FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


なんだか最近の当ブログは、行進曲「SLが行く」とか軍艦マーチとか星条旗よ永遠なれ!とか君が代行進曲とか
ガールズ&パンツァーの戦車道行進曲とかマーチ「カタロニアの栄光」など
なぜかマーチづいているのですけど(汗・・)
今回は管弦楽のマーチとしてはたぶんですけど世界で最も知られていて馴染みがある曲という事で
J.シュトラウスの「ラデツキー行進曲」を取り上げてみたいと思います。
管弦楽版のマーチというと、この曲以外でも例えばエルガーの行進曲「威風堂々第一番」とか
ウォルトンのグランドマーチ「クラウン・インペリアル」とかシベリウスの組曲「カレリア」~Ⅲ.行進曲風にとか
グリーグの組曲「十字軍の兵士シグール」~Ⅲ.勝利を讃える行進曲とかヴェルディのアイーダの大行進曲とか
色々優れたマーチはたくさんあるのですけど、やはり優雅さと親しみやすさと世界的知名度というと
この「ラデツキー行進曲」には敵わないのかも・・?とすら感じてしまいますね!
ラデツキー行進曲はオーストリア共和国においては国家を象徴する曲でありますし、
国家的な行事や式典でたびたび演奏されていますし、
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサートでは、
1958年以降は2005年を除いて、毎年プログラムのアンコールの最後の曲として必ず演奏される曲として
オーストリア国民の皆様に大変愛されている曲なのだと思います。
そうした意味においては、アメリカ人が「星条旗よ永遠なれ!」をアメリカ第二の国歌として愛しているのと
同じような感覚の曲なのだと思います。

元旦のクラシック音楽業界の定番と言うと「ウィーンフィルのニューイヤーコンサート」なのだと思います!
世界最高レヴェルの一つと誉れ高いあのウィーンフィルの一年の始まりの演奏会を指揮できる指揮者というのは
その栄誉は大変誉れ高いものがあると思いますし指揮者冥利に尽きると思います。
数年前に小澤征爾がウィーンフィルのニューイヤーコンサートを指揮していた姿を見ていた時はとても感慨深いものが
ありましたし、同じ日本人として「誇り」に感じていたものです。
小澤征爾というと最近では大病後の体調不調とか色々あり、十分な指揮活動が出来ていないのが大変残念な
ものでもあるのですけど、出来ればもう一花咲かせて頂きたいものですし、復活を期待したい指揮者の一人でも
あったりします。

数年前でしたけど2015年のニューイヤーコンサートはズービン・メータの指揮でした。
ズービン・メータと言うと、私が高校生あたりの頃は「40代の若き名指揮者」とか「未来の巨匠」とかなり高い評価を
受けていましたけどそういうメータも間もなく80歳代に入ろうとしている御年のはずです。
うーーん、こうした意味でも時間の経過は早いものですね・・・(汗)
ズービン・メータと言うと、私的には、1978年にロサンゼルスフィルと録音したマーラー/交響曲第3番「夏の朝の夢」の演奏が
際立って印象的です!!
あの演奏は本当に際立って優れた名演で、
瑞々しい感覚に溢れ、とても清らかで、それでいて、リズムが実にシャープで切れ味鋭く
全体的に「決然としていて凛としている!!」みたいな雰囲気に溢れています。
マーラーの交響曲第3番と言うと、バーンスタイン指揮/ニューヨークフィルも素晴らしいけど、
このメータ指揮の演奏も同じくらい素晴らしい演奏だと思います。
このマーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」は何と演奏時間が100分を超える超大作で
中々生演奏会で耳にする機会が限られるのが難点ではあったりもします。
メータの演奏は、バーンスタインに比べると、かなりテンポ設定は早めなのですけど
その分動きに無駄が無いというか、とにかく切れ味鋭く「決然と凛とした雰囲気」を終始保ったまま
演奏されているのがとても見事だと思います。

これは1996年10月の話なのですけど、
NHK交響楽団が、ズービン・メータを招聘し「特別演奏会」をサントリーホールで開催する事を予告し、
曲目をマーラーの交響曲第3番と発表したものですから、当時の私は喜び勇んでカ高い前売り券を買ったものでした。
ですけどその特別演奏会の三日ほど前になって
急遽、曲目をマーラーの3番からマーラーの1番/巨人に変更しますと新聞広告と教育テレビでの予告が流され、
「あんなに楽しみにしていたのに・・・」とガッカリした記憶があります。
幸い「払い戻しは応ずる」との事でしたのでチケット代は戻ってきましたけど、今でもメータ指揮によるあの「夏の朝の歌」の
生演奏を聴きたかったな・・という想いはあったりもします、
クラシック音楽の演奏会では、病気とか体調不調等指揮者・ソリストのドタキャン・出演中止と言うのは
決して珍しい話しではありません。
大変古い話ですけど、指揮者のシャルル・デュトワと奥様でピアニストのアルゲリッチが1974年の日本公演の際、
成田空港で大喧嘩し、そのまま日本公演はドタキャン、そして二人はそのまんま離婚という事件も
実は過去にはあったりしたものでした。
メータのように指揮者が健在のまま、曲目をそっくりそのまんま変更してしまうのは珍しいケースだったのかもしれないです。

あ・・・、今回の記事は「ラデツキー行進曲」で、またまた冒頭から話がそれまくりでしたね・・(汗)

ラデツキー行進曲は前述の通り、「ニューイヤーコンサート」におけるアンコール曲としてもう既にお馴染みの曲ですよね。
この曲が演奏されると、聴衆は手拍子をはじめるといったそんな「お約束」が確立されている曲だと思います。
クラシック音楽の演奏会で聴衆が自由に手拍子を送れる曲と言うのも極めて珍しいと思いますし、
指揮者の方もむしろ聴衆に対して「もっと手拍子頂戴よっ!」みたいに時に煽るような事が出来てしまうある意味大変貴重な
クラシック音楽なのだと思います。

ちなみにですけどこの行進曲の名前は「ラデツキ―」であって、よく日本で間違って発音・印刷されているように
「ラデッキー」ではありません・・・
「ツ」は小文字ではなくてあくまで大文字です。
この曲の出だしは「ダダダン・ダダダン・ダッ・ダッ・ダーン」と景気良く開始されていき、
その後も大変軽快だけど力強いメロディーが展開されていきます。
中間部はいかにも「優雅なワルツ」という感じで何やら「気品」のような香りさえします
行進曲なのですけどその雰囲気は「優雅なワルツ」みたいにも聴こえますし、ウインナワルツというのか
舞踏会や晩餐会のBGMにも十分効果が発揮できそうな曲だとも思います。
そしてこの優雅な感覚はウイーン気質をそのまんま象徴しているようにも感じられますし、オーストリアの皆様が
この曲を愛してやまないというのも当然なのだと思います。

このラデツキー行進曲は、吹奏楽にもアレンジされていて、
イベントとか卒業式・入学式、記念行事の「入退場曲」としては定番の一つにもなっているような気がします。
この「ラデツキ―行進曲」とかスーザの「星条旗よ永遠なれ!」を吹いた事がある吹奏楽経験者は相当多いと思います。

そういう私自身も、この行進曲は、吹奏楽アレンジ版で何度も何度も演奏しました。

感覚としては星条旗よ永遠なれ!はいかにもヤンキーみたいな庶民的なエネルギーに溢れているのに対して
ラデツキー行進曲は優雅で上品なエレガントさというものがあったと思いますし、この二つの曲は
国民から愛されていて第二の国歌に近いものがあるけど、曲自体の雰囲気は全然違うと言えるのかもしれないですね。

ラデツキー行進曲は、管弦楽の原曲の打楽器はティンパニ・小太鼓・大太鼓のみですけど、
吹奏楽アレンジ版では、シンバル・グロッケン・タンバリンも追加されていたような記憶があります。
冒頭の「ダダダン・ダダダン・ダッ・ダッ・ダーン・ダダダダダッタッダ」のすぐ後は、
原曲の管弦楽版では特に打楽器は入らないのですけど
吹奏楽版では、この後に、ティンパニ・大太鼓・シンバルが「ドスン」とかなりバカでかい音を叩きこんでいました。
後にラデツキー行進曲を管弦楽版として聴いた時に
「えーー、何で冒頭のあの場面で、打楽器がドスンと叩かないの?」と思ったものですけど、
それは吹奏楽アレンジ版しか知らない人のある意味「誤解」でしたよね・・・・(汗・・・)

管弦楽の原曲を「吹奏楽アレンジ版」として演奏された方は、勘違い防止のために、
「吹奏楽版以外にも原曲もちゃんと聴いておきましょうね・・」という感じなのかもしれないですね。
ちなみにですけど、私自身は例えばドヴォルザークの交響曲第8番第四楽章は、石田中学校の吹奏楽アレンジ版の演奏で
ずっと親しんでいて、数年後にこの交響曲を初めて管弦楽の原曲として聴いた時に
「あれれ・・どうして第四楽章に大太鼓・小太鼓・シンバルが入らないの・・?」と勘違いをしていたものでした・・(滝汗・・)

勘違いと言うと、ラデツキー行進曲の作曲者はヨハン・シュトラウスⅠ世なのですけど、
喜歌劇「こうもり」序曲とか春の声・美しき青きドナウ・南国のパラ等「十大ワルツ」の作曲家は
シュトラウスⅠ世の長男のヨハン・シュトラウスⅡ世であり、クラシック音楽等が何もわからなかった時代は、
このⅠ世とⅡ世は同一人物なんだと勝手に勘違いをしていた事もありました・・あ~恥ずかしい・・(汗・・)

ちなみにですけど、ヨハン・シュトラウスⅡ世を代表する曲というのが、
「ウィーンの森の物語」と「皇帝円舞曲」とともにシュトラウス2世の「三大ワルツ」に数えられ、
その中でも最高傑作とされ、作曲者およびウィンナ・ワルツの代名詞ともいわれる作品というのが
「美しき青きドナウ」です。
ちなみにこの曲も前述のウィーンフィルのニューイヤーコンサートでは定番中の定番の曲で間違いなく
絶対に演奏される曲の一つです。
この「美しき青きドナウ」はドイツのあの大作曲家のブラームスも大好きな曲でして、ある時扇子にサインを求められた際に
ブラームスは、この美しき青きドナウのメロディーの楽譜を書き、そこに
「残念ながらブラームスの作にあらず・・」という一文を書き添えたというとってもすてきなエピソードを残しています。

最後に・・

ブラームスにとっては扇子に美しき青きドナウのメロディーを書いたという事は
絵師様にとっては他の絵師さんが描かれた作品を「よその子さん」という位置づけで自分なりにアレンジされて
描かれている事に少しだけ近いものがあるのかな・・?ともふと感じたものでした。

当ブログでは既にお馴染みの dream fantasy の管理人さんのアミグリさんが11月に描かれた「こよりちゃん」という「よその子さん」も
他の絵師様の元絵をこれまた実にアミグリさんらしいすてきなアレンジを加えられ、
元絵のイメージを損なう事なく、さらにそこに「アミグリワールド」を加味されたイラストを描かれていたのは
大変印象的でした!

ブラームスはシュトラウスⅡ世の曲をそのまんま扇子に写譜しただけでしたけど、
dream fantasy のアミグリさんは
そうした「よその子さん」をアミグリさん流にアレンジされていたのは
改めて素晴らしいなぁ・・!と感じたものでした!!

あの「こよりちゃん」はとてつもなくかわいいですし、私も大好きな作品の一つです!!

このアミグリさんが描かれたよその子・こよりちゃんをご覧になりたい方は、是非 よその子・こよりちゃん をご覧頂ければ
とても嬉しいです!

→ よその子・こよりちゃん
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |