1980年代のゲーム「ムーンクレスタ―」 → 1.2.3号機を合体させる事で高速連射が初めて可能になるというのも今では考えられないシステムなのかもしれないですね・・(笑)

6 -
昨年末の記事の中でテクノスジャパンの「出世大相撲」とか「空手道」の記事の事を書いていたら、
「そう言えばこの出世大相撲が世に出た頃、ムーンクレスタなんてゲームもよくやっていたな」と思い出してしまいましたので、
本記事においては、昭和の頃の懐かしきレトロゲーム「ムーンクレスタ」について少しばかり
語らさせて頂きたいと思います。

最近のゲームセンターやアミューズメントセンターというのはとっても綺麗ですよね!!
私が中学~高校を過ごした1980年代のゲーセンなんていうのは何となくですけど「薄汚れたイメージ」とか
「入りにくいイメージ」とか「不良のあんちゃんたちがたむろしているちょっとやばい場所」みたいなイメージもあったのですけど、
そうした視点から見てしまうと、現在のゲームセンターというのは、親子で楽しめる遊戯場という雰囲気があり、
とっても清潔で安全で親しみやすいみたいな雰囲気がとても強いですね。
そして今現在の私にとっては、艦これ等のキャラのフィギュアをゲットするための主戦場という感覚もあったりしますっ!! (汗・・)
昨年ですけど、例年以上にこうしたアミューズメントセンターのUFOキャッチャーはチャレンジしたと思います!
昨年で言うと、UFOキャッチャーで最も苦戦し予想以上にゲットするのに資金投入させられたのは、昨年末に
レビュー記事を書かせて頂きました艦娘の「時雨~スペースインベーダーコラボ」だたと思います!
艦娘というと一番くじにおいてかなりレヴェルが高く仕上がりが最高と感じられるフィギュアがあるのですけど、
一番くじにおいてA賞・B賞の艦娘フィギュアをゲットするには、UFOキャッチャーで資金注入するよりもはるかに可能性が低く
お金が掛る場合がほとんどですので、私は艦娘に関しては一番くじは手が出しにくいですね・・

高校時代、吹奏楽部の練習が終わっても、寄り道せずに家に帰るという事はまず無かったですね・・・(笑)
部員たちと買い食いしたり、ふらふら楽器屋に立ち寄ったりとか、本屋に立ち寄って
ちょびっとスケベな本を立ち読みしたりとか(汗・・) 色々それなりに楽しんでいたと思います。
そんな中、ゲーセンなんかも結構行っていましたね。
当時のゲーセンは前述の通り、怪しさ」満開という感じでしたし、
高校の近くにあるゲーセンは、うす暗い雰囲気でしたタバコの煙は充満していましたし、
ま正直お世辞にも健全とは言い難い雰囲気でしたけど結構ちょこちょこ寄っていました。
当時のゲーム機というのは、今のものと違って、小さいテーブルのようなものに南北で二人掛けという
スタイルが定番だったと思います。
椅子というのも汚いパイプ椅子とか背もたれが何にも無いただのイスというのがごく普通でしたね。
勿論一人でも出来るのですけど、二人組でゲームをする事の方が多かったような気がします。
一人がゲームをしている間は、もう一人の方は相手が敵にやられて一機または一人のプレイヤーを失うまでは
待たなくてはいけないというのもなんかレトロ感満載ですね(汗・・)
ゲームが巧い奴とゲーセンに行くとそうした「待機時間」がやたら長く、
そいつがゲームをしている間は、ひたすらゲームを見つめているか「ヒマだな・・」と連発するしかないという感じでした。
あまりに待ち時間が長いとトイレにうっかり入ってしまうと、トイレから出てきたら、そいつの自機がやられていて、
いつの間にか自分の番がやってきていた・・みたいな事もあったりしていたのも懐かしい思い出です。

当時流行っていたゲームって何だろう・・・?

1980年代初期の頃は、いまだに「インベーダーゲーム」が現役で稼働をしていました!!(汗・・・)
以前も記しましたけどインベーダーゲームの「名古屋打ち」というワードをご存知の方は立派な昭和育ちと
言えるのかもしれないです・・(汗・・)
他には「ドンキーコング」というスーパーマリオシリーズの元祖みたいなものも出現していましたね。

だけど、当時私達の間で流行っていたのが「ムーンクレスタ」でした。

なんかこのゲームなつかしい・・・!!

このムーンクレスタが世に出ていた数年後にあの名作「ゼピウス」が登場してきますので、
ムーンクレスタと言うのは
インベーダーとゼピウスの丁度中間的な位置づけなのかもしれないですね。

この「ムーンクレスタ」なのですけど、遊び方は単純明快で、とにかく「撃って撃ってやっつけろ!!」という感じです!!
画面に出てきたコールドアイとかスーパーフライ等の敵をひたすら撃ち落とすという感じです。
そしてこのゲームの面白いところは、敵は一切爆弾を投下したりとかビームを発するという事はしません!!
ひたすらこちらの自機に対して体当たりしてくるだけです。
つまり、敵キャラが自機に触れたら、その自機は終わりです。
このゲームの自機は1~3号機の計3台ありますが、、
1号機が一番小さくすばしっこいけど単発しか撃てません。
2号機が一番安定していて、動きは早いし連射が可能です。
3号機は一番でかいし連射もできるけど、機体がバカデカイのですぐ敵キャラにぶつかってしまう役ただずです・・・・
そしてこの「ムーンクレスタ」の最大の特徴なのですけど、
ゲームの転換時において、1号機と2号機のドッキングが出来て、そのドッキングによってさらに高速での連射が可能となり、
そして更にゲームが進行してくると、1号機+2号機のドッキングに加えて3号機とのドッキングも可能で、
1~3号機による三台による高速連射が可能になります。
前述の通り、元々3号機がバカでかいので三台ドッキングは敵にも突撃されやすいという欠点もあったりします。

当時としてはこうした「ドッキング」というのは画期的だったのかもしれません。

そして1~3号機の合体によって初めて高速連射が可能になるというのも今では全くありえないシステムであり、
ここにも昭和レトロの香りが感じられたりもしますよね・・(笑)

このムーンクレスタ目当てにゲーセン来る人は結構多かったような記憶がありますし、
当時のそのゲーセンのゲーム機の半数近くがこのムーンクレスタみたいな時期もあったほど人気はあったと思います。







ムーン







このゲームを何度もやってきた人間の感覚で言うと、
1号機と2号機だけのドッキングのみに留めておき、3号機は無視した方がいいのかもしれません。
敵はとにかくすばしっこいしトリッキーな動きをしてきます。
インベーダーは上下左右にしか変化しませんでしたけどムーンクレスタの場合はとにかく動きが変則的・・・!!
そしてむやみやたらと体当たりをしてきますので、動きが鈍い3号機は無用の長物になってしまいがちですね。







むーんく







この「ドッキング」ですけど、これ、意外と難しいです。

1号機と2号機のドッキングに失敗すると、なんと・・・!! 1号機と2号機の全てを失ってしまいます。
そして、1+2号機と3号機の三機ドッキングに失敗すると、なんと一瞬でゲームオーバーになってしまいます!

一度なんですけど、このムーンクレスタをとある先輩とやっている時に、
その先輩が唐突に「やばい、トイレに行きたくなってきた・・・お前・・・席変れ!!オレがトイレに行っている間に
ゲームを進展させていろ!!
間もなく1+2号機と3号機のドッキングタイムだけど
おまえ、これ外したらどうなるか分かっているだろうな・・!?」とか何とか言ってトイレに駆け込んだのですけど
私は余計なプレッシャーのせいなのか(?)このドッキングに失敗してしまい、
後でその先輩から思いっきりどつかれました(汗・・・)






むーんくれ






「出世大相撲」はそのしこ名は自分で好きな名前を入力できまして
年末記事でも書いた通り、大学時代の吹奏楽団のとあるトロンボーンのすてきな美少女のお姉さまに
一時期片想いをしていた時期もありまして(汗・・)
大相撲の時期の力士のしこ名に、そのお姉さまのお名前を盛り込んだ「ゆみの海」みたいなしこ名を
付けた事もあったりしたものでした・・(汗・・)
この「ムーンクレスタ」も得点ランキングで一位になると
12文字以内の好きなネーミングを打ち込むことが出来て、しかも画面のトップ表示にその名前が記されます。
12文字以内のアルファベットですので、そんな大したネーミングは出来ないのですけど、
艦娘の白露お姉ちゃんではないけどそうした「いっちぱ~ん!」は魅力的でしたし、画面のトップに自らが打ち込んだネームが
表示され続けるのはある意味晴れがましいものがあったと思います。

当時の高校生の頃の私は、

〇〇(←当時のクラリネットの先輩の氏名)、バカ死ね!!とか・・・

当時大好きで心酔していた「市立川口高校」の「無言の変革」にかこつけて、
MUGONHENKAKUとかなんとか入力していました(汗・・)
私のおバカな時代だったのかもしれないです・・(苦笑・・)

関連記事
ページトップ