FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日の記事が1987年全日本吹奏楽コンクールの課題曲Aの「風紋」でしたけど、
この年の課題曲の人気はAとEに極端に集中してしまい、支部大会でも全国大会でも
BとCとDを演奏するチームがとてつもなく少ないというちょっと異例な年でもあったと思います。
全国大会・高校の部でもCとDを選んだチームは1チームずつで、Bの「渚スコープ」を選んだのは関東代表のチームだけ
というのもちょっと面白い話だと思います。

昨日の記事で書いた通り、風紋は私にとっては文字通り現役奏者としては最後の課題曲になってしまい、
風紋のあの素晴らしい名曲ぶりと合せて私にとっては大変思い入れのある曲なのですけど、この年、1987年のマーチにも
素晴らしい名曲が出現していました。
この年は課題曲CとEがマーチだったのですけど、課題曲Cはスコアを見るととんでもなく簡単に見えてしまい、
課題曲の参考音源のカセットテープ(カセットとは既に死語の世界ですね・・汗・・翌年あたりから参考音源はCDになった
ような記憶があります・・)を聴いた限りではとってもシンプルに聴こえたのですけど、実際この曲を全体で演奏してみると
メロディーとリズムがとてつもなくギクシャクしやすい曲であるという事がすぐに判明し、
課題曲のマーチとしては、Eのハロー! サンシャインに人気が集中していったような感じもあります。
実際この年の全国大会でもこのCを選んだチームは、中学では元吉原中のみで高校の部では下松高校のみでした。

全日本吹奏楽コンクール課題曲としてのマーチには本当に惚れ惚れする名曲も数多くありますけど、
21世紀に入って以降のマーチは全体的にちょっと難しすぎるというのか華麗な技巧に走り過ぎるマーチが多く、
昭和の吹奏楽世代のいわゆるオールド吹奏楽ファンとしては、80~90年代のいかにもシンプルで行進しやすい楽しいマーチの
方により共感をしてしまいますね。
具体的には、79年のE/朝をたたえて 80年のD/オーバー・ザ・ギャラクシー 84年のD/オーパス・ワン
86年のD/テイク・オフ 87年のハロー!サンシャイン 89年のD/すてきな日々 90年のC/カタロニアの栄光 
90年のD/マリーン・シティー 93年のⅢ/潮煙 93年のⅣ/エイプリル・メイ 95年のⅡ/スプリングマーチ 97年のⅢ/五月の風
99年のⅡ/レィディアントマーチ 99年のⅣ/K点を超えて 2001年のⅣ/SLが行くなどは私も大好きな曲なのですけど、
これらの中から三つ選べと言われたら、テイク・オフとエイプリルメイとハロー!サンシャインとなり
ベストコンクール課題曲マーチを一つだけ選べと言われたら、多分ですけど
1987年の課題曲E/マーチ ハロー! サンシャインを選ぶと思います。

松尾善雄ってこの曲の後も何曲も全日本吹奏楽コンクールの課題曲を作曲していますけど、これはあくまで私の意見
ですけど、人気の面でも曲の内容的にもこのハロー! サンシャインは超越できていないような気もします・・(汗・・)
クロマティック・プリズムと童夢は私の大嫌いなコンクール課題曲であったりもします・・(汗・・)
パクス・ロマーナはすてきなマーチとしての課題曲だったと思います。

私自身、マーチ以外の課題曲として死ぬほど大好きな曲として、フェリスタス・東北地方の民謡によるコラージュ・風紋・
吹奏楽のための変容 吹奏楽のための序曲(1986年)・ベリーを摘んだらダンスにしよう・稲穂の波・道祖神の詩などを
挙げたいのですけど、やはりマーチとしてはマーチ「ハロー!サンシャイン」を一押ししたいです!

曲自体とてもシンプルで分かり易く技術的にもそれほど難しくなく、演奏人数25人程度の小編成でも十分演奏可能ですし、
極端な高音もありませんし、演奏時間も3分程度ですので、理想的な課題曲としてのマーチなのだと思います。
このマーチはティンパニを使用せず、小太鼓・大太鼓・シンバル・シロフォン・グロッケン・タンバリンのみの打楽器使用です。
曲はとっても「チャーミングでかわいらしい!」という一言に尽きると思いますし、こうした演奏効果が大変高くて愛くるしい
雰囲気が人気の一つの理由なのかもしれないですね。
1987年は上記で書いた通り、私にとっても10年間の締めくくりというか最後のコンクール出場でしたけど、
気持ちとしては風紋も吹いてみたかったけどハロー! サンシャインも吹いてみたかったという感じだったと思います。

冒頭がとても気持ちの良いファンファーレから開始され、明るく爽やかでチャーミングなメロディーが展開されていき、
クラリネットの低音域が心地よい中間部のトリオに入り、再度メロディーラインが繰り返され華麗に曲が閉じられますけど、
特筆すべきなのはトリオのユーフォニアムだと思います。
上記で「そんなに極端な高音がない」と記しましたけど、ありましたね・・!
ユーフォニアムが担当する裏メロディーはたっぷりと気持ちよく歌い上げていますけど、あの高音域は奏者にとっては
結構大変なのかもしれないですね。
ちなみにですけどこのユーフォの裏メロの高音域を見事に決めている演奏で一番「これはすごい・・!」と感じさせるのが
福岡工大付属高校だと思います。
1987年の福岡工大付属はどうしても自由曲の「カウボーイ」の大変優秀なホルン奏者の事ばかり語られがちですけど、
ホルンだけでなくてユーフォニアム奏者も大変素晴らしかったと思います。
それとこのマーチは全体を通じてピッコロの響きがとてもチャーミングで可愛らしく、マーチとしてのサウンドに華を
もたらしていたと思います。

マーチ「ハロー! サンシャイン」は全国大会でもたくさんのすてきな名演が生まれていたと思います。
(参考音源のフェネル指揮の東京佼成も素晴らしい演奏だったと思いますし、時々テンポをいじくるのも面白いと思いました)
高校の部では、若さが瑞々しい札幌白石、シンフォニックな響きでこの演奏がなぜ銅賞なのか未だに分らない東海大学第四、
テンポいじくりまくりでとにかく重厚な雰囲気で大変個性的な花輪、プロのような演奏の高岡商業、
意外と豪快に鳴らしていた就実、JKらしいチャーミングさが印象的な土佐女子、
中学の部では、チャーミングさと渋みが巧みにミックスされた大塚中、全部門を通じてとにかく可憐で可愛らしいという点では
群を抜いていたようにも感じられる素直な響きが大変印象的な宇品中などが大変印象的です。

これはあくまで私の個人的な感想なのですけど、1987年の中学の部において、課題曲も自由曲も
もっとも音楽的な内容に富み聴衆に「感動」を伝えていて、「中学の部の中ではグランプリクラスの名演」と感じさせてくれた
演奏が、当ブログでも既に何度もその名前が登場していますけど、鈴木清先生指揮の雄新中学校なのだと
思います。

鈴木先生指揮の雄新中学校という名前が久しぶりに出てきましたので、最後に下記に私が2015年に記事にさせて頂いた
1987年の雄新中学校の奇蹟のあの名演についての過去記事を再構成・再編集したものを
下記に転載させて頂き、本記事の締めとさせて頂きたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


雄新中学校なのですけど、鈴木先生時代にこんなにも素晴らしい演奏を聴かせてくれているのにも拘らず
吹奏楽コンクールの金・銀・銅といった評価的には必ずしも高い評価を受けていないのは私的にはちょっと納得が
いかないものが多々あります。
もう少し高い評価を得ていても決しておかしくはないと思います。
1983年の「どろぼうかささぎ」序曲は万人が認める圧倒的名演だと思うのですけど、
「雄新にしては少し消極的な演奏のかも・・」とも感じてしまう1984年の「運命の力」は金賞で、
後述しますけど1985~87年のあの積極果敢な表現力と瑞々しさと前進する事を忘れない躍動感の演奏が全て
コンクール審査としては銀賞に留まるというのは、今現在改めてあの演奏を聴いても「え・・? どうして・・!?」と感じますし
やっぱり「コンクール審査」は水物ですし
審査員の価値観・好き嫌いで随分と評価も変わってしまうものなのかもしれませんよね。

特に雄新が光り輝いていたのは、1985年~1987年の3年連続銀賞の頃だと思います。

 1985年 課題曲C 自由曲/こうもり序曲

 1986年 課題曲B 自由曲/ローマの謝肉祭序曲

 1987年 課題曲E 自由曲/歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列

あの3年間は、本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれていたと思います。
評価は全て「銀賞」なのですけど、私の中ではあの3年間の演奏は「金賞」以上のものがありますし、
何よりも「人の心にまっすぐと伝わる何か」は間違いなく残してくれていたと今でも確信しています。

その中でも特に1987年の「エルザの大聖堂への厳かな行列」は本当に素晴らしかったです!!
あそこまで素晴らしい演奏を聴かせてくれたのに、あの演奏が審査結果で「銀賞」と発表された時は、
冗談抜きにして「審査員、全員死んでしまえ!!」と思ってしまったほどでした(汗・・)

1987年の四国代表・愛媛県雄新中学校は何と恐るべきことに36人編成です。
私は当時普門館で生でこの演奏を聴いていましたけど、生で聴いても録音で聴いてもとても少人数とは思えません。
とにかくサウンドは豊かです。
そして何よりも表情は極めて豊かですし、感受性が大変豊かなのですけど、それがちっとも不自然ではないし
実に素直で伸び伸びと吹いている所がすごいですし、
指揮者の鈴木先生が「こう吹け!!」と言ったから言われたまま吹いているみたいな「お人形さん」みたいな演奏では
ありません。
鈴木先生の解釈では、ところどころにテンポルバートをかけたり、音を微妙に揺らしたり
音楽を大胆にも途中で静止寸前までテンポを落としたりと色々と「やりたい放題」という感じも
するのですけど、それがちっとも作為的でないというか、自然体な所が本当に素晴らしいです。
鈴木先生自体の指揮はかなり大振りで、人によっては「指揮と演奏の雰囲気がもう少し一致していれば・・」と評する方も
いましたけど、私自身は先生と生徒の一体感があそこまで感じられた演奏は極めて珍しいとすら感じています。

この年の雄新は課題曲のマーチでは、金管の優秀さ(特にユーフォニアムの裏メロは素晴らしかったですね!)
自由曲においては、金管は比較的抑制し、
木管を情緒たっぷりにしっとりと吹かせていたのが大成功だったと思いますし、
とにかくあのサウンドとあの音色は、あの演奏から20年が経過した現在でも一聴の価値ありと確信していますし、
現在の若い奏者の皆様にも是非是非「あのしっとり感+みずみずしい感性+豊かな感受性」を聴いて欲しいと思っています。
前半のオーボエソロは絶品ですね!!
中盤の瞬間的に音楽の流れを意図的に止めた際には、
生で聴いた時は「鈴木先生、ここでまさかの演奏中止・・・??とも瞬間的に感じたのですけど
ここから、テンポルバートをかけまくって音楽全体をファンタジーに染めていたあの解釈は、
今聴いても斬新ですし、とにかく美的限界をとっくに超越した「退廃的美しさ」がそこにはあったと思います。
ラスト近くのホルンの雄叫びも良かったし、終わらせ方も一旦音量を落としてから盛大にフォルテ
していくのもむしろ自然体なような感じもします。
音楽がワーグナーの求める重厚さ・神秘さ・透明な清涼感を見事に醸し出していたと思います。

この演奏から既に31年も経過しているのですが、雄新中の素晴らしさを私は永遠に語り継いでいきたいと思いますし、
永遠に後世の人達に受け継がれて欲しい素晴らしい演奏の一つだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

チャーミングなマーチ

なつかしい課題曲ですね!

出だしもそうですしマーチの主題がとても可憐でかわいくて
全体的にチャーミングさを感じさせる楽しいマーチだったと思います。
トリオののびのびとした雰囲気もよかったですね。

こういうわかりやすいマーチが最近あまり出てこないのは
ちょっともったいないですね。

ハロー! サンシャイン

jyanya 様


このマーチ「ハロー! サンシャイン」は私も大好きなマーチですのでコメントを頂けてとても嬉しいです!

いつもありがとうございます!

曲全体がとてもキュートでかわいらしさも感じられ、「太陽」とか「おひさまキラキラ!」という言葉が
これほど似合いそうな課題曲もないのかもしれないですね。

最近のコンクール課題曲のマーチは技巧系の曲が多いので、こうしたわかりやすい曲は本当に素晴らしいものがあると
思います。

いつもコメントが遅くスミマセン。

ハローサンシャインについてはあまりコメント無いんですが(笑)
ただ、ここから松尾ライン(風の会)が始まった?と考えると記念すべき1曲ですよね。
で、私の本題はこの年天理がロメジュリ(ロミジュリ?)で金賞を取るのですが、自由曲が8分30秒くらいと超絶に長いんですね。
ハローサンシャインが短かったんでしょうが、至上最長自由曲ではないかと思っているのですが、本当のところどうなのか気になっています。

ちなみに私の好きな課題曲マーチはすこぶる人気の無い、1985ポップステップマーチと1988スタウトアンドシンプルです。
ごめんなさい(笑)

長い自由曲

まったく 様


1987年の天理の「ロメオとジュリエット」は「ジュリエットの墓の前のロメオ」を後半に押し込んだため、とてつもなく
長くなってしまいましたね・・
タイボルトの死が終わった際に会場からわずかながらですけどフライング拍手が起きてしまった事は
少し気の毒でした・・
そしてもっと気の毒だったのは、天理の次の演奏チームが課題曲も自由曲も天理と同じだった関東第一だったのかも
しれないです。

長い自由曲・・

これはですね、確証はないですけど1995年に課題曲Ⅳを選択したチームに該当があるかもです。
私の感覚では、楊先生の西宮市吹奏楽団の「くじゃく」は9分近い演奏時間だったような感触がありました。

あああー!そう言えば西宮のくじゃくも長かったですよね!(笑)
そうか、あちらの方が長いかも知れません。

余談ですが、調べれば色々ばれてしまいますが1995年のコンクールでは西宮市吹とともに兵庫県代表として関西大会に出場した記念すべき思い出が(笑)
あの年は前年に尼崎と伊丹が全国金だったので、代表枠に空きがあったんですね(笑)

うらやましいです!

まったく 様


お―――、関西大会出場経験があるとはすごいですし、羨ましいです!

文面から判断して、宝塚か明石ということだと推察されます。

95年にアップルマーチを選んだチームは自由曲が異常に長いというのは一つの傾向だったと思いますし、同様な事は
2001年にSLが行くを選んだチームもそうした傾向があったと思います。
浜松交響のGRもたしか8分30秒は優に超えていたと記憶しています。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4042-91838e26
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |