FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


河辺公一の「高度な技術への指標」ですけど、タイトルだけを耳にすると、
「え・・なんだかクラシカルな雰囲気がして高尚そうな曲っぽい」とか
「ショパンとかラフマニノフのピアノ練習曲みたいな感じなのかな・・? それともバイエルンみたいな一種の音楽の教則本
みたいな感じを意識されたのかな・・?」
といった印象を与えかねないのかもしれないですけど、実は実はとてつもなく楽しい曲であり、
こんな音楽がダンスパーティーのBGMとして流れてきたらみんな喜んで踊り出すみたいな雰囲気が満載の
とにかくめちゃくちゃノリの良い明るさと軽快さを兼ね揃えた曲だと思います。

吹奏楽コンクールの課題曲の歴史の中でポップス系の課題曲らしきものが登場したのは、
1972年のシンコペーテッドマーチ「明日に向かって」だと思うのですけど、本当に真の意味での本格的なポップス系課題曲が
登場したのが1974年の課題曲B/河辺公一の「高度な技術への指標」なのだと思います。
1974年前後の課題曲なのですけど、1970~73年の期間は課題曲はAとBの二つしか無くて、しかもAは中学の部限定の
課題曲でありBは中学の部以外の部門の課題曲でしたから事実上この頃の課題曲は一つしか無かったという事なのだと
思います。
そしてそうした事が少しずつ変化していったのが1974年で、この年はAとBの二つの課題曲が出され、部門に関係なく
どちらの課題曲を選んでも構わないというスタイルでした。
しかもAの「吹奏楽のためのシンフォニア」はかなりクラシカルで高尚な雰囲気に溢れていたのに対して
課題曲B/高度な技術への指標は本格的なポップス系課題曲という事でAとBの二つの課題曲のあまりの違いに
逆に当時の課題曲選曲はやりやすかったのかもしれないですね・・(笑)
「ポップス系がうちには合わない」と思ったらAのシンフォニアを選ぶしかなかったのですけど、それはそれで
大変分かり易かったとも思えます。
(課題曲A/吹奏楽のためのシンフォニアの名演はやっぱり沖縄県の首里高校なのかな・・? 首里高の
「エルザの大聖堂への厳かな行列」も私の中では、エルザとしては雄新中に次ぐ名演という感じです!)
1975年の課題曲はちょっと面白い構成になっていて、AとBは中学の部限定で、Aがシンフォニック系でBがポップス系
そしてCとDが中学の部以外の部門でもCがシンフォニック系でDがポップス系という感じです。
ちなみにですけど、1975年の高校の部において全国大会では出場団体全てがCを選曲していて、ポップス系のDを
選んだチームはゼロというのはちょっと意外な感じもしたものでした・・・
1976年の課題曲は今現在のスタイルに近い構成となっていて、この年初めて全部門共通の四曲の課題曲から
自由に一つを選んでいいという構成になっていて、それが完全に定着したのが1978年以降からなのだと思います。
私自身が初めて吹奏楽コンクールに参加したのが1978年でしたので、考えてみるとあの頃って課題曲の構成すらも
完全に定着していなかった時代なのですね・・!
やっぱりそういう私はオールド吹奏楽世代という位置づけになりそうですね・・(汗・・)

話がそれてしまいました・・話を「高度な技術への指標」に戻します。

この曲はコンクール課題曲としては初めてドラムセットが編成の中に入った曲としても知られています。
高度な技術への指標のあとにドラムセットが登場した課題曲と言うと
未来への展開・メイン・ストリートで・ディスコ・キッド・かぞえうた・オーバー・ザ・ギャラクシー・ムービングオン・すてきな日々
などが挙げられますけど、そうした意味においてこの「高度な技術への指標」はドラムセットが楽器編成として
組み込まれた課題曲の素晴らしき先駆けと言えると思います。
そして同時に本格的なポップス系課題曲のとてつもない先駆けと言えると思います。
最初にこの曲を聴いた時は私もびっくり仰天と言うかこういうのを「目から鱗」というのだと思います!
だって吹奏楽コンクール課題曲と言うとどちらかというとお堅い曲が目立つ中、この曲は一つの歌謡ショーみたいな雰囲気すら
有していて、冒頭の華麗なファンファーレで開始されたと思ったら、次の瞬間にはトランペットによる
急速な上昇・下降音型の繰り返しが展開され、ブルース・ビギン・ジャズ・サンバ・スウィングといった要素の音楽が
次から次へと繰り出され、最後は怒涛のアップテンポのクライマックスになだれ込んでいきます!

この「高度な技術への指標」というタイトルですけど、冒頭で書いた通り、タイトルだけを目にすると
音楽教則本みたいなお堅い雰囲気も漂っているのですけど、実際は吹奏楽コンクール史上最強のポップス系課題曲だと
思います!
お堅いタイトルなのにこのあまりにもぶっ飛んだ楽しさ! というとてつもない矛盾を抱えている点が実に素晴らしいと思います!
それではどこが「高度な技術」なのかというと、これはこの曲の楽譜・・特にトランペットパートのパート譜を見れば
一目瞭然だと思います。
急速な上昇・下降音型の繰り返し・リップスラーの多用・スウィングとスラーとレガートが交互に展開されるあの曲想は
まさに「高度な技術」を有していないと全く曲すらにならないのだと思います!
曲のタイトル通り「高度な技術」が求められるのにそこから聴こえてくる音楽は、まさに本格ポップスの塊り・・!
うーーむ、こういう内在する矛盾みたいなタイトルの曲とかこのあまりにもぶっ飛んだ曲の弾けっぷりは
素晴らしすぎると思いますし、当時この課題曲にチャレンジできた奏者の皆様は大変だったと思うのですけど、
同時に「うらやましい!」と心の底から共感します!!

それにしても全日本吹奏楽コンクールがまだ今現在のようなとてつもないハイレヴェルの時代ではない頃に、
こうした課題曲をコンクール課題曲として承認してしまう当時の吹奏楽連盟の肝の座りっぷりは賞賛に値するものが
あると思います。
1974年当時吹奏楽コンクール課題曲の選考委員の一人であった芥川也寸志の
「課題曲にポップスがあってもいいのではないか」という意見が採用され、この曲が課題曲となった経緯があるとの事ですけど、
そういう意見を言う芥川先生も素晴らしいし、それを認める当時の吹連も素晴らしいと思います。
余談ですけど、これは既に当ブログでは何度も書いている事ですけど、芥川也寸志作曲の「交響管弦楽のための音楽」という
曲は、私が高校3年の時の定期演奏会の一つだったのですけど、芥川先生に吹奏楽への編曲版スコア使用の承諾と
演奏上のアドバイスを求めて、当時の私は無謀な事になんと・・! 芥川先生の事務所に電話を掛け、後日芥川先生と
電話ですけど直接お話しをさせて頂く機会を貰えたことは、とにかく芥川先生に感謝感謝・・!という言葉しか
出てこないです!
当時の芥川先生は、作曲活動・NHKの音楽番組の収録・プロの管弦楽団の音楽監督など多忙を極めていたはずだと
思うのですけど、こんな田舎の全く無名の県立高校吹奏楽部のこんなボンコツ吹奏楽部部長に
直接演奏上のアドバイスを頂けるなんて、これはとにかく芥川先生の温かいお人柄以外の何者でもないと思います!

「高度な技術への指標」ですけど、この曲は大変興味深いことに関西で大変人気があったのに対して、
関東・東京でこの課題曲を選ぶチームは関西ほど多くはなかったというのは、やはりここにも「関東と関西の違い」
みたいなものが表れているのかもしれないですね~
ちなみにですけど、関西支部から全国大会に出場したチームは当時全部門を通じて9チームあったのですけど、
そのうち8チームがこの「高度な技術への指標」を選んでいるのですけど、
関東・東京においてはほとんどのチームはAを選んでいました。
ま、そりゃそうですよね・・前橋商業の大木先生や銚子商業の小澤先生や玉川学園の高浪先生や豊島十中の酒井先生が
「高度な技術への指標」みたいなバリバリのポップスを選ぶことはまずありえない話ですよね・・・
「下品でどこが悪いねん!」の関西と「ええかっこいしい」の関東の違いがこういう所にも表れているのかもしれないですね・・

この「高度な技術への指標」の名演というと一般的にはやはり今津中学校でしょうね!
あの得津先生節が全開であの豪快さと溌剌さは今現在の吹奏楽コンクールでは絶対にありえない光景であり、
私はあの演奏は大好きですね!
それと・・阪急百貨店吹奏楽団がスウィング調による極めて個性的な演奏も大変印象的です!
あの独特なノリは反則スレスレなのかもしれないですけど、とにかく聴いていて楽しい演奏だと思います。
だけどこの課題曲のトドメというと、私的には瑞穂青少年吹奏楽団を挙げたいです!
演奏は今現在の視点で聴くととてつもなく粗っぽく雑で部分的に演奏自体が破綻しているのですけど、
あの「熱い演奏」は関西のチームを凌ぐような雰囲気すらあったと思います!
若さがとてつもなくプラスの方向で爆発した素晴らしい名演だと思います。
(自由曲の「シンフォニアノビリッシマ」の豪快極まる演奏も圧巻でした! 部分的にオーボエの音程不良があまりにも
酷すぎたり明らかに音量過剰の部分もあるのですけど、あの明るさと若さは今現在の吹奏楽コンクールにおいては
絶対にお目にかかれない演奏だと思います!)

吹奏楽コンクール課題曲と言うと、風紋・東北地方の民謡によるコラージユ・ベリーを摘んだらダンスにしようなどの
ちょっとシリアスな名課題曲もたくさんあるのですけど、たまにはこうしたハチャメチャなポップス系課題曲を聴いて
元気とエネルギーを貰う事もすてきな事だと思いますねっ! (笑)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

やっぱり「高度」といえば今津中の演奏が有名なんでしょうねぇ。
阪急の演奏は、関西支部大会で、岩井直溥先生が「これって違反じゃないの~?」と審査カードに記入した上で最高点をつけたというエピソードが有名ですよねw
瑞穂の演奏はノリのいい演奏で、私もかなりお気に入りです。

私は当時小学校5年生でしたので、当然コンクールでの演奏はありませんが、翌年(6年生のときですね)ウチの学校の音楽の先生が、「菊中の鈴木先生から借りてきた」と、この曲を練習させやがりました。。。

ウチの小学校の先生は、鈴木先生の大学の先輩で、その菊間中で鈴木先生の前任だったということでお借りできたそうです。

何度か鈴木先生の指揮で、「高度」の練習をさせていただきましたが、やっぱりTrpパートの女の子たちは涙目で練習してましたねぇ。。。

若き頃の思いでの1曲です。
記事のアップありがとうございます♪

高度な技術への指標

なおりパパ 様


鈴木清先生の指揮でこの「高度な技術への指標」を演奏できたなんて幸せ者ですね!

とてもうらやましいお話だと思います。

改めてこの曲を聴いてみるとトランペットのリップスラーの多用とか上下の音型の繰り返しとか
技術的には文字通りとてつもなく高度で難易度が高いと思いますけど、難しいけどとても楽しいという
相矛盾する要素を実現した昭和の名課題曲の一つだと思います。

全盛期の鈴木先生だったら相当すさまじいノリノリの大振りをしそうな気もしますね・・(笑)

今津も阪急もノリの良さと勢いは天下一品ですけど、瑞穂のノリも素晴らしいものがあったと思います!
音が割れる寸前の破綻スレスレの「シンフォニア・ノビリッシマ」のあの豪快さもしびれます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4052-3b9d5900
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |