全体練習とかパート練習で吹けない事がバレて指揮者に怒られ、
その後、指揮者対自分の一対一のそれは楽しい楽しい(?)「個人練習」が行われるのはいつもこの部室でしたけど
指揮者の頭上の天井には、なぜか河合奈保子とか柏原芳恵のポスターがベタベタ貼られていて(古いっすね・・滝汗・・)
指揮者と目を合わすのが気まずい時に、このポスターを何となくポケッと眺めていると
「どこみているべ!!」とまたまた怒られたものです。

だけどこの部室内にはさすが吹奏楽部らしいものというか
音楽史とか楽典関係の本とか、クラシック音楽や吹奏楽オリジナル曲のフルスコアとか
クラシック音楽・吹奏楽コンクールの実況録音など様々なレコードの他に
「バンドジャーナル」・「バンドピープル」といった専門雑誌のバックナンバーなど音楽関係の資料もかなり充実していて
その部室内の書物とか雑誌とかレコードを色々とレンタルできて自分なりに学べていたのは大変良かったと思います。

だけどとにかく当時は色々と訳の分からんものが山積していたものでした。
(今現在の部室は当然きれいです・・笑・・)
その中でも当時一番ひどかったのは、男子校らしい話ですけどエッチ系のスケベ本だと思います・・

というか、これって・・家の中で「処分」に困った先輩とかOBとかがその引き取り先として部室内に
色々と持ち込みをしてくれるものですから自然に溜まっていったものだと思われます・・
当時の男子高生たちはそうしたエッチ系の本を入手するのに結構色々と無駄な苦労とか気恥ずかしさなどが
あったと思うのですけど、
うちらの場合はそうした「夜のおかず・・」(→コラコラ・・汗・・)には不自由しなかった印象があります。

当時部内には、音楽関係のレコードとか書籍のレンタルもノートに記しておけばいつでも自由にレンタル出来たのですけど
さすがにエッチ系の本は記録にする訳にもいかなかったのですけど時々部員同士で
「あのセーラー服のお姉ちゃんのあの本を家にこっそり持ち帰ったのはどこのどいつだ!! おまえだろーー!!」とか言って
喧嘩をはじめてしまうアホたちも当時はいたものでしたね・・

さてさて、そうしたガラクタへんなモノとまじめな音楽資料と楽器に溢れかえった部室内に当時妙なおもちゃがなぜか
置かれていたのは当時から大変印象的でしたし、私もあれ・・今でもはっきり覚えています。

それが何かというとオセロのゲーム盤でおなじみのツクダオリジナルから発売されていた「ミルクモウモウ」という
乳搾りをイメージさせたおもちゃでした・・







繝溘Ν繧ッ繝「繧ヲ繝「繧ヲ_convert_20180115195904



繝「繧ヲ繝「繧ヲ_convert_20180115195741






この「ミルクモウモウ」ですけど、要は「乳搾り」を体感できる玩具です。

当時のメーカーのキャッチコピーが
「めったにできないアルプスの乳しぼりがお部屋で簡単に楽しめるユニークな商品です」となっていましたけど、
いやいや、これはユニークを通り越してぶったまげた玩具だと思います・・(笑・・)

水桶に水を入れ牛の頭を押ししっぽを上下に動かすと牛が水を飲みます。そしてお乳を搾ると、なんと・・!
本当に牛のお乳からミルク・・というか白い水が出てきます!
これはもちろん事前に牛の体内の所定位置に乳のように色が白くなる錠剤をセットする必要があるのですけど、
私が卒業したころにはとっくにこの白の錠剤の在庫は切れていました・・・
だから当時は牛のお乳を搾っても出てくるのは只の水です・・(笑)

お腹いっぱいになったら首を上げるというのも画期的でしたし、何よりも・・!牛が頭を上げる際には「モォ~」と鳴き声を
ちゃんと出していることでした!

ちなみにですけどこの商品が発売されたのは確か1979年頃で、この商品は当時結構CMで流されていたような記憶が
あります。
そしてこの「ミルクモウモウ」は一度生産が中止となっていましたけど、1988年頃に再販されているそうです。
参考までに・・1979年頃の製品は牛の左側面の黒斑が北海道の形になっているそうでして、
1988年の再販時にはこの北海道の形の黒斑はなくなってしまったそうです。
そして再販時では金型を作り直したのか牛特有のゴツゴツした骨格の特徴が幾分弱められていて、幾分マイルドな
スタイルになっているそうです。
見方を変えるとこの玩具は精巧な乳牛のフィギュアとも言えそうですね・・・

それにしてもなんでこんな妙なものが男子校の吹奏楽部の部室に置かれていたのかな・・?

そりゃやっぱり当時の男子校らしい発想で「女の子の胸はどれだけプリンのように柔らかいのかな・・?」という事を妄想させる
玩具として、「ここは男子校だし、それだったら牛で代用してしまえー!」という感じだったのかもしれないですね・・(滝汗・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

ぬくぬく先生様が所属していた吹奏楽部、今では大きくなられたようですね!部員としては楽器の競争率が高くて大変だったりもするのでしょうか。吹奏楽は近年注目もされていますし、人気の高さが伺えますね!
男子校の部屋…自由に色んなものが置かれている様で(^^♪私の高校は女子高が共学になったばかりで、男3割、女7割の学校でした。今は半々みたいです。なので気楽にそのような物は置けませんでした(-_-;)その分男子の結束は強かったです。
ミルクモウモウ…多感な時期の男子ならこういったものでも憧れを持つかもしれませんね。玩具としては出来が良いですw

うちの妹も吹奏楽部でした!確かに男子校だと、野球とかそういったほうに部員が集中してしまいがちですから、吹奏楽部はなかなか人員が集まりにくいところがあるかもしれませんね。でも、男女共学になられたということで、古巣が発展しているところを見られたのは良かったですね。
しかし、この玩具は何でしょうね^^;何の目的で造られたのか、キャッチコピーを読んでもいまいち謎であります^^;

吹奏楽部

ごにぎり 様


今はちょっと違いますけど(汗)、私が現役の頃は東北支部のレヴェル、特に秋田県と青森県のレヴェルが大変高くて
当時の私にとっては「憧れの吹奏楽県」だったと思います。
OBとして、母校の現在の頑張りと好成績はとても嬉しいものがありますし今後とも頑張って欲しいものです!

男子校の部室なんて当時はどこも似たり寄ったりでしたけど、ミルクモウモウという牛の玩具ですらも
女の子に結び付けてしまう当時の男子高生たちの妄想振りもある意味すごいものがあったのかも
しれないですね・・(笑)

ミルクモウモウ

八咫烏(全力稼働中) 様


オーケストラの場合ですと男女比率は6:4程度だと思うのですけど、なぜか日本の吹奏楽部の男女比率は
1:9あたりになってしまいますので、そりゃー、男子校の部員不足は深刻なものがありましたし、それは今も
変ってはいないと思いますね・・

男女共学になったおかげでうちの母校も大きく飛躍しましたけど、
男子校時代の部室のあの乱雑さは今となっては懐かしい思い出ですね~
ミルクモウモウは、1979年当時かなりCMで流されていましたけど、あれは「アルプスの少女ハイジ」をイメージさせた
教育玩具を意図しているのかもしれないですけど、
男子高生にとっては単なる妄想ネタになってしまうのも男子校らしい話なのかもしれないですね~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |