FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


なんだか最近の当ブログの吹奏楽カテゴリは、風紋とかハロー! サンシャインとか高度な技術への指標とか
シンフォニックポップスへの指標とか「オールド吹奏楽ファン」のための懐メロ課題曲特集と化しているような気も
するのですけど(汗・・)
誰かがたまにはこうした懐かし課題曲のことも取り上げないと、こうした過去の名課題曲もどんどんの忘却の彼方という
事にもなりかねないですし、
素人の私ごときがたまにこうした昔の課題曲のことを書いた程度で全然大勢に影響しないことも百も承知ではありますが、
ま・・それでも「何か書かずにはいられない・・」という感じなのかもしれないですね。

今回取り上げさせて頂く課題曲は、1975年度全日本吹奏楽コンクール課題曲Cの小林徹作曲の「吹奏楽のための練習曲」です!

この課題曲なのですけど、ネットで検索してもYou tubeでヒットする程度で、あまり引っかからないですね。
というか、「吹奏楽のための練習曲」というワードで検索を掛けて上位に来たのが、私自身が過去に書いた記事という
感じでもありますので(汗・・)
この課題曲自体もしかしたら「忘れられつつある課題曲」の一つなのかもしれないですね・・(泣)

1975年と言うと、私はまだ小学生で、当時は管楽器クラブで打楽器を担当していた程度で
言うまでもなくこの当時は吹奏楽コンクールに出場したこともありませんし、何よりもこの当時はこうした課題曲があること自体
知る由もありませんでした。
それ故私自身はこの「吹奏楽のための練習曲」を吹いた事は一度もありませんけど、
「一度ぐらいは吹いてみたい」と思わせる内容の課題曲だと思います。

1975年の課題曲は計4曲ありますけど、現在のコンクールのように4~5曲全てが全部門共通という訳ではなく、
AとBが中学の部、CとDがそれ以外の部門というように部門によって選択できる課題曲に制約があるというのは
今ではありえない話なのかもしれないですね。
当時は「中学の部が一番上手く、それ以外は年齢が上に行くほどレベルが下がる」と
いう傾向があり(現在では絶対に考えられないし、ありえない話ですよね・・)
中学の部が一番優遇されていたのが、この課題曲の配分にも示唆されているような感じもあります。
1975年の課題曲B / ポップス・オーバーチュア「未来への展開」は中学の部のみで指定された課題曲なのですけど、
私、この課題曲大好きです!
作曲者は岩井直溥先生という事で、1989年の「すてきな日々」を彷彿とさせる楽しくて明るさ満開の曲で
当時は既に日本の高度成長期は終わりを告げてオイルショック等による暗い影も多少はあったとは思うのですけど、
「頑張って一生懸命生きていればそのうちいい事があるのかも~!」みたいな明るい楽観論が曲に溢れていて
この課題曲を聴くたびに「うん、頑張ろう!」と何か前向きな気持ちにもなったりしますね~!
ポップス・オーバーチュア「未来への展開」の名演奏は色々とあるのですけど、やはり秋田県の山王中学校のあの名演に
尽きると思いますね~!
それ以外では富田中や城南中学校、そして評価としては銅賞なのですけど糸魚川中学校も
すてきな演奏だったと思います。

さて、この年の課題曲C「吹奏楽のための練習曲」は、時間的に短く非常にシンプルな構成で、
メロディーラインも単調で変化があまりない曲なのですけど、
そのシンプルさが私的には気に入っていて、好きな課題曲の一つです。
この年の高校の部は、全ての出場団体が課題曲Cを選んでいました。
この年の課題曲D / 吹奏楽のためのシンフォニックポップスへの指標は、先日の記事でも散々書いたように
1974年の「高度な技術への指標」という不滅の名課題曲と同じ作曲家にも関わらず、
印象としては「後半の盛り上がりは悪くはないけど前年があまりにもインパクトがあり過ぎ、二匹目のドジョウはいなかった・・」
という印象の課題曲のせいなのか、高校の部では課題曲CとDのどちらかを選択できるにも関わらず
全国大会の高校の部では課題曲Dを選ぶチームが一つもないという結果になってしまいました。
そのため、この年の高校の部においては、出場全19チームの全てが同じ課題曲を選ぶという大変珍しい事態になり、
審査員の観点では「比較がしやすい」という意味で審査が例年の年よりは少しやりやすかったのかもしれないですね。
吹奏楽のための練習曲は、繰り返しが多い曲でもあるので、確かに「練習」という意味ではピッタリの曲だと思います。
技術的にそれ程難しい個所も少なく、指揮者も演奏者も比較的やり易い曲だったと思います。

上記で「審査がやりやすかったのかも」と記しましたけど、私もこの年の高校の部に出場した複数ものチームの
「吹奏楽のための練習曲」をカスタムテープで聴いたことがありますが、
やはり微妙に違いは出ていたと思います。
決して難解な曲ではないのですけど、例えば部分的に音がうすくなったり弱奏の部分になると
途端にボロが出てくるチームもあったものですし、テンポの違いも若干出ていたと思います。
カスタムテープを聴く限り、極端に下手なチームはないようにも思えますけど、
天理・秋田南・花輪・留萌・逗子開成の演奏は、結構印象に残っています。
特に秋田南の「カラッ」とした明るい響きは、後年の秋田南の邦人作品シリーズの音色とは
明らかに異なるものでしたけど、秋田南の別の側面も垣間見ることができて面白いものはあったと思います。

作曲者の小林徹は、1988年にも課題曲B「交響的舞曲」がコンクール課題曲として採用されていますけど、
こちらの課題曲は私的には出来は正直「今一つ」という感想です。
バンドジャーナル1981年12月号を見てみると、「練習中おじゃまします」のコーナーで
小田原吹奏楽団が登場していますが、このチームの中にトランペット奏者として小林徹が在籍していたのが分ります。
記事内で「うちはコンクールには出場しない」とか言われていたのが大変印象的でして、
当時「へ~、こうやって定期演奏会のみを活動の場としている一般の部のチームもあるものなんだぁ~」と
感じていたものでした。

最後に余談ですけど、この「吹奏楽のための練習曲」が課題曲であった1975年の高校の部は、
出場全19チームのうち、銅賞が10チームという大変激辛審査の年でもあったのですけど、
銅賞の中でも、例えば函館中部高校の「シンフォニックソング」のあのカラっとした明るさしか
秋田南のチャイコフスキーの交響曲第5番終楽章の屈折した明るさの表現は「銅賞」という一言で終わらせるには
あまりにももったいないものがあると思います。

この年の金賞の一つが天理高校でしたけど、天理の課題曲C/吹奏楽のための練習曲は、私的には
全部門を通じて最高の課題曲の名演の一つと感じさせるくらい端正な響きだったと思います。
75年の自由曲の交響詩「おやさま」という曲は、ある意味、天理高校らしい選曲でありまして
天理教の教祖でもある中山みきの事を「おやさま」とも言うらしいのですけど、
その天理教の教祖でもある中山みきの生涯を音楽としてまとめた山田耕筰作曲の交響詩「おやさま」第二楽章を
吹奏楽にアレンジしてコンクールに臨んでいます。
この演奏ですけど、アレンジは相当ひどいです・・・(汗・・)正直センスが良くないというのか、ソロ楽器の扱いがひどいです・・
だけど、演奏自体は大変素晴らしいものがあり、鄙びた感じとか素朴さとか純朴さが大変うまく表現されていると思います。
中間部のゆったりとした反復される歌い廻しとか打楽器の扱い方とか表現としては中々魅力的です。

秋田南高校はこの年は残念ながら銅賞という結果で終わっていますが、
この演奏は金賞の天理と比較しても全然遜色ない演奏であり、
「いくらなんでもこの演奏が銅賞はないでしょ・・」と文句を言ってやりたい気分はいまだにありますね。
秋田南の「吹奏楽のための練習曲」も当時の秋田南の弱点でもあったトランペットの音の硬さは多少はあるものの、
天理同様大変端正な響きだったと思いますし、何よりも自由曲のチャイコフスキーの交響曲第5番終楽章の演奏は
大変素晴らしいものがあったと思います!
翌年の「ペトルーシュカ」を彷彿させるような屈折した明るさ+生きる生命感+躍動感に満ち溢れていると思います。
特にコーダ以降はいかにも・・「大団円」に相応しい終わらせ方だと思いますし、
聴いていて「生きるチカラ・生きる歓び」に溢れていると感じます。
「よーーし、今は大変だけどもう少し頑張ってみよう!!」みたいな「勇気」みたいなものも貰えるような
感じすらあります。

確かに編曲の上で例えば、コーダの部分に原曲には存在しない「小太鼓」を終始ロールとして入れたり
原曲には配置されていない大太鼓・シンバルを結構派手に鳴らしたりとか色々やらかしてはくれているのですけど、
それはそれで面白いアレンジ&解釈なのだと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4062-7f911098
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |