FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年の新年初売りも私自身は店内が混んでいるし駐車場も空いているスペースを確保するために行ったり来たりを
繰り返すので正直行きたくもないのですけど(汗・・)
うちの奥様が毎年毎年「福袋」は楽しみにしていて、私から言わせていただくと
「そんな店内の在庫一掃整理の商品なんて今別に買わなくたっていいのに・・」と思うばかりなのですけど、
女の子というものは「初売りの景品」とか「福袋」というものを男性よりは好む傾向にあると思いますので、
ま、これは仕方がないことですね・・
今年は福袋に関しては、イトーヨーカドーの肌着セット・千疋屋の果物ゼリーを中心としたお菓子福袋・
「うまい、うますぎる」でおなじみの十万石まんじゅうの福袋などなどいろいろ買わされましたけど(汗・・)
その中で「これは特においしそう・・」と感じたのが、埼玉県内だけではある程度の知名度がありそうな「十勝の甘納豆」の
和菓子・洋菓子の詰め合わせの福袋でした。

そしてこの十勝の甘納豆の福袋には、このお店の看板商品の一つでもある「母べえ」がいくつか入っていて。
その中にチョコ味も入っていました!
いいですねぇ~! 私、母べえのミルク感たっぷりの白あんのプレーン味も大好きですけど、チョコ味が結構大好きなのですよ!

「母べえ」というのは、
「十勝の甘納豆」から出ている白あん系のスイーツで、
2008年に吉永小百合主演で公開された映画「母べえ」とのタイアップ商品です。
映画自体のロードショーは既にとっくに終わっていますが、
商品自体はいまだに健在と言う感じですね。

埼玉県の定番お土産って草加せんべいと十万石まんじゅう以外んまり思い浮かばないというのは
「何もないない埼玉県の定番ネタ」の一つでもあるのですけど(汗・・)
思い浮かぶところでは、「彩香の宝石」とかくらづくり本舗の「福蔵」という最中とか、
菓匠右門の「いも恋」なども全国的な知名度では弱いのかもしれないですけど、中々美味しくものは色々と
あるかとは思います。

そうした中でも忘れてはいけない埼玉の銘菓の一つは十勝の甘納豆の「母べえ」と言えるのかもしれないです。

別に特段個性的な商品とか全国的に大変な人気と知名度があるという訳ではないのですけど、
あのやさしくマイルドなミルク味は、たまに食べるとなんとなくですけど不二家のミルキーみたいな「どこか懐かしい味」
みたいなものを感じますし、あの味は時折無性に食べたくなってしまうことはあるのかと思います。













「十勝の甘納豆」という企業自体、最近はちょっと経営が芳しくないようで、地元でもあんまりよくない噂はちらほらと
飛び交っているようでしたし、埼玉県川口市に元々本社と本店の機能があったようですが、こちらも最近移転したり、
川口本社ビル自体を売却したりと何かと大変なようです・・
そうした中、親会社自体が変更になったようです。
2017年8月9日をもって「十勝の甘納豆」は、長野県に本社を構えるマツザワホールディングス株式会社の100%子会社と
なることが実施されたようでもありますので、
なんとか事業を再構築されて、川口というか埼玉県の「おいしい銘菓」としての味をこれからも後世に
受け継いでいってほしいと思ったりもします。
埼玉県の銘菓というと、うちのブログは「浦和の調ちゃん」ネタ関連の十万石まんじゅうのことばかり取り上げておりますけど。
管理人の私自体の住まいは実はさいたま市ではなくて川口市でもあったりしますので、
なんとか「川口を代表する銘菓」のブランドと味を守って頂き
「埼玉の銘菓は十万石まんじゅうだけではないですよー」ということを全国に轟かせて欲しいと思っております!

吉永小百合と川口は多少縁があるみたいでして、1960年代に公開された吉永小百合主演の映画「キューポラのある街」は
実は川口市が舞台となっています。
「キューポラ」なんて言っても今の若い世代の人達にはよく分からないと思いますが、要は鉄の溶解炉です。
1950年代~80年代の川口市は、「鋳物の街」として
高度成長期の日本を支えた縁の下の力持ちみたいな役割も持っていたと思いますが、
1990年代以降、川口市は、鋳物の街というよりは、東京都内の「ベッドタウン」というか
超高層マンション建築ラッシュに取り込まれ、元々鋳物工場だった敷地が次々とマンション建築の用地として買収され、
結果的にどんどんキューポラ自体減っていってしまいました。

現在では、キューポラは数えるほどしかないんじゃないのかな・・・?

川口駅前も1990年代以降急激に再開発が進みましたが、駅前の商業施設兼図書館兼行政センターの巨大ビルは、
その当時の名残をこめて「キュポ・ラ」と命名されています。

私が仙台から親元を離れて大学へ進学したのが1984年、この年はキャンパスの関係で大宮に住んでいましたが、
休みの日は、浦和ではなく川口へよく遊びに行っていました。
(以前書いたと思いますが、この当時は吹奏楽コンクールで市立川口が日本の吹奏楽界を牽引
 していましたので、川口という名前時代に何か個人的にはすごいステータスを感じていました・・)
当時の川口駅周辺は、丸井があったり、そこそこ東口は栄えていましたけど、西口は汚い酒場しかありませんでしたし、
西口は飲み屋と町工場しかなかったような印象すらあります。
西口が急激に変わっていったのは、1990年代以降かなとも思います。
駅前に音楽ホール「リリア」(パイプオルガンが売りの一つです。音響も中々いいと思います)が建築され、
それに前後してバブルという時代背景もありましたけど、超高層マンションの用地買収のための地上げが急速に進み
町工場が次から次へと超高層マンションに変貌していきましたからね。

話は「十勝の甘納豆」に戻りますけど、ここでは毎月10日限定のスイーツが販売されています。
それが何かと言うと、「バター餅」です!
元々は秋田県のお菓子らしいのですが、それを色々とアレンジし、ミルク風味にしたマイルドな味です。
これは、うちの奥様が結構気に入っていて、毎月10日になると
「十勝の甘納豆でバター餅買ってきて」なーんていうわがままお願いメールが来ることもしばしばです・・・(汗・・)
1個126円だったかな・・・?
そんなに高いものじゃないけど、行くのが面倒くさいという感じがあったりもします。最寄り駅前にも以前までは
十勝の甘納豆の店舗があったのですけど、いつの間にかなくなっていて、一番近い十勝の甘納豆の店舗は
車でないと行けない距離になってしまったのがちょっと残念ですね・・

最後に・・・

十勝の甘納豆も経営再建に向けて現在奮闘中なのでしょうけど、川口市内の市立高校3校が近年の少子高齢化の波を
受けたことと(川口市自体の人口はいまでも増加し続けていますけどね・・)
一つの市に三つも市立高校は必要ないでしょ・・とう財政上の理由もあったと思うのですけど、
学校統廃合ということで、この3校の校名がなくなってしまい、新たに今年の4月をもって3校が統合した「川口市立高校」が
誕生します!

旧校名が消滅したとしても、是非ぜひ新しい学校名の下、「新しい伝統」を作っていただきたいと思います。

今回統廃合によって消える学校名の一つが「市立川口高校」なのですけど、この学校名を聞いて
「吹奏楽部」が頭に思い浮かばれた皆様は、私と同じようにオールド吹奏楽ファン、
そして「野球部」が思い浮かばれた方は、大の巨人ファンというか斎藤雅樹ファンといえるのかもしれないですね・・(笑)

市立川口高校吹奏楽部の偉大なる軌跡はこのブログでも何度も取り上げさせて頂きましたけど、
吹奏楽部は1979年~1990年に輝かしい実績を残し、全日本吹奏楽コンクールに過去11回出場し、
金賞6回(1979年・1980年・1981年・1984年・1985年・1987年)、銀賞5回(1982年・1986年・1988年・1989年・1990年)を
受賞しております。
1983年には「ウィーン世界青少年音楽祭」に日本代表として出場しグランプリ、
高校部門最優秀賞、オーストリア国営放送賞の3賞を日本で初めて独占という快挙も成し遂げています!
そして何よりも初出場の「二つの交響的断章」の歴史的名演と
1981~82年の当時の指揮者の信国先生による「無言の変革」シリーズという自作自演は、
吹奏楽コンクールの一つの金字塔とも思えます!

私の出身高校も、つい最近までは男子高校だったのですが、やはり学校統廃合の名のもとに、
近隣の女子高校との統廃合が成立し、今現在では男女共学校となっています。
私の高校時代の思い出は、「男子校としてのの気楽さ」にあったと思うのですけど、
それが現実的に今現在の母校にないとは、卒業生としては一抹の寂しさも感じたりもします。
だけど反面、今まで男子高ゆえの吹奏楽部員の慢性的不足とかクラリネット・ファゴット・オーボエ等の絶対的な
木管楽器の奏者不足が、女の子たちがいっぱいいっぱい入部してくれたおかけで一気に解決され、
それだけではなくて2012年の創部50周年の節目の際に悲願の支部大会初出場を果たし、
さらにさらに・・昨年度は二回目の支部大会出場を果たし、初出場の際は銅賞だったものの、二回目の出場の際は、
難曲中の難曲の「ディオニソスの祭り」を自由曲に取り上げ銀賞を受賞を果たしてくれていました!
これはOBの一人として嬉しく感じたものでしたし、過去の伝統は伝統として考え、今現在の新しい伝統と言うものに対して
OBの一人として温かい気持ちで見させて頂きたいと思っています。

市立川口高校吹奏楽部は、1991年の関東大会でのダメ金を最後に、2005年まで吹奏楽コンクールへの出場を
しない時期が長い間続き、
正直「市立川口高校吹奏楽部」のあの偉大なる伝統と名演を知る人たちも少なくなっていたのが実態だと思うのですが、
2006年以降、市立川口は久しぶりに吹奏楽コンクールにも出場しはじめ、最近では西関東大会にもボチボチと
出場を果たされています。
信国先生時代のあの偉大なる伝統は伝統として、今現在の奏者の皆様には
「新しい伝統」としての市立川口を歩んで頂きたいですし、学校名が変ったとしても
市立川口のあの斬新て新鮮な演奏の感覚は受け継いで頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

へぇ〜いろんな福袋があるねんね~
甘納豆まであるんや。
好きな人からしたら超〜嬉しい福袋
なんでしょうねぇ♪(*´︶`*)

母べぇ…
このお菓子、食べたことないと思うねんけど
なんだかこんな味だろなぁって想像してる私♡

母べぇ

napo 様


この母べぇという美味しいお菓子は、当初は吉永小百合主演の映画が公開されるまでの間の限定商品
だったようですけど、あまりの美味しさによる好評のため、今現在に至るまで販売が続いてお菓子との事です。

たしか吉永小百合さんも食べて「おいしい」とか言われていたと思います。

チョコ味ではなくてブレーン味の方はなんとなくですけど不二家のミルキーに近い味がありますね。
そういえばミルキーも「ママの味」でしたね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |