FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


当ブログの根幹となるカテゴリは、東方Project・吹奏楽・プリキュア・艦これが四大テーマと言えるのかもしれないですけど、
ここに日常ネタとかその他アニメ系なども出てくるのですが、これ以外のネタで2015年以降かなり頻繁に出てくるカテゴリが
「浦和の調ちゃん」です!

そしてこの浦和の調ちゃんカテゴリですけど、本記事をもって通算100記事に到達いたしました!

「浦和の調ちゃん」という埼玉県限定ローカルショートアニメは、2015年4~6月にテレビ埼玉限定で
放映されていたもので、しかもわずか12話で最終回を迎え、一話の放映時間は5分程度というものですので、
正直埼玉県以外にお住いの皆様にとっては「なんじゃこれ・・? 見た事も聞いた事も無いアニメ・・」という感じでしょうし、
「埼玉県なんてだっさ~い!というイメージしか無いし、浦和レッズ以外はイメージが湧かないし印象がうすい県・・」という
既に出来上がったイメージをお持ちなのかもしれないですね・・(泣・・)
47都道府県でもっとも県民意識・郷土愛がうすいとも言われている(汗・・)お膝元の埼玉県においても
このローカルショートアニメをご存知の方って限りなくゼロに近いような感じもあるのですけど、
特段名物も銘菓も観光の名所も他県と比較すると限りなく「何も無いない、な~んにもない」の埼玉県において、
埼玉の郷土愛にある意味訴えかけるような感じも無くは無いこのご当地アニメがあるだけでもなんかとてつもなく
嬉しいものがあったりもします!

このアニメについて改めて簡単に概要を記しますと、 埼玉県さいたま市浦和区が舞台で、「浦和の名が付く8つの駅」を
モチーフに誕生した8人の女の子たちが繰り広げる日常の物語[です。
ちなみに「調」とは、浦和駅周辺にある調神社(つきのみやじんじゃ)の事であり、
この神社ではうさぎが神の遣いとして崇められていることが由来となっています。
このアニメの主人公の高砂調(たかさご うさぎ)は、浦和第三高校に通う女子高生で、
自宅から近くにあるこの調神社に毎日欠かさず参拝するという今時珍しいすてきな女子高生さんでもあります!
(頭は限りなくポンコツですけど・・笑・・)

上記で書いた通り「浦和の調ちゃん」はわずか12話だけで終了してしまいましたし、この12話のネタだけで
この「浦和の調ちゃん」ネタを本日をもって通算100記事も書いてしまった私はある意味すごい!のかもしれないですね! (笑)
ちなみにこの記事を書いている管理人たる私は、生まれも育ちも埼玉ではなくて、
実は東北生まれの東北育ちでもありますし、今現在住んでいる所は、浦和の調ちゃんのモデルとなっている
埼玉県さいたま市でもなくて、実はさいたま市南区に限りなく隣接している埼玉県川口市の住民でもあるのですけど(汗・・)
自宅から北にほんの50m程度歩くとそこはさいたま市南区ですし、勤務先もさいたま市浦和区ですので、
私自身も「浦和」とか「さいたま市」には馴染みがかなり深いので、浦和の調ちゃんを思いっきり語ったとしても
決してヘンではないのかな・・?と思っていたりもします。

さてさて、本カテゴリはアニメ本編記事だけでなく埼玉県銘菓とか名物とか、このアニメの聖地でもある「調神社」についても
語らさせて頂く事が多かったのですけど、
このアニメの主人公の高砂調の相方の一人として「大谷場南」という極めてガサツなんだけどかわいい女の子がいて、
高砂調に由来する「浦和駅」周辺にはうさぎが祀られている調神社が立地されているのに対して、
大谷場南に由来する「南浦和駅」周辺には「雉」が祀られている大谷場氷川神社というすてきな神社もあったりしますので、
100記事目という事で本記事は少しばかり雉が祀られている大谷場氷川神社について
少しばかりレビューをさせて頂きたいと思います。







CIMG8412_convert_20150609143831.jpg





「大谷場」という地名は埼玉県さいたま市南区に存在している地名で、近くには浦和競馬場というスポットもあります。
ちなみに大変ローカルネタですけど「小谷場」という地名が埼玉県川口市にもあったりもします。
大谷場南の最寄駅は言うまでも無く南浦和駅なのですけど、
私自身の最寄駅の一つがこの南浦和駅であり、そうした「同じ地元同士」という地元感が
大谷場南に親近感を感じる一つの理由になっているのかもしれませんよね。

この南浦和駅西口には、駅から徒歩3分程度の所に「大谷場氷川神社」という神社があります。
この神社は浦和を代表する商業施設の「丸広百貨店」から比較的目の前という立地条件で、
駅のすぐ近くに、こうした小高い丘があって天然樹木に溢れた神社があるとは極めて意外な感じもするのですけど、
そうした意外感が実にいいな・・ほっとするなとも思ったりもします。
南浦和西口を初めて足を踏み入れた方は、小高い丘の上に立地し
大木やあじさいに隠れているこの小高い丘の上に建立されている大谷場氷川神社というスポットは気が付かずに
スルーされてしまいそうな立地条件なのだと思われます。

京浜東北線と武蔵野線が停車する交通の要の地にこんな駅前にて
このような自然に囲まれたスポットがあるというのは何かホッとするものはありますね!








CIMG8414_convert_20150609143938.jpg







大谷場氷川神社の創建年代は不詳ですが、
古くより旧・大谷場村の鎮守として鎮座していたと言われています。
明治6年には村社に列格、明治41年に、計七社の無格社を合祀したとの事で、現在に至っているとの事です。
現在の本殿は、1666年建立という事で、さいたま市指定文化財となっています。







CIMG8413_convert_20150609143909.jpg







この「大谷場氷川神社」について語る時、どうしても外せない事があります。
それは何かと言うと、一般的には神社には狛犬とかお稲荷さんが祀られている事が多いと思うのですけど、
この大谷場氷川神社においては、何と! 雉(キジ)が祀られています。
つまり、狛犬ではなくて狛雉が祀られているのです。
鳥居をくぐる前、手前には両側にキジの像にでーんと遭遇するのですけど、狛犬ではなくて狛雉が祀られているなんて
全国的にはかなり珍しいのかもしれないですね。

大谷場は古くは畑が相当広く広がっていて、この神社には古くからキジが住みついていたと言われているそうです。
かつては社に一歩足を踏み入れればキジが飛び出してきたため、
氏子の間で「キジは氷川神のお使い」とされ「キジの氷川様」と称され崇敬されてきたとの事です。

「浦和の調ちゃん」の主人公の高砂調は、毎朝欠かさず地元の「調神社」(つきのみや神社、通称=うさぎ神社)に
参拝してから高校に通学する中々感心な娘なのですけど、
「調神社」はウサギを祀り、この「大谷場氷川神社」は雉を祀っているのですけど、
浦和には中々粋な神社もあるようですね。これは結構面白いと思います。
浦和の街には新幹線は停まらないし、最近は京浜東北線は毎日のように遅延が発生していますけど(汗・・)
サッカーの浦和レッズは頑張っていますし、浦和周辺はよーく見るとおいしい食べ物屋さんや小粋なお店もあったりしますので、
私が知らないだけで実は浦和を結構「いい街」なのかもしれないですね! (笑)







CIMG8415_convert_20150609144005.jpg





境内には、ユリノキがあります。市指定天然記念物なそうです。

樹高21.8mで、幹回り315cmとの事です。

写真では中々分かりにくいのですけど、とにかく「とてつもなく高い!!、そして何やら荘厳!」という雰囲気ですね。

そして境内内の凛とした張りつめた神聖な空気は「やはりここはすてきだけど神聖なスポットなんだ・・」と改めて
感じたものです。





CIMG8416_convert_20150609144036.jpg




この小高い丘の周辺には、結構な数のあじさいが植えられています。

6月の梅雨の時期にはあじさいが美しく咲き誇っているのが大変印象的です。

うちの奥様はこの大谷場氷川神社はなぜか知りませんけど昔からずっと「ミニあじさい寺」と呼んでいますけど、
だからぁ~! ここはお寺さんではなくて神社だっちゅーに!! (汗・・)










8923e16e_convert_20150612143535.jpg







「浦和の調ちゃん」のメイン登場人物8人の中で、主人公の頭は限りなくポンコツだけど毎日調神社にお詣りを欠かさない
高砂調はすてきなJKだと思いますし、
南浦和のライヴハウスの娘という設定の大谷場南も性格と行動パターンはガサツそのものですけど、
とても素直でかわいいいい娘だと思います!

アニメ本編全体のイメージでは「大谷場南=アホの子」なのかな・・?と思われがちなのですけど。
意外にも学力は高く、成績上位と言う ある意味恐ろしい事が判明してしたのも印象的です。
南自身、当然ながら(?)普段からの勉強はお嫌いみたいでして、試験勉強はほとんど一夜漬けらしいです・・ (笑)
それでも成績上位なんて、南がすごいのか、浦和第三高校がポンコツ高校なのかどちらかなんでしょうかね・・

調にとっては、南こそが最大の自分の「バカ友」と思い込んでいただけに、結構ショックなのかもしれないですね(笑)

高砂調は、「プリキュア」で言うと可愛いくて性格もいいのだけど頭が少々悪いといった
のぞみ・響・みゆき・めぐみ・いちかといったポンコツピンク系みたいなものなのかもしれないですね。

「浦和の調ちゃん」という埼玉県ローカルショートアニメは、今年も色々とこのブログ内で
記事にさせて頂きたいと思います。
浦和の調ちゃんのHP内では、2016年夏からずーーーーっと
「第二期制作鋭意準備中!」とか「浦和の調ちゃん続編のむさしの!を現在制作中」と
なっていますけど、正式にはまだ第二期放映開始という発表がなされていませんので、
是非是非あのローカルショートアニメが放映されればいいなぁ・・と思っています。
昨年一度「むさしの!の放映が2017年夏頃に放映決定!」とリリースがなされていたのに、土壇場になって
「都合により延期」となってしまい、とにかく、浦和の調ちゃんでもいいですし、むさしの!でも構わないのですけど、
是非ぜひ2018年は「浦和の調ちゃん」関連アニメの放映をして頂きたいものですねっ! (笑)

そして当ブログもこれからもこの「浦和の調ちゃん」の事は引き続き語らさせて頂き、少しでも全国の皆様に
「浦和」とか「さいたま」の事を発信させて頂きたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

浦和の調ちゃん、こちらのブログで拝見して、知りました。たった12話ということですが、それで100記事書かれるぬくぬく先生様は本当にすごいと思います。
ある意味、現在作成しているかどうかわからない制作陣よりも、調ちゃんに対する愛情は深いのかもしれませんね^^

私もかつては南浦和でよく仕事していたものですが、最近は仕事の関係でちょっと気が合わない人がいるせいで倦厭しております。すごく良い所だと思うのですけどね~。そちらの関係がよくなったら、また行きたいな、って思います^^

頑張っているのですけどね・・

八咫烏(全力稼働中)様


「浦和の調ちゃん」カテゴリ100記事到達を賞賛して頂きありがとうございます!

このカテゴリ記事についてお褒めの言葉を頂ける方は極めて少ないですので大変ありがたいです~!

浦和の調ちゃん、またはむさしのの制作スタッフもHPやtwitterで実はかなりの情報を発信していて
その進捗状況とか関連グッズの販売状況とかイベント告知を丁寧に告知していますので、
私の「愛」はまだまだだと思います・・(汗・・)

多分今年こそは続編が放映されると思いますので、その際には当カテゴリの方も引き続き何卒宜しくお願いします~!!

なじみ深い都市

こんばんは。
ボクの大おばが浦和に住んでいるため、関東で馴染み深い都市です。
もう一度行ってみたいなぁ。
管理人さまのおかげで、十万石まんじゅうを知りました。
「うまい、うますぎる!」九州の田舎モンに引導を渡しました。

こんばんは。

「浦和」とつく駅が8つもある埼玉県って凄いですよね。
北海道ではかつて白滝(しらたき)村(現・遠軽町)に奥白滝→上白滝→白滝→旧白滝→下白滝と「白滝」がつく駅が5つ続く通称「白滝シリーズ」がありましたが、現在は中心の白滝駅以外全部廃止されてしまいました。

浦和の調ちゃん、1クールの5分アニメでよく100話も記事を作られましたね!



一つのテーマで100記事もすごいですね^ ^
200記事までも頑張ってくださいね(^ ^)

気取りがない街だけど何も無い街・・

五航戦の愛鷹 様


浦和は住みやすくて気取りがない街ですけど同時に何も無い街でもあります・・(笑)

私のような地方出身者が「一人暮らし入門編」として住むところとしてはうってつけだと思います!

十万石まんじゅうもとても美味しいですけど、日持ちがしなくて販売店舗が限られている所が
ネックですね・・

そろそろネタ切れ・・

冬音 様


埼玉は本当に何もない県でして、多分ですけど私みたいな地方出身者が占める割合も相当高いと思いますし、
それが47都道府県でもっとも郷土愛がうすくて帰属意識が低い県と揶揄される理由なのかもしれないですね・・(笑)

さいたま市周辺に8つ「浦和」という地名が付くのもすごいけど「白滝シリーズ」も素晴らしいと思います!

「浦和の調ちゃん」カテゴリは、アニメそのものというよりはさいたま市周辺の観光案内みたいな記事ばかりに
なってしまいましたね・・
第二期をそろそろ開始してくれないとさすがにネタ切れなのかも・・??

第二期があれば・・・

kirakiya.rumari 様


「浦和の調ちゃん」カテゴリはアニメそのものというよりは、さいたま市の観光案内みたいな感じのカテゴリに
なってしまいましたね・・
うーーむ、これはさすがに第二期が始まってくれないとさすがに200記事到達は厳しいのかも・・!? (笑)

さいたま市大宮区の「氷川神社」??と
思っちゃいました~
氷川神社の祓殿に瀬織津比売が
祀られてるって本を読んでね〜
ぬくぬく先生家の方だなぁ~と(^-^)
キジが…珍しいですよね。
キジといえば桃太郎…
桃太郎と関係あるのかしら??

そう言えば、たまたま全国の御朱印帳を
ネットで見てたら「調神社」の御朱印帳も
みつけましたよ〜ウサギでした♪(⌒▽⌒)

調神社

napo 様


埼玉には、とにかくやたらめったら「氷川神社」と名前がつく神社が多いのですけど、
この大谷場の氷川神社の狛雉は大変ユニークだと思います。

「桃太郎伝説」・・なるほど! そういう発想もありうるかもですね!

実際は単にこの周辺が田舎で雉がとても多く成育していたからなんとなく祀ってしまったという感じらしいですね・・


調神社の御朱印帳はご指摘の通り白兎ですけど、実は御守りにもこのウサギが描かれています。

御守りとうさぎというのも面白い組み合わせですけど、私もこの御守りを持っていますけど、とにかく
とってもかわいい~!という雰囲気が漂っていると思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4059-27e5bf03
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |