FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


キラキラ☆プリキュアアラモードも早いもので毎年恒例の1月の最終決戦も始まり、間もなく最終回を迎えようとしています。
そしてまたまた2月から新しいプリキュアも始まろうとしています。
こうやって振り返ってみると一年なんてあっという間ですよね・・
だって先日、あのかわいいかわいいツインテールのいちかちゃん=キュアホイップが登場したと思ったら
あっという間に最終決戦の時期ですからね・・
スイート・スマイル・ドキドキ・ハピネスチャージなどのように歴代でも大好きだったシリーズの時は
「一年が早いなぁ・・もう終わってしまうんだ・・このままシリーズがずっと続けばいいのに・・」と感じることもあれば、
2015年のGoプリのように「早く終わってしまえばいいのに・・」と感じるシリーズもあったりしたものですけど(汗・・)
(ま・・2015年はちょっと色々と嫌なことがありすぎて、Goプリが一時期当ブログの閉鎖すらも可能性があった一つの要因
というのもなんだか嫌な話ですよね・・
あれ以降ブログ管理運営の在り方が大きく変わってしまったというのも、結果的にそれが2017年以降の
今現在に繋がるいい方向になっているのだから、それは結果オーライという感じなのかもしれないですね・・)
とにかくキラキラ☆プリキュアアラモードをうちのブログで語ることは例年としては異例なぐらい少なかったのですけど、
私としてはとにかく毎週楽しく視聴をさせて頂けておりました。

そして間もなく新シリーズとしての新しいプリキュアも登場してきますので、こちらのほうも今後も楽しみに
させて頂きたいと思っております。

今作のプリキュアは全体的にはとても楽しかったのですけど、戦闘シーン的には「肉弾戦自粛」ということで少し
物足りなかったような印象もあるのですけど、それは実験的試みとしては十分妥当性はあったと思います。

歴代プリキュアの戦闘シーンを振り返ってみると
大抵の場合、ザケンナー・ウザイナー・コワイナー・アカンベエ・ジコチュー等の怪物と敵幹部達が相手だったのですけど、
ハートキャッチとハピネスチャージは、これに加えて「雑魚戦闘員」が入ることが一つの特徴だったと思います。
この両作品の監督は長峯ディレクターですので、これは長峯監督の一つの方向性みたいなものなのかもしれないですね。
雑魚キャラというと仮面ライダーとか戦隊ものではお馴染みのやられ役要員ではあるのですけど、
それをプリキュアの世界にまで応用させたその発想は素晴らしいものがあると当時思っていたものでした。
ついでに書くと、長峯ディレクターによるこの二つの作品においては、いずれも歴代プリキュアにおける
青系プリキュア=冷静沈着で物静かで聡明で、やんちゃなピンク系のよきサポート役というイメージを完全に打破し、
ハートキャッチではマリンを、ハピネスではプリンセスというこれまたある意味破天荒な青プリキュアを登場させた
あの変化球には当時、「あっ・・!」と驚かされたものでした!

ハートキャッチもハピネスチャージも大して戦闘能力を持たない雑魚戦闘員が相手の時は、
かなりの大技を駆使して、その雑魚共を吹っ飛ばしていましたので結構な見栄えはあったと思います。
ハピネスチャージの場合、各キャラがその場で思いついた技を「必殺技」としてすぐに使用できる大変便利なものを
有していましたので、本当にこの技がサイアークや幹部に対しても有効なのか見極め・試す意味で
まずはチョイアークに対してお試し使用しているような感じもしますのでかなり面白いものがありました。
特に序盤でラブリーが、怒りのあまりチョイアークを首根っこでふんづかまえてわしづかみにし
ブンブン振り回して攻撃している様はまさに怒りの「キュ荒プリー」に相応しい様子でしたね・・・(笑)















ハピネスチャージの「チョイアーク」の場合、
ハートキャッチのスナッキーよりは見た目的には少し「悪い」雰囲気はありましたね・・(笑)
サングラスと黒衣装が少しは威力を発揮しているのかもしれないですね。
スナッキーの場合、何の武器も必殺技もない本当の「雑魚戦闘員」なのですけど、
チョイアークは一応ビームは放つことが出来るというのが違いなのかもしれないですね。
だけど誠司のような普通の中学生がチョイアーク勝ってしまうほど戦闘能力はお世辞にも高いとは言えませんけどね・・・
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではないですけど、数にモノを言わせる戦闘スタイルを取っているせいで、
プリキュア達にかるーく撃破され、そのやられっぷりがあまりにも逆にコミカルなので
かなりいい味を出していたと思います。

毎回毎回やられ続けているので、チョイアーク本人たちもさすがに
「あーあ、どうせ今回もやられちゃうんだろうな・・」と半分いじけながら出撃しているのかもしれないですね・・(笑)







hpvol39-snacky03_convert_20140712234742.jpg







「弱い」だけならスナッキーもチョイアークの比ではありませんけど、スナッキーは「弱いけどタフ」なのが売りでしたね!
だって体の中身が砂で、やられて怪我を負っても絆創膏で砂の流出を防止できればすぐに戦闘再開できる便利さは
一部でスナッキー不死身説まで囁かれていましたよね・・(笑)

ハートキャッチの最終決戦時に、マリンとサンシャインがスナッキーから砂を抜いてしまい、
スナッキーの皮を被って敵中に紛れ込んだのはとても楽しかったですね。

一度スナッキーが、自らの組織「砂漠の使徒」を「辛気臭い組織」と評したシーンがありましたけど、
うーーーん、さすがに下級組織は、上層部をよーく見ているという事なんでしょうね。
何かサラリーマンにも通じる話なのかも・・・

でも「辛気臭い」といえば、
何となくですけど「不幸の香り」を全身から発する月影ゆりの方が似合っているような気もしますね・・(汗・・)






db22ee33_convert_20140707174120.jpg





あ、そうか・・・

「辛気臭い」と言えば、月影ゆりという紫系プリキュアの後輩のいおなの方が
合っているのかな・・・・??
前回安売りとかクーポン券使用とかひめに「けちんぼう」と言われてお茶目な一面も見せていましたけど、
「幻影帝国」の侵略で、とても子供たちを「空手教室」に通わせる余裕が無くなり
収入が激減した(?)氷川流の家計のやりくりを考えると
いおなの「節約は美徳」というのも何か妙な説得力がありますね・・

だけど最終的にはいおなは辛気臭いという感じはほぼゼロになり、ハピネスチャージとしてメンバー入りして以降は
時にかわいかったりお茶目な側面や意外と「お姉ちゃんっ子」みたいな別の面を見せてくれていたのは
いおなとしての成長がそこにはあったということなのかもしれないです。

2月から放映開始となる新しいプリキュアもどんな戦い方をするのか、果たして敵幹部はとか戦う相手はどんな感じなのか
色々と興味は尽きないけど、
まずは1月の現役プリキュアたちの最終決戦に集中しないとだめですね・・! (笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

雑魚戦闘員がいると戦隊モノみたいで一気に悪の組織感が増すような気がしますね。悪そうな見た目なのに強くもなんともなくてバッサバッサとなぎ倒されていく様は視聴者的にも面白いです。
でもリアルに考えると上司の圧力、蹴落とし合い、世間に認められることはない、仕事中のケガ等悪の組織で働く皆さんもけっこうかわいそうかもしれませんw

プリアラもとても楽しかったのですけど肉弾戦は欲しいなというのは感じました。次はぜひまた派手な肉弾戦を見せてほしいですね。
新プリキュアのCMも公開されていましたが川村敏江さんデザインのキャラクターは美しい!黄色い子がとても気になりますw

プリキュア大爆発~!

schwert 様


ハートキャッチやハピネスの雑魚キャラの皆様も出撃のたびに
「どうせ今回もやられちゃうよね・・」とイジイジしながら戦闘に参加しているのかもしれないですね・・(笑)
ハピネスの時は、ラブリーたちが次から次へと新技をポンポンと繰り出していったのですけど
その実験台としてチョイアークはまさにうってつけだったと思います。
ハートキャッチでは、第10話においてのOPでも出てきた「プリキュア大爆発~!」のあのインパクトが
とてつもなく大きかったと思います!
あの時もスナッキーたちがまるでハリケーンに巻き込まれたかのように吹っ飛ばされていったのが
大変印象的でした。

新しいプリキュアですけど、私は毎年そうなのですけど新プリキュアの第一話が始まるまでは
極力事前情報に触れないようにしています・・(笑)
第一話での新鮮さを自分自身求めているのかもしれないですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |