FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


新築住宅ですけど、もちろん家の構造とか条件によって差はあるのですけど、
一般的には大体「竣工してから15年経過」というのがメンテナンスの必要時期と言えるのではないのかと思えます。
この15年というのはあくまで一般的意味であり、尚且つ施工先の「10年点検」を着実に履行し、その際の指摘事項を
有償で補修しているというのが大前提になりますし、
10年点検の際に特に手つかずのままですと、15年よりも早い時期に屋根や外壁等の外装工事や防水工事等を
施工せざるを得ない状況にもなりかねないですので、
どうか皆様、施工先の10年点検とある程度の有償補修はされておいた方が、その後の余計なメンテナンス工事削減にも
間違いなく繋がると思いますので宜しいのかとは思います。
そして竣工後の有償メンテナンス工事とか外壁・屋根等の大規模外装補修工事というのは、必ずしも
施工した住宅メーカー・工務店等の施工先に絶対的に依頼をしないといけないという事はないと思います。
施工先のメーカー・工務店というのはどちらかというと得意なのは新築工事で、リフォーム・補修工事は実はそれほど実績が
ないし実はそれほど得意ではないし、何よりも工事価格が高いという事例はよくある話だと思われますし、
街の中小の地元の工務店の方がそうしたリフォームや大規模中規模修繕工事が得意であったり、その街中では
むしろメーカーよりも施工実績が豊富でしかも工事価格がはるかに安いというのはむしろ住宅業界の中では当たり前という
みたいな雰囲気すらありますので、
要は必ずしも「有名な大手だけが絶対的ではない」という事を御認識して頂ければ幸いです・・

家というのは、大体10年~12年で設備とか水洗器具とかシャワーとか給湯器に不具合が起き始め、
15~18年前後で外壁にクラック・ひびが入ったり
チョーキング現象(外壁を指でなぞると白い粉みたいなものが指に付着する現象でこれは外壁の塗料の剥離を意味します)とか
目地と目地の間に隙間が生じそこから雨水が侵入するとか
屋根・外壁といった大変重要な家の構造に不具合が起きがちであり、こうした現象は「虫歯」と同じであり、
放置するのが一番よくない・・放置するとかえって傷み具合が進行し後で慌てて治療・補修をしたとしても
気が付いた時の価格よりも更に高いお金が発生するという事はよくある話ですので、
とにかく「家」というものは、一つの目安が15年前後というのは是非認識して頂ければありがたいものがあると思います。

ま・・・我が家もそうした事の例外ではなく、竣工が2003年ですので、間もなく15年目という事で、
そのあたりは私もちょっと気を付けてみたいと思います。
私自身も住宅業界に身を置いておりますので、自宅の天井が雨漏りしていたり、場合によっては
外壁の目地の隙間から雨水が入り込んでしまいサィディング全体に歪みが生じていたりしたら
さすがにあんまりシャレにはならないですよね・・(汗・・)

そしてそうした外装関係もそうですけど、さすがに室内の設備関係は15年も経過してくるとさすがに色々な箇所で
ガタが来ていますね。
というか、昨年あたりから既にガタが来ています。
具体的には、キッチンの換気扇のスイッチが入らなくなったり、計画換気の排気口から異音が生じたり、
給湯機のモニターに一部表示できない項目が発生したとかやはり特に電気関連は
「これはもう限界だね・・」という現象が発生していますので、どこかのタイミングでまとめて一気に修繕をしたいと思っています。
賃貸住宅の場合ですと、こうした電気関連とか設備関連の不具合と言うのは大家とか管理会社に言えば
大抵の場合無償で修理してくれるのですけど、持ち家の場合そういう訳にもいかないもので、
こうした点にもよく言われる「持ち家と賃貸は結局どちらにメリットがあるのか・・?」という問題にも関係しそうな感じも
あったりします。

これもよく言われる話ですけど、新築住宅と人間の健康は少し似ている面もあるのですよね。
若い頃、つまりこれは家に例えると新築間もない頃とかそれほど時間が経過していない頃は、別に健康診断とか
家のメンテナンス調査は不要かもしれないけど、
人間が特に中年以降は毎年健康診断とか人間ドッグが大切であるのと全く同じ理屈で
一定の年を経過した後・・つまり家に例えると新築から15~20年近く
経過すると構造検査とか耐震検査とか外装メンテナンス調査は数年に何回かは必要であると言えるのだと思います。

そういう意味では我が家も既に立派な中年状態!と化しています・・(汗・・)

そしてそこに住んでいる私にも全く同じ事は言えそうですね・・(滝汗・・)

とにかく今年はそうした家の電気関連を中心とした設備関連でなにかと余計な出費が増えそう・・みたいな嫌な予感も
あったりしそうですね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

がんばって~。

持ち家あるあるですね。
1つ壊れると後はもう次々と…。
やるなら一気にやってしまうのが一番かと思います。
外壁・屋根・水回り・電気製品。
排水設備は壊れたらシャレにならないので、壊れる前に点検・整備ですね。
我が家は、風呂の配水管が壊れたんですよ…。
大変でしたもん、職人さんが潜ってさ…。

お金かかるけど、仕方がない。
世帯主さん、頑張れ~。


頑張らないと! (笑)

mama.ikuko 様


家電10年 新築の家15年というのが壊れたり補修の目安なのかもしれないですね~

一応私も工務店関係ですので、補修するとなると自社施工なのかもしれないですけど、その分少しは
安くして欲しいものですね~(笑)

なんか今年は色々と想定外の出費がかさみそうな予感も・・??

うーーむ、世帯主の私は頑張らないとだめですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4056-656520f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |