FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


響と奏の世界

GW中ですが、5/2は仕事です。
4/30~5/1休んで、5/2のみ出勤し、5/3~6連休と言うパターンは、
長期間の連休ボケを防止するという意味では宜しいのかもしれませんけど、
中期のんびり骨休みという意味では、少し中途半端な感じもしますね。
だけど、当番で毎日出勤者を割り振っているのだから、仕方ないか・・・

休みの間は何もしないのが一番です。
だってどこに行っても混雑しているし、こういう時は家でのんびりするのが一番です。
幸い平日休みなので、買い物なんかは、土日混んでいる所も少しはすいていますから・・・

そんな訳で休みの時は、相変わらず音楽鑑賞三昧とプリキュア三昧です。
5/1にツタヤに行って、色々レンタルしてきましたから・・
だけど、スマイルはまだ新作・準新作扱いで「旧作・100円扱い」ではないし、
スイートの見たかった後半部分もまだ準新作扱いでした・・・
だから、今回はプリキュア5GoGOの前半とスイートの前半部分を主にレンタルしてきました。

でもスイートの世界は面白いですよね。
現役プリキュアのほぼ完成された人格+まだまだ成長が期待できる優秀な後輩から見ると
「未完成のプリキュア」という感じがするのですが、
一年かけて色々な事を学んでいく「成長性」を見るのがプリキュアの楽しみ方の一つでも
ありますので、その意味ではスイートやプリキュア5は大いに楽しませてくれるものです。
「ドキドキ」の場合、今までの次元や限界をとうに超越しているので、新しい次元での成長が
楽しみという感じがします。
その位、ドキドキは歴代プリキュアと趣が異なり、レヴェルの高い作品になりそうな
予感はします。

話を「スイート」に戻します。





ドキドキの場合、序盤からどちらかと言うとメンバー一人一人の安定感と成熟さがあり、
初めからプラスからのスタートという印象があります。
スイートの場合、序盤は、お互いの不信感・コミュニケーションギャップ・
性格の不一致を乗り越えられない未熟さもあり、どちらかと言うとマイナスからのスタートと言う
感じが濃厚です。
謎の黒の仮面のプリキュア~キュアビートの誕生までは、
これまでの喪失感を取り戻すために、プリキュアをしながらも二人の関係を模索し、
これまでのコミュニケーションギャップを埋めていった期間とも言えるのかもしれません。
最終的には、響と奏での新たな友情関係の構築と信頼関係の構築⇒エレンのプリキュアとしての覚醒
⇒ミューズの参加⇒幸せと不幸は相反するものではなくて、交互に訪れるもので、幸せのすぐ目の前に
 不幸があったり、その逆もある。結果として人間社会と言うのは、幸せも不幸も、明と暗も、
 動と静も、進歩と停滞も両方から成り立つものであり、一方だけに光を当てても何の解決にもならないし、
 一方を認めるからもう一方も成立するという哲学的な讃歌の内にフィナーレを結ぶという
 壮大なストーリーを展開
という事になっていくのです。

まさか、序盤の響と奏のバカップルみたいな下らない数々の喧嘩から
こうした壮大なストーリーと哲学性が秘められているとは序盤の頃には想像もしなかったのですが、
そうしたストーリーを分っている今だからこそ、
改めてスイートの序盤を見てみると、制作者の意図もよーく伝わってくると思います。

それにしても、第四話の響のテニスルックの可愛い事・・
第五話の奏の「ヘン顔」のデフォルメの面白い事・・・
やはり序盤には序盤の楽しみ方もあるものですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/402-12e4e235
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |