FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事の一つ前の記事が吹奏楽オリジナル名曲並びにシェークスピアの四大悲劇の戯曲としての「オセロ」ですけど、
本記事はあくまでゲームとしての「オセロ」です・・(笑)

昨年は思いがけずに「将棋」にかなり光が当たり将棋が一つのブームにもなったような感じもありましたけど、
将棋・囲碁・チェスといったゲームはかなり奥が深いゲームなのだと思います。
関係ないですけど、「ご注文はうさぎですか?」第一期第7話のみんなで温水プールに行こう!という話は、かわいいかわいい水着回
でもありましたけど(リゼと千夜のあの体型の良さは素晴らしかったですね~! ココアも意外とグラマーさんでしたけど、
チノとシャロのあの幼児体型は、ま・・あれはある意味お約束みたいものですね・・笑)
あの回の中で、温水プールの中でチノと千夜がチェスを対局していましたが、ああやって温泉とかプールの中で
将棋とかオセロといったゲームを楽しむというのもなかなかすてきで粋なものがあると思いますね~(笑)

それにしてもゲームとしての「オセロ」はとてつもなくシンプルなのに同時にとんでもなく奥が深いゲーム
なのだと思います。
基本的には、プレイヤーは交互に盤面へ石を打ち、相手の石を挟むと自分の石の色に変わり最終的に石の多い方が勝ち
という単純なルールながら、ゲームとしての複雑さはいまだにコンピュータによる全解析は達成されていないということにも
示唆されているのだと思います。

この一つ前の記事がシェークスピアのオセロでもあるのですけど、このオセロゲームの名前の由来というのは、
やはりシェークスピアの作品に由来したものでもあったのですね。
オセロの名称の由来は、シェイクスピアの戯曲「オセロ」で、「黒人の将軍・オセロと白人の妻・デズデモーナを中心に
登場人物が寝返ったり嫉妬をしたりというストーリーに、黒白の石がひっくり返りながら形勢が次々変わっていくゲーム性を
なぞらえたと日本オセロ連盟のサイトに解説がなされております。

オセロって序盤から中盤にかけて自陣の石が圧倒的に多いから絶対的に有利という事は100%ありえず、
むしろ中盤にかけてはわざと相手に石をたくさん取らせておいて終盤に逆転を図ったほうが有利という事もよくある話ですし、
基本は「最後に石が多いほうが勝ち」というルールなのですけど、その途中経過の段階での自陣の石の数は
勝敗の絶対的な必須条件ではないという事にもオセロの奥深さを感じるものです。
子供のころ、一回り以上年の離れた兄や姉とオセロをした際、たいていの場合終盤近くまではこちらが圧倒的に石の多さを
持っているのに「残りあと数手」というところで毎回毎回形勢を逆転され、ゲームが終わるたびにふてくされていた
当時の私がいたものですけど、
そのくらいオセロの特に終盤における形勢逆転は劇的で顕著なのだと思います。
子供のころ、ハンデとしてゲーム開始時点で四隅のうち一つに最初から自陣の石が配置されていても大敗することが多く、
そうやってハンデを与えられてもなお大敗するという屈辱は子供心にも悔しいものがあり、
ハンデ戦で大敗する度に茫然自失とした当時の私がいたものでした・・(汗・・)

• 隅を取れば必ず勝てる
• 序盤では有利、不利などは分からない
• 序盤はいいとして中盤以降は石の数が多いほうが有利である
• 辺はなるべく相手に取らさず、自分で取るべきである

上記のような一般的なオセロの勝負におけるセオリーと思われるものは案外間違っているといえるのかもしれないですね・・

よく「幻想郷は常識にとらわれてはいけない世界」というのは東方では耳にする話なのですけど、
オセロについても例えば「隅さえ取れば必ず勝てる」といった「常識」は通用しないのかも・・?と考えておいたほうが
むしろ宜しいのかもしれないですね。

例えば、残り双方合わせて残り20手程度で終了という段階で、どちらかの石がわずか三つだけという事でも
ここから形勢逆転というのは全然珍しくもなんともないですし、
そうした大逆転というのがむしろオセロの醍醐味なのかもしれないですね。
要は、中盤あたりにかけてでも石が多い方が有利だとは限らないということなのだと思います。
たとえ盤上に石がたくさんあったとしてもその石が確定石(絶対にひっくり返されない石)になるまでは
なんのメリットもないのだと思います。
私の経験上では、①相手に石を多くとらせ、相手の打てる箇所を少なくすることが大事
②石の多さではなく打てる箇所数が大事で、同時に相手に石を多く取らせても相手の打てる箇所が多いと意味がない
という二点が勝利の大原則のような感じがします。

それがわかるようになって以降は、中盤にかけては相手により石を取らせるようにしてひたすら耐えに耐え
相手の打つ場所がなくなるように、そして相手がこちら側に有利な場所に石をおかざるを得ないような状況に意図的に
追い込むという戦法を取ることが多くなり、
私自身もオセロに関してはそんなに弱くならなくなったような気がします。

だけど最近はネットゲームでも大変優れたオセロゲームが出現し、その対戦相手のコンピューターはとてつもなく
強いですね~!
コンピューターのレベル設定による差はありますけど、レヴェルが上だと私なんかまったく歯が立たず毎回
完膚なきまでに叩きのめされますね・・(汗・・)
そういう時の気分は、子供のころに実兄にやはりこてんぱにやっつけられた幼少のころの私とほぼ同じというのは、
我ながら「進歩がないよなぁ・・」と感じてしまいますね・・(汗・・)

私が高校のころにゲーセンにおいてテーブルゲームとしてこうしたオセロも登場していました。

今現在のネットゲームのあのコンピューターの神がかり的な強さというものはほぼ皆無で、こんな素人同然の私が
対局しても私が普通に勝利することが多かったのは、やはり時代を感じさせますよねぇ・・
しかもこの昭和のころのゲーセンのオセロゲームなのですけど、しょぼいことに、対戦相手の機械側が終盤追い詰められて
機械側の打つ手が乏しい際には、なんと・・!
機械のくせに
「弱りましたね・・」とか
「困りましたね・・」という超弱音のメッセージが記され、そこから機械側が考える時間がとてつもなく長くなってしまい、
一手打つのに5分程度もかかってしまうというのは当時珍しくもなんともなかったというのは、
やはり今現在ではありえない話だと思いますし、ここにはまだ昭和の頃の「古き良き香り」とか
「ポンコツでどこかのんびりとしたレトロな昭和の香り」が漂っていたのかもしれないですね・・(笑)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

オセロですか~。昔、オセロの打ち方の研究本なんかを買ってきて、ふーん、そうやって打つのか、とか勉強していたりしました。多少勝率は上がりましたが、一つのことをあまり深く突き詰めない私ですので、ある程度のところでやめてしまいました。
昔のオセロゲーム、思考時間が長かったですね。将棋のゲームもそうです。コンピュータが「思考中です」とか言って、止まっちゃうんですよね。とにかくあれがストレスでしたね^^;それと比べると、今のAIたちはさすがにすごいですね。今や人間よりも圧倒的に強く、早くなりました。今度は人間のほうが、この状況を改善するために手を打たなければならなくなりましたね^^;

オセロか…懐かしい。(^-^)
私、先がよめるタイプじゃないので
負けるのよね〜(笑)
白と黒のシンプルなゲームだけど、
なかなか奥が深いね~

オセロ

八咫烏(全力稼働中) 様


シンブルなゲームだけにそれだけ奥が深いという典型的なゲームだと思います。

メーカーのツクモオリジナルという会社自体既に存続していないというのも時代を感じさせますね・・

最近のAIの勢いは凄まじいものがありまして、よく言われる話ですけどあと20年後には、確実に現在の職種の
ほとんどがAIにとって代わられ、今とは違う意味での失業問題が起りそうな予感もありますけど、
私くらいの世代だとギリギリそれが回避されそうな気もしますけど、これからの若い世代の皆様の方が
なにかと苦労させられそうな気もします・・

オセロ

napo 様


オセロはご指摘の通りシンプルだけど大変奥が深い世界だと思います。

先読み・深読み・劣性を一気に挽回できる等々トランプの神経衰弱のように頭を使う頻度はかなり高かったと
思いますね。

オセロのゲーム盤の製造メーカーのツクダオリジナルは既に別の会社に統合されてその名前が既に消滅しているのは
なんだか寂しいものはありますね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |