FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


500kinendayo-!!_convert_20131025092352.png






dream fantasyのすてきな管理人さんのアミグリさんは
本当に素晴らしき東方絵師様だと思いますし、
艦これの白露お姉ちゃんではないですけど、私が「いっちば~ん!」尊敬してやまない素敵な絵師様だと思います。

そしてアミグリさんが「凄いな・・」と感じさせる点は己を律しているというのか自分に大変厳しさを貫かれている点だとも
思ったりもします。
先週の当ブログにおきましては、この「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集 そのⅡ」の前宣伝記事を掲載させて頂き、
その冒頭とエンディングにてアミグリさんが2017年12月に描かれたあのとてつもなく可愛いかわいいフランちゃんを
転載&ご紹介させて頂きましたが、あのフランちゃんを見て頂ければ一目瞭然の通り、とてつもなく完成度が高くて
とても可愛いかわいい最高の妹様だと私には感じられるのですけど、
あのフランちゃんをもってしてもアミグリさんにとっては「まだまだ納得できる作品ではないですね」とか
「個人的には、あの2013年10月のの紅茶フランちゃんを超えられた感覚はしないですね」という
とてつもなく高い次元を目指されているのは本当に素晴らしいことだと改めて感じるものです。
私は残念ながら昔も今も全く絵心を持っていないものでして、アミグリさんのような素晴らしい絵を描く事は全然
出来ないものですので、もしも万が一私が昨年末にアミグリさんが描かれたようなあのかわいいフランちゃんを描く事が
出来るのだとしたら、それだけで大満足しちゃって、
「こんな一期一会みたいに生涯にこんなすてきな絵を一度描いてしまったのだからあとはもうどうでもいいや~」みたいな
浮ついた気持ちになってしまいそうなのですけど、
アミグリさんはそうやっておごる事も無く調子こく事も無く、
「2013年10月のあの紅茶フランちゃんを今後描く事ができるかどうかは分からないけど、もっともっとすてきなフランちゃんを
描く事ができるようにもっと高い次元を目指してこれからも描き続けよう!」と前向きに且つ己に対しても
更に厳しく臨み、浮つかれる事も無く己を更に厳しく律しようといいうその姿勢には本当に頭が下がる想いで一杯ですし、
改めて「やはりアミグリさんは私が一番尊敬する絵師様!」という認識を改めて持ってしまったという事になると思います。

そうなんですよ! アミグリさんと色々とお話をする中でよく出てくるワードの一つが「2013年10月に描かれた紅茶フランちゃん」
なのですけど、
アミグリさんにとってはあの紅茶フランちゃんは、一つの記念碑的作品でもあり、一つの到達点でもあり、
同時にアミグリさんにとっては「自分が納得できる数少ない名作」との事なのです!
そして自分が過去に描いた「名作」に奢れることも無く、
「もしかしてこんな名作フランちゃんを超えるフランちゃんは二度と描けないのかもしれない」という不安を内在しながらも
そうした不安を抱えつつも
「出来るならばあの名作フランちゃんを超える作品を描いてみよう!」と更に高い目標を己に対して設定している事が
私はアミグリさんが「凄い・・」と感じる理由でもあるし「尊い」と心の底から共感できる理由でもあるのです。
別に単にアミグリさんの描かれるイラストがめちゃくちゃかわいいから・・という理由だけではない事を改めてこの場を借りて
アミグリさんにも当ブログをご覧頂けている皆様にお伝えをさせて頂きたいと思います。

この事は既に当ブログでは何度も書いているのですけど、当ブログの大切な根幹カテゴリの一つが「東方Project」で
あるのですけど、私が当ブログを開設したころは今では信じられない話なのかもしれないですけど、
本当にマジで「東方」の「と」の字もな~んにも知らなくて
東方の絶対的エースでありあんなにも知名度と世間認知度が高い「霊夢」ですら
「霊夢・・誰、それ・・?」という感じでもあったのですけど、2013年頃に多分何かのきっかけで何気なく「dream fantasy」というアミグリさんのブログを見た際に
そこで初めてアミグリさんが描かれた霊夢・魔理沙・妖夢等の東方キャラのイラストを見て、
見た瞬間に「え―――、なにこれかわいい!」と感じ始め、そこから今現在に繋がる私と東方の関わりが出来たという事に
なるのです。
よく当ブログの吹奏カテゴリで
「1982年全日本吹奏楽コンクール東北大会、高校の部のプログラム一番、秋田県立花輪高校吹奏楽部が
自由曲として演奏したウィリアム・ウォルトンの交響曲第1番 変ロ短調 第四楽章を聴いたことが、
私が吹奏楽とクラシック音楽の深い森の中に入り込むきっかけ」と書いているのですけど、
それと全く同じことが2013年に起きていて、東方の事を何も知らなかった私がアミグリさんが描かれた東方イラストを見た事で
「なにこれかわいい!」→「ここに描かれている東方のキャラってどんな人たちなの・・? 」 →「そもそも東方の世界観ってなに?」
という事で東方に対する興味がどんどん広がっていったという事なのです。
だから必然的に私が2013年にアミグリさんのブログ「dream fantasy」を見ていなかったら、うちのブログはプリキュアと吹奏楽だけのブログのままであった可能性が大変高いと
思われますし、今現在では「東方がない生活なんて~」とすら思っていますから、
ここにも私自身がアミグリさんに対して「感謝させて頂く理由と必然性」があるのだと思っています。
そしてそうした感謝の気持ちから、アミグリさんが描かれた作品を微々たるものかもしれないですけど、
FC2内、そして外部サイトで当ブログをご覧頂けている皆様に一人でも多く、アミグリさんという存在、そしてその作品を
見て頂きたいという気持ちになっているという事なのです。
そしてもっと大局的な観点から言わせて頂くと、2013年頃の私のように、きっかけはとにかく何でもいいから、
このブログを通して、またはアミグリさんの描かれた東方イラストをきっかけにして、一人でも多く
それまで「東方Project」の事を知らなかった人たちが東方の世界を知って頂きたいという気持ちもあったりします。

アミグリさんにとって「自分が描いたフランちゃんなのだけど、一つの到達点でもあり、これを超えるフランちゃんを
描く事はもしかしたら難しいのかもしれない・・
だけどそれでも私はフランちゃんを描き続けたいし、あの名作フランちゃんを超える作品を描いてみたい!」
という事なのでしょうけど、換言するとそれは「自分の真のライバルは己に内在する私自身の心」とか「私のライバルは私自身!」
という事でもあり、これはとてつもなくかっこいい生き方だと思います!
こういう生きざまは私にとっても本当に「一つの理想」でもあったりします!

さてさて、先ほどから「2013年10月にアミグリさんが描かれた紅茶フランちゃん」というワードがやたらと出てきますけど
冒頭のイラストが、その作品なのです!
この作品は当ブログでも何度か転載させて頂いた事はあるのですけど、何度見ても
「この紅茶フランちゃんはとてつもなく素晴らしい名作ですね!」とか
「アミグリさんをもってしてもこの紅茶フランちゃんを超えるフランちゃんを今後絵が描けるかどうかはちょっとわからない・・
と言わせしめる妥当性がこの作品には備わっている」としか言いようが無い程の
何度見ても飽きない素晴らしい名作だと思います!

このフランちゃんは、アミグリさんの最高傑作の一つではないのかなと私自身確信しておりますし、
この完成度の高さは特筆に値すると断言しても構わないと思います!
とにかく全てが精緻で優雅で幻想的・・・
見れば見るほどこのフランちゃんに一目惚れしちゃいそうな素晴らしい渾身の作品だと思います!!
フランちゃんのこの表情は夢見る少女にも見えますし、
少女から大人への階段を一段一段登り始めたすてきなレディーのようにも感じられますし、
あどけなさも美しさも気品も優雅さも物憂げさも可愛らしさも全てがこの一枚の作品の中で見事に表現されていると
思います!
以前ですけど誰かがこの紅茶フランちゃんを「絵画的美しさ」と表現されていたと思うのですけど、確かに・・!
フランちゃんのこの雰囲気は「ちょっとあどけないけど小さな貴婦人のすてきなポートレイト」とも
言えるのだと思います。

上記でも書いた通り、当ブログの「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」において、FC2内や外部サイトから
ご覧になって頂けている多くの皆様の中からとにかく一人でも多く・・否! たとえ一人だけでも構いませんので
この特集を一つのきっかけとして東方作品やフランちゃんと言うキャラ、
霊夢・魔理沙・妖夢・咲夜さん・チルノ・こいしちゃん・早苗さん・アリス・レミリア様・紫などのフランちゃん以外の東方キャラに
興味を持って頂ければ本当に幸いです!

本記事は「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集Ⅱ その①」とさせて頂いておりますけど、同時に
「アミグリさんが描かれたフランちゃん ベスト編」とも言えると思います。
まずは多くの皆様に「アミグリさんが描かれたちょっと凄すぎるフランちゃん」を3作品ほどまずはご覧になって頂き、
少しでも「フランちゃんはかわいいしすてきだねぇ~」とか「フランちゃんは東方のすてきな美少女」と感じて頂ければ
幸いです!
そして少しでもフランちゃんに興味を持って頂ければもっと幸いです!
当ブログにおいては、前回は前夜祭、今回は「とにかくフランちゃんに興味を持ってほしい!」という前奏曲という位置づけで臨み、
そして次回のその②~その④において
「このベスト編以外にどんなフランちゃんを描かれているだろう・・?」といった各論みたいな構成で臨みたいと思います。
その②~その④においては、アミグリさんが描かれるフランちゃんの中には、
めちゃくちゃ可愛いもの、いかにも美少女という雰囲気のもの、少し大人っぽい感じのするもの、
いかにもおっかない吸血鬼の妹に相応しいもの・・・などなどかなり多種多様でヴァラエティーに富んでいると思います。
そしてこの「多様性」が実に素晴らしいと思います。
そうした様々な表情のフランちゃんを、皆様が少しでも楽しんで頂く事が出来ましたならばとっても幸いです!
















当ブログが大変お世話になっているdream fantasy の
すてきな管理人様のアミグリさんは、東方Projectキャラの数々の素晴らしきイラストを発表され続けている
東方絵師様ですし、アミグリさんが過去に描かれた東方作品のキャラはたくさんいるのですけど、その中でも
フランちゃん・こいしちゃん・妖夢・咲夜さん・チルノ・霊夢・魔理沙は別格でもあると思いますし、この7人の東方キャラは
アミグリさんの中でもかなり思い入れがあるキャラなのではないかと思っています。
そしてその中でも特に、フランちゃんとこいしちゃんは、
「アミグリさんの最大のライフワークと言えるんじゃないの・・?」と感じさせるような素晴らしき作品が揃っていて、
アミグリさんの一つの「傑作の森」ではないのかなと感じる事も多々あると思います。
だからこそ、今回ご縁があってこうして「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」をさせて頂けることは、
私にとっては大変大きな喜びでもあるのですけど、同時に気持ちの上ではかなり高ぶるものがあるというのか
心地よい緊張感みたいなものがあるとすら感じています。
だって、そりゃそうですよね・・!
フランちゃんというアミグリさんが特に特に想いが強いキャラの特集記事をさせて頂く訳ですから、私も
(いつものような・・? 汗・・)手抜き記事だけは書けないよね・・みたいな気持ちも多少はあるのかもしれないです。
とにかく一人でも多くの皆様に
「アミグリさんが描かれたフランちゃんは最高だよねっ!」と感じて欲しいですし、
フランちゃんや東方Projectに興味を持って頂ければ最高に幸せです!

上記のフランちゃんは2016年12月に描かれた作品です。

冒頭の紅茶フランちゃんは確かにとてつもない傑作で一つの極みであるのは間違いないと思うのですけど、
いやいや、この2016年12月のフランちゃんだって全然ひけを取らない素晴らしい名作であると私は思っています。
他の絵師様も含めて、フランちゃんというと「あどけなさ」・「少し気のふれた幼女」・「壊れた妹」みたいな雰囲気で
描かれる傾向がある中、アミグリさんが描かれたこのフランちゃんには、そうした「気がふれている」とか
「頭が少しおかしい少女」みたいな雰囲気をほとんど感じさせず、
むしろ逆に健康的で明るい少女とか「上品さ」・「大人っぽい雰囲気」が見事に表現されていると思います。
ここには一人の「何の穢れも無い素晴らしい美少女」がいるのだと思います!

特にこの繊細なフリルとか透明感のある美しい羽の描き方が素晴らしすぎます!

アミグリさんがよく描かれる「背景」をあえて描かなかったことで
フランちゃんの美しさがより強く強調されているようにも感じられます。

冒頭の紅茶フランちゃんに少しばかり「憂い」が感じられるとしたら、上記のこのフランちゃんは吹っ切れたような
「明るさ」がストレートに伝わってきていると思います!
紅茶フランちゃんも素晴らしいけど、このフランちゃんも誇り高き作品だと思います!!







kinene-hurando-ru-kahitu_convert_20171228221215_convert_20171230174842.png







私としては、冒頭の紅茶フランちゃんと2016年12月の健康的な明るさのフランちゃんで既に感動の極み状態と
化しているのですけど、
先週の記事でも既に書いた通り、アミグリさんは更にさらにとてつもないすてきなフランちゃんを昨年末に
dream fantasy 年内最後の記事として
描かれていました!
このフランちゃんにとってはアミグリさんにとっても一つの大きな節目だったようでして、その節目の記念記事にも
なっておりました。
その節目とは何かと言うと「デジタルで描き初めて2017年が10年目」という事で、デジタル10周年という記念イラストでも
あったようです。

改めてですけど、アミグリさんのそうした「10年間の軌跡」に心の底からお祝いを申し上げたいと思いますし、
10年間イラストを描き続かれただけではなくて、上記で書いた通りアミグリさんには「さらに高いクオリティーの作品を描こう!」と
いう向上心の強さと己を厳しく律する事ができるという素晴らしき側面も有されている素晴らしき絵師様なのだと
改めて感じたものでした。

それにしてもこのフランちゃんは本当に大変な名作であり、アミグリさんを代表する作品の一つになり得るものと
私は確信しております。
上記のこのフランちゃんは先週色々と感想を述べさせて頂いておりますので、今回は重複を避けたいと思っておりますが、
とにかく美しさと可愛らしさを両方兼ね揃えた素晴らしいフランちゃんだと思います。
冒頭の紅茶フランちゃんと比較すると色彩の濃淡がかなりはっきりと表現されていて、
より強く紅白の色彩感が伝わってきていると思いますし、何よりもフランちゃんのこの笑顔はとてつもなく可愛いですね!

本日は「ベスト編」という事でアミグリさんが描かれたフランちゃんから3作品を転載&ご紹介をさせて頂きましたけど、
私としては「その3作品ともあまりにもハイレヴェルすぎて甲乙付け難い!」と申し上げたい
気持ちで一杯です。
アミグリさんご自身は「2016年末と2017年末のフランちゃんですら紅茶フランちゃんを超越していない」と
言われてはいるのですけど、
私としては、この3作品はどの作品もみんな大好きなフランちゃんばかりですし、とてもじゃないけど
「この作品こそがいっちば~ん!」と断言はできないほど、どのフランちゃんも素晴らしい!」と申し上げたい気持ちで一杯です!

上記のアミグリさんが描かれたフランちゃんは、その権利は全てこのフランちゃんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなすてきな椛を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

最後に・・・

本年度、2018年は、アミグリさんにとって大変メモリアルな年になる事と思われます。
アミグリさんのブログ dream fantasy
今年の3月17日に「ブログ開設10周年」という大変大きな節目を迎えられますし、
そしてpixivに登録して10年目、東方ファン歴10年目、3月24日のアミグリさんのお誕生日などなど…
2018年はまさに記念碑的な一年になるのだと思います!

当ブログはそうしたアミグリさんの記念イベントの際には何か少しでも貢献をさせて頂きたいと思っておりますし、
本年度もアミグリさんとdream fantasy
目一杯応援させて頂きたいと思っております!

そして次週から三回に分けて「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集 パートⅡ」その②~④を特集させて頂きたいと
思いますし、そしてここにも上記の3作品にも決して決してひけをとらない多才で素晴らしいフランちゃんが
「これでもかっ!」というくらいに登場してきますので、是非楽しみにして頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

確かに1枚目、到達点といっても過言でないほどのすばらしい1枚ですね。記事の冒頭でこれが来ると、もうこれ以上ないのではと思いましたが、2枚目がリアル志向でこれまたすばらしい!さらに、3枚目、とってもかわいらしいですね。
私は東方の知識もそれほどありませんが、やはりフランちゃんなど主要なキャラは知っています(こちらにきて、さらにくわしくなりました^^)。しかし、こうまで完成度の高い絵は、まずないですね~…。

これはフランちゃんの可愛さがたっぷり詰まった記事ですね…!
どのフランちゃんもとっても素敵ですけど、やっぱり一枚目の紅茶フランちゃんはアミグリさん自身も納得というだけあって特に美しい世界を作りだしている感じがします。ただ可愛いだけでなくダークな背景とか全体的に他のフランちゃんのような鮮やかな色ではないのが吸血鬼らしいあやしさのようなものを出していて、美しさにうっとりしてしまいますね…。

1番上の紅茶を飲むフランちゃんが
オトナっぽくて、キューティクルいっぱい(?!)で
好きかな♪(⌒▽⌒)

カラス様、ありがとうございます~!

八咫烏(全力稼働中) 様


今回もとってもすてきにアミグリさんの描かれたフランちゃんをお褒め頂きありがとうございます!

確かにご指摘の通り一枚目の紅茶フランちゃんの完成度はとてつもなく高いものがありますけど、
一つの到達点に満足されないで更に前進と進化をされ続けているアミグリさんのその姿勢が尊いのだと
思います!

フランちゃん特集はこれから四週間続きますので、何卒お付き合い頂ければ幸いです!

schwert 様、ありがとうございます!

schwert 様


いつもこんなにもすてきなお言葉でアミグリさんが描かれたフランちゃんをお褒め頂きありがとうございます!

実はアミグリさんからもschwert さんに対しては
「いつもすてきに褒めて頂き感謝しております」といったメッセージも頂いております!

やはりあの一枚目の「紅茶フランちゃん」の完成度の高さは素晴らしいものがありますね!

今回寄せられたコメントの中でもそうしたご意見が多いのは、それだけあの紅茶フランちゃんが本物である事の
何よりの証といえると思います。
あやしくもあり美しくもあり奇跡のような作品だと私も改めて感じております。

アミグリさんの描かれたフランちゃん特集はこれから四週連続で続きますので、どうか引き続きご覧頂きたく
宜しくお願いいたします!

napo 様、ありがとうございます!

napo 様


アミグリさんの描かれたフランちゃんをお褒め頂きありがとうございます~!

今回皆様から頂いたコメントでは「一番上の紅茶フランちゃん」を推される意見が多いという事は
それだけあのフランちゃんの魅力が際立っているという事なのだと思います!

これから四週連続で日曜日のフランちゃん特集は続きますので、次回以降も何卒宜しくお願いいたします!

うわーこのフランちゃん高級感ありまくりですね( 〃▽〃)
特にたっぷりとした流れるようなドレス
これの色彩が見事ですね
手に持ってるおしゃれな道具と相まって
中世のお嬢様っていう感じです(* ̄∇ ̄)ノ

ベスト編から気合いの入ったご紹介記事で、とてもうれしいです!!

そして、私自身の絵に対する姿勢などをほめてくださり、とても光栄に思います。
これからも、さらに高みを目指す向上心を忘れないようにしたいと思います!

私自身も、一人でも東方に興味を持っていただけるきっかけになるようなイラストを描けるように、これからも精進していきたいと思っています。

フランちゃん特集の前夜祭、そしてベスト編から、ぬくぬく先生の熱い想いがとても伝わってきましたが、その②~④でもきっと素敵な記事を書いていただき、私をニコニコにさせてくださると確信しています!


みけねころんそう様、ありがとうございます!

みけねころんそう 様


アミグリさんが描かれたあの素晴らしいフランちゃんをとってもすてきにお褒め頂きありがとうございます!

あの冒頭の「紅茶フランちゃん」はちょっと神ががっています!

吸血鬼の悪魔の妹という二つ名はありますけど、そんな設定がどうでもよくなってしまうほどの美しさに溢れていて
アミグリさんの美的感覚の素晴らしさを立証した作品なのだと思います。

あのフランちゃんは美的限界を超越し、アミグリさんにとっては一期一会のフランちゃんなのかもしれないですけど、
更にもっと素晴らしい名作が今後出てくるのは間違いないと思います!

アミグリ 様、いつもありがとうございます!

アミグリ 様


今回のフランちゃん特集ですけど、本当に多くの皆様が冒頭のあの「紅茶フランちゃん」を大絶賛されておりまして、
転載&ご紹介させて頂きました私もとても嬉しいですし「誇り」に感じます。
アミグリさんの進化はまだまだ全然止まらないと思いますし、ここから先どんなすてきな作品を描かれるのか
私もとても楽しみにさせて頂きたいと思いますけど、あまりプレッシャーを感じず、今まで通りのマイペースを
保たれるのが一番なのだと思います!

その②~④のあの「多様性」は素晴らしいと思いますし、是非ぜひ多くの皆様に
「フランちゃんは描かれ方によってこんな側面もあるのだ~」という事が伝わればいいなぁ・・と思っています!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4049-939a9df0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |