FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


電話の対応はとても大切・・
場合によってはその初期対応の悪さで、まとまりかけていた話が消滅してしまったり
クレームに更に火に油を注ぐことになりかねないですし、
電話が掛かってきた際には、それを取った人が「まずは電話の先の相手との話」に集中する必要があるのかも
しれないですね。
私自身も社内に人があまりいない時とか他の社員が別の電話に対応中の際にまた別の電話が掛かってきた場合は
そうした電話対応をする時が多々ありますけど、
電話ってある意味難しい面もあり、相手が伝えたいことがなかなか的確にこちらに伝わらないこともあるし、
それとは逆のこともあるし、
直接話せば「な~んだぁっ! そうだったんだぁー!」と簡単にわかることが、相手の表情等がお互いに見えない同士で
表面的な「言葉」だけのやり取りで話を進めるから、相手からすると
「言いたいことがうまく伝わらないもどかしさ」みたいなストレスからどんどん言葉が鋭くなっていくことも多々ありますし、
電話を取ったほうは「えー、そんなつもりじゃないのに、どうしてこの人はこんなに感情をぶつけてくるの・・??」
みたいな感じになったりもしますし、
ましてや相手が高齢者の場合、例えば耳が遠いとかちょっと理解力に乏しいお方ですと、言葉だけのやり取りの場合に
的確な意思疎通がやりにくい・・みたいな事は結構多いのかもしれないですね。

私の仕事の立ち位置では、どちらかというと会って直接話すというパターンが多いから、そうした電話の苦労というものは
それほど多くはないとは思うのですけど、
社内でそうした電話対応の難しさを見かけるたびに
「人のふり見て我がふり直せ・・」と感じてしまうものです。
ま・・私の立ち位置は「クレーム処理班」でもありますので、電話でのクレーム対応がうまくいかない場合は、
私自身にそうした火の粉がスルーパスされてしまうことも実は多々あったりもするのですけどね・・(汗・・!)

そういえば最近の話ですけど、うちの奥様はとてつもない出不精のひきこもり体質なものでして(汗・・)
欲しいものや買い物等は、私への遠隔操作とか通販等ですることが多いのですけど、
先日も「以前から欲しくてほしくてたまらなかったココアがやっと通販サイトで売られているのを発見した!」とのことで
「この××という通販サイトに電話して△△という商品を注文して!」とのご命令(汗・・)が下り、
「面倒くさいなぁ・・」と思いながらも「いつものことだしね・・」と諦めムードで、出勤前に電話をする羽目になってしまいました。
あ・・・ちなみに彼女は大の電話嫌いですので、自分が電話を掛けることは大嫌いですし、
私が不在の時は電話はすべて居留守の留守電に切り替えています・・・(汗・・)

さてさて、そんな感じでとある通販サイトに注文の電話をしたものの、電話のオペレーターは珍しくも男性でして、
しかもいかにも「昨日入社しました・・」みたいなおどおどした様子で
電話の声もどもりがちにぼそぼそと自信なさげに話し、しかも顧客からの電話の最中だというのに
咳とかくしゃみをしまくっていて、
こちらが「商品到着予定は・・?」とか「支払方法は代引き以外では他にどんな方法があるのですか・・?」と質問しても
おどおどした不安げな声になってしまい、しどろもどろ状態と化しています・・
こうした通販の電話オペレーターというとほとんどの場合、とてもハキハキ&キビキビした女性オペレーターが
自信たっぷりに案内するというパターンに私も慣れていましたので、
今回は珍しいなぁ・・と感じたと同時に、そのおどおどした男性オペレーターの様子になんかとてつもない不安を感じてしまい、
「本当にここに発注していいのかな・・」と終始不安を感じたものでした。
今回は自分自身の注文ではなくて、うちの奥様の注文でしたので、「まっ、いっか・・」みたいな感じで終わらせましたけど、
もしも自分自身の注文だったら
「今回はいいです・・」となっていたのかもしれないですね・・

とにかく電話対応というものは難しくデリケートな側面もあるのはわかりますので、やはり私自身も
人のふり見て我がふり直せ・・ということを改めて肝に銘じざるを得ないような感じでした・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

お互い顔が見えない状態で話すというのはなかなか緊張感があるものですよね。会話をする時に表情が相手に与える情報がどれほど大きいか再認識させられます。語気とか分かりやすい言葉選びとか気を遣うところが多くて私は電話で話すのはちょっと苦手です…。そんなこんなでついつい自信なさげな話し方になってしまうとなぜかその不安だけはバッチリ相手に伝わってしまうんですよねぇ。
電話対応が仕事ならしっかりしなければいけないのですけど、そのオペレーターの男性のようになってしまうのもわかるかも…

目の前の相手に集中しないと・・(汗・・)

schwert 様


そうなんですよ! これは結構デリケートな問題でもあり、
相手の表情とか間の取り方が分からない電話対応の場合、一歩間違えると火に油を注ぐ結果にもなりかねないので、
私自身も直接の面談・交渉よりは「電話」の方がより強くプレッシャーが掛かりますね!

そういう時に大切な事は、会って話をする際も電話の際も
「目の前の相手だけに集中する」という事なのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4064-e2701771
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |