FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


41589149_p0_master1200_convert_20171219005800.jpg





今回は冒頭からdream fantasyのすてきな管理人のアミグリさんが描かれたイラストからとど~んと転載をさせて頂きたいと思います。

先週もこのすてきな三人姉妹の素晴らしいイラストを転載させて頂きましたけど、このイラストは当ブログでは
初掲載イラストでもありますし、こうした名作イラストは過去の作品でも最近の作品でもどんどん何度でも再転載を
させて頂きたいと思っています!

上記のアミグリさんが描かれたプリズムリバー3姉妹は、pixivにて2014年2月に描かれた作品です。
アミグリさんが描かれたこのプリズムリバー3姉妹は、ルナサの真面目そうな雰囲気、メルランの明るさ、
リリカの天真爛漫なほがらかな雰囲気という三者三様の違いをとても見事に描き分けられていると思います。
3人とも、帽子の色・髪の色・服の色が異なっていますけど、そうした色の違いから各キャラの違いみたいなものも
すてきに表現されていると思います。

プリズムリバー3姉妹は、長女のルナサ、次女のメルラン、三女のリリカの3名から構成されておりますが、
先週は長女のルナサお姉さんについて取り上げさせて頂きましたので、今週は二女のメルランをメインに語らさせて
頂きたいと思います。
そして次週は三女の末っ子のリリカを取り上げさせて頂きたいと思います。

プリズムリバー三姉妹というのは幻想郷内の廃洋館で拠点を持つ一種の幽霊というのか騒霊(ポルタ―ガイスト)が
その正体です。
幻想郷内でも妖怪のパーティーに場を盛り上げるバンドとしても既に定着していますし、あの賑やかで派手なライヴの様子
から察すると「プリズムリバー三姉妹はどう考えても生きている人間でしょ・・」と思われがちなのですけど、
実際は北斗の拳ではないですけど「おまえはもう死んでいる・・」という事なのだと思います。
つまり少なくとも「生きている人間たち」ではないという事は改めてですけどお伝えさせて頂きたいと思います。
ま・・幻想郷の場合、半分幽霊の妖夢や亡霊そのもののゆゆ様も種族としては「幽霊・亡霊」という事ですので、
別にポルターガイストの三姉妹が幻想郷内でライブ演奏して思いっきり騒ぎ立てても不思議でもなんでもないというのが
常識に囚われてはいけない幻想郷らしい話なのだと思います。

ポルタ―ガイスト」というと、ホラー映画の題材にもなっていますね。
人が誰もいないのに、勝手に物音が聞こえたり勝手に物が動き始めたりとか言うのですけど、それを目の当たりにした時って
とてつもなく恐怖を感じると思うのですけど、
プリズムリバー三姉妹の能力は「手足を使わずに楽器を演奏する能力」なのですが、
ポルタ―ガイストとしての才能を楽器に応用したと言えるのだと思います。
プリズムリバー三姉妹の演奏は、ヴァイオリン・トランペット・打楽器の三つの音しかしない訳ではないのです。
例えば、次女のメルランが吹くトランペットの音は、トランペット単体の音ではなくて
「金管アンサンブル」のように幾つもの複数の音がしているとの事ですけど、
持っている楽器自体から音が鳴っているのではなくて
楽器自体はあくまで「象徴」という感じなのが面白いと思います。
要は、プリズムリバー三姉妹が鳴らす「音」自体が「音の幽霊」という感じなのかもしれないですね。
長女のルナサが弦楽器担当、侍女のメルランが管楽器担当、そして三女のリリカが打楽器を担当という事で
これはこれでもう立派な弦+管+打の「オーケストラ」といった感じですね。








39859709_p0_master1200.jpg






プリズムリバー三姉妹の次女のメルランですけど、三姉妹の中では一番明るくてノリもいいので、ライヴなんかでは
まさに「ステージの華」なのかもしれないですよね。
「おめーら、乗ってるかぁー―!!」みたいな威勢のいいノリで聴衆を煽って煽って、奏者と聴く者の一体感を
見事に演出しているのかもしれないですね。
阿求ちゃんの著作の中でも「メルランがリーダーじゃないの・・?」と勘違いしている人が多いというのもわかる気がします。
実際のリーダーは長女のルナサなのですけど、
おとなしくて控え目で真面目なルナサにとっては、ライブでの盛り上げ方は妹に任せよう・・・
自分はメルランのステージ上での指示に従うだけ・・・みたいな意識なのかもしれないですよね。
そうした意味では、ルナサはどちらかというと裏方の役割、メルランはステージの花形の役割、
そして三女のリリカは二人の調整役という感じで、
プリズムリバー三姉妹と言うのは、一般的に言われる「三姉妹の長所・利点」を遺憾なく高度に発揮させた楽団と
言えるのかもしれないですよね。

ルナサが落ち着いた感じで「鬱」の音楽を担当し、対照的にメルランがライヴにおいてもセンターボジションから
ノリノリで聴衆を煽ったりするなど威勢の良い「躁」の音楽を担当し、
東方文花帖での射命丸文のインタビュー記事によると、
ルナサは「鬱」・メルランは「躁の感情の起伏」を、リリカは「残った想い」を曲にしているとリリカが語っているとの事ですけど、
躁と鬱という両極端に聴こえかねない二人の姉の音楽を「感情」という毒を抜いて中和させて
躁でもなく鬱でもなくそれ以外の感情をリリカが導き出し音楽を中和させていると言えるのかもしれないです。

音楽というものはある意味「感情の芸術」と言えるのかもしれないです。
私自身、中学から大学の10年間の吹奏楽生活の中で数多くのコンクール・演奏会などを経験してきましたけど、
音楽というものは野球とかサッカーみたいな「予想外のまさか・・」というのは比較的起きにくく、
そうした本番のステージでもどちらかというと普段の練習の成果はストレートに反映されやすいような感じもあると思います。
だけどそれはあくまで「譜面に書かれている音符を正確に音として演奏する」という意味であり、
コンクールや演奏会で「今日はうまくいった・・」とか「今回は全然ダメだった・・」みたいな事が起こりがちなのは、
やはりそこには「人間としての感情」というものが根底にありそうな気もします。
本番直前まで「頑張ろう!」という意識が全体的には大変強かったのに、なぜか本番のステージでは
気合が空回りする事は別に珍しい話でもなんでもないと思いますし、
「今日は気分がなんかのっている」とか「今回はちょっと気分が今一つのらない」というのはよくある話なのだと思います。
そして更にそこに絡んでくるのは指揮者や奏者の感情と言うのか気持ちなのかもしれないです。
アマチュアでもプロに限らず吹奏楽団や管弦楽団においても例えば指揮者と演奏者の間の気持ちが離反した場合など
聴いていても「上手いけど何かちょっと噛み合わないね・・」と感ずることも実は多々あったりもすると思いますし、
指揮者が普段の練習の時からやたらと上から目線であーしろこーしろと厳しい指示を繰り返し、
奏者たちは「いやいや、自分たちはこのように吹きたい・・」みたいな気持ちがあったとしてもそれをすべて無視し、
あくまで自分の考えや音楽上の解釈をごり押しして押し付けた場合、奏者にとってはやはり「なんだか面白くないよね・・」とか
「あんな指揮者の言うとおりの音楽なんかできるかっ!」みたいな感じで、奏者と指揮者の間にどこか見えない壁みたいなものが
あったりする事も実はよくある話であり、そうした演奏はなんとなくですけど「どこか醒めている演奏」に
聴こえたりもするものだと感じます。
そうした意味においては「音楽とは人と人とのハーモニー」という事なのかもしれないです。
吹奏楽団も管弦楽団も結局は「人と人とのつながり」という面もありますし、そうした人間関係の難しさもあると思いますし、
同じパート内でも
「あいつ、大嫌い・・!」とか
「こいつとはどうも感性が合わない・・」ということだって間違いなくあると思います。
そうした人と人を「音楽」としてつなぎ合わせてハーモニーを形成していくのが指揮者の一番の役割なのかもしれないですし、
よく耳にする話ですけど、吹奏楽コンクールにおいて指揮者が
「演奏中、なんだか自然にみんなが自分のところに近づいてい来るような感覚があり、皆が一つにまとまろうと感じた時の
コンクールとしての評価は金賞ということが多く、逆に指揮している最中に皆がどんどん自分から遠ざかっていくような
感覚になったときは銅賞という結果になりやすかった」と言われていたりもするのも
音楽とはなんだかんだ言っても「人と人との感情がぶつかるもので、そこから奏でられる音楽というのは、
そうした違う感情のぶつかり合いとしてのハーモニー」ということなのかもしれないですね。

上記の事はプリズムリバー三姉妹にも言えるのだと思います。

既に触れている通り、長女のルナサは鬱の感情、次女のメルランは躁の感情という事で、この二人の姉妹の間には
感情のずれみたいなものが元々あるのかもしれないです。
そしてそうした感情のずれを中和させる役割を有しているのが三女のリリカというのも面白いものがあると思います。
幽霊というと一般的なイメージでは無表情とか怨念の感情のも有しているという雰囲気もありそうなのですけど、
幻想郷のプリズムリバー三姉妹の場合、躁鬱・両者の融和という多様な感情を有していて、そうした感情に基づいて
演奏活動をしているというのもやはり常識に囚われてはいけない幻想郷らしい話なのだと思います。

メルランですけど、時にお姉さんのルナサからの指示により「単独ライブ」を決行することもあるとの事です。
そのライブ会場が「墓場」というのも、なんだかいかにもこの幻想郷らしい話ですよね。
このプリズムリバー楽団は、妖夢・ゆゆ様がいる白玉楼から結構定期的にライブの依頼が入るとの事ですけど、
白玉楼というと「冥界」に存在していますので、
そうした幽霊・墓場というのは日常の風景なのかもしれません。
メルランの墓地での単独ライブというものは、こうした冥界のお墓で、浮かばれないというのか成仏できない幽霊たちに対する
一つの「レクイエム」=鎮魂歌という事なのかもしれないですね。
墓場で彷徨える霊たちに対するゆゆ様なりの配慮と言えるのかもしれないですし、ルナサのメルランに対する指導と
ゆゆ様の思惑が当てはまったといえるのかもしれないです。
だけど、墓場で誰もいないのにトランペットの音だけが鳴り響くというのもなんだか少しシュールな話なのかもしれないですね。

以前はこうした楽団とか歌というと、プリズムリバー三姉妹や歌で人を狂わす能力のミスティア・ローレライ
ぐらいしかいなかったようにも思えるのですけど
最近の幻想郷においては、こうした楽団系とか歌に関係するキャラも随分と増えてきたような感じもあります。
プリズムリバー三姉妹・九十九姉妹・堀川雷鼓・ミスティア・ローレライ・幽谷響子といったキャラの皆様には
幻想郷内においては、年に一度で構いませんから、
プリズムリバー三姉妹・九十九姉妹・堀川雷鼓が奏でる楽器の音をバックに、
ミスティア・ローレライと幽谷響子がコンビを組む「鳥獣伎楽」というパンク・ロックバンドが
「魂の叫び」の歌声を響かせる大音響の演奏会を開催しても面白いのかもしれないですね・・(笑)

前回のその①のルナサ記事において堀川雷鼓(ほりかわ らいこ)についてほんの少しばかり触れましたけど、
この堀川雷鼓というすてきなパーカッションのお姉さまは、吹奏楽団で言う所の
打楽器パートのパートリーダーという感じなのだと思います! (笑)
団内にこんな聡明なんだけど筋肉質みたいな情熱系のパーカッション奏者で、ショートヘアと白のミニスカートがとてもよく
お似合いのすてきなお姉さまがいるのならば、私は今すぐにでもクラリネット奏者をやめて打楽器パートに
コンバートを願い出たいと思います! (笑)
堀川雷鼓お姉さまは公式立ち絵においては、立ち絵では左手に2本のドラムスティックを持ちバスドラムに乗っている姿が
確認できますけど、あのお姿は、吹奏楽コンクールではお馴染みの自由曲でもある
レスピーギ作曲 /バレエ音楽「シバの女王ベルキス」~Ⅱ.戦いの踊りにおいて二台の大太鼓(バスドラム)を
二本のドラムスティックという撥で叩きまくっているようなイメージが私の中ではありそうです~(笑)

堀川雷鼓は元々は和太鼓の付喪神であるのですけど、「東方輝針城」の異変において、
鬼の魔力(打ち出の小槌)の影響により和太鼓等の楽器に魔力が宿り凶暴な感情も芽生え始めるだけでなく、
この魔力によって楽器やその奏者の自我が魔力に乗っ取られる事を強く懸念し、和太鼓と奏者を一旦切り離して考え、
幻想郷ではなくて外界の楽器・・ここでは吹奏楽とか管弦楽ではお馴染みの楽器であるバスドラム(大太鼓)を入手し、
和太鼓と魔力の源である太鼓奏者を切り捨て、その異変による魔力の支配から逃れることに成功し、そうした事を
九十九姉妹等他の楽器の付喪神たちにも教え、魔力からの楽器への支配を排除し、楽器としての「個」の自我の確立に
成功します。
あ・・ここで堀川雷鼓お姉さまについて語ると収拾がつかなくなりますので、ここで一旦切りますけど、
要は上記の話に示唆される通り、堀川雷鼓お姉さまは元々が姉御肌というのかリーダーシップの資質を有したキャラなのだと
思われます。

そうした異変の解決後、掘川雷鼓お姉さまは、今後の自身の音楽活動とか生きる道について色々と熟慮した中で
ついに一つの方向性と可能性に辿り着きます。
そう・・! それこそがプリズムリバー三姉妹への合流という道なのでした!

その話が提示されていたのは昨年久しぶりに東方公式書籍として発売されていた「東方文果真報」なのですけど、
この東方文果真報というあややが文々。新聞以外に発刊している一種のガセネタ(?)週刊誌において、
とあるページに「プリズムリバー三姉妹の楽団のプリズムリバー楽団解散!」という記事が掲載されていて、
その写真はこの三姉妹が深々とファンに対して「申し訳ない・・」と頭を下げているものでしたので、私も最初にあれを
詠んだ時は正直「え・・まさか・・!?」という想いで一杯でした・・
上記の話ではないですけど、音楽はある意味「感情」から成り立っているものですし、奏者間の意見や考えや音楽観に
あまりにもズレが起きると音楽が音楽として機能しなくなる側面も多々ありますし、
鬱の音楽の長女のルナサと躁の音楽の二女のメルランの間にもしかして「埋まりそうもない音楽上の溝」がついに
三女のリリカの調整ですらも対応できないほどの確執になってしまったのかな・・?と懸念したものでしたけど、
音楽面では三姉妹の間の音楽観のズレがちょっと目につようになりつつあったプリズムリバー楽団に対して
「堀川雷鼓」という新しい血を入れることで、更に音楽上の進化を遂げようという意図がそこにはあったのだと言えるのかも
しれないです。
義理とは言え姉妹関係ですので、普段は言いたくても言えない事を堀川雷鼓お姉さまという第三者をリーダーに
据えることによって第三者としての中立公平な観点から三姉妹が奏でる音楽に色々とアドバイスをする事も可能なのだと
思いますし、従来までのルナサ=弦楽器・メルラン=金管楽器・リリカ=鍵盤楽器に加えて、掘川雷鼓のパワフルで情熱的な
パーカッションを加えることでこれまでの方向性とは異なる「新しい音楽としての方向性」を更に高めていけるという事で、
プリズムリバー三姉妹にとっても新しい居場所を見つけられた堀川雷鼓お姉さまにとっても
まさに「ウインウインの関係」が構築出来て、この合流話はとてつもないプラスが両者の間にはあったものと
思われます。

上記で記したとおり「まさかのプリズムリバー3姉妹楽団解散!」という衝撃の記事が登場し
瞬間的に「あれれ・・またまたあややのガセネタ記事なのか・・!?」と思わせておいて、次のページに
プリズムリバー3姉妹に堀川雷鼓といういわばパーカッション担当という新メンバーが加入し、
「ホリズムリバー楽団」(予定)を結成したという衝撃のニュースがお披露目されていました!

これはあやや=射命丸文にとっては珍しい(?)ガセネタではなくて正真正銘のスクープ記事だったとも思えますね! (笑)

ホリズムリバー楽団についてはその後新しい情報も特には無いのですけど、とにかく新しい楽団の発足に対しては
心から「おめでとー! これからも頑張ってすてきな音楽を聴かせてね!」と応援したい気持ちで一杯です!!

さてさて、上記のメルラン・プリズムリバーを描かれたすてきな絵師様はdream fantasyのすてきな管理人のアミグリさんなのですけど、
このメルランはpixivにて2013年11月に描かれた作品です。

次女のメルランのこの明るく元気な雰囲気がとても溌剌と伝わっていて担当楽器のトランペットの華やかさと同じように
その華麗さが見事に伝わっていると思います!
この青のウエーブの髪もとてもふんわり可愛いものが伝わってきていると思います。
先週のルナサのいかにも長女らしい真面目な雰囲気とはちょっと雰囲気が異なっていて、自由さ・明るさ・溌剌さが
とてもよく表現されていると思います。
メルランのこの笑顔もとってもかわいいですね~!

上記のアミグリさんが描かれたプリズムリバー3姉妹と二女のメルランは、
その権利は全てこのプリズムリバー3姉妹を描かれたアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて、今年は戌年なのですけど、東方で戌年関連のお方というと・・そう・・! あのキャラですよね! (笑)

明日、日曜の当ブログの記事は、その戌年に関連するキャラの登場で、アミグリさんが描かれたその新旧のイラストを
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。
どうか明日も当ブログの記事とアミグリさんの描かれたイラストを楽しみにして頂きたいと思います!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

プリズムリバーの記事、第二弾ですね^^
相変わらず先頭のアミグリさんの絵が最高です。
興味をひかれたのは、やはり感情のお話のところですね。
演奏している人たちのなかには、やはり様々な思念がうずまいているんですね。それが音にそのまま反映されると。やはり、技術とかそういったところだけではダメなんですね。特に演奏ともなると、みなさんの心が一つになっていないと難しいのでしょう。逆を言えば、一つになっているときの演奏というものは、まさに素晴らしいものになるということですよね^^
演奏も、結局のところ、コミュニケーションが大切なんですね~。

一音入魂

八咫烏(全力稼働中) 様


これよく言われる話なのですけど「一音入魂」と言いまして、音符の一つ一つに「音魂」というものが
こめられていて、その音魂がいい方向に行くも悪い方向に行くも、日頃の練習ぶりとか奏者や指揮者の気持ちの問題とか
当日のコンディションとか色々な要因が重なっていき、それが「ライヴ演奏」の面白さという事に
なるのだとは思います。

各自とかパート間の思惑が絡んでしまうとなかなかそうした気持ちが入った演奏にはなりにくい感じにも
なるような気もします。

いつもアミグリさんの描かれたイラストをお褒め頂きありがとうございます。
幽霊であってもかわいい!というのが東方のすてきな所ですよね~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4043-d2715413
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |