FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


ショスタコの交響曲第8番と言うのは、何ともビミョーに位置にあると思います。
8番は大変な力作で演奏時間は1時間をやや超える長大な作品です。
だけど演奏会ではめったに演奏されませんし、自分自身もこの曲を生で聴いたのは、
1997年4月の飯森範親指揮の東京交響楽団の定期演奏会の一度きりしかありません。

5番「革命」に次ぐ知名度と演奏回数を誇る第7番「レニングラード」と
問題作の一つと言われ色々と物議を醸した第9番の間に位置するためなのか、どうも人気と知名度は
今一つのように思われます。
第7番「レニングラード」は演奏時間が75分を超えるものの、比較的分り易い作風ですし、
いかにも現在戦争が進行中という感じが濃厚で、聴いていてイメージがし易いのだと思います。
第8番も第二次世界大戦の真っ只中で作曲され、こちらも「戦争」の色彩が色濃く反映されています。
だけど、7番程分り易さはありません。
その差はどこにあるのでしょうか?
何となくですが、実際の生の演奏を聴いて気が付いたのですが、
第一楽章があまりにも長すぎる事が一つの要点ではないかと思うのです。
第一楽章は、これだけで演奏時間約30分を使い、しかも重苦しいアダージョで始まり、
中間部のアレグロを経て、後半は再びの重苦しいアダージョで閉じられます。
正直、この交響曲を初めて聴く人は、この第一楽章だけで「ドン引き」状態になっても
決しておかしくはないと思います。
第二~第四楽章は、比較的短めで、明るい感じの部分があったり、凄まじい大音響の部分が
あったりと、短い演奏時間のせいか、結構楽しめます。
だけど第五楽章は、これがまた陰気に終わるというか、
第7番「レニングラード」のように、「勝利」を予感させるような派手な終わらせ方ではないので
聴く方も「あれ、結局何だったんだ??」というような印象を持つかもしれません。

第五楽章の陰気な終わらせ方は、
まだまだ戦争が継続していき、国民の負担も不幸な気分もまだしばらく続いていくという事を
暗示したのかもしれません。
飯森さんの演奏会では、何となくですが
「それでも自分達は生きていかなくてはいけない・・・」というようなメッセージを
妙に感じたものです。

全体的に第7番「レニングラード」みたいな外面的効果を狙った曲と言うよりは
内面的色彩の強い曲と言えるのかもしれません。

7~8番という戦争を扱った曲の後だから、戦争が終わってみるとショスタコは何かイタズラを
したくなったのかもしれませんよね。
それが交響曲第9番なのですけど、
これは、第二次世界大戦のソ連の勝利とスターリンの指導力万歳!!という御用作曲家みたいな曲で
無い所が、「さすが、ショスタコ先生!!、あんたはエライ!!」という感じですよね。
もっともそのおかげで戦後早々にジダーノフ批判をまともに食らってしまい、
スターリンが死亡するまで、約8年間交響曲の分野から一時的に足を洗ってしまう訳なのです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/404-c2fb8c6d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |