FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


本記事は昨日の1974年度全日本吹奏楽コンクール課題曲B/高度な技術への指標の姉妹記事と思って頂いても
差支えないと思います。
昨日取り上げた河辺公一の「高度な技術への指標」は長い吹奏楽コンクール課題曲の歴史にあってもとてつもなく
異彩を放つ素晴らしい名課題曲の一つだと思いますし、この曲はここ数年ほどかなり多くのチームが演奏会等で
リバイバル演奏をしているのは、やはり日本が世界に誇る大指揮者の佐渡裕氏の影響もかなり大きいのではないかと
思います。
(佐渡氏がシエナウインドで録音した「高度な技術への指標」はとにかくめちゃくちゃテンポが速くてあのスピード感は爽快です!!)

課題曲A/吹奏楽のためのシンフォニアも素晴らしい課題曲で、当時としては課題曲Aにばかり人気が集中するのではないか・・?
とかあまりにも高度な技術への指標は斬新な課題曲だし吹連としてはかなり冒険した感じもあるから
課題曲B/高度な技術への指標はほとんど演奏されないのではないか・・?みたいな危惧ももしかしたらあったのではないかと
推察されるのですけど、実際蓋を開けてみると全国大会においては、
高校の部で15チームのうち4チームが、大学の部では7チームのうち4チームが、職場の部では10チームのうち5チームが
一般の部では8チームのうち4チームがこの「高度な技術への指標」を選択していた事を考えると、やはりこの課題曲は
斬新で大胆な課題曲ながらも一定・・というか当時の吹奏楽連盟が予想していたよりははるかに多いチームが
この課題曲を選択したと言えるのかもしれないですし、当時の吹連としてはホッ・・と胸を撫で下ろしていたのかも
しれないですね・・(笑)
私としてはあの花輪高校吹奏楽部が課題曲として高度な技術への指標を選択していたのは意外でしたけど、
あの演奏も粗っぽいながらも個性的で面白い演奏だったと思います。

そしてもしかしてなのですけど、当時の吹奏楽連盟は「二匹目のドジョウ」を狙っていたのかもしれないですね・・(汗・・)

「こんなに本格的なポップス系課題曲のウケがいいとは思わなかった・・ちょっと想定外なのかも・・!?」とか
「これだれ評判がいいのだったら、今年も河辺先生にお願いしてポップス系の課題曲を書いて貰うのも
いいんじゃないのか・・?」
みたいな雰囲気がもしかしたらあったのかもしれないですね・・

実際の所はどうなのかは私も知る由もないのですけど、一応事実としては翌年の1975年の中学の部以外の課題曲として
課題曲D/吹奏楽のためのシンフォニック・ポップスへの指標が課題曲として採用されています。
ちなみにですけど、高度な技術への指標の際の河辺氏の名前は河辺公一となっていますけど、
翌年のこの「吹奏楽のためのシンフォニック・ポップスへの指標」では作曲者名はなぜか河辺浩市という名義になっています。
まだ私が吹奏楽の事なんか何も知らない頃は、河辺公一と河辺浩市は別人物と思っていました・・(汗・・)
そうそう、今更言うのも何なのですけど、河辺氏はジャズトロンボーン奏者としても大変著名で、ご逝去される間際まで
現役奏者を貫かれていました。
そして映画音楽の作曲家としても高い評価を受けていて、代表作としては、星は何でも知っている・完全遊戯・
新女囚さそり 特殊房Xなどが挙げられます。

さてさて「高度な技術への指標」の翌年の「吹奏楽のためのシンフォニック・ポップスへの指標」は
どんな感じの曲だったのでしょうか・・?
タイトルだけをみるとより強くポップス色を反映させているようにも感じられますし、あの高度な技術への指標が
バリバリのビギンやサンバ・スゥイング等のジャズを色濃く意識したような曲でもありましたから、その流れだけを見ると
より過激なポップス色全開の曲じゃないのかな・・?と多分当時は誰しもが想像したのかもしれないです。
だけど実際はそうした予想を見事に跳ね除け意表をつく課題曲だったと思います。
だって曲の冒頭はなんだかとてつもなく重いし陰気だし暗いし、前半だけ聴くと
「あれれ・・河辺先生、一体どうしちゃったの・・?」と思われた方は多かったのではないのかなと思います。
冒頭とか前半辺りはポップスというよりもちょっと軽めのコラールのようにも聴こえかねない音楽だったと言えるのかも
しれないです。
だけど後半以降ホルンがまるで鳩時計のような時報みたいな感じのベルトーンを奏で始めるとそこから雰囲気が一変し
とてつもなく盛大に曲が盛り上がり華麗に曲が閉じられます。
演奏上の難しさは正直、前年の高度な技術への指標の方がはるかに難しいと思います。
だけど、木管の指回しは大変ですし各楽器にグリッサンドを多用されていますし、
ホルンのベルトーンは一つでも音を外すとパート全体が崩壊するという危険性もはらんでいたと思いますし、
全体的には「簡単ではない・・」という感じだと思います。
前半と後半の対比をうまく演出し後半の追込みを決めれば、めちゃくちゃかっこいい曲だと思います。

だけど、実際の吹奏楽コンクールにおいては前年の「高度な技術への指標」ほどは高い人気を得られていなかったような
感じもあります。
やはり前半のちょっと重たい雰囲気と後半の派手な感じの落差がちょっと違和感が感じられていたのかもしれないですね。
この年・・1975年の課題曲は中学の部以外は課題曲C/吹奏楽のための練習曲という大変正統派のオーソドックスな
吹奏楽オリジナル曲で、課題曲Dが前年に引き続いてのポップス路線と言う事でこのシンフォニック・ポップスへの指標
だったのですけど、この年の全国大会・高校の部は全出場19チームのうち、この課題曲D/シンフォニック・ポップスへの指標を
選択したチームはなんと・・ゼロでした!
この年の高校の部は、複数の課題曲の中から一つ選ぶという方式において
前出場チーム全てが同じ課題曲を選ぶという結果的に大変珍しい年になってしまいました!
大学の部・職場の部も7チームのうち2チームだけですし、一般の部だけは人気があったようで9チームのうち6チームが
この課題曲を選んでいました。

うーーむ、やはり「二匹目のドジョウはいなかった・・」と言えるのかもしれないですけど、
だけど高度な技術への指標やこの吹奏楽のためのシンフォニック・ポップスへの指標が、その後の吹奏楽コンクール課題曲の
ポップス系課題曲の偉大なる先駆けになった事は間違いないですし、
岩井直溥先生と共にそのお名前は永遠に刻まれ続けるのは間違いないと確信します!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なつかしい課題曲

よくこんななつかしい課題曲をご存知ですね!

高度な技術への指標を語る方は多いけど、こちらのシンフォニックポップスへの指標を語る方はほとんどいないだけに大変貴重な記事だと思います。

前半は重いというよりは、歌を軽く口ずさむという印象が
あったりもします。
後半以降はちょと飛ばしすぎてしまい、前半との整合性に少し欠けていた感じはありますけど、全体的にはとても楽しい曲だと思いました。
駒澤大学の演奏が印象的です。

シンフォニックポップスへの指標

jyanya 様


確かに・・!

高度な技術への指標は大変名高い課題曲ですけど、このシンフォニックポップスへの指標の方は
今一つ馴染みはうすいのかもしれないですね。
言われてみると、前半は重いというのか歌を口ずさむという雰囲気なのかもしれないですし、いかにも
鼻歌をくちずさむといった歌い廻しなのかもしれないですね。

駒澤の課題曲は素晴らしいけど、自由曲の「火の鳥」はアレンジがあまりよくないためなのか、ちょっとファンタジー感には
欠ける演奏のようにも感じました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4054-9803f27b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |