FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ニンテンドーのDSが最初に世に出た時の衝撃は私にとっては大きかったと思います!

従来までのゲームってボタンとレバー操作によるものが主流でしたけど、それをああしたタッチペンを画面に直接触れて
ゲームほ楽しむという発想が当時はとてつもなく斬新に感じられ、正直あの新鮮な驚きはwiiの登場時よりも
大きかったような気がします。
確か私の記憶では、世に初めてDSが登場した時のCMは宇多田ヒカルがなぜか胸元がハートマークの空いた服を着ていて
あの映像にも驚いたものですし、あの時のCMソングの「Easy Breezy」もかなり印象的な楽曲だったと思います。
発売当初の頃のDSって今では考えられないのですけど、中々購入出来ず、トイザラス等で「入荷しました」との情報が
入ったとしても開店前のトイザラスに3時間前から行列して並んでもなかなか購入出来ず、当時は
好きな色を選定させて貰う事すら許されない感じでした・・

だけどwii同様消費者から飽きられるのも案外早かったような気もします・・

だけど後日今度は3Dなんてまたまたとてつもない商品も出てきていますし、なんだかんだ言っても今現在も
DSのソフトは次から次へと新作が出ていますし、既に飽和状態とは言え依然として安定した人気や売り上げは
一定程度の水準はまだまだ見込める商品と言えるのかもしれないですね。

歴代プリキュアにも毎年のようにこのDSシリーズが登場しています。
このシリーズを全部揃えると結構な金額になりそうなもので私もごく一部のシリーズしか持っていないしプレイした事が
ないのですけど、先日のお正月休みの際に結構久し振りに「yes!プリキュア5」のDSをプレイしました。
久しぶりにやったせいか「なつかし~」という感覚と「あれれ・・DSも意外と面白いじゃん・・」という感覚を感じたものです。
こプリキュア5ののDSで興味深いのは、2007年放映の「yes!プリキュア5」のアニメを比較的忠実に再現している点で、
ゲームもアニメ版の各話に基づいて展開されていきます。
だからゲームの第一話は、当然のぞみ一人の戦いで、
第二話からりんちゃん、第三話からうららという風に順次メンバーが増えていきます。
面白いのは、第五話に相当される部分がカットされている点です。
あっ、そっか・・・第五話は、かれんさんが当初妖精の蝶からプリキュアとして変身する事を拒否され、
かれんさんは史上初の「妖精サイドからプリキュアになる事を拒絶されてしまった」という暗黒エピソードが蒸し返す事に
なってしまいますので、 さすがにこの部分を使うのはまずかったと言えるのかもしれないですね・・(汗・・)

プリキュア5は、歴代プリキュアの中で多分唯一だと思うのですけど、ピンク系プリキュアがチーム内のリーダーである事が
明確にされていますので、のぞみ=キュアドリームがアニメ本編でも映画でもリーダーという中核を担っていましたし、
「のぞみを中心に廻っている」という事が誰の目にも明らかであったと思うのですけど、その関係なのか、
このプリキュア5のDSの中では最後の決め技は、全てドリームの「ドリームアタック」となっていました!













数年前に最初このDSを購入した時、説明書にはほとんど細かい事は書いていないし、
連携とか「拾う」とか「コンボ」の意味すら分からず、やたらドリームばかりちょこちょこ動かしていましたけど、
ドリームだけ動かしてもこのゲームは全然進展しないのですよね・・
プリキュア5の戦いと同様、チーム内の役割分担とか連係がかなり求められるというゲームであるという事に気づいたのは、
購入後しばらく経過してからだったような気もします・・(汗・・)
このゲームは「戦闘・アクション」系なのですけど、限りなく配列・パズルに近い要素があると思うのです。
つまり、5人のプリキュア達の位置の配列をある程度揃えて、その配列の途中にある邪魔な障害物さえ取り除けば、
ある程度の必殺技のコンボ(技の繋がり)をキープできるのです。

この事に気が付いた時から、ある程度順調に各話を消化でき、第11話あたりまではクリア出来ていたと思います。

アニメ本編の第11話というのが、かなりの名作回でして、DSの中でもあの名場面が色々と蘇ってきました。
ちなみに第11話と言うのは「のぞみとココの夢気球」という回で、この回は何と・・! 私が2007年当時うちの奥様から
「プリキュア5はすてきなアニメだから、いいから騙されたと思って一度見てみて!」と半分無理やり強要されて
私が初めて「プリキュアシリーズ」を見るようになった記念すべき回でもあります!
最初は「こんな子供が見る幼児番組なんてくだらない・・」とブツクサ言いながら見ていたと思うのですけど、
結果的にプリキュア5の第11話を見たことが私とプリキュアの出会いの始まりのようなものでした!
そこから先は、まるで「ミイラ取りがミイラになった」の如く、私自身がうちの奥様よりもはるかに強くプリキュアにはまりだし、
そして今現在に至っているのだと思います・・(汗・・)

この第11話のテーマは「どうして人は勉強しないといけないのか」という事でして、
勉強が大の苦手で、子供の時から九九・漢字を覚えるのに人の倍も三倍も苦労したのぞみ・・・
だからのぞみは何かを学ぼうという意欲を失いかけています。
そうしたのぞみに、
「何か興味をもったものから始めてみれば?」とココは的確なアドバイスをおくったりもします。
「興味を持ったことをきっかけにして、色々な事を学んでいけばいい。
 最終的には、その学んだ引出しの中から、自分にとって何が一番大切なものなのかを
 気づければそれでいい」
この辺りは、
「どうして勉強をしなくてはいけないのか?」という子供たちの永遠の問いに対する
プリキュアらしい一つの回答を提示していたと思います。
そして、この問いは、2年かがりで受け継がれていき、 翌年の「プリキュア5GoGo」では、
勉強に興味が持てないりんちゃんの弟と妹に対するのぞみ自身の経験に基づく、のぞみらしい回答が提示されていきます。

何かこの2年がかりで一つの問いに対する回答を提示というのもかっこいいですよね。

ちなみにですけど、このプリキュア5のDSは第一話から最終回まで続くのではなくて、確か前半部分で
ゲーム完了という話は聞いた事があります。
だけど私自身は、購入当時もそして今現在も第11話までしかクリアできていなくて、第12話は実はいまだにクリアできておらず、
第12話をこのお正月休みの際も延々と繰り返していましたけど、やはりクリアできなかったですね・・(汗・・)
このソフトを全面クリアできるのは果たしていつの日なのでしょうか・・?
第12話以降はミルクも登場してきますし、あの伝説の不滅の神回の第23~24話もありますので、なんとか早いうちに
せめて12話はクリアしたいものですね・・













私自身が持っているDSは3Dでは無いものでして、
「スマイル」以降、発売ソフトが全て3D仕様になったため、3D仕様のDSをまだ持っていないため
残念ながらスマイル以降はプリキュアのDSソフトは購入していません。

そんな訳で私が歴代プリキュアで一番大好きな「ハピネスチャージプリキュア」のDSは3D対応のため、
私はハピネスのDSで遊ぶことは出来ておりません・・(泣)
「スマイル」・「ドキドキ」・「ハピネスチャージ」・゜キラキラ☆プリキュアアラモード」をDSのゲームをやりたいと思うのなら、
もう一つ3D対応用のを買う必要がありそうです・・

うーん、こうやって企業は儲かるようなシステムになっているものなのかもしれないですね・・

そうそう、翌年の「プリキュア5GoGo」以降からは、その代のプリキュアに加えて歴代のプリキュア達も加わるようになっています!
遊び方によっては「自分だけのちょっとしたオールスター」を楽しめそうな感覚なのかもしれないですね! (笑)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

プリキュアのゲームもあるのですね(^ ^)
アニメのファンはゲームにもあるのは
嬉しいですよね☆
ですがゲーム機本体とソフトの問題はありますよね^^;
私は逆にどーしてもやりたいソフトの為に
昔の本体を探して購入した事があります…💦
ゲーム全体の更新が早くて、
購入する方としては色々と大変な時がありますね(^_^;)
全てに対応型とか
出てくれたらいいのにと思います(笑)

セガサターン

kirakiya.rumari 様


プリキュアのDSは初代から今現在に至るまでずっとありますけど、ある代から3D限定になってしまい、
うちにあるのは3D仕様では無いもので、最近ではあまりプレイしなくなりましたね・・

ご指摘の通りそれが「ゲーム機本体とソフトの問題」なのかもしれないですね。

そうそう、とても古い話なのですけど、以前うちの奥様が「同級生」・「下級生」という恋愛アドベンチャーゲームに
凝っていた際に、当時のゲーム本体のセガサターンが壊れてしまい、修理したくてもそれが出来るところがないし、
新たに購入と言っても今更そんなの売っていないし、
幸い中古ホビーショップで発見できたからよかったものの、
確かに全機種の互換性は欲しいですよね~(笑)

ゲーム本体だって何万とするけして安くない代物なのに
同じDSでも前のソフトは使えない使用となるのは痛いですよね
新機種の新機能といっても立体的になるぐらいなのではないのかと
内心毒づいております(# ̄З ̄)

ゲーム業界も末期ですかね
制作者が可哀想です

DSと3DS

みけねころんそう 様


以前3DSを店頭でやってみた事があるのですけど、正直DSとの絶対的な差と言うものはあまり感じませんでした。

3DSといっても何だか見づらくなっただけ・・という印象もありますけど、同時にあの立体感はすごいかも・・とも感じますけど、絶対的な優位性はそれほどないようにも感じたものです。

それだったら、両機種の互換性があってもいいんじゃないの・・とも思うのですけど、
それをやってしまうとメーカーとして「2台目も買って貰う」という戦略が外れるからダメ・・という事なのかも
しれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4047-9a6e9fd5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |