FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12月の当ブログの吹奏楽カテゴリは、行進曲「SLが行く」とか軍艦マーチとか星条旗よ永遠なれ!とか君が代行進曲とか
ガールズ&パンツァーの戦車道行進曲とかマーチ「カタロニアの栄光」とかラデツキー行進曲とか
なぜかマーチづいているのですけど、
今月のそうした「マーチ特集」を締めくくる行進曲は、いかにも当ブログらしく(?)マニアックでかなりヘンなマーチでもって
いったん締めさせて頂きたいと思います。

軍艦マーチや星条旗よ永遠なれとかラデツキー行進曲や戦車道行進曲などはいかにも「マーチ」らしい親しみやすく
明るいメロディーに溢れていると思います。
だけど本来はこうした楽しく快活で明るいマーチが、新ウィーン楽派みたいな無機質な無調音楽バリバリの作曲家が
無調音楽の概念を持って「行進曲」としての形式を持った曲を作曲したらどんなとんでもない事が起きるのかを
音楽的な内容としても大変立派な曲を作曲されたのがA.ベルクの「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲」なのだと思います。

行進曲というタイトルから「どんな明るくて快活な曲が出てくるのかなぁ・・」という普通の期待感を持ってこの曲を聴いたら
痛い目に遭いますよ・・・(汗・・)
だってその実態はとにかく訳がわからなくてどこにメロディーラインがあるのか、なぜ「行進曲」と呼ばれるのか全く意味不明で、
しかもとにかく雰囲気が陰鬱で暗くて厭世的で、聴くだけで「この世に生きている価値は自分には無いのかも・・」と
思わず感じてしまうほど「生きているのが辛い・・」と聴くものを感じさせてしまう曲なのだと思います。
ベルクの「三つの管弦楽曲」(「管弦楽のための三つの小品」と呼ばれる事の方が多いですけど、どう聴いても「小品」には
聴こえないため、私は以前より「三つの管弦楽曲」というタイトルの方を使用しています)なのですけど、
この曲は下記の三楽章から構成されています。

Ⅰ.前奏曲

Ⅱ.輪舞(ロンド)

Ⅲ.行進曲

全体で20分前後の曲ですけど、第三曲の行進曲が全体のメインという形で構成されています。
第二曲の輪舞ですけど、交響曲で言うと第二楽章のアンダンテと第三楽章のスケルツォから構成されているような感じも
ありますので、Ⅰ~Ⅲを4楽章形式の交響曲と解釈する考え方も出来るような気もします。
全体的な印象としてはⅢの行進曲が全体のメインという印象が大変濃厚です。

オーストリアの作曲家アルバン・ベルクは、シェーンベルクやヴェーベルンとともに新ウィーン楽派の代表的人物であり、
無調音楽や十二音技法を開拓・確立した、いわゆる前衛的な現代音楽の旗手のひとりというのが
音楽史的に既に確立しているベルクに対する評価なのだと思います。
ベルクというとヴァイオリン協奏曲、歌劇「ルル」、歌劇「ヴォツェック」が名高いと思いますし、
新ウィーン楽派の他の二人が、どちらかというと無表情・機械的・色気なし・人としての感情無しという印象が強い中、
ヴァイオリン協奏曲が特にそうした傾向が強いのですけど、確かに手法は無調なのですが、
他の2人に比べると人間的な血の香りというのか人間の感情らしいメロディーも感じ取られ、音楽自体に微かな色気が
感じられるのがベルクの特徴なのだと言えると思います。

あ・・だけどベルクの「三つの管弦楽曲」は初期作品という事もありますし、意外にもベルクが残した作品の中で
唯一完成した純粋な管弦楽作品というせいもあるのですけど、後年のヴァイオリン協奏曲のような色気・人間としての感情は
ほぼ皆無で、特に全体のメインともなるⅢの行進曲は、とにかくひたすら陰鬱でどこにメロディーがあるのかよく分からない
無表情極まる曲なのだと思います。

ベルク自身はマーラー門下という事もありますし、ベルクの音楽にマーラーの影は明らかにみられると思います。

マーラーの交響曲第9番第四楽章とかワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」は、人によっては
「音楽としての調性・・メロディーラインが感じられるか感じられないかの一つの節目」と評される方もいるのですけど、
そうした意味においてはベルクのこの三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲は、そうした節目からほぼ完全にはずれ、
無調性・無機質・メロディー感無しという領域に入っているのだと思います。
だけどこのベルクの行進曲は、曲の至る所に「ハンマー」によるゴツン!!という強烈な打撃音が入り、視聴している人の
度胆を抜いているのですが、マーラーの交響曲第6番「悲劇的」第四楽章にもこのハンマーが効果的に使用されていますので、
マーラーとベルクには何らかの共通性があるのかもしれないですね。
音楽的な意味合いとしては、ハンマーは運命に例えられ、「運命の一撃によって英雄は打倒される」という事を
意図していますので、マーラーもベルクも、このハンマーの叩きつけというものに関しては、
「運命の一撃」みたいな事を示唆しているのかもしれないですね。

さてさて、マーチはマーチでもこんな厄介極まりない難曲中の難曲をなんと・・!
吹奏楽にアレンジし、この曲でもって全日本吹奏楽コンクール全国大会に出場したチームもかつてありました!

そう・・! それこそがこのブログでは何度も何度もその名前が登場している秋田県の花輪高校吹奏楽部なのです!

そしてこの花輪高校を当時指導・指揮され、このベルクの原曲を吹奏楽にアレンジされた御方こそが小林久仁郎先生であり、
この先生のご逝去は今年の私の十大ニュースの確実に上位にランクされる、本当に辛い出来事でもありました・・

改めてですけど、ここに小林先生のご冥福を心の底よりご祈念させて頂きたいと思います。

花輪高校がこのベルクの難曲をもって全国大会に出場されたのが1983年なのですけど、
その前年度の1982年の花輪高校は、グループ表彰開始以来初めて東北大会でダメ金で、全国大会に進むことが
出来ませんでした。
1978年に小林先生が花輪高校に赴任され、ラフマニノフの1番~ショスタコの1番~ハチャトゥーリアンの2番
~プロコフィエフの3番と
「俺が花輪の小林だっ! どだっ! 参ったかぁー!」みたいな独特のロシアマイナーシンフォニー路線を歩み、
小林先生のこの間の歩みは、まさに「軌跡は奇跡!」みたいなものだったと思います。
本当に素晴らしい名演が続出していました!
だけど、1982年の東北大会では、ウィリアム・ウォルトンの「交響曲第1番第四楽章」を
感動的に高らかに鳴り響かせてくれて、当時、吹奏楽とかクラシック音楽なんかそれほどまだ興味がなかった私自身を
クラシック音楽の深い森の中に引きずり込むきっかけを作ってくれたのですけど、
結果はダメ金で全国大会に進めないという大変残酷な結果になったものでした・・(泣)

1983年当時なのですけど、花輪高校の自由曲のタイトルを初めて耳にした時は、
「花輪高校の小林先生は前年のダメ金が余程悔しかったのかな・・」
「昨年の反動で、今までのような難曲のマイナーシンフォニー路線から、万人受けする明るく爽やかなマーチ路線に
シフトしたのかな・・」と当時は思ったものでした。
(当時高校生の私は、ベルクなどのような無調音楽は知る由もなかったです・・
 というか、行進曲というタイトルから「そうなんじゃないのかな・」と勝手に連想しただけです。)

だけど、そう! 花輪高校の小林先生はそんな一年足らずの挫折だけで、自分のやりたい音楽を
引っ込める御方ではないのです!

でも当時は、まさかああいう無調音楽バリバリの路線で勝負を掛けてくるなんて夢にも思わなかったです。

この演奏を初めて聴いた時は、「何じゃ、これ?」という感じでした!
上記で述べたとおり、この曲にメロディーは全くないし、喜怒哀楽のような表情が全くないし、
何となく音符を機械的に割振っただけのような感じもありました。
当時は「一体この曲のどこが行進曲なの・・?」みたいな思いで一杯でした!
何となくですけど、漠然と曲自体に魅かれるものはあり、当時の私の脳内妄想では、全員うつむきながら
処刑される刑場まで無言でうなだれて重い足を引きずって歩いていくような漠然としたイメージは、
当時なんとなくですけどうっすらとは感じておりました。
大学受験の際に、とある学校にて、試験会場から最寄駅までの一本道を受験生ほぼ全員が笑顔も無く
誰も喋る事もなく無表情にうつむきながらトボトボと歩いているかのようなシーンを再現するような音楽とも
言えるのではないのかなぁとも改めて感じたりもします。
そうした意味ではこのマーチは、明るくもないし希望もないし、あるのは「絶望」の感情のみという感じなのかもしれないですね。

ただ言えることは、1983年当時において、ベルクやシェーンベルクみたいな超難解の無調音楽バリバリの音楽を
自由曲にしようなんていう発想はまずありえなかったと思います。
そうした従来の「吹奏楽コンクールの非常識」にあえて積極果敢に挑戦し、
「吹奏楽コンクールは常識に囚われてはいけない世界」という事を私たちに提示してくれた花輪高校の小林先生の
功績はあまりにも大きいと思いますし、
改めて小林先生の偉大さを強く感じますし、小林先生のご逝去のニュースは私にとっても大変ショッキングなものが
あったと思います。

最近の吹奏楽コンクールでは、シュミットの交響曲とかディティューの交響曲とかベルクの歌劇「ルル」とか
ブルックナーの交響曲やらマーラーの交響曲が自由曲として選ばれることも珍しい事ではないようです。
だけど、これらの積極果敢に現代音楽を自由曲に取り上げる大きな「先駆け」となったのが
1983年の花輪高校なのだと思います!

結果的にこの年の花輪高校の演奏は、吹奏楽コンクールとしては銅賞という評価を得ているのですけど、
花輪高校の演奏はとてもじゃないけど「銅賞」という一言で片づけられる演奏ではありませんし、
確かにあの陰鬱さはコンクール向きでは無いとは思うのですけど、聴くものに「何か」を伝えていたのは間違いないと思います!
あの曲の難解さや鬱々とした感じが審査員に受け入れられなかった事なのだと思いますし、同時にこうしたコンクールは、
審査員の好き嫌いが間違いなくあるものなのだと思います。

1983年のBJ12月号の講評において、花輪高校の演奏は、とある審査員から
「あの演奏は曲解である」と評されていましたけど、この場合の「曲解」とは「音楽の解釈上での誤解」との事らしいです。
でもそれって違うんじゃないのかな・・・・?
音楽という一つの素材をどのように料理し、その素材からどのような表現をもって聴衆に自分たちが伝えたい音楽を
伝えるのかというのが指揮者の役割なのだと思いますし、
指揮者というものは自分の解釈を最大の拠り所にして音楽づくりをしていくのだと思います。
だからそうした「指揮者としての解釈」を単に「曲解=誤解」という表現でバッサリ切り捨てるのも
果たしてどうなんだろ・・と、1983年に高校生だった私は考えておりましたけど、その思いは今も全く変わっていないと
思います。
確かに小林先生=花輪の課題曲C/カドリーユは、少し風変りです。
テンポをいじくり廻しているし、この課題曲はどちらかというと前のめりみたいな感じのほうが曲のイメージには
相応しいのかもしれないですけど、花輪のカドリーユは、少し後ろのめりみたいな感じがあり、
なんとなくわざとリズムを後ろにずらしてどことなくですけど「音を引きずっている」みたいな雰囲気を
出しているのかな・・?と私的には感じております。
だけどそうした解釈は小林先生の自由な発想と音楽づくりに基づくものですし、それも一つの立派な音楽表現なのだと
思います。
(自由曲を含めて聴く人による好き嫌いがはっきりと分かれる演奏というのは私も認めますけどね・・)
指揮者がその音楽から何を感じ取り、それをどう表現するかは指揮者の自由であり、それは最大限尊重して
然るべきものじゃないのかな・・?
そんな「曲解」なんて言葉を出されてしまうと、たとえばクラシック音楽の巨匠と言われる先生でも、
例えば、ストコフスキー指揮/フィラデルフィア管弦楽団のあの個性的な演奏は、まさに「曲解」だらけだと
私は思うのですけどね・・(汗・・)

花輪高校の自由曲のベルク/三つの管楽曲~Ⅲ.行進曲ですけど、
今現在の感覚で聴いても「よくこんな難解な曲をこれだけ立派に消化したもんだ・・」と舌を巻くばかりですね!
小林先生のアレンジも原曲の雰囲気を全く損なわせない素晴らしい編曲だと思います。
あの演奏はたとえばカラヤン指揮/ベルリンフィルの王道的解釈から見てしまうと、
確かに「曲解」と言われてしまうのかもしれないですけど、
高校生の技術・感性でもってあそこまでベルクの「陰鬱で無機質な世界」を立派に表現していたのは驚異的だと思います。
あの演奏を改めて聴いてみても、技術的に消化できていない箇所はほぼないと断言したって構いませんし、
トロンボーンの弱奏の幽玄極まりない音とかトランペットの勇壮さと狂ったような感じの混在感とか
全体をしっかりと支えてコントロールしている強いクラリネットセクションなどは本当に立派だと思います。
原曲は前述の通りバリバリの無調音楽なのですけど、そうした曲を演奏した楽器がたまたま管楽器と打楽器のみであったと
言ってもいいほど、原曲を尊重したというのか原曲の雰囲気を壊さずに
吹奏楽としての「無調音楽」に積極果敢に挑戦した大変意欲的な演奏とも言えるのだと思います。

最後に・・・

ブレーン社の「レジェダリシリーズ」の第一弾が発売されていた当時、
確か初回特典として「第一弾の5枚のCDを購入された方に、埋もれている名演三つを収録したCDを
プレゼント!」というものがあったと記憶していますけど、その三つの中に、
銅賞ではあるのですけど1983年の花輪のベルクが収録されていたと思います。

これは私から言わせて頂くと「わかっている人はちゃんとわかっているんだねぇ・・!!」というもので、
当時の私も妙に嬉しかったものでした!

12月の当ブログの吹奏楽カテゴリは「マーチ」ばかりでしたけど、そのマーチを締めくくるのが花輪高校とかベルクというのも
実にうちのブログらしいのかもしれないですね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

マーチにもいろいろあるんですね^^;曲名や吹奏楽には詳しくないのですが、けっこう鬱曲って好きなんですよ^^特に落ち込んだとき聞くと、なぐさめられたりしますね^^

これは危険なマーチなのかも・・・!?

八咫烏(全力稼働中) 様


あ・・・この行進曲は、鬱どころなんてものではなくて、自殺願望がある方が聴くとそのまんま彼岸の彼方に
突入していきそうな死にたくなってしまうような曲だと思います・・
専門的には「無調音楽」といってメロディー感・調和感は皆無の曲ですし、あの鬱々たる感覚は
危険レヴェルなのかもしれないです・・(汗・・)

途中で金属ハンマーを金属棒に叩きつけ「ゴツン!」というとてつもない衝撃音を出す場面が何か所かあるのですけど、
あれは「英雄ですら運命の一撃によってこうも簡単に倒される」という事を示唆しているのですけど、
あの場面とか一旦静かになって唐突に咆哮して曲を閉じる手法も「壮絶」という言葉しか出てこないです・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4005-73bb4ef9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |