FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


既に十日以上前の話ではあるのですけど(汗・・)
昨年、2017年度の大晦日とその前日は土日という事もあり、多くの企業とか役所関係は29日が御用納めという所も
多かったのかもしれないですね。
うちの会社もそうでした。
だけど毎回感じるのですけど、御用納めの日ってなんか独特の雰囲気がありますよねぇ~
「今日でやっと年内の仕事が終わりだぁ~」みたいな安堵感とか
「明日からしばしのお正月休みが始まるから、少しはのんびりできそう・・」みたいなワクワク感とか
普段の週末とはちょっと違う雰囲気がそこにはありそうな感じもします。
多くの会社は、御用納めというと半日程度で実質的業務を切り上げ、午後からは全員で大掃除で、
夕方ぐらいで早めに退社というのが一つのパターンなのかな・・?とも思いますし、そうした普段よりも少し早めに帰れて
しかも明日からはしばしのお休みという雰囲気が御用納めのちょっと独特な雰囲気を醸し出しているのかもしれないですね。

昭和の頃の金融機関って今現在と違ってまだそれほど画期的にオンライン化が進んでいない時代でもありましたし、
あの当時の金融機関は、12月31日が土日でなければ普通の当たり前のように通常営業していたと思いますし、
当時の金融機関の大晦日というと窓口も大変混雑していましたし、ATMコーナーは長蛇の列という感じでしたし、
なによりも「年度末の目標達成!」とという大号令の下、営業の皆様たちも結構遅い時間まで、場合によっては
紅白が開始される時間帯スレスレまで顧客宅を廻って「最後のお願いセールス」に駆けずり回っていたような印象すら
あります。
営業がそんな感じでしたので、事務方も大晦日はなんだか全体が殺気立っていて、
特に窓口業務のテラーとか主計・出納担当の方は「最後の最後で現金と伝票が不突合を起すことは絶対に許されない!」
みたいなとつもないピリピリとした雰囲気があったように感じられます。
昭和の頃の金融機関の窓口とか出納関係は、ほとんどがまだ「手による札勘」の時代でしたし、今現在のように
機械でもって全ての現金と伝票を一括精査するという時代では無かったし、当時はまだまだ自営業者・個人商店が
元気に大晦日も営業している時代でもありましたし、そうした自営業者が大晦日の遅い時間帯に現金を預けにやってくる
という今ではありえない時代でもありましたので、とにかく昭和の頃の金融機関の雰囲気は殺気立っていたと
思います。
今現在の金融機関は、私が在職当時に比べるととにかく全てにおいて専門化・機械化・マニュアル化が進み、
昭和の頃に比べると人手をそれほど必要としないという時代に既に入っていると思いますし、
そうした事が既に大手金融機関の何万人単位での人員削減という事に繋がっているのだと思いますし、余った人材を
より生産性・利潤が見込める資産活用の相談業務に廻していくという事なのでしょうけど、
富裕層の資産活用・土地活用の相談業務をこなせる人ってそんなに多くはいないと思いますし、これは経験がある程度
モノを言う世界でもありますので、金融機関の伸びはまだまだ見込めると思うのですけど、そこで働く行員の方は
当面は大変な時代に既に入っているようにも思えますね・・
ましてや今後数年以内にAIとか人工知能がどんどん活用され、事務方行員の居場所はますます無くなっていくことが
容易に予想できますからね・・
あ、これは別に金融機関に特化した話しではなくて、全ての業種・全ての仕事がそうした話に間違いなく無縁では無くなる
日は案外近いと思います。

そうなってみると、昭和の頃とか平成初期の頃ってまだ少なくとも今現在よりはのんびりとした時代だったのかも
しれないですね・・

あと一年四か月ほどで「平成」という時代も終わりを迎えるのですけど、平成という時代が始まった
1989年(平成元年)というと、私自身は社会人2年目の年で、世の中の雰囲気としては、俗にいう「バブル絶頂期」の時代でした!
あの時の感覚としては、
「この金満日本! カネが溢れかえっているこの豊かな日本で私達もそのおこぼれに預かって何が悪い!」
みたいな俗にいう「バブル感覚」みたいな雰囲気は間違いなくあったと思います。
別に当時だってそんなめちゃくちゃに給料がいいとかみんな一律に稼いでいるとか決してそんな雰囲気では
無かったと思うのですけど、感覚として
「この好景気は永遠に続くから、今を楽しまないで一体いつ楽しむの? そんなお金なんてじゃんじゃん使えばいいじゃん!
どうせ給料何て後からうなぎ登りに上がってくるから・・!
お金がなくたって銀行がいくらでもお金を貸してくれるよ!」みたいな感覚は結構強かったようにも感じられます。

1988年にとある第二地方銀行(昔の相互銀行→うーーむ、この言葉をご存知の方も最近減ってきましたね・・)に入行したものの
大半の新入行員というものは、まず預金部門に配属され、そこから出納→普通預金→定期預金→
為替→当座預金→テラー(窓口業務)という一連の業務の中で流れを実地で学ぶのが定例パターンです。
でもなせか私の場合、いきなり融資課なんて所に配属され、正直何が何だかよく分らないまま、
頭上を訳の分からん専門用語が飛び交う中、ひたすら戸惑い続ける日々が1988年当時の私だったのかなぁ・・と思います。
金融機関に勤務経験がある方はほとんどの方は「札勘」(さつかん)というお札を扇形にさーーっと広げて
目にもとまらぬ早業でお金を数える事を最初に叩きこまれると思うのですけど、
私の場合は、そうした出納業務の経験が無く札勘もほとんどやらないままその後営業職に配属されましたので、
自分で言うのも何ですけどこうした札勘は相変わらず今でも下手くそだと思います・・・(汗・・)

1989年以降仕事にもだんだんと慣れるにつれて、
漠然としたものですが、世の中のお金の流れというものも現場で理解できたような気もします。
例えば、当時よくあった例として、
不動産屋(当時はまだ総量規制もなかった時代・・)の商品物件購入の案件があります。
まずは業者の資産状況分析という事で、貸借対照表を作成したり、
担保評価という事で、現地確認と周辺の売買事例を探りに行ったりもします。
だけど、あの当時は、「土地神話」が生きている時代で、
土地さえ購入すれば確実に半年後には購入価格の120~150%以上で売却できるという感覚が
金融機関内部・業者誰もが共通認識で持っていたと思います。
当時、私もよく千葉県印旛郡とか八街とか潮来とか山武郡とか担保調査に行かされ、
「本当にこんな土地購入して大丈夫なの? 本当にここ開発されるの? 購入する人いるの?
こんな価格で購入しても本当に転売できるの? 本当に銀行として融資金回収できるの?
そもそもこの業者のオヤジのこの胡散臭さは何?」など色々疑問は感じたものの、
確かにあの頃は、融資金で商品物件を業者が購入しても、購入価格の3割増程度で
即転売できていましたしね。
万一、中々売れなくても、銀行の方で、「融資期限延長稟議」なんてびしびし本部にあげて
簡単に承認されていましたしね。

当時は、「世の中こんなものか」と少々甘く考えていたものですが、
このツケを2~3年後に金融機関も業者も自分自身も払う事になったものでした。
そうですね・・・この当時金融機関に入行した人は私とほぼ同じだったと思うのですけど、
当時の風潮というのか、
「金融機関と言うものは不動産担保さえ取っていればバンバンお金を貸してもいいんだ!」みたいな誤まった考えに
洗脳されてしまい、
本来「融資」というものは、ヒト(借りる方の人間性)・モノ(不動産担保価値)・カネ(決算状況・資産繰り)の三点を
バランスよく鑑みて、その融資が可なのか否なのかを判断しないといけないものなのですけど、
当時のそうした風潮に流されてしまい、
「不動産担保価値が足りない・・? それじゃ、路線価や公示価格の7割で評価するんじゃなくて
100%そのもので評価すればいいじゃん!
なーに、土地なんてこの先幾らでも上がるし、担保価値を水増ししたって問題ないよ・・・
え・・? 担保評価が足りないって・・? それだったら近隣売買事例をテキトーにでっちあげて
この不動産担保融資に見合うような担保調書を早いとこ作って本店に稟議上げて稟議を通して
さっさとこの融資を実行しろよ!」と融資課長・営業課長に指示され、
「本当にこんなのでいいのかな・・・」と多少は疑問に感じながらも
そうした風潮に流されていったのが平成初年度の頃の私だったんじゃないのかな・・と今更ながら感じたりもします。

お金を貸すというのは大変リスクがあるという事を認識するのは、その後まもなく・・・そう、それが俗にいう「バブル崩壊」
以降の話だったのだと思います。

そうした昭和末期の頃とか平成初期の頃の金融機関の御用納めの日は、かなりバタバタしていた印象が強いですね。

もちろん上記で書いた通り、窓口・出納・主計の事務方の雰囲気が驚異的に殺気立っていたというのもあるのですけど、
この当時はとにかくイケイケの融資戦略一本の時代で、預金を集めろ!という時代ではなくて、
とにかくお金を貸して貸して貸しまくれ!という時代でもありましたし、特に支店においては当時何を一番求められたのかと言うと、
「無担保保証人なしの金利が高めの消費者ローン」であり、当時は多少収入が低くても保証人も不動産担保も何も無くても
一定の職さえあれば基本的には300~500万まではそうした金利の高いフリーローンをばんばん貸しまくってもいい!という
今にして思うと恐ろしい時代でもあったのです!
そんな訳でとにかく12月の金融機関の視点に求められる融資量のノルマはとてつもなくハードルが高いものであり、
当時私が在籍していた支店も、12月27日前後で必達を求められているフリーローンの融資実行量の目標に対して
1億程度の未達というとんでもないマイナスを背負っていたと思います。
年末とか3月の本決算の支店目標が未達に終わった場合の支店長の末路なんて当時は本当に悲惨極まるものが
あったと思いますし、当時の支店長も「とにかくインチキでも一過性の融資であっても、なにがなんでもこの目標をやり抜け!」と
目の色が明らかに殺気立っていたと思います。
それでどうしたのかというと、今では明らかにコンプライアンス違反という事で懲罰対象になっている事なのですが、
当時はそうしたコンプライアンスもパワハラという概念も何もない時代でしたので(汗・・)
「とにかくお客さんに頭を下げて12/31~1/4の五日間だけフリーローンを借りて貰え! そしてその五日分の金利負担は
お前たち自らが負担しろ!」という完全な融資のお願いセールスというものでした・・
顧客にとっては特に借りる必要もないお金を金融機関の瞬間的な目標達成のためにだけ、五日間程度借りて貰うというのも
今では絶対にあり得ない話だと思いますし、その数年後に到来する「貸し剥がしの時代」とか「融資量を厳格に規制する時代」
というのがまるでウソみたいな平成初期の頃の話だったと思います・・
あの当時の支店には営業担当が10人ほどいて、一億を10で割ると一人あたりの割り振りが1千万円で、
5人の顧客に200万を瞬間的に借りて貰い、もしも5日間だけ融資した場合は、その金利負担は
2000000×5/365×14%という事で約3800円、これを5人分ですから約20000円・・
当時はバブルな時代でもありましたので「2万円負担して取り急ぎこの年末を乗り越えられるのならば安上がりじゃん・・」という
感じだったのかもしれないですね。
だけど御用納めの一瞬だけ乗り切れたとしても1月以降は、1月以降のノルマに加えてこの12月末時点での一億という
マイナスも背負わなければならず、
当時の支店長たち上層部の皆様たちはお正月を迎えられても「あんまりめでたくないね・・」というのが正直な感想だったのかも
しれないですね。
だけどそうした1月以降のノルマに12月時点でのマイナスというとんでもないノルマを背負ったとしても
「高い金利でもまだまだ借りてくれる人はいるからなんとかなっちゃうのかも~!?」というのがバブルの時代の
全体的な雰囲気だったと言えるのかもしれないです。
そしてこうしたドサクサ紛れを利用して、普段の事前の融資会議ではとてもじゃないけど支店長決済がおりないような
融資案件であっても、めくら印を押させることによってある意味危険極まりない融資を実行した営業担当もいましたし、
ああいうのが数年後に不良債権化していき、後日の担当者が回収に苦労させられるのですよね・・(汗・・)

そうした際に私が御用納めでやっていた事は何かと言うと、平成初年度の私は上記で書いたように
融資課配属であり、当時のそうした無茶極まりないフリーローンをひとつ残らず実行させるために命じられたことというのは、
当時のそうしたフリーロ―ンの融資金のオペレーション実行は支店ではなくてローンセンターという一括集中であったため、
営業担当が12月の御用納めの昼までに集めてきた融資書類を抱えて、当時杉並にあったローンセンターに書類を持ち込み
「なんとかこれを全額オペレーションして融資金を全額実行してください」と頭を下げる事でもありました・・

やはり御用納めの雰囲気と言うのは、時代とかその時に在籍していた業界とかで何かと雰囲気も
違ってくるものですよね・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

懐かしいような

そうでしたね~。
金融機関、大晦日やってましたもんね~。
みんな帰るのが遅くなって、大変そうだな~って思ってましたもん。
私は普通に会社勤めでしたので、御用納めの日は、大掃除してみんなでお酒を少し飲んで帰宅って感じでしたかね~。

バブル時代真っ盛りのなか生きていた私達ですが(笑)
あの頃っておかしかったから…。
なんだったのですかね~、銀行や証券会社が倒産するなんて、誰も思わなかった。
あの時代の銀行名が残ってるところなんてあるのかな(笑)
銀行名が次々変わって、長くなって、振込用紙に書けんわ!!って思ってたから、私。
相互銀行って懐かしい~!!

バブルでしたね・・

mama.ikuko 様


昭和の頃の金融機関の御用始の大仕事は、神社のお賽銭の集金と勘定だったと思います・・(笑)

御用納めの際はなんかドタバタしまくりで、寮に戻れたのは紅白の蛍の光が流れている頃でしたね・・

バブルの頃ってとにかく金銭感覚が異常だったと思いますし、あの頃の教訓は絶対に忘れてはいけないと
思いますね~!
そう言えば、中国地方の相互銀行の一つがトマト銀行という名前になったのもなつかしいですね~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |