FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うちのブログではかなりの頻度で、花輪高校吹奏楽部によるウィリアム・ウォルトンの交響曲第1番の演奏のことを
話題にし、あの演奏と曲自体の素晴らしさによって私自身がクラシック音楽と吹奏楽という深い森の中に入り込むきっかけが
作られたみたいな話を何度かさせて頂いているのですけど、厳密に言うとそうしたきっかけ作りになった曲がもう一つあり、
それがうちのブログでも既に何度も登場しているのですけど、J.トゥリーナの「幻想舞曲集」なのだと思います。
ウォルトンの交響曲第1番は、まさに「硬派」そのものの曲であり、「現代という不安感漂う時代を生きるには、不安を払拭する
のではなくて不安感そのものを認知し不安感を抱え込んで生きていく必要がある」みたいな事をテーマに
しているのではないのか?と感じさせるくらいリアルティー漂う硬派な曲だと感じます。
それに対してトゥリーナの「幻想舞曲集」は、現実と対極に位置する非現実的な幻想とかファンタジーをイメージさせた曲で
あるとも言えますし、ウォルトンを「硬派」とするとトゥリーナは「軟派」みたいな感じがあるのかもしれないです。

もしかしたらなのですけど、私自身の中にそうした「硬派」な面と「軟派」の面が内在しているのかもしれないですね。
不安を抱えながらもこの現実社会の中でちゃんと仕事して収入を稼いで生活していかないといけないというのが、
現実的な硬派の面で、
そんな現実なんて忘れて、すべてを投げ捨てて楽しいことだけやって暮らしていくのも悪くないじゃん・・みたいに
時に感じてしまう非現実な側面が軟派の面で、
そうした硬軟二つの側面がそれぞれ別の形で「私の大好きな音楽」のきっかけとなっていったというのも我ながら面白いなぁ・・と
思ったりもしています。

私自身、「幻想舞曲集」は1982年の就実高校の吹奏楽アレンジ版で初めて耳にする事になったのですけど
そのいかにも「ファンタジー」というか「ほのかな情熱」というかやや薄暗い感じの情念がほとばしるこの曲の
魅力にすっかり取りつかれてしまったのがこの曲を知るきっかけでもありました。

幻想舞曲集は下記の三曲から構成されています。

Ⅰ.情熱

Ⅱ.夢

Ⅲ.酒宴

吹奏楽コンクールでは、82年・就実、92年・三重大学のようにほとんどの場合ⅡとⅢの組合せですけど
(就実高校の村松先生は通算4回この曲を自由曲に選んでいますけど、ⅠとⅢを組み合わせた年もあったようです)
実はこの曲の醍醐味は実はⅠの情熱にあるのかもしれないです。
情熱といってもフラメンコとか闘牛みたいな華麗なものではなくて、心の中の「うす暗い情念」という感覚に近いです。
決して華やかに盛り上がる部分ではありませんけど、
何か人間の心の深層のどす黒い面を何か暗示しているようにも聴こえてしまいます。
なんとなくですけど、女の子の焼きもちとか嫉妬の感情とか、そうした薄暗い情念の嫉妬の炎みたいなイメージの曲だと
思います。
Ⅱの「夢」は本当に素晴らしいです!!
何かこの部分を聴くだけで脳みそがとろけてしまいそうな感覚に陥ります。このけだるさや夢想感の退廃的な美しさは
もはや耽美的だとすら言えると思います。
夢や幻想をテーマにした場合、ドビュッシーの場合はなんとなくですけど「実際の映像とか景色」をベースにして
幻想的雰囲気を醸し出しているような印象もあるのですけど、トゥリーナの場合は、「人の内面のエロっぽさ・嫉妬・怨念」
みたいな情念をイメージさせているような感じもあるのかもしれないですね。
Ⅲは全体に静と動の対比が素晴らしいですし、いかにも「嫌なことは酒飲んで忘れよー」もみたいな楽観的且つ厭世的な
雰囲気も伝えているように感じられます。

秋田県立花輪高校花輪高校のウォルトンの交響曲第一番の演奏も私にとっては大変影響度があるものでしたけど、
そうした硬派な花輪の演奏と同じくらい私にとって大きな影響を与えた曲と演奏が
1982年に全日本吹奏楽コンクールで見事に金賞を受賞した就実高校吹奏楽部によるトゥリーナの「幻想舞曲集」なのだと
思います。
私の思春期に重大な影響を与えた曲がウォルトンとトゥリーナというまさに両極端な硬軟の曲であるのも私らしい話なのかも
しれないですし、この二つの曲が音楽史的にはメジャーな曲ではない事も私らしい話なのかもしれないです。

1982年の全日本吹奏楽コンクール・高校の部は素晴らしい名演が多かった年でもありますし、
仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲・屋代高校の松村禎三/交響曲・名古屋電気の交響的断章
市立川口の「無言の変革」~そこに人の影は無かった・福岡工大付属の春の猟犬などは特に素晴らしいかったですけど、
その中でも特に特に素晴らしい演奏を聴かせてくれて、あのコンクールから既に30年以上経過しているのに、
いまだに私の中で「受け継がれている名演」というと、仁賀保高校の矢代秋雄の交響曲と
就実高校の「幻想舞曲集」だと思います。
(82年の花輪高校のウォルトンの1番は東北大会ダメ金で全国に進めませんでした・・泣・・)
この二チームの演奏は、その後の私自身の音楽関連の趣味形成を語る上では絶対に外すことが出来ない
「不滅の名演」の一つだと今でも確信しております。

就実の課題曲は、D/サンライズマーチを選択していました。
「サンライズマーチ」というと、どうしても大学の部の亜細亜大学の歴史的名演、特にあの輝かしい金管セクションの
堂々とした語り口がまさに「名演誉れ高い演奏」だとは思いますが、
亜細亜大学とは全く別のアプローチで聴かせてくれたチームもありました。
その一つが就実高校だと私は思います。
亜細亜が華麗で分厚い金管セクションを全面に押し出した「戦車軍団」みたいな行進をイメージしているのに対して、
就実は、木管セクションを前面に出し、金管セクションはかなり控えめに抑制しているのが特徴的で
両者の対照的な演奏は、何度聴いても
「これって、本当に同じ課題曲なのか!? 指揮者・演奏団体によって曲と言うものは随分と変わるものだ」という事を
l立証した演奏とも言えると思います。
亜細亜の分厚いトランペットによる第一テーマの後は、トロンボーンが第二テーマを奏でていますけど、
就実の場合、この第二テーマは、トロンボーンではなくて
バリトンサックス等をメインにした木管低音セクションの方を浮き上がらせていて、
亜細亜との違いをかなり鮮明にしているような気もします。
就実の「サンライズマーチ」は、トリオも爽やかに朗々と吹いていると思います。
1983年に出版されたエイト社から出ている「吹奏楽と11人の先生」の中で、就実高校の村松先生の事も
かなり詳細に取り上げられていて、このトリオの部分については、
「夏の青い空、輝く太陽、我ら青春の歌声のせて、歌えよ響けよ、我らが就実、全国大会の金賞目指して・・」
みたいな即興の歌詞をつけて生徒たちに歌わせたところ、演奏自体もそれまでただ漠然と吹いていたものが
急に生き生きと音楽として呼吸しだしてきたと語られていたのが大変印象的です。

だけど圧巻は自由曲の「幻想舞曲集」だと思います!

この曲は上記で書いた通り大変繊細に作曲されていてその「ひそやかさ・だるさ・厭世観・透明感・うす暗い情念」といった感情を
表現する事は大変難しいと思います。
管弦楽ですらあの繊細な色彩を十分に表現するのが極めて難しいのに「吹奏楽」という形態にアレンジして演奏するのですから
村松先生の当時の御苦労も大変なものがあったのではないかと推察されます。

それにしても就実の「幻想舞曲集」は、ほぼ「完璧」に近いと思いますし、私にとっては歴史的名演の一つだと思っています!

Ⅱ・夢も、まず何が素晴らしいかと言うと、木管を中心とするソロ陣の音色・サウンドとしての魅力が大変素晴らしく、
ああした「陶酔感」・「ファンタジー感」を音だけで表現する事は大変難しいのに
音そのものだけで十分そうした感覚を見事に表現していたと思います。
特にコールアングレ・フルートが素晴らしかったと思います。
木管セクション、特にクラリネットの「音のひそやかさ」は他校では絶対にマネができないような
「美的限界」をとっくに超越したゾクゾクさせられるものがありました。
あまり目立たないけども幾分ヴィヴラートを掛けたトランペットの弱奏も小太鼓の弱奏も
木管セクションを陰から見事に支えていたと思いますし、コントラバスの低音の支えも実に良かったですね!!

更にⅢの「酒宴」はまさに圧巻の極みだったと思います!

ファンタジー感・陶酔感にプラスして、なにか「憑りつかれた様な狂気」みたいな香りも
決して嫌味にならない程度に抑制されて表現されていましたし、
木管、特にクラリネットセクションの「音の粘り」は「素晴らしすぎる!!」以外の言葉しか出てきません・・・!!
どうしてあんな繊細で美しい音を出せて、どうしてあんなに優しくもあり陶酔感と焦燥感に溢れた表現が出来るのだろう・・?
本当に演奏者は、普通の女子高生なのだろうか・・?
何か特別な訓練でも受けているのか・・? などとヘンに勘ぐりを入れたくもなってしまうのですけど、
「普通の女子高生と普通の先生が手作りで作り上げた温かい音楽」なのだと思います。
ちなみに就実高校は現在においては女子校ではなくて男女共学校になっていて、2014年度にかなり久しぶりに
全国大会に出場されていたのは私としてもとても嬉しかったです!

就実の「幻想舞曲集」は、ティンパニは2台しか使用されていません。
普通ティンパニは4台で1セットなのですから、これは珍しいパターンだと思います。
ティンパニー奏者のリズムの決め方は、とにかく「打点」がしっかりと叩きこまれているから
ともすれば「ふわふわ」とした感じに陥りやすいこの曲をリズムの面から支えていました。
Ⅲ・「酒宴」においては・・・・
アルトサックスが良い音を聴かせてくれていました。
特にラスト近くで一旦静かになり、その静粛の中、アルトサックスが朗々とソロを奏でていましたけど
あれは本当に「うっとりとさせられる陶酔感」もありましたし危険で妖しい香りでもありました。
そしてラストは全員でズドンと決めてくれ、
「凛としたもの」・「決然としたもの」も最後に見せてくれて終わらせ方も完璧だったと思います。

一体どうすればあんなに美しくもあり妖しくもある世界を構築できるのでしょうか・・?

あの演奏から既に35年以上経過していますけど、その「答え」はいまだに出てきません。

「吹奏楽コンクール」は過去も現在も素晴らしいドラマを私達に見せてくれていますけど
1982年の就実高校のあの「幻想舞曲集」の演奏は、私にとっては「奇跡の演奏」以外の何者でも無いですし、
私の心の中では既に「伝説」の領域に達しているのだと思います。
あの奇跡の演奏から既に35年程度経過していますけど、村松先生と当時の就実の演奏者の皆様に、
35年後の私が埼玉の地から「ありがとう!!」と感謝の言葉を申し上げたいです!!
心の底から敬意を表したいと思います。












ここから下は少しばかり余談をさせて頂きたいと思います。

上記にて就実高校吹奏楽部による「幻想舞曲集」の演奏の事を記させて頂きましたが、この曲を聴くと頭をかすめる
漫画が一つあったりもします。

それが何かと言うと、高橋葉介という漫画家が描かれた「ヨウスケの奇妙な世界」という4冊から
構成されていた初期の頃の短編作品集なのですけど、
あの妖しい作風、繊細さと粗さが混在したタッチや
「ハピネスチャージプリキュア」ではありませんが「愛は幻、幸せは一瞬」みたいな事を示唆した見事なまでにグロテスクかつ
甘美で幻想的な作風が大変印象的だと思います。
この高橋葉介を知ったのは、就実高校吹奏楽部が「幻想舞曲集」をまさに練習していた1982年でして、
当時の私は母校の吹奏楽部第19代目部長として「なんとか今年こそ県大会を突破し念願の支部大会出場を果たそう!」と
夏休みをほぼ返上しての練習漬けの日々ではあったのですけど、そうした吹奏楽部の夏合宿の時に
部員の一人が読んでいたのがこの高橋葉介の短編作品集だったのでした。
確かあの時読んでいたのが、その「ヨウスケの奇妙な世界」から、仮面少年・腹話術・ライヤ―教授の午後だったと思います。

高橋葉介は今現在もバリバリ執筆活動をされている現役の漫画家であり、最近では「怪談少年」シリーズが大変印象的です!
毛筆とペンを併用した独特な骨太タッチと特徴的な線と絵柄で知られ
(女性の髪の毛の描き方はとてつもなく個性的ですし、髪の毛の表現法は筆のタッチで変幻自在させているのが凄すぎます!)
猟奇要素の強い幻想怪奇漫画が多いのですけど、シニカルなブラックジョーク、コメディも時に散りばめられ、
シリアスで不思議な世界もあれば、めちゃくちゃなギャグもあるなどそのとてつもないストライクゾーンの広さには
脱帽せざるを得ないです・・!
確かに絵全体は時にグロテスクで奇怪な表現も多々あるのですけど、
その内容は「なるほどね~、それもありなのかも・・」と共感させる点も多々あり、私は初期作品も今現在の作品も
どちらも大好きです。
21世紀以降は、学校怪談・夢幻紳士が代表作だと思います。

夏合宿で読んだ高橋葉介の短編集は、当時の私にとってはかなりの衝撃度があったものです!

まずあの独特なあの絵柄・・、大人の女性のあの妖艶で色っぽくあの独特の妖しい雰囲気は、東方に例えると
ゆかりんそのものなのかもしれないです!
胡散臭いし線タッチがある意味とてつもなく骨太で乱暴なのだけど、それとは矛盾する「繊細さ」みたいなものも間違いなく
ありましたし、少女の描き方は、成人女性の妖しい雰囲気とは一線を画にされていていかにも「美少女」みたいな
雰囲気で描かれていたのが大変印象的でした。
そしてストーリーがとてつもなくシュールで不条理で理不尽な作品が目立つ中で、
例えば「腹話術」のように思わずホロッとさせるものもありましたし、
「荒野」のようにその瑞々しさに胸を打たれる作品もあったりしたものでした!

死人街奇譚や笛のようにおどろおどろしい死者の群れも筆でさらさらっと描けばペンで描くよりずっと雰囲気が出るみたいな
作品もありましたけど、
「腹話術」に関しては、いかにも若描きの初々しさが伝わりますし、読んでいる者の心に何か不思議な感情が湧き上がり、
じわ~っと、透明な哀しみが心の奥底に沈みこんでいくようにも感じられたものでした。

だけど本領はあのシュールさと不条理さで遺憾なく発揮しているような感じもあります!

「不発弾」では、ある時寝ていたら当然空から不発弾が落ちてきて天井に突き刺さってしまった。
「これはすごい経験だ」と思い、街中至る人に自慢して吹聴してもみんな冷淡な反応でした。
そこで知人にその話をしたら、
「あー、そんなのどの家でもよくある光景だからみんな慣れっこになってしまってもはやだれも驚かない。
え・・? それじゃどうすればいいのかって・・?
そんなの自分達には何も防御する術が無いし、自分たちにいったい何が出来るの・・?」と逆に諭され
「それゃそうだ・・諦めるしかない」と妙に納得してしまうのは、
なんだか最近の北朝鮮によるミサイルを彷彿とさせてくれますし、
「新しい人形」では、小さい美少女が「今度パパが新しいお人形を買ってくれるから、あんたはもうい~らないっ!」と
古い人形をギタギタに切り刻んで首を切断した所で、この美少女のママが帰宅し、
無事にこの女の子の妹を出産出来たという事で、笑顔で「ただいま・・」と言いながら片手にはナイフが握られていたとか、
「運命の花」では、美少女の花売りが男と出会うたびに「なにかいい出来事がありますよ・・」と微笑みながら
花を売っていて、男はある女性との出会い→デート→婚約ととんとん拍子に進んだものの、
最後の最後に別の男に寝取られ破断となってしまい、
男はその美少女の花売りに
「おまえが何かいい事があるから花を買ってあげたのにこんな酷い目にあってしまった!」と文句を付けたら
その美少女花売りは「それは仕方がない事・・だって花はいつか枯れる運命なのですから・・」としれっとした表情で
閉じられるラストシーンとか
「遊介の奇妙な世界」では、街で似顔絵描きのお小遣い稼ぎをしていた少年が、とある髭面の男性から
「私が理想とする女性のイメージを是非絵にして欲しい!」と依頼し、ショートカットの凛とした雰囲気の女性を描きあげた所、
「あー、こんなすてきな女性、どこかにいないのかな・・?」と大喜びで街へ消えていきましたけど、
それから数分後に、先ほど少年が描きあげた女性に瓜二つの女性が通りがかり、その女性から
「私の理想とする男性のイメージを絵にして欲しい」と依頼され、先ほどの髭面の男性をそっくりそのまま絵にしたら
「そう・・これがそうなのよ!」という事で絵を受け取り街に消えて行ったけど、
その二人にその後出会いがあったのかどうかは不明・・という短編もありました。

ストーリーは大変しっかりしていると思うのですけど、とにかく全体がシュールで幻想的ではかなくてせつなくて
異様なファンタジー感が漂っているのです!

あの夏合宿から数か月後に私自身は就実高校の「幻想舞曲集」を初めてレコードで聴いたのですけど、
あの就実の「幻想舞曲集」の繊細さと妖しさの世界がこの高橋葉介の世界観にビタリとリンクしてしまったものでした!
就実高校の「幻想舞曲集」のあのしっとりとした情感は、高橋葉介のあの独特の世界に
ジャストフィットしている!と当時感じたものですし、あれが私が初めて体感した「ファンタジー感」と言えるのかもしれないです。
高橋葉介のこの短編作品において、上記以外では、「卵」・「墓堀りサム」・「ミルクがねじを回す時」・「触覚」・
「ハイ、オカアサマ」・「惑星LOVEの崩壊」なども大変印象的でした!
ま・・確かにちょっと悪趣味に走り過ぎていますけどね・・(汗・・)

最後に・・・・

就実高校は「共学校」としての新しい歴史が始まっていますし、
村松先生の時代を超える「素晴らしい演奏」を期待していますし、「新しい就実としての歴史」が始まる事を確信しております!

村松先生は現在もご健在で、たまに就実高校の演奏会で指揮をされているとも聞いております。
とにかくいつまでもお元気でご活躍をして頂きたいと心の底から願っております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

軟派と硬派…
その比率は人それぞれですけど、
誰の中にもありますよね〜きっと。
両方あってぬくぬく先生が
構成されてるんでしょうねぇ♪(^-^)

1982年の就実高校「幻想舞曲集」。youtubeにあがっていますね。今、聞いています。私には音楽を聴く耳はありませんが、随分と軽快なリズムで綺麗に流れる曲だな、と思いました。その柔らかさみたいなものを軟派と表現されているのかな、と思いました。

二つの側面

napo 様


確かに・・!

硬派と軟派に限らず人間って相反するものを同時に内在する生き物といえるのかもしれないですね。

そしてその相反する二つの側面がぶつかることを心の中の葛藤とか迷いとか言うのかもしれないですね。

だけど違った側面を有しているからこそ「人としてのすてきな多様性」が発揮できるということなのかもしれないですね。

八咫烏様、ありがとうございます!

八咫烏(全力稼働中)様


1982年の就実高校の「幻想舞曲集」をわざわざユーチューブで聴いて頂きありがとうございます。
ユーチューブはかなり音源が悪いのであまり参考にならないのかもしれないですけど(汗・・)
とにかく聴いて頂けたことが嬉しいです!

曲自体もあの演奏もあの陶酔感は言葉にならないほどうっとりと溶けそうな感覚に陥る事があります。

そういうのを「軟派」、換言すると「ファンタジー」と言うのかもしれないですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4017-692b54b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |