FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日も朝から寒いですね・・

あの冷え込みは半端ないものがあると思います。

最近では野良犬というものはほとんど見かけなくなりましたけど、野良猫は不思議な事に変わらず存在しているという事は、
保健所の駆除に対して犬よりは猫の方が賢くて逃げ足が早いという事なのかもしれないですね。
こうした野良猫を見かけると「あれれ・・昼間はいいけどこんなに寒い深夜はどこで過ごしているのかな・・?」と
感じる事は多々あったりもします。

原因不明ですけど、我が家の北側の隣接マンション境界あたりから、深夜から明け方頃にかけて
どういう訳か猫が一匹だと思いますが哀しげにニャンニャン鳴いています。

ここ一週間ぐらい夜明けあたり続いているのですよね。
「子猫だったら可哀想・・・」とか「老猫が野垂れ死ぬ寸前だったら少し困るかも・・」と思って
何度か北側を見に行っても、特に猫がいる様子もありません。

春近辺のさかりがかかった猫同士という訳でもないし何かあのニャンニャンと哀しげに鳴く様子が何か気になるのですよね。

昔、私が田舎の実家にいる頃に同じような現象がありました。
古い家でしたので、布基礎の通気口から子猫が侵入し基礎の下に潜り込んでいたと記憶しています。
確かあの際は、通気口に醤油をかけた鰹節とキャットフードを置いたら数分後に出てきましたけど
わが家はベタ基礎ですし、基礎部分に通気口はありませんので猫が入り込むスペースが無いと思います。
(現在の住宅は、24時間計画換気が主流と言うか、給気口から空気を強制的に入れて、
 換気口から空気を出し、同時に床の通気口から床下部分に空気を送り込んで床下内の空気を循環させていますから
 昔の家のように基礎部分に通気口がある家は最近施工された家ではむしろ珍しいと思います)

だけど外側にも猫の姿が見当たらないし、周りにも猫がいる様子は感じられないし、
鳴き声だけは深夜~明け方の時間帯にだけ哀しげに聞えてくるというのは、ちょっと謎ですね。
そして謎というのもあるのですけど、こんな外が寒いだけに「やっぱり寒いからあんなに哀しげに鳴くのかな・・?」とも
思ったりもします。

うーーん、ちょっとミステリアスですね・・

以前車の下によく猫が昼寝していましたし、たまに餌とかあげていたのですけど
最近は全く見かけなくなりました。
その時の猫が舞い戻ってきたのかな・・・・??
そう言えば最近ニュースで知ったのですけど、猫がうっかり車輪の隙間からエンジンルームの隙間に入り込んでくる
可能性があるから、車を出す際にはボンネットをコンコンと軽く叩いて猫に知らせる必要があるし、
それが事前に事故を防止できる方法との事ですけど、確かに、猫がうっかりとエンジンルームの隙間に入り込んでしまい、
ベルトと猫が接触すると走行中にエンジン停止という可能性も無くは無いのかもしれないですね。

寒い外で猫ちゃんがブルブル震えているのなら、せめて一晩ぐらいならうちのポンコツ車でよかったら
ボンネットに潜り込んだりした寒さをしのぐのは全然OKですね~(笑)





011_convert_20180117151648.jpg





ちなみに上記の白黒の猫ちゃんは、別に飼っている訳ではないのですけど社内の資材置き場にいつの間にか
棲み付いてしまった猫のごん太です。
こうした資材置き場に猫たちに餌付けをしてしまうと野良猫たちが大挙して居候して棲み付いてしまう可能性もあり、
糞の問題や見た目の問題もあるから、餌やりは厳禁となっているのですけど、こうやって棲み付いてしまったという事は
誰かがこっそり餌をあげているのかもしれないですね・・

ごん太は真冬の寒い時期には資材置き場内の簡易物置内の養生用ブルーシートの上とか毛布の上に
ごろんと丸くなって寒さをしのいでいるようですけど、こういう寒い中を頑張って生きている姿を見ると
なんだか「頑張って!」と応援したくなってしまいますよね・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

自分のところも当然猫さまがうろうろしており
昔の家で入り込むのは容易い使用だから床下広々で夜露をしのいでいます(°▽°)
そしてもりもり食べて丸々してます(^q^)
野良猫様は今日もたくましく生きております!

問題になってる猫が増えるというのは
大体が捨てにくる人がいるからだと想います
野良猫は五年生きれば上々で
たくさん産まれても全員が育つ確率は低く
車に轢かれてしまうのも特に都会なら少なくありません
ごはんをあげてくれる人のところに集まるのは
そこなら安心?だと想って次々置いていっているのです
いきなり外に放り出される子達はかわいそうです

猫ちゃんたちも大変!

みけねころんそう 様


猫ちゃん達を人間達の身勝手な理屈で捨てて野良猫化させてしまい、それで糞の被害とかゴミ捨て場の荒らしとか
いうのも本当に勝手な言い分ですよね。
猫ちゃん、特に子猫には罪が無いから、やはり人間と言うのは勝手な生き物なのかもしれないです。

それでもああやって猫ちゃん達は今日も元気に生きていますから、やはりその生命力には感心させられるものが
多々ありますね!

ごん太ちゃん可愛いですね。こんな子が丸くなって寒そうにしてたらついついごはんをあげて甘やかしたくなりますけどそれもダメなのですねぇ…。

あまり姿を見せてくれないだけで猫ちゃんってけっこうその辺にいるものなんですよね。
ごろごろしてる姿を見ている分にはとても可愛いのですけど、真夜中に姿も見せず鳴き声だけが響き渡るのはなんとなく不安になってきます。あの寂しげな声ってたまに人間の赤ちゃんの声みたいにも聴こえてちょっとホラーだったりします…w

猫の鳴き声

schwert 様


一応社有地なので猫に餌やり厳禁と建前上なっていますけど、私も含めてこっそりと餌はついついあげてしまいたく
なってしまいますね~(笑)
だけどごん太は贅沢ネコちゃんですので、お菓子やおにぎりをあげても食べないですね・・
ソーセージとかシーチキン等でないと食べてくれないです(汗・・)

そうそう、深夜~明け方の猫のあの寂しげな鳴き声は時に赤ん坊の声のようにも聞えたりします。

あれは本当に不思議な感覚ですね~


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4070-8d3f4405
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |