FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、仕事の移動時にいつものようにラジオをBGMとして流していたら、とある番組にて
「ボケ・認知症の初期症状」の話が流れてきました。
当たり前の話なのかもしれないですけど、人間はある日突然ボケとか痴呆が始まるというわけではなくて、
そこに至るには何かしらの前兆とか予兆というものがみられるとのことでした。
そしてそうした前兆のチェック項目みたいな事が番組内で色々と紹介されていましたけど、
例えば・・

・今日が何日かわからない

・同じことを何度も聞く

・月々の請求書が払えなくなる

・集中力が落ちて今までしていた仕事に時間がかかる 

・やり慣れたゲームのルールを忘れる

・日付や曜日、季節を忘れて思い出せない

・その場所にどうやって来たのか、どこにいるのか思い出せない 

・鏡の前を通ったのに、部屋の中に誰かがいると勘違いする 

・同じ話を何度も繰り返す

・単語が出てこない

・いつも何かを探している

・好きだったスポーツチーム・テレビ番組・音楽等に急激に興味を喪失していく

・親しい人に対してすぐにイライラする

・慣れ親しんだ場所以外に行ったり、知らない人に会ったりすると動揺する 

などが挙げられていました。

その他のより具体的なチェック項目として、例えば男性だったらネクタイを締めるのがとてつもなく面倒くさく嫌になってきたとか
ドアノブの開け方がわからないというのも大変印象的でしたけど、
その中で「自分の出身学校の校歌の歌詞をどうしても思い出せない」という項目が大変印象的でもありました。
あ・・なんかこれよくわかりますね・・!
人間って面白いもので、二十歳以降実社会で実地で学んだことはどちらかというと片っ端から忘れていく傾向があると
思うのですけど、小学校~高校あたりのまだ脳みそが柔軟で記憶のキャパが余っていた頃に覚えたこととか日常的に
何気なく繰り返していた行動については年を重ねても意外と覚えているという事なのかもしれないですし、
そうした観点から、小学校~高校の頃の母校の校歌の歌詞というのは大変いい線をついているような感じがありますね。
校歌なんて大抵毎週月曜朝の全体朝礼の際には必ず全員で歌っていたものですので、案外その歌詞は記憶の中に
鮮明に残っているものと思われますし、それを認知症の初期症状の有無の判断材料として使っているというのは
大変興味がある話なのだと思います。

そんな訳で私自身も母校の校歌の歌詞を自分のボケの兆候の有無の(?)チェックリストとして試してみることにしました。

あれれ・・・小学校と大学の校歌は出てきます・・

だけどなぜか中学校と高校の校歌の歌詞が全く頭に浮かんできません・・! (汗・・)

「あれれ、これってやばいじゃん! 私ももしかしてボケの初期症状の始まりなのかな・・?
このブログでは昨年あたりから過去に書いたネタを再度同じネタとしてさりげなく書いてお茶を濁している日もあるしぃ~」と
瞬間的に頭をよぎったのですけど(汗・・)
中学校と高校の校歌の歌詞は出てこなくてもメロディーは頭に思い浮かんできます。
そしてなぜか知らないですけど、そのメロディーと同時に指が勝手に音階をなぞっているというのか運指をしている感じが
しています。
ここではっ・・と思いました。
そっか・・中学と高校の全体朝礼とか卒業式や終業式等学校内の公式行事の際って吹奏楽部って、校歌を歌わないで
校歌の伴奏として楽器を奏でていましたので、在校中にあんまりというかほとんど校歌自体を口ずさんでいないのですよね・・
だから脳内記憶の中に中学と高校の校歌の歌詞があまり印象付けられていないので
歌詞が出てこないという事なのかもしれないです。

あ~、よかった・・! なんか少しすっきりしました・・(笑)

私、今のところはそんなにはボケの兆候がそんなにはなかった・・という事になるのかもしれないですね。

ちなみに大学の頃も吹奏楽団に入っていたのにどうして歌詞が出てくるのかというと、大学の公式行事においては、
校歌は管弦楽部、入退場のマーチは吹奏楽団とある意味棲み分けができていたからなのかもしれないですね・・(笑)








譛€邨ょ屓_convert_20160320174144





だけど「校歌」というと思い出すのはやはり卒業式のシーンなのかな・・?

さてさて、歴代プリキュアの「卒業」なのですけど、
プリキュアの世界においては「卒業」というワードが意外と出てこないような気もします。

プリキュアの世界において「卒業」とか「進級」というワードが登場したのはたぶんですけど初代だけなのかもしれないです。

2代目以降のプリキュアは、サザエさんみたいに進級も卒業もしません。
2年続いたプリキュア5ですら、学年はそのまんまです。
(当初は、かれんとこまちを卒業させて、新メンバー2人を招こうという意見もあったそうですが、
 プリキュア5は、のぞみ・りん・うらら・こまち・かれんでプリキュア5という意見の方が強く
 そのままのメンバーになったそうです。うん、それは大正解だと思います!!)

そうした中、初代プリキュアだけは唯一進級&卒業したプリキュアなのです。
初代の無印は、最終決戦前の緊迫感・悲壮感は相当なものがありました。
クラスでの合唱コンクールが終わった後からのシリアスな戦闘モードは、現在のプリキュアとは
少し違う雰囲気はあったと思います。
初代プリキュアのクイーンは、素晴らしいものがありましたよね!!
だって、なぎさ・ほのか達は二年間で計三度ジャアクキングと戦っていますが、いずれの戦いにも
クイーンも戦闘に加わっていますし、なぎさ達に手を差し伸べています。
無印の最終決戦は、意外でしたが、ボルンという伏兵が大活躍という展開になりびっくりしたものですが、
とにかくあの迫力は相当なものがありました。
この戦闘の後、なぎさとほのかは三年生になり進級しています。
初代プリキュアの二期目といえるMHでも、最終決戦も大変な迫力がありましたが、無印と異なり、この時には、ひかりという
癒しの人がいましたので、それ程悲壮感はなく、見やすかったと思います。
MHは、最終的には、美味しい所は「シャイニールミナス」が持って行ったのかな・・?という感じの最終決戦でした。

MHは、最終決戦後のエピソードは、なぎさとほのかの卒業式で締めくくられています。

こうして振り返ってみると、プリキュアの中で唯一、中学校を卒業し、
無事に高校生になれたのは、なぎさとほのかの二人だけでしたね! (笑)

二代目のスプラッシュスターは、最後の最後まで迫力ある戦闘モードでしたので、
とてもじゃないけど時間的にその後の咲と舞を語るエピソードの時間が無かったという事もあり、
SSとしてのエピソードは、エンディングテーマのバックにて、スライド式に流していたものでした。
だけどあの中では、セリフはなかったものの卒業後に母校観戦に訪れた泉田先輩がキラリと光っていました!
高校生になった泉田先輩が3年生になった咲たちの試合を観戦している様子は
なんだかとってもじーーんとくるものがありました!!
SSでは最後のエピソード場面において、咲と舞は三年生になっていましたけど、
プリキュア5ののぞみ以降は、進級も卒業もしなくなってしまいました。
うーーん、これは「プリキュアのサザエさん化」という事なのかな・・??(汗・・)

もしもですけど、
仮に初代以降時間軸がそのままリアルタイムの時間軸通りに動いていたとすると、
なぎさとほのかは、2018年現在でなんと・・!もう28歳になっています!! (滝汗・・!)
うーーむ、さすがに28歳のご年齢で「プリキュアオールスター出演」は難しいと思いますので、
プリキュアに関しては時間軸の停止は仕方ないね・・という感じもありますよね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

まあ、人間は必要のない知識は忘れるものですからね~^^;私は一応覚えていました。実に覚えやすい校歌でしたので^^初代プリキュアの卒業は、これも賛否両論なんdねすかね。サザエさんもそうですが、アニメの世界ぐらい、永遠にそのままであってほしいとかって思ったりもしますが^^まあ、どちらもありだと思いますね^^

おはようございます。

かく言う、僕も、小学校の校歌とメロディは浮かびますが、
中高は、全く浮かんでこないですw

プリキュアシリーズは、やはりパラレルワールドって設定の方が、
オールスターシリーズに通じやすいですよね。

でも、同人ネタみたいな年齢のプリキュアも面白うそうですがw

自分は小~大学まですべて覚えています。

ちなみに大学の校歌の作曲者が團伊玖磨氏。

大学の校歌を覚えている人はごくわずかだと思います(入学式と卒業式ぐらいでしか演奏されなかった)。

記憶とは自分の脳だけにとどめているのか
身体にも今まで経験してきたことが蓄積されているのではないか
無意識の行動は脳がやっているのか?

他人は他人の視点から見た自分を記憶している
これもまた自分の記憶となるのではないか

とか考えるの楽しいです(^q^)

認知症の方たちは今と未来を生きたくないのかな
過去に生きていたいのかな
と考えたりします(°▽°)

そういえば人は情を無くせば忘れていくとかなんとか

たしかに校歌って結構歌わされたのに覚えていないかも…。
集会のたびに歌わされるのが面倒で「こんなの卒業と同時に忘れちゃうのにね~」と当時よく言ってたものですけど、まさか本当に忘れてるとは自分でちょっとビックリですw
「これってやる意味あるの?」とか根本的なところを気にしてしまうとその後記憶に残りにくいと聞いたことがありますが校歌もそうなのでしょうか。

卒業式が描かれたプリキュアはなぎさとほのかだけでしたね。みらいとリコは大人にはなっていてもそうした卒業式的な描写はありませんでしたし体戻っちゃいますし…。
最近は進級とか卒業とかは描かれていませんけどMHの頃はまだオールスターズで再登場するようになるとは思っていなかったかもしれませんねw

脳のキャパ

八咫烏(全力稼働中) 様


確かに・・人間の脳のキャパには自ずから限界がありますので、あまり必要としないものを次から次へと
忘れていく事で新しいものを蓄積していくのかもしれないですね。
ちなみにですけど、私の高校の姉妹校の一つの盛岡一高の校歌には部分的に軍艦マーチと同じメロディーが
使用されていたりもします。

アニメ作品で鳥山明さんの作品のように主人公たちが年を重ねていく手法的には私的には
違和感があったりもしますね・・

ふたりはママキュア・・?

鳴らない携帯 様


人間の脳は自ずから適正なキャパがあると思いますので、必要のない情報はどんどん削除されるからこそ
新しいものを取り入れる事が出来るのかもしれないですね。

プリキュアシリーズはドラゴンボールみたいな主人公たちも年を取るという時間軸で動かしてしまうと、
夢を壊すし機能しなくなるという事で、初代以外は進級等を見送られているのかも
しれないですね。

確かに・・OLさんプリキュアとか「ふたりはママキュア」というのもなんだか面白そうですね! (笑)

團伊玖磨先生!

某大学の卒業生 様


大学の校歌の作曲者が團伊玖磨先生とは素敵な事ですね~!

團伊玖磨先生の祝典行進曲とかブラスオーケストラのための行列幻想は私も大好きな曲ですし、
そうした高名な作曲家の先生が母校の校歌を作られたとは、
生涯の「誇り」ですね!

うらやましいです~!

なるほどっ!

みけねころんそう 様


認知症の方たちは今と未来を生きたくないのかな
過去に生きていたいのかな

→これは「なるほどっ!」という感じですね!

自分の未来の姿が想像できなくなった場合とか未来の自分がどうにもバラ色にはなりそうもないと脳内で
予測された時に、人はある意味防衛本能が働らいてしまい、
「過去の自分」に回帰してしまうものなのかもしれないですね。

痴呆になった自分自身と痴呆になる前の自分自身・・果たしてどちらが本当の姿の自分なんでしょうかね・・?

プリキュアは女の子の夢・・

schwert 様


人の脳って、脳自体が「これは必要のない情報」と判断すれば次から次へと脳内の表層においては削除していき、
その分を新しい知識等の蓄積の容量に廻していくものなのかもしれないですね。
それと人間と言うものは都合の良いもので、
自分にとってすてきな思い出は脳内にいつまでも蓄積していき、都合が悪いというか、あまり思い出したくない思い出は
「振り返りたくない」という事でさっさと表層から追放していくものなのかもしれないです。
だけどそうした嫌な思い出もトラウマという深層心理として脳内には留まっているから、
やっかいな側面もありそうですね・・

プリキュアは進級・成長しない方が「女の子の夢」をキープできるような気もしますね~(笑)

その中でものぞみだけは成長して欲しいな・・という想いもあったりして、のぞみはりっぱですてきな先生に
なる未来だけは間違いないと思いますね!

初代の頃にオールスター映画を予想した人は皆無だと思いますし、「打ち切りにならないように・・」という想いの方が
強かったのかもしれないですね・・(汗・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |