FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の記事の中で昭和の頃にゲーセンゲームとして登場していた「出世大相撲」について触れさせて頂きましたが、
「空手道」というゲームも「出世大相撲」と同じくテクノスジャパンが開発したものでほぼ同じ時期に世に出ています。
当時のゲーセンなのですけど、現在のようにゲームセンターは「アミューズメント化」されていなくて
何タバコの煙がもうもうと立ち込め、麻雀ゲームとかポーカーゲームといったゲーム機と共に
こうした普通のゲーム機が並べられていましたので、怪しいというかあぶない系のおにーさん達が
麻雀ゲームをしているすぐ隣でこうしたゲームに時に興じている私達なんかは今にして思うと、
トラブル等に巻き込まれなかったのは不思議と言えるのかもしれないですね。
そのくらい当時のゲーセンは今と違って確かに活気はあるのだけど「怪しい雰囲気」はあったと思います・・(汗・・)






か






この「空手道」ですけど、登場時期としては先日一度取り上げた「出世大相撲」と大体同じ時期ですね。
時代背景としては丁度「ロサンゼルスオリンピック」の頃と重なっていて、
そうした時代背景があるのかどうか定かではないのですけど、「ハイパーオリンピック」というゲームも登場していて
ボタンを打って打って打ちまくってスピードを上げるだけの100m競争とか水泳とか
射撃とか走り幅跳びなどのゲームはとても面白いものがありました。
その中に、「フェンシング」もあって、ゲーム中にちょろちょろ逃げ回ってあまり攻撃をしないと
「判定」の際に客席から色々な物が飛んできてそれが顔面を直撃してそのまま失神というなかなかシュールな場面も
あったような記憶があります。

「空手道」は、基本的にはとってもシンプルなゲームです。

ボタンはあるのですけど使う事は無いです。
基本的には右のレバーと左のレバーを操作しレバーの組合せによって技を発動させるもので、
組合せによっては各種多様な技を発動できるのかもしれないですけど
このゲームに関しては、そうした余計な知恵とかテクニックはあまり必要なかったと思います。

基本的には・・・・・

1.「はじめ!」の合図と共に3歩前進していきなり飛び蹴りを食らわす

2.しゃがんで相手が近づいてきたら突きを食らわす

3.「はじめ!」の合図と共にいきなり前方宙返りを行い、相手の背後に立ったらそこで後ろ回し蹴りを
 叩き込む

4.待ち伏せして足払いを食らわす

この四つの技を適当に組み合わせていけば、多分ですけど初段から9段までは勝ち進むことが出来ると思います。
10段以降の「名人」からはいきなり唐突に対戦相手が強くなり、大抵の場合開始早々10秒で
一本負けを食らってしまい、そこでゲームオーバーというパターンが多かったような記憶があります。






からて


ら






このゲームですけど、基本進行は
まず「道場」に入門し、そこでの鍛錬を経て道場での試合に勝てば、その道場を卒業することが出来て
なぜか唐突に「全国大会」に出場します。
そうそう・・・!!
この「全国大会出場」というキーワードが、当時本気で「全日本吹奏楽コンクール・全国大会」への出場を夢見て
日々練習に明け暮れていた私のココロをハートキャッチしたのかもしれないです・・(汗・・!)

全国大会での試合は、後方の弟子たちがしばしばよそ見をしたり、後ろを振り返ったりして落ち着きがないのが
なんか笑ってしまいます。
全国大会での旗を両手に持っている審判ですけど、
「あの審判、なんかタモリに似ている・・」と一部でネタにされていたのもなんだかなつかしい話ですね・・




て





全国大会においては、勝利を重ね段が一つ上がるごとに毎回毎回、唐突に「超人怒涛編」というボーナスステージが開始され
「さあ! 牛だ!!」の掛け声とともに、なぜか・・・??
モォー―――ッと突進してくる牛と対決する羽目になってしまいます。
あれは1970年代の漫画「空手バカ一代」に出てくる「牛殺し」へのオマージュなのかもしれないですよね・・(笑)

ちなみに牛殺しに失敗してもゲームは終わりませんけど
プレイヤーはしばし牛に踏み倒されて失神状態になってしまいます・・・(汗・・)
あの牛ですけど、これは完璧にタイミングとコツの問題でして、
あらかじめしゃがんで構えて、あるタイミングに突きを食らわすと大抵の場合撃破できたものです。

うーーむ、これは完璧に知る人ぞ知る昭和レトロのゲームですね・・・(汗・・)







ff040f3a.jpg



7a9052a7.jpg







歴代プリキュアにおいて「空手」がしばしば登場していたのは、誠司といおな・まりあさんが空手をやっていたという背景もあり
いうまでもなくハピネスチャージプリキュアだと思うのですけど、
その中では第9話がとても印象的でした!

第8話において、あやうく敗戦寸前とかいおな=キュアフォーチュンからの「プリンセスを信用するな!」という忠告など
かなり意味深な展開がありましたけど、
同じように序盤の段階でプリキュア達の敗北と言うと、「ハートキャッチプリキュア」がありましたが、
ハピネスチャージもハートキャッチもその次の回が、武道(ハピネスが空手、ハートキャッチがカンフー)で
心身を鍛えるという共通性があるのが何とも面白い所でもありました。
さすがに両者ともプロデューサーが長峯監督というのはありますね。
ハートキャッチは、敗北に対する悲壮感とか「なんとかしなきゃ」感があるのに対し、
ハピネスチャージの方は「ま、しゃーないね・・」みたいなお気楽モードが強かったのは、この当時はまだ
プリンセスもラブリーもポンコツ街道まっしぐら・・という感じでもありましたので仕方がない感じでもありましたね。

ハピネスの第9話の前半パートで、空手の話が出てきて、誠司が「防御」の大切さを延々と説いていましたが、
練習時では馬耳東風だったのに、本番の戦闘で防御効果をいかんなく発揮するのは
さすがに「やるときはやる!」のラブリーらしさがよく出ていたと思います!

こういう空手の防御の姿勢で敵の攻撃をかわすというシーンを見てみると、「プリキュア5」第43話(ミント砲炸裂の回)において、
キュアミントが、ハデーニャの攻撃を空手の防御みたいな形で払いのけていたシーンを思い出してしまいます。

そうそう! そしてハピネスの第9話で一番大事なことは、この回で初めてあのゆうゆう=キュアハニーの「ごはんのうた」が
登場してくることが挙げられると思います!
というか・・キュアハニーの登場とあの「ごはんのうた」のインパクトがあまりにも強すぎて前半パートの「空手」の話は
すっかりどこかに吹っ飛んでいったようにすら感じたものでした!

ゆうゆう=キュアハニーというと、ついつい健康的なあの太ももばかり目がいってしまうのですが(汗・・)
突然何の脈絡も無く突然出没しあの不滅の名曲「ごはんのうた」をお披露目しただけではなく、
チョイアークもサイアークもオレスキーは勿論、プリキュアの二人もあの歌によって全員踊り出してしまう光景は
とても面白かったですし、私的にはハピネスのこのシーンをもって、ゆうゆうに思いっきり陥落させられてしまった
ものでした!
歴代の黄色系プリキュアとしては、私は祈里=キュアブッキー大好きのブッキョウトでもあるのですけど、
あの瞬間をもって、私の「歴代最も大好き黄色系」は、ブッキーからゆうゆうに変わった瞬間でもありました! (汗・・!)

最後に・・この第9話の中で一瞬でしたけど、ドキッ・・!?とさせれるシーンがありました。

何かというと、めぐみとひめが空手道場での一日体験コースを終えて空手の稽古着から私服に着替えるシーンにおいて、
一瞬床にめぐみとひめの稽古着がバサッ・・と落ちるシーンがありましたけど、
たぶんですけど当時あのシーンを見ていた皆様は
「どうしてめぐみの着替えシーンをカットして脱いだ稽古着だけ見せるんだぁ~!」と感じていたのかもしれないですね・・(汗・・!)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

懐かし~。私もこれしっていますよ、空手のやつ。私の場合は、1度遊んだだけで操作方法もよくわからず適当にプレイしてやめた記憶があります。あのころのゲームって必勝法があって、それに気がつくと案外どんどん進めたりしますよね。同じ作業の繰り返しだったもするのですが、なぜかすごくはまってしまったのを思い出します。あのころのゲーセンはダークな雰囲気でしたね^^

今のゲームは映像とかシステムなんかがとてつもなく進化していますがそれらのはじまりとしてこうしたレトロゲームの存在があるのですね。レバー2本で操作というのは珍しい気もしますけど、見ると格闘ゲームの基本的な部分がすでに完成しているようでちょっと感動です…w

ハピネス9話のあの防御動作をすぐに実戦で使えてしまうあたりラブリーとプリンセス本当は凄い格闘センスの持ち主だったのかも…?w
9話はお話を全部キュアハニーの歌に持って行かれた感はありましたけどプリキュアにリアルな格闘技の修行描写を入れてくれたのは面白かったですね。

今とは大違い・・・

八咫烏(全力稼働中) 様


昭和のゲーセンでのゲーム台って本当にレトロな感じで、台の上に紙コップのジュースを置いて
飲みながらプレイするという感じだったかもですね。
この空手ゲームは、ボタンを使用しないでレバーのみの操作と言うのは、最近の操作が難しいゲーム機から見ると
「ありえない・・」という感じなのかもしれないですね。

当時のゲーセンは不良のたまり場みたいな雰囲気は間違いなくあったと思います・・・

ゆうゆうは食べる天使・・?

schwert 様


この空手道ですけど最近は復刻版もあるようで、これを置いてあるゲーセンがあれば是非もう一度やってみたいですね・・

最新ゲームのあのとてつもない精緻さとスピード感溢れるアクションから比較すると
「なんてとてつもないスローな動き・・」と感じるのかもしれないですけど、そうしたレトロな動作が
昭和っぽい雰囲気もありそうです・・(笑)

ハピネスの第9話はある意味あの脈絡の無さが面白くて、突然バトルの最中にゆうゆうのごはんのうたが乱入したような
あの唐突感が当時はとてつもなく面白かったですし、あのごはんのうたのゆるさに一発でKOされたものでした・・!
ゆうゆうはシリーズを通じても最高の「食べる天使」なのだと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |