FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近、R.ニクソンの吹奏楽曲を聴く事はあまりないですね・・・
私が現役奏者の頃は、 パシフィック・セレブレーション組曲とか天理高校の名演でお馴染みの「平和の祭り」とか
福岡工大付属の名演でお馴染みの「シャマリータ」とか 色々耳にする機会も多かったのですけど、
何か最近は、めっきりと耳にすることもなくなりました。
や高度なテクニックが要する事が敬遠されているのかもしれないですし、最近では「華麗さ」というとスミスとかスパークとか
マッキーとか高昌帥とかチェザリーニなどという作曲家の方がより演奏効果が求められやすいという事なのかも
しれないですね。

私にとっては、ニクソンと言えば 「パシフィックセレブレーション組曲」に尽きると思います!
そして、この曲と言えば、1980年の高岡商業高校の歴史に残る圧倒的ウルトラ名演が極めて印象的です。
この組曲は「サンフランシスコ生誕200周年記念」という副題も付いていますので、
詳しい事はよくわかりませんですけど、 そうした記念祝典のイベントの際の記念曲とか委嘱作品だったのかもしれないですね。

この曲は、高岡商業の演奏の印象が私にとっては相当強い印象があり、特にパレードのあの鮮やかさは強烈でしたね~!
1980年の吹奏楽コンクール全国大会において高岡商業は祈り・パレードという部分を取り上げ、
祈りという楽章を先に演奏した後でパレードという楽章を演奏していたのですけど、
前半の荘厳さ、後半の熱狂的活気から勝手に判断して、実は結構最近までこの組曲の構成は
Ⅰ.祈り Ⅱ.パレード Ⅲ.ページェントという構成だと誤解していたのですけど
最近になって、この曲の輸入盤を聴いて初めてこの組曲は、

Ⅰ.パレード
Ⅱ.祈り
Ⅲ.ページェント
から構成されている事を知りました。

あ~何だか恥ずかしいですね~(汗)

組曲としては、華やかに開始し、中間でしっとりと歌い上げ、ラストで再度盛り上げるという事を意図したのかもしれないですが、
あまりに高岡商業のコンクールでの名演の印象が強すぎ、しかもパレードの鮮やかさが強烈でしたので
ⅠとⅡの順番を逆に考えていたのでした。

この輸入盤の中に、メイの「ネス湖」も含まれていたのですけど
そう言えば、最近メイの交響曲第一番「指輪物語」もコンクールではあまり聞かなくなったような気もしますね。
とにかく吹奏楽コンクールにおける人気曲の浮き沈みは激しいものがありますし、つい数年前まであんなに
自由曲で演奏されていたあの曲が最近ではサッパリ演奏されないという事もよくある話ですからね・・

第三楽章ページェントは、高岡商業と同じく1980年に関西学院大学が自由曲として演奏されていました。
こちらは銀賞でしたので、残念ながらレコード化も録音されていませんので、
音源が残されていませんので、関西学院大学の演奏は聴いたことがないのがちょっと残念です。
(当時のソニーの「日本の吹奏楽」というレコードは、大学・一般・職場の部は金賞以外は収録されていませんでした)

それにしても高岡商業の「パシフィックセレブレーション組曲」は凄過ぎると思います!
今現在聴いても「素晴らしい!!」の一言に尽きます!!
特にパレードは「鮮やか」という言葉以外思いつきませんし実に圧倒的な演奏だと思います。
この年の高岡商業は課題曲に、A/花祭りを選択し、 この日本的情緒漂う感じの曲を比較的ドライに直線的に表現し、
「鄙びた日本的感覚」漂う前橋商業の課題曲Aと際立った違い・解釈の違いを見せてくれましたが、
課題曲も実に土合先生=高岡商業らしい演奏を聴かせてくれていてすてきな解釈の一つだったと思います。

結果論になるかもしれないですけど、土合先生=高岡商業というとてつもなく高度な組み合わせが最高潮に機能したのは、
1983年と89年のローマの祭りと90年のペトルーシュカと、91年のシンフォニエッタだったと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

パシフィック~はあまり印象にないなぁ、僕のニクソンはシャマリータ!(チャマリータ?)?ですね。サウンドは薄めですが、小気味よくて大好きなんです。演奏も。福岡工大バンザイ!(笑)

そして私の高岡商業は89年のローマの祭りとなぜか87年の展覧会なのでしたw
たまたまこの時に展覧会を練習していたので、必死にカセットテープで聞いてましたね

高岡商業

まったく 様


シャマリータは東京佼成のCDでは「チャマリータ!」と表記されていましたけど、
私は1984年の全国大会のプログラム表記の「シャマリータ~ポルトガル系移民たちの歌」というタイトルの方に
そそられます・・(笑)
福岡工大付属の1981年~84年の4年連続全国・金の軌跡は素晴らしく、ラストの音が全て強奏で閉じられるあの豪快さは
全盛期の福岡工大付属そのものだと思います!
85年にどうして「マンハッタン交響曲」みたいなとてつもなく地味でつまらない曲を自由曲に選んだのか
私にとっては大変もったいないものがあったりもします・・

高岡商業の87年の「展覧会の絵」は私も生で聴いていましたけど、あの演奏は素晴らしかったですね!

ちなみに私の個人的審査では文句なしの金でした・・!

全体を通してバスドラムのドスンという打撃音がちょいと振動音がきつかったのかな・・?とも感じますけど、
あの金管セクションの充実と音楽的スケールの充実は圧巻だったと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4071-45f4475c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |