FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の吹奏楽コンクール全国大会の高校の部・大学の部・一般の部のレヴェルは驚異的な高く、
これはどう聴いてもとてもじゃないけどアマチュアの大会とは到底思えない世界的に見てもトップクラスの水準に
あると思います。
確かにコンクールというものには光と影とか功罪というものは付物ではあるのですけど、
私自身も計10年間の奏者時代は「吹奏楽コンクールが自分にとってすべて・・」みたいな感じでもありましたし、
日本の吹奏楽のレヴェルが世界最高水準にあるのも間違いなくその第一の功労者は「吹奏楽コンクール」にあると
思いますし、
最近では世界に通用する指揮者・管楽器奏者にかなりの数の吹奏楽経験者が多く含まれているのも
その功績の一つであると思います。

最近の吹奏楽コンクールの自由曲はどれもこれも皆大変難易度が高く、派手で華麗で演奏効果が高いものばかりで
その絢爛豪華さには目を見張るものがあると思います。
一連の最近の邦人オリジナル作品もそうですし、スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」とかスパークの「宇宙の音楽」とか
バーンズの交響曲第3番などはとにかく聴いているだけでも爽快なものがあると思います。

だけどそうした難解なオリジナル作品ももちろんすてきなのですけど、普段の練習とか演奏会とか
ちょっとしたステージの際には、例えばコーディルとかオリヴァドーティとかチャンスとかリードとかジェイガーなどといった
オールド吹奏楽ファンの皆さまでしたら感涙もののこうしたちょっと古い時代の吹奏楽オリジナル作品にも
たまには耳を傾けてほしいなぁ・・と感じることもありますし、
こうした古い時代のシンプルな曲を演奏することで「温故知新」じゃないけど、なにか「新しい発見」が出てくるのかも
しれないですね。

さてさて、C.ウィリアムズの曲も最近ではほとんど耳にすることも少なくなりましたけど、
このクリフトン・ウィリアムズの吹奏楽オリジナル作品も決して忘れてはいけない曲だと思いますし、今後も演奏
され続けてほしい曲の一つであると思います。

クリフトン・ウィリアムズというと、1960年代~70年代にかけて日本の吹奏楽コンクールにおいては、
ほぼ毎年取り上げられるかなりの人気作曲家だったと思います。
その中でも特に、

○献呈序曲

〇ファンファーレとアレグロ

〇交響組曲

〇ザ・シンフォニアンズ

○交響的舞曲第3番「フィエスタ!」

以上の曲は古典的名曲だと思いますけど、最近のコンクールではほとんど演奏されないのはとっても残念ですね。
「ファンファーレとアレグロ」の冒頭のサウンドの鮮烈さはまさに「あざやか!」とか「とてつもないインパクト!」としか
言いようが無い強烈さはあると思いますし、パンチが効いたという言葉がぴったりだと思います。

個人的には、C・ウィリアムスというと、やはり忘れちゃいけない作品は交響的舞曲第3番「フィエスタ!」だと思います。
この曲、今現在の感覚で聴いても新鮮な感覚に溢れていて、
躍動感・リズムの切れ・楽しさは「名曲」の名に恥じないと思います。
前述の通り「ファンファーレとアレグロ」の冒頭もそうでしたけど、
いきなり金管楽器のファンファーレ的コラールで開始され、
その後打楽器(マラカス)だけの演奏になったかと思うと、
突然展開部が開始され、ラテン系リズムがゆるやかに楽しく展開されていきます。
コルネットのソロも素晴らしい・・・!! あのラテン系のノリの良さは、リードの「エル・カミーノ・レアル」の世界を
彷彿とさせてくれていると感じます。
曲としては、リズミカルな部分と情緒たっぷりの歌の部分が交互に繰り返され、ラストになだれ込んでいきます。
ラストのトロンボーン奏者によるグリッサンドがこれまた圧巻でした!!

この曲の原曲は実は実は管弦楽曲でして、オーケストラのための交響的舞曲というタイトルらしいのですが、
吹奏楽による「交響的舞曲第3番 フィエスタ!」は、管弦楽版による原曲の第三曲を吹奏楽用にアレンジしたとの事です。
原曲版はどんな感じの曲なのか聴いてみたい感じもしますし、
合計5曲あるというこのシリーズの中で、他の四曲がどんな曲なのかという事も興味はありますね。
一度なのですけど、上野の東京文化会館の音楽資料室等でウィリアムズの管弦楽版の「交響的舞曲」の音源とかスコアが
無いかを調べに行った事がありましたけど、確かその際は「該当なし」という回答がなされていたような記憶があります。

C.ウィリアムズは弟子のチャンス同様に信じられないほどの若さでこの世を去り、
チャンスとこのC.ウィリアムズがせめてあと20年程度生きていたとしたら、他にどんな素晴らしい曲を残してくれていたのだろう
ということを考えるとたいへんせつないものがあったりもします。
チャンスは亡くなる直前に「エレジー」という一種の弔い音楽を作曲し、C.ウィリアムズも逝去の直前に
「カッチアとコラール」という「生と死」を予感させる素晴らしい曲を残していましたけど、
やはりなにか「予感」めたいものがあったのかもしれないですね・・・

そして、C.ウィリアムズというと忘れてはいけない古典的な名曲の一つとして「交響組曲」か挙げられると思います。

この曲は五楽章構成の組曲なのですけど、「楽章」という概念はほとんど無いと思います。
というのも、一つの楽章が終わっても切れ目なく次の楽章へと展開されていきますので、実際に聴いてみると
交響的物語という印象があるように感じられます。
演奏時間も11分程度で長くもありませんし、とにかくスピード感と切れ味に溢れるかっこいい曲ですので、
この11分間は飽きるという事は多分ないはずだと思います。
上記で書いた通り、ファンファーレとアレグロや交響的舞曲第3番の冒頭のファンファーレがとにかく惚れ惚れするほど
かっこいいのですけど、かっこいいとか切れ味鋭いという観点ではこの「交響組曲」も決して負けることはないと思います。

この「交響組曲」は下記の楽章から構成されています。

Ⅰ.イントラーダ

Ⅱ.コラール

Ⅲ.マーチ

Ⅳ.アンティークダンス

Ⅴ.ジュビリー

Ⅰの冒頭のトランペットによるファンファーレの印象は極めて強烈です! このファンファーレに他の楽器も絡んでいき
たいへん重厚なサウンドが展開されていき、ここに打楽器が加わり一種の騒乱状態と化していきます。
だけどその騒乱があらからこそⅡのコラールの「聖歌」が美しく静粛に心に響いてくるのだと思います。
そしてこの曲の白眉はⅢの「マーチ」にあるんじゃないのかな・・?と私は感じています。
印象としてはⅢで曲を終わらせたとしてもあまり違和感がないように感じるほどⅢのマーチの完成度が
とてつもなく高いように感じられます。
そしてⅢの後半において、トロンボーンセクションによる強烈なグリッサンドが大変効果的だと思います。
Ⅳはサスペンダーシンバルのチーンという響きから開始されるのですけど、この楽章は何んとなくですけど、
オーエン・リードの交響曲「メキシコの祭り」~Ⅱ.ミサを彷彿とさせるような「荘厳な祈り」の雰囲気があるように
感じられます。
そしてラストのジュビリーによって華麗に曲が閉じられていきます。

この曲は、かつてあの名門、豊島第十中学校が自由曲に演奏したこともありますし、故・八田先生が豊島区吹奏楽団の前に
指導されていた公苑会も演奏したことがありますし、
ちょっと個性的な(?)佐藤先生が指揮されたNTT中国もかつて演奏したこともあります。

だけどこの「交響組曲」には絶対的に不滅の名盤が残されています。

それが何かというと、いうまでもなくフェネル指揮の東京佼成W.Oですけど、あの演奏は本当に圧巻ですね~!

私も一度だけフェネル指揮の東京佼成の交響組曲を聴いたことがありましたけど、やはり「さすがっ!」という感じでした!!

こうした吹奏楽オリジナルの古典中の古典の曲をたま~に聴くのもいいことだと思いますし、何かしらの発見は
ありそうな曲だと思いますね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

C.ウィリアムスといえばフィエスタ!ですよね~
交響組曲は88年の職場の部の録音で初めて聴きました(NTT中国?)。
いぶしなサウンドがいいですよね~

ところでウィリアムスのこのシリーズ?ですが、シンフォニックダンス第2番「ザ・マスカーズ」を数年前に聞きました。
残念ながら演奏が…でして、あまり印象にないのですが(苦笑)

フィエスタ!

まったく 様


88年の大宮ソニッックで開催された全国大会では、NTT中国の前の演奏チームが
あの伝説の名演、ヤマハ浜松のメトセラⅡでしたので、あの異常な余韻の中での演奏はちょっと気の毒でしたけど、
渋くまとめていたのでよかったと思います。第三曲でのトロンボーンのグリッサンドも奏者が顔を真っ赤にしながら
気合いをこめて吹いていたのが大変印象的です。

ウィリアムズのシンフォニックダンスシリーズは、吹奏楽だからこそ活きてくるのかもしれないですし、
3番のフィエスタの吹奏楽版が最高傑作と言えるのかもしれないですね。
フィエスタの歴史的名演はやはり77年の瑞穂を超える演奏は今後も出そうもないかもですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4065-a56cfc49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |